鉄道ホビダス

2011年3月28日アーカイブ

増永祐一(神奈川県)
2011_03_27_masunaga_yuichi001.jpg 会津田島行き快速。頑張れ6050系!
'11.3.27 東武鉄道伊勢崎線 業平橋―曳舟
 東北地方太平洋沖地震の発生により、生じた計画停電により首都圏の各鉄道路線に運休・運行本数減などの大きな影響を及ぼしたが、ここ最近は徐々に各線の運行形態が改善されつつある。
 同地震の影響で、JRの東北新幹線や東北本線が一部区間で不通となっているが、その一方で東武鉄道~野岩鉄道~会津鉄道経由のルートは、地震の影響が比較的少なかった。
 このため、3月22日(火)よりこの3社間の直通運転が再開されるとともに、特急〈スペーシアきぬ〉が2往復のみ設定され、東京都と福島県を結ぶ鉄道ルートとして活用されている。
 26日(土)にはJR磐越西線が全線で運転再開、また翌27日(日)は会津鉄道の快速〈AIZUマウントエクスプレス〉・〈AIZU尾瀬エクスプレス〉も運転再開となり、特急〈スペーシアきぬ〉もさらに1往復追加され、ここに東京地区から郡山駅への鉄道ルートが確立された。
 東北本線・東北新幹線の全線復旧までは、まだ時間がかかることが予想される。電力不足の心配は残るものの、東京都から福島県までの鉄道が繋がったことは心強いことだし、これを機に東武ルートのさらなるアピール、有効活用を見いだしてほしいと思う。
服部ひろみ(京都府)
2011_03_27_hattori_hiromi001.jpg 485系京都車(A06編成)を使用した団臨が琵琶湖を一周した。
'11.3.27 北陸本線 余呉―木ノ本 P:服部ひろみ

2011_03_27_hattori_hiromi002.jpg
パノラマ車側運転席にもヘッドマークを吊り下げて運行。

'11.3.27 北陸本線 余呉―木ノ本 P:服部ひろみ

2011_03_27_takahashi_kosuke001.jpg
改正後、久々に京都に入線する485系。

'11.3.27 東海道本線 京都 P:高橋幸佑
 3月11日で〈雷鳥〉の運用が終了した京都総合運転所の485系を使用した団体列車が、京都から湖西線経由近江塩津、そして北陸本線・琵琶湖線経由で琵琶湖一周し京都へ戻った。
 ヘッドマークは「ありがとう485型」、浅井三姉妹のイラストに「のふるさと滋賀・長浜散策」。パノラマ車側にも同じものがガラス上部に吊り下げられていた。

中安喜一(長野県)
2011_03_27_nakayasu_kiichi001.jpg 須坂駅で並ぶ2000系A編成とD編成。この光景も見納め。
'11.3.27 長野電鉄長野線 須坂 P:中安喜一

2011_03_27_yamashita_shuji001.jpg
小雪舞う中、夜間瀬の橋梁を渡る。

'11.3.27 長野電鉄長野線 信濃竹原―夜間瀬 P:山下修司

2011_03_27_nakayasu_kiichi002.jpg
夕陽を浴びて最後の力走。

'11.3.27 長野電鉄長野線 付属中学前―朝陽 P:中安喜一
 長野電鉄2000系A編成が2011年3月27日の運転を最後に完全に引退した。
 当初は3月26(土)・27(日)に「2000系A編成最終引退イベント(臨時貸切特別ツアー)」が企画されていたが、先日の東日本大震災の影響で中止となり、代わりに3月27日に『2000系A編成完全引退企画』が催された。
 当日は〈ゆけむり号〉と〈スノーモンキー号〉を運休とし、特急運用に2000系A編成とD編成が充当、同日の全特急列車は2000系での運転となった。また日中の須坂駅では一部下り特急列車の発着番線変更が行なわれ、2000系の2本横並びするという粋な計らいが見られた。
 このほか2000系の定期運用充当以外の催しとして、一部特急列車の車内と湯田中駅にて2000系関係のものを中心とした鉄道グッズ販売が行なわれた。

大下秀幸(山口県)
2011_03_26_sawashima_toshiharu001.jpg EF65にはヘッドマークが付けられた。
'11.3.26 山陽本線 熊山―万富 P:澤島利治

2011_03_26_kajiyama_takeshi001.jpg
 

'11.3.26 山陽本線 瀬戸―上道 P:梶山 健

2011_03_26_kasano_masayuki001.jpg
 

'11.3.26 山陽本線 大竹―和木 P:笠野真之

2011_03_26_oshita_hideyuki001.jpg
ファイナルランのヘッドマークを掲げて快走する"ユウユウサロン岡山"。

'11.3.26 山陽本線 埴生―小月 P:大下秀幸
 JR西日本岡山電車区に所属するジョイフルトレイン"ユウユウサロン岡山"が引退することになり、3月26日に岡山→熊山→下関(客扱いは熊山→新山口)、翌27日に下関→瀬戸→岡山(客扱いは新山口→岡山)でさよなら運転が実施された。
 26日の往路はEF65 1134、27日の復路はEF65 1130が牽引し、いずれも「ファイナルラン」と書かれたオリジナルのヘッドマークが掲出された。
 "ユウユウサロン岡山"は国鉄時代の1985年に12系客車6輌を改造したサロンカーとして誕生。1993年のリニューアルを機にデビュー当初の"ゆうゆうサロン岡山"から現在の名称に変更されている。
 かつてはEF65 123を専用機としていたが、こちらは2002年に一足早く廃車となっている。

小野雄一郎(東京都)
2011_03_27_ono_yuichiro001.jpg 「午前の部」では急行〈そと房〉の往年を模したヘッドマークを掲出。
'11.3.27 デンタルサポート大多喜

2011_03_27_ono_yuichiro002.jpg
「午後の部」では急行〈夷隅〉のヘッドマーク(オリジナル)を掲出。

'11.3.27 デンタルサポート大多喜
 3月27日(日)、国鉄色塗装への復元が進められてきたいすみ鉄道のキハ52 125が床下塗装などもすべて塗り替え完了したことなどに合わせて、キハ52車両オーナーおよびサポーター会員限定でお披露目会が行われた。
 当日は、午前9時半ごろにデンタルサポート大多喜駅に併設されている検修線から出庫、入換のための短距離ながらも初の本線走行を果たし、同駅ホームおよび給油所、洗線に入線して撮影会・車内見学(洗線停車時のみ)が行われた。お披露目会は午前の部・午後の部の2回に分けて開催され、またそれぞれ異なったヘッドマークが掲出された。また、同駅入口では記念グッズの販売のほか、被災した三陸鉄道などへの義援金の募金なども行われた。
 同鉄道では、習熟試運転を重ねたのちに、4月下旬をめどに同車の営業運転開始を予定しているとのことだ。
 なお、撮影に際してはいすみ鉄道株式会社に特別のご配慮をいただいた。この場を借りて厚く御礼申し上げたい。

森 康平(東京都)
2011_03_26_shioji_takumi001.jpg DE11 2001の牽引で新鶴見(信)に向かう。
'11.3.26 横須賀線 北鎌倉―大船 P:塩冶拓巳

2011_03_26_ando_syunsuke001.jpg
新鶴見(信)まではDE11 2001が牽引した。

'11.3.26 根岸線 大船―本号台 P:安藤駿佑

2011_03_26_mori_kohei002.jpg
新鶴見(信)でEF65 1101にバトンタッチ。

'11.3.26 武蔵野貨物線 新鶴見(信) P:森 康平

2011_03_26_funayama_taichi001.jpg
ラストスパートに入る。

'11.3.26 武蔵野線 府中本町 P:船山太一
 東急車輛で西武鉄道2000系2091Fの更新工事が完了し、3月26日に逗子―新秋津間で甲種輸送が行なわれた。
 牽引は、逗子から新鶴見(信)まではDE11 2001、新鶴見(信)から新秋津まではEF65 1101がそれぞれ担当した。

宮島昌之(石川県)
2011_03_26_sano_hiroshi001.jpg 26日は〈白鳥〉風のヘッドマークを掲出。
'11.3.26 東海道本線 島本―山崎 P:佐野 洋

2011_03_26_umezono_takashi001.jpg
最近は後輩の代走で走り抜けることが多かったこの線路ともお別れか? 

'11.3.26 東海道本線 山崎―長岡京 P:梅園貴史

2011_03_26_takahashi_kosuke001.jpg
〈白鳥〉風のヘッドマークを掲げるボンネット。

'11.3.26 東海道本線 西大路―京都 P:高橋幸佑

2011_03_26_yasui_masanobu001.jpg
雪の中、金沢に向けて走る489系。

'11.3.26 湖西線 おごと温泉 P:安居真進

2011_03_26_akagashi_syota001.jpg
北陸本線を一路金沢へ。

'11.3.26 北陸本線 丸岡―芦原温泉 P:赤樫翔太

2011_03_27_miyajima_masayuki001.jpg
復路では引退間もない特急〈雷鳥〉を彷彿とさせる姿でふたたび舞い降りた。

'11.3.27 金沢総合車両所運用検修センター(陸橋公道より撮影) P:宮島昌之

2011_03_27_miyajima_masayuki002.jpg
「行先表示幕」はシール式のオリンジナルで、列車は特急扱いであった。

'11.3.27 金沢総合車両所運用検修センター(陸橋公道より撮影) P:宮島昌之

2011_03_27_saito_daiki001.jpg
復路は〈雷鳥〉風のヘッドマークが掲げられた。

'11.3.27 北陸本線 牛ノ谷―細呂木 P:齋藤大暉

2011_03_27_akagashi_syota001.jpg
大勢のファンに見送られながら、鮮やかな国鉄色は通過していった。

'11.3.27 北陸本線 芦原温泉―丸岡 P:赤樫翔太

2011_03_27_kasano_masayuki001.jpg
一路、大阪へ。

'11.3.27 北陸本線 大土呂―北鯖江 P:笠野真之

2011_03_27_sano_hiroshi001.jpg
夕暮れの湖西線を行く。

'11.3.27 湖西線 近江中庄 P:佐野 洋
 2011年3月26日(土)と27日(日)にかけ、日本旅行が金沢総合車両所所属の489系H01ボンネット編成を貸切り企画した、ツアー専用列車「ありがとう489系」号が、大阪―金沢間で往復運転された。
 ヘッドマークや行先表示幕はツアーオリジナルで準備され、そのうち土曜日の往路のヘッドマークは特急〈白鳥〉、翌日曜日の復路は特急〈雷鳥〉を彷彿とさせるもので、双方に「ありがとう489系(Thank you Series 489)」の文字が添えられていた。
 金沢駅では安全に配慮するため多くの駅員や警備員をホームに配置し、先日の特急〈雷鳥〉ラストラン当日を思わせる光景がみられた。また復路では途中の芦原温泉駅にて休憩や撮影のための停車時間が長く設けられた。
 なお、この団体臨時列車のために同編成は、26日(土)未明に金沢総合車両所から宮原操へ送り込み回送、27日(日)の復路運転終了後には宮原操から金沢総合車両所への返却回送が行なわれている。

中村悠久(広島県)
2011_03_25_nakamura_yukyu001.jpg 部分塗装で従来塗装を維持した103系D-02編成。
'11.3.25 山陽本線 広島
 2月末より下関総合車両所に入場していた103系D-02編成が同所を出場し、3月25日に広島運転所に回送された。  出場に際し、車体は濃黄色には塗装されず従来塗装のままとなっているほか、全車体の再塗装ではなく部分的な再塗装となっている。また、乗務員扉に取っ手が取り付けられている。

【JR貨】EF64 1046が89レを牽引

上村清大(東京都)
2011_03_25_kamimura_kiyohiro001.jpg 「広島更新色」の直流電気機関車が武蔵野線を行く。
'11.3.25 武蔵野線 南越谷
 3月25日(金)運転の89レに、「広島更新色」のEF64 1046が運用に就き、同列車を牽引した(次位機はJR貨物更新色の1036号機)。当日の荷は、コキ車12輌であった(後方6輌はコンテナ1個のみ搭載)。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年3月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.