鉄道ホビダス

2011年3月25日アーカイブ

澤島利治(奈良県)
2011_03_25_sawashima_toshiharu001.jpg 前日とは異なり、文字マーク風の「さよなら キハ181 LAST RUN」マークが付けられた。
'11.3.25 東海道本線 島本 P:澤島利治

2011_03_25_hirao_akihiro001.jpg
下関方からキハ181+キハ180×3+キハ181×2の編成で廃車回送。キハ181系がかけた日々を、僕らはきっと忘れない。

'11.3.25 東海道本線 摂津富田―茨木 P:平尾彰啓

2011_03_25_nakabo_masao001.jpg
汽笛一斉の中、最後の旅路へ。

'11.3.25 東海道本線 立花―甲子園口 P:中坊正男
 3月24日にキハ181系6輌が幡生に向けて廃車回送されたが、残った最後の6輌も25日に京都総合運転所から幡生まで廃車回送された。

中村悠久(広島県)
2011_03_22_nakamura_yukyu001.jpg EF66 127の次位に連結されて新潟へ向かうDD51 852。
'11.3.22 山陽本線 向洋

2011_03_24_nakamura_yukyu001.jpg
単機で試運転を行なうEF81 19。

'11.3.24 海田市

2011_03_24_nakamura_yukyu002.jpg
試運転ののち、EF66 35の次位で富山に向かうEF81 19。

'11.3.24 山陽本線 向洋
 門司機関区のDD51 852が
3月22日に北九州貨物ターミナルから新潟貨物ターミナルに向けて2074レの機次位で無動力回送された。東北地方太平洋沖地震に伴なう輸送力増強のために貸し出されるものと思われる。
 また、廃車のために広島車両所に送られたEF81 19だったが、出場を果たして3月24日に本線試運転を実施した。検査表記は「19-10」から変わっていなかったため、台検B2を受けての出場かと思われる。
 EF81 19は試運転後、広島貨物ターミナルから2074レの機次位無動力で富山に向かった。

中坊正男(京都府)
2011_03_24_nakabo_masao001.jpg 最後の力走。
'11.3.24 東海道本線 新大阪 P:中坊正男

2011_03_24_mitsubayashi_akira001.jpg
粋な計らいに感動。

'11.3.24 東海道本線 元町 P:三林 輝

2011_03_24_takahashi_kosuke002.jpg
下関へ最後の旅路。

'11.3.24 山陽本線 舞子 P:高橋幸佑

2011_03_24_takahashi_kosuke003.jpg
特製の幕とサボが掲出された。

'11.3.24 山陽本線 大久保 P:高橋幸佑
 3月24日、京都総合車両所に所属するキハ181系(キハ181-49以下6輌)が廃車のため幡生へ回送された。
 今回の廃車回送では、「ありがとう キハ181 LAST RUN」と書かれた〈はまかぜ〉風特製ヘッドマークが取り付けられ、「Last Run キハ181系 京総→下関」のサボ、「Last Run 回送 栄光は永遠にキハ181系 京総→下関」と書かれた方向幕ステッカーが貼られていた。

玉谷勇吉(兵庫県)
2011_03_24_tamatani_yukichi001.jpg 今年も"センバツ"の季節がやってきた。
'11.3.24 山陽電気鉄道本線 東須磨
 3月23日(水)から第83回選抜高校野球大会が開催されているが、これにあわせて阪神電車では、今年も梅田―須磨浦公園間の特急運用充当編成に"センバツ"と書かれた副標を掲出している。  平日の一部限定運用では1000系が特急運用に充当されてるが、23日(水)と24日(木)は9000系9209編成が充当された。なお去就が注目される2000系は大会期間中、まだ特急運用に入っていない。

【JR海】371系 全般検査出場

近藤 旭(愛知県)
2011_03_22_kondo_asahi001.jpg 幸田に停車する371系。
'11.3.22 東海道本線 幸田 P:近藤 旭

2011_03_22_mabuchi_eisuke001.jpg
名古屋工場から出場し、試運転を行なう。

'11.3.22 東海道本線 熱田 P:馬渕英輔

2011_03_22_otani_masahiro001.jpg
試運転終了後、名古屋から静岡へと回送。

'11.3.22 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷昌弘
 名古屋工場で検査を受けていた静岡車両区所属の371系X1編成が検査を終え、3月22日に名古屋―西小坂井間で試運転を行なった。試運転後には静岡へと回送されている。

廣村典彦(兵庫県)
2011_03_23_hiromura_norihiko001.jpg 網干―上郡の区間で試運転を行なったH7編成。
'11.3.23 山陽本線 竜野―相生
 検査のためJR西日本網干総合車両所に入場していた播但線用103系3500番代H7編成(姫路側クモハ102-3507+クモハ103-3507)"銀の馬車道"の検査が終了し出場、検査と同時に順次進められていたATS-P改造工事も実施された。  これで播但線用103系3500番代のATS-P改造はこのH7編成をもって全9編成完了となった。また、同編成は3月23日に網干―上郡間にて1往復試運転が行なわれている。
宮島昌之(石川県)
2011_03_21_miyajima_masayuki001.jpg A31編成に続き、A32編成の一部旧A24編成が3輌で再び走り始めた。
'11.3.21 北陸本線 東金沢―森本
 昨年の秋より北陸本線の普通列車として登場した475系6輌固定編成だが、以前「RM News」で報告のA31編成に続き、A32編成(旧A11編成+旧A24編成)も既に6輌固定編成を解除しているのを3月21日(月)の時点で確認した。  同日の455Mで姿を見せた車輌は、車輌番号がそれぞれクハ455-59+モハ474-51+クモハ475-51となっており、旧A11編成に連結されていたはずのクハ455-59が旧A24編成に移り、クハ車を相互入れ替えする前のA24編成に戻っていた。  これとは別に、改正前に6輌固定編成を使用していた仕業のうち、金沢発直江津行557M(改正前555M)を確認したところ、3月21日(月)は413系B04編成+475系A06編成の6輌、3月23日(水)は413系B05編成+475系A10編成の6輌と、413系と475系の混結運用に変わっている。また、金沢総合車両所運用検修センター構内の東金沢寄り海側に6輌固定編成と思われる1本が留置されており、数日間も動きが確認されないことから、ダイヤ改正日(3月12日)を挟む数日間で残りのA33編成、A34編成も既に運用を終えて、留置と今回のA32編成同様に片側の旧編成3輌編成で運転を再開しているものと思われる。  運転室の使用停止と車輌外観とのギャップが珍しく、ある意味特異であった6輌固定編成は、ほぼ半年という短命で役目を終えたかたちになる。

○関連記事
【JR西】475系A31編成、6輌固定編成を解除

野中麗央(香川県)
2011_3_20_nonaka_reo001.jpg 朝早くから運行、長尾線を走行するのは10ヶ月ぶり。
'11.3.20 高松琴平電気鉄道長尾線 学園通り―白山
 3月20~21日、ことでんレトロ車輌による特別運行が実施された。  今回は「23号全検出場記念レトロ電車特別運行」という題目で、毎月土曜日のダイヤとは違い、ファンにとってはたまらない超豪華な特別ダイヤでの運行となった。  20日は500号+23号と300号+120号の2編成に分かれて瓦町→長尾→高松築港→瓦町をそれぞれ走行。のちに2編成を瓦町留置線にて連結し、瓦町→高松築港→琴電琴平→仏生山を走行した。また21日は23号+300号+500号で高松築港→琴電琴平→仏生山を走行した。  なお20日の500号+23号の行先札は、レトロ運行で使われる白幕黒文字ではなく、現役時代に使われたサボ式のものが掲げられた。

【流鉄】流鉄の話題

福田智志(埼玉県)
2011_03_20_fukuda_satoshi001.jpg 3月11日から営業運転を開始した5000系"流星"。
'11.3.20 流鉄流山線 流山

2011_03_20_fukuda_satoshi002.jpg
「さよなら流山幼稚園」のヘッドマークを付けた"なの花"。

'11.3.20 流鉄流山線 流山
 3月11日から5000系第2編成"流星"が営業運転を開始した。車体の色はオレンジ色で、前面に運転開始を記念したヘッドマークを付けて運転している。
 また、3月15日からは〈さよなら流山幼稚園号〉の運転を開始した。〈さよなら流山幼稚園号〉の編成は2000系"なの花"で、流山幼稚園が2011年3月を以って閉園することを記念して運転している列車である。こちらも前面にヘッドマークを付けており、ヘッドマークには今年の卒園生の願い事が描かれている。

【JR西】103系廃車回送

橋本浩志(兵庫県)
2011_03_17_shimada_toji002.jpg 混色編成での廃車回送。
'11.3.17 東海道本線 山崎―島本 P:嶋田冬二

2011_03_17_takahashi_kosuke001.jpg
編成は下関方からクハ103-238+モハ102-546+モハ103-390+サハ103-406+サハ103-405+モハ102-551+モハ103-395+クハ103-237。

'11.3.17 東海道本線 甲南山手 P:高橋幸佑

2011_03_17_hashimoto_hiroshi001.jpg
最近では珍しいスカイブルーとオレンジの組み合わせ。

'11.3.17 山陽本線 明石 P:橋本浩志
 3月17日(木)に103系の廃車回送が日根野―向日町操―下関の行程で運転された。
 編成は、日根野区のK608編成の間に元森ノ宮区KM4編成のサハ2輌を組み込んだものとなった。
 K608編成は、3月6日より先頭車がクハ103-97とクハ103-616に組み替えられていたが、廃車回送の際に再び元の編成に戻されている。

見学 智(大阪府)
2011_03_15_shimada_toji002.jpg 元KM4編成(クハ103-829~182)は3月15日のA22運用から使用を開始。
'11.3.15 阪和線 長居 P:嶋田冬二

2011_03_23_sawashima_toshiharu001.jpg
元KM10編成(クハ103-844~244/写真の先頭はクハ103-244)が行く。

'11.3.15 阪和線 浅香 P:澤島利治

2011_03_23_kengaku_satoshi001.jpg
阪和線で運転初日の元KM6編成(クハ103-835~842)。

'11.3.23 阪和線 新家―長滝 P:見学 智
 阪和線にオレンジ色の103系3編成(クハ103-829~182、クハ103-844~244、クハ103-835~842)が森ノ宮区から日根野区に転入して運用に就いている。
 これらの編成は3月10~15日にかけて回送されてきており、8連からサハ2輌を抜いた6連で順次運用に就いている。

楠本紘大(東京都)
2011_03_13_kusumoto_kodai0001.jpg 最後の京王6000系、6022Fが回送。
'11.3.13 京王電鉄京王線 武蔵野台―飛田給
 京王動物園線で長らく使用されていた、京王電鉄最後の6000系である6022Fの廃車回送が、3月13日に高幡不動→若葉台において実施された。なお、保安装置の関係でデワ600系を連結しての回送となっている。
福田智志(埼玉県)
2011_03_12_fukuda_satoshi003.jpg 観光電車は7000形"ユートラムII"を使用。
'11.3.12 鹿児島市交通局唐湊線 鹿児島中央駅前
 鹿児島市交通局は、3月5日から土休日を中心に観光電車の運転を開始した。これは九州新幹線の全線開業に合わせて運転を開始した列車で、7000形"ユートラムII"を使用、前面にヘッドマークを付けて運転している。  観光電車の運転ルートは鹿児島中央駅前―鹿児島―高見馬場―郡元―鹿児島中央駅前で、車内ではボランティアの方が沿線の観光案内や名産品の紹介などを行なう。  観光電車は午前2本、午後2本の計4本運転しており、料金は大人320円、子供160円である。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年3月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.