鉄道ホビダス

【JR貨】震災支援臨貨が運転開始

長谷川智紀(東京都)
2011_03_18_hasegawa_tomonori001.jpg 関内を通過する石油支援列車。
'11.3.18 根岸線 関内
 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地に向けて軽油・ガソリンなどを輸送する臨時貨物列車の運行が3月18日より始まった。  運行が始まったのは根岸から長岡・青森を経由して盛岡ターミナルに向かう列車で、タキ38000形18輌が第一陣として出発した。なお根岸発車段階での牽引機はEF210-170号機だった。盛岡貨物ターミナルまでの所要時間は約27時間の予定。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年3月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.