鉄道ホビダス

2011年2月28日アーカイブ

塩冶拓巳(東京都)
2011_02_28_shioji_takumi002.jpg また1編成が旅立つ。
'11.2.28 武蔵野線 東浦和
 2月28日(月)、長らく常磐緩行線で使用されていた松戸車両センター所属のマト65編成が長野総合車両センターへ配給輸送された。廃車になるものと思われる。牽引は長岡車両センターのEF64 1030であった。

【JR東】川中島工臨返空

塩冶拓巳(東京都)
2011_02_28_shioji_takumi001.jpg 牽引はEF64 39。
'11.2.28 武蔵野線 東浦和
 2月28日(月)、通称「川中島工臨」の返空が運転された。牽引はEF64 39、編成はチキ4輌であった。
海老江和賜(千葉県)
2011_02_27_watanabe_kentaro001.jpg 快晴の中、突き進む。
'11.2.27 東海道本線 辻堂―藤沢 P:渡辺健太郎

2011_02_27_ebie_kazushi001.jpg
新金線を行くEF65 501+キハ30 62。

'11.2.27 新金線 金町―新小岩操 P:海老江和賜

2011_02_27_honda_ayato001.jpg
新金線を経由して、木更津へ戻る。

'11.2.27 新金線 金町―新小岩操 P:本多駿斗
 茅ヶ崎運輸区公開イベントの展示に使用されたキハ30 62が、2月27日(日)に所属先へ返却のため茅ヶ崎から木更津まで配給輸送された。茅ヶ崎―新小岩操間をEF65 501、新小岩操―木更津間はDE10 1751がそれぞれ牽引した。

増永祐一(神奈川県)
2011_02_26_masunaga_yuichi001.jpg 2月12日に定期運行を終えたA編成が登板。このあと須坂で2100系へ「バトンタッチ」。
'11.2.26 長野電鉄長野線 長野

2011_02_26_masunaga_yuichi002.jpg
急勾配区間を駆け上がる2100系〈スノーモンキー〉。

'11.2.26 長野電鉄長野線 信濃竹原―夜間瀬

2011_02_26_masunaga_yuichi003.jpg
撮影名所・夜間瀬川を渡る〈スノーモンキー〉。雪が残る山々をバックに。

'11.2.26 長野電鉄長野線 夜間瀬―信濃竹原

2011_02_26_masunaga_yuichi004.jpg
〈成田エクスプレス〉の頃をイメージした方向幕。

'11.2.26 長野電鉄長野線 長野
 2月26日(土)、長野電鉄2100系電車が長野―湯田中間の特急〈スノーモンキー〉として、営業運転を開始した。
 2100系は元JR東日本の253系電車で、形式は湯田中寄りからクハ2150(元クロハ253)・モハ2100(元モハ253)・デハ2110(元クモハ252)の3輌編成となり、順に1~3号車となる。外観は253系時代とほぼ変わらないが、正面窓下に「SNOW MONKEY」のロゴ、クハ2150の連結部に猿の写真のラッピングが施されている。
 2100系はE1編成(クハ2151-モハ2101-デハ2111、元クロハ253-6+モハ253-18+クモハ252-18)が、須坂9時23分発の湯田中行き3A列車より運行開始となった。その3A列車は本来長野発であるが、長野―須坂間が2000系A編成で運行され、須坂でA編成からE1編成へ「バトンタッチ」、つまり車輌交換するという演出が見られた。なお2100系の運行開始セレモニーは、湯田中駅で行なわれた。
 余談だが、前日の25日(金)で定期運行を終了した2000系D編成は、同日午前に屋代駅隣接の長電テクニカルサービスへ回送されている。D編成は今夏引退の予定なので、今後どのように活用されるのか、気になるところである。

小林祐也(兵庫県)
2011_02_26_masuda_keisuke001.jpg 編成両端には特製のヘッドマークが取り付けられた。
'11.2.26 山陰本線 上夜久野―梁瀬 P:増田圭介

2011_02_26_sanbayashi_teru001.jpg
通い慣れた山陰路を行くキハ181系6連。

'11.2.26 山陰本線 鎧―餘部 P:三林 輝

2011_02_26_sano_hiroshi001.jpg
〈あさしお〉風のヘッドマークを掲出。

'11.2.26 山陰本線 餘部―久谷 P:佐野 洋

2011_02_26_ohzono_yoshio001.jpg
運転台には、花束が置かれていた。

'11.2.26 山陰本線 丹波口 P:大園愉生

2011_02_27_kobayashi_yuya001.jpg
生涯最後の旅路...。

'11.2.27 山陰本線 江原―八鹿 P:小林祐也

2011_02_27_ozaki_kenta001.jpg
多くのレイル・ファンが見守る中、京都へ帰るキハ181系。

'11.2.27 山陰本線 下夜久野―上川口 P:尾崎健大

2011_02_27_mastushita_norihiko001.jpg
〈はまかぜ〉風特製マークを掲出。

'11.2.27 山陰本線 立木―安栖里 P:松下範彦

2011_02_27_akamatsu_daiki001.jpg
運転席横には花束が。

'11.2.27 山陰本線 船岡―園部 P:赤松大樹

2011_02_27_itoh_ken001.jpg
いよいよ終盤を迎えたキハ181系。

'11.2.27 山陰本線 亀岡―馬堀 P:伊藤 健
 2月26日(土)・27日(日)、京都総合運転所所属のキハ181系6輌を使用した団体臨時列車が京都―米子間で運転された。
 この列車は日本旅行が企画したもので、26日の往路は京都―米子間、27日は米子―京都間を走行した。使用された編成は、米子方からキハ181-49+キハ180-22+キハ180-77+キハ180-49+キハ180-36+キハ181-47であった。
 途中停車駅で撮影会が行われたほか、往路と復路で違うヘッドマークを掲出した。往路は〈あさしお〉風のマークで、復路は〈はまかぜ〉風のマークが取り付けられた。
 キハ181系を使用する列車はこの団体臨時列車をもって終了と思われ、沿線は沢山のレイル・ファンで賑わった。

山添大輔(大分県)
2011_02_27_yamazoe_daisuke001.jpg 大行司駅に停車中の"あそ1962"。
'11.2.27 日田彦山線 大行司(停車中に構内踏み切りより撮影)
 2月27日(日)、熊本車両センター所属のキハ28 2401+キハ58 139"あそ1962"を使用した団体臨時列車が門司港―城野―光岡―久留米―原田―桂川―黒崎―門司港間で運転された。この列車は有限会社藤盛精巧の9周年を記念したもので、両車輌の片側にオリジナルのヘッドマークが装着された。
森 康平(東京都)
2011_02_27_mori_kohei002.jpg 試運転中の5050系。
'11.2.27 東急電鉄東横線 多摩川
 副都心線直通対応工事が完了したとみられる5050系5163Fの試運転が、2月27日(日)、東急東横線・みなとみらい線内で行われた。
中司朔良(兵庫県)
2011_02_27_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg 仁川―西宮北口の区間運転に充当中の3070F。
'11.2.27 阪急電鉄今津線 仁川―甲東園
 既報の通り、阪急今津(北)線に3078Fが転入するとともに、表示幕未改造の3068Fが運用離脱し、現在正雀区に留置中である。これにより、同線の表示幕未改造編成は3058Fおよび3070Fの2編成となった。このうち、3070Fは中間電動車のパンタ撤去がない編成である。
 平日ラッシュ時や阪神競馬開催時には、表示幕未改造編成が仁川区間列車に充当されることもあり、その時は写真のような行先板を掲出する。
梅園貴史(大阪府)
2011_02_26_umezono_takashi001.jpg 人気スポット赤川鉄橋を走り抜け吹田へと戻る。
'11.2.26 城東貨物線 鴫野―吹田信号場
 ディーゼルカー(DL)牽引の貨物列車で知られる城東貨物線だが、来月のダイヤ改正より、百済駅周辺の電化工事完成に伴い電気機関車の牽引に変更となる可能性がある。それに伴ってか、日曜・祝日を除くほぼ毎日、1日2往復の電気機関車単機による試運転が続けられている。なお、2月26日(土)にはEF200-901が使用されたが、初入線であると思われる。
塩冶拓巳(東京都)
2011_02_27_shioji_takumi001.jpg 虹ガマが牽く。
'11.2.27 常磐線 三河島
 2月27日(日)運転の5781レ(通称:安中貨物)は、田端運転所のEF81 95が牽引した。最近は、所定のEF510-500番代に代わってEF81が牽引している模様だ。
大谷真弘(静岡県)
2011_02_27_ohtani_masahiro001.jpg 久しぶりに923形"ドクターイエロー"T4編成が検測走行をする。
'11.2.27 東海道新幹線 静岡―掛川
 2月27日(日)、JR東海の923形"ドクターイエロー"T4編成が東京―博多間で検測走行を行った。
藤村巌雄(神奈川県)
2011_02_27_fujimura_iwao002.jpg 海老名駅に向かう3輌編成の回送電車。
'11.2.27 相模線 厚木―海老名 P:藤村巌雄

2011_02_27_funayama_taichi001.jpg
普段は団体列車が走らない相模線の住宅地をのんびり走る115系。

'11.2.27 相模線 厚木―海老名 P:船山太一

2011_02_27_kubota_kenichi001.jpg
相模線電化後20年で初入線となった115系。

'11.2.27 相模線 宮山―寒川 P:久保田健一

2011_02_27_watanabe_kentaro002.jpg
普段は通らないところを走る。

'11.2.27 東海道本線 平塚 P:渡辺健太郎

2011_02_27_fukuda_satoshi003.jpg
参加者限定の撮影会は茅ヶ崎駅のライナー用ホームで開催。

'11.2.27 東海道本線 茅ヶ崎 P:福田智志
 1991年3月16日に相模線が電化してから今年で20周年を迎えるのを記念して、115系電車を使用した記念列車が2月27日(日)に運転された。
 記念列車は豊田車両センター所属M11編成3輌で、往路は海老名から茅ヶ崎経由で東海道線の熱海まで運転。復路は熱海から横浜まで運転された。また、海老名~厚木間では列車交換のための回送列車が1往復した。

山添大輔(大分県)
2011_02_26_yamazoe_daisuke002.jpg 折尾に停車中のキハ147系。
'11.2.26 筑豊本線 折尾
 普段は日田彦山線の運用に入っているキハ147系が、2月26日(土)に若松線の運用に入った。車輌は若松方からキハ40 8051+キハ147 1057であった。
小原正裕(兵庫県)
2011_02_26_obara_masahiro002.jpg 5108Fはリニューアル工事未施工。
'11.2.26 阪急電鉄宝塚本線 梅田
 阪急電鉄5100系が今年でデビュー40周年を迎えた。
 5100系は1971(昭和46)年、阪急初の量産冷房車として製造され、初期には神戸線、宝塚線のほか京都線にも配属され、梅田―河原町間の特急にも使用された。製造にあたっては、6000系の形式を名乗る予定が、京都線の運用にあたってすでに引退している大阪市交60系との重複を避けるため5100系となったというエピソードがある。
 神戸線での昭和50年代の全盛期には、梅田発の須磨浦公園行きの山陽直通特急や普通の主力として活躍した。現在は、6連1本が今津線の西宮北口―宝塚間で使用されるほかは全て宝塚線で〈日生エクスプレス〉以外の全列車に運用される。
 また、大規模リニューアルの上、5000系に編入された車輌も多い。現在、5128F・5136F・5146Fの3編成にリニューアル工事を内容を変えながら施行している。また、リニューアル未施行でクーラーのみ取り替えた5104Fなどもある。
種橋慶成(東京都)
2011_02_24_tanehashi_yoshinari001.jpg 唐津線内に入線するマヤ34 2009。
'11.2.24 唐津線 久保田―小城
 2月24日(木)、熊本車両センター所属マヤ34 2009が長崎本線と唐津線の検測を行った。
 長崎本線では同センター所属のDE10 1207が単機で牽引、唐津線内は唐津方に同じく同センター所属DE10 1638を連結してのプッシュプル運転での検測であった。
 なお、翌日25日(金)には、同じくプッシュプル運転にて築肥線の検測を実施した。

【JR東】茅ヶ崎運輸区公開

福田智志(埼玉県)
2011_02_26_ohba_makoto001.jpg 記念のヘッドマークと懐かしい〈かっぱ号〉をつけて。
'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:大場 真

2011_02_26_kaki_masahiro001.jpg
展示された205系R6編成とメインゲストのキハ30 62。

'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:賀来正博

2011_02_26_ohba_makoto002.jpg
115系は27日の記念ツアーの団体専用に。

'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:大場 真

2011_02_26_okazaki_katsutoshi003.jpg
普段は見られない並びが実現された。

'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:岡崎克俊

2011_02_26_okazaki_katsutoshi002.jpg
普段は機関車の入らない茅ヶ崎運輸区に現れたEF65 501。

'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:岡崎克俊

2011_02_26_fukuda_satoshi005.jpg
電化20周年のヘッドマークを付けた205系。

'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:福田智志

2011_02_26_fukuda_satoshi003.jpg
休憩用車輌は185系を使用。

'11.2.26 茅ヶ崎運輸区 P:福田智志
 2月26日(土)、相模線電化20周年記念企画として茅ヶ崎運輸区の公開が開催された。
 これは事前応募により当選した者が参加できたイベントで、参加者は茅ヶ崎駅から茅ヶ崎運輸区まで205系の送迎列車で移動した。展示された車輌は205系、115系スカ色、EF65 501、さらに非電化時代に活躍していたキハ30 62も展示された。
 この他にも記念弁当の販売、車掌体験、レールスター体験乗車などさまざまな企画が開催され、短い時間ではあったものの充実した内容であった。

大竹 翔(東京都)
2011_02_26_akakashi_shota001.jpg 長い鼻のボンネットに、真紅のヘッドマークが誇らしげに掲げられる。
'11.2.26 北陸本線 津幡―森本 P:赤樫翔太

2011_02_27_ohtake_sho001.jpg
最近活躍の多いボンネット、この活躍はいつまで見られるのだろうか...。

'11.2.27 上越線 石打―大沢 P:大竹 翔

2011_02_27_tanaka_atsushi001.jpg
これが本当に最後の冬なのか...。

'11.2.27 上越線 塩沢―六日町 P:田中 敦

2011_02_27_miyajima_masayuki001.jpg
倶利伽羅峠を越えた489系9輌フル編成が弧を描く。

'11.2.27 北陸本線 倶利伽羅―津幡 P:宮島昌之
 2月26日(土)の〈はくたか9号〉~〈はくたか12号〉~〈はくたか23号〉、翌27日(日)の〈はくたか2号〉が所定681系・683系で運転されるところ、489系H01編成が代走した。

平尾彰啓(大阪府)
2011_02_27_hirao_akihiro001.jpg 車内には装飾も施されていた。
'11.2.27 東海道本線 岸辺―千里丘
 2月27日(日)、宮原総合運転所に所属する和風客車"あすか"を使用したブライダルトレインが大阪―敦賀間(湖西線経由)往復で運転された。牽引は往路がEF81 106、復路がEF81 108で、往復ともにローズピンク色のEF81が牽引した。
山添大輔(大分県)
2011_02_26_yamazoe_daisuke001.jpg 展示中の485系Do-31編成。
'11.2.26 九州鉄道記念館
 3月のダイヤ改正で定期運用を離脱する485系が2月26日(土)・27日(日)に九州鉄道記念館で展示され、撮影会が行われた。
小原正裕(兵庫県)
2011_02_26_obara_masahiro001.jpg 三宮発普通梅田行きに充当中の9102号。
'11.2.26 阪急電鉄神戸本線 西宮北口
 阪急電鉄神戸線所属の9000系9002Fは、昨年12月のデビュー以来、"未来のあかり号"としてラッピング塗装が施されて運転されてきたが、このラッピングは2011年3月で終了予定だ。そのため、このラッピングと特製ヘッドマークもあと1ヶ月で見納めとなりそうである。
増永祐一(神奈川県)
2011_02_27_masunaga_yuichi002.jpg 正面窓下には、デビュー記念のステッカーが貼付されている。
'11.2.27 横浜新都市交通 並木中央 P:増永祐一

2011_02_26_fukuda_satoshi008.jpg
車内の座席はセミクロスシートになった。

'11.2.26 横浜新都市交通 金沢八景 P:福田智志

2011_02_26_fukuda_satoshi007.jpg
液晶式の車内案内表示器が設置されている。

'11.2.26 横浜新都市交通 新杉田 P:福田智志
 シーサイドラインの愛称で親しまれている横浜新都市交通では、従来の車輌である1000形を置換えるため、新型車輌2000形の導入が進められることとなったが、このほど2000形の第1編成が、2月26日(土)より営業運転を開始した。
 車輌番号は金沢八景寄りから2311-2312-2313-2314-2315の順で、1000形と同様に百・十の位が編成番号を示している。また、ステンレス車体やVVVFインバータ制御にセミクロスシートなど、同社初となるものが多数盛り込まれている。
 なお、同日には併せてダイヤ改正が実施された。始発の繰り上げや終発の繰り下げ、朝ラッシュ時の増発と、利便性の向上が図られている。

熊崎耕介(愛知県)
2011_02_26_kumazaki_kosuke001.jpg 有名撮影地を行く。
'11.2.26 東海道本線 三河大塚―三河三谷 P:熊崎耕介

2011_02_26_kondo_asahi001.jpg
夕日を浴び直線を進む"トレイン117"。

'11.2.26 東海道本線 野田新町―刈谷 P:近藤 旭
 2月5日・19日に続き2月26日(土)、117系S9編成"トレイン117"を使用した団臨が運転された。運転区間は名古屋―豊川―弁天島―名古屋間で、普段は見られない東海道本線を走る姿を見ることができた。

【JR西】長尾工臨運転

高橋幸佑(京都府)
2011_02_25_takahashi_kosuke001.jpg 夜の高槻を通過する工臨。
'11.2.25 東海道本線 高槻
 2月25日(金)、向日町操―長尾間で「ロンチキ」を使用した通称「長尾工臨」が運転された。牽引機は、長尾寄りがDD51 1191、向日町操寄りがDD51 1193であった。
 なお、四条畷―忍ヶ丘間でレールの積み下ろしを行うため、四条畷から長尾まではDD51 1191単機での牽引となり、DD51 1193は四条畷から長尾までは工臨の続行を単機で走行した。
野中麗央(香川県)
2011_02_26_yamada_yu001.jpg ことでん旧型電車120+500号走る。
'11.2.26 高松琴平電気鉄道琴平線 畑田―陶 P:山田 優

2011_02_26_nonaka_reo001.jpg
ことでんファンにはたまらない一日が始まった。

'11.2.26 高松琴平電気鉄道琴平線 三条 P:野中麗央
 2月26日(土)、高松築港―琴電琴平間にて、ことでんレトロ車輌による特別運行が行われた。今回は500号+120号のレトロ塗装同士の編成で、ヘッドマークは掲出されなかった。
 なお、今回で毎月末土曜日の運行は終了し、次回は3月20日~21日に特別ダイヤで実施される予定である。また、この3月の運行で2010年度のレトロ運行計画はすべて終了になる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年2月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.