鉄道ホビダス

2011年2月22日アーカイブ

田中 友(東京都)
2011_02_22_tanaka_yuu001.jpg 毎週火曜変わりでヘッドマークの変更が行なわれた6722F。
'11.2.22 京王電鉄動物園線 多摩動物公園
 動物園線で運転されている最後の6000系、6722Fの多摩動物公園方ヘッドマークの3回目の交換が2月22日に行なわれ、〈迎光号〉〈高尾号〉〈陣馬号〉のヘッドマークデザインをイメージした高幡不動乗務区製ものが新たに取り付けられた。なお、高幡不動方のヘッドマークはイベント開始時から使用されている茶系色のヘッドマークのままで、変化はない。
宮島昌之(石川県)
2011_02_22_miyajima_masayuki001.jpg 金沢市内に戻ってきた〈はくたか12号〉。一昨日に続き489系が代走。
'11.2.22 北陸本線 森本―東金沢

2011_02_22_miyajima_masayuki002.jpg
本日2往復目の代走〈はくたか23号〉。夕日を背に浴びて走る。

'11.2.22 北陸本線 東金沢―森本
 2月22日(火)、金沢―越後湯沢間を結ぶ特急〈はくたか9号〉と〈はくたか12号〉および〈はくたか23号〉が、所定681系または683系〈はくたか〉編成のところ、金沢総合車両所所属の489系H01編成が代走した。
 今後所定運用どおりで運行された場合、同日2往復目の代走となった〈はくたか23号〉(越後湯沢行)以後の復路、は翌日の〈はくたか2号〉(金沢行)の予定のため、翌23日(水)にわたって489系による代走が行なわれる見込み。
 なお、489系H01編成による代走は、一昨日20日(日)の長岡迂回運転を含む2往復運転に続くものとなる。

寺田牧夫(千葉県)
2011_02_21_terada_makio001.jpg
カシオペア色99号機牽引のはずが、現れたのは81号機。
'11.2.21 東北本線 田端操―赤羽
 "安中貨物"こと5388~5781レは21日、2月に入って初めてEF81が牽引した。  泉―田端操間はカシオペア色の99号機が牽引したが、途中田端操で異例の機関車交換。元お召機の81号機にリレーして安中へと向かった。
長田浩二(静岡県)
2011_02_21_nagata_koji001.jpg 久しぶりに伊東線を走る"なごみ(和)"。
'11.2.21 伊東線 網代―伊豆多賀
 2月21日に新宿―伊豆急下田間でE655系"なごみ(和)"が運行された。沿線には河津桜も咲き始めたが、この日は風も強く、まだまだ寒い冬の日であった。
海老江和賜(東京都)
2011_02_21_ebie_kazushi002.jpg EF65 1118に牽かれるピカピカのキハ38 4。
'11.2.21 東北本線 蓮田―東大宮 P:海老江和賜

2011_02_21_suzuki_takumi001jpg.jpg
夕暮れの常磐線を走る。

'11.2.21 常磐線 松戸―金町 P:鈴木拓美
 2月21日、郡山総合車両センターに入場していた幕張車両センター木更津派出所属のキハ38 4が検査を終え、郡山から木更津まで配給輸送された。
 牽引機は、黒磯から新小岩操までがEF65 1118、新小岩操から木更津まではDE10 1752が担当した。

塩冶拓巳(東京都)
2011_02_21_hasegawa_kota001.jpg 夕日を浴びて、"ヒガハス"を快走。
'11.2.21 東北本線 蓮田―東大宮 P:長谷川航大

2011_02_21_shioji_takumi001.jpg
久々に乗務員訓練列車に95号機が登板。

'11.2.21 東北本線 さいたま新都心 P:塩冶拓巳

2011_02_21_otake_syo001.jpg
人気のレインボー塗装の95号機が牽引を担当。

'11.2.21 東北本線 さいたま新都心―浦和 P:大竹 翔
 2月21日(金)、田端運転所所属のEF81 95を使用した乗務員訓練列車が尾久―黒磯間で実施された。経路は尾久→黒磯→上野→尾久。

川口亮太(埼玉県)
2011_02_21_kawaguchi_ryota001.jpg 有名撮影地を行くトロッコ。今後の活躍にも期待。
'11.2.21 東海道本線 山崎
 2月21日(月)、嵯峨野観光鉄道で使用されているSK100・200・300形が、吹田工場を出場、下関総合車両所所属のEF65 1124号機の牽引により回送された。
羽鳥達也(埼玉県)
2011_02_19_hatori_tatsuya001.jpg 秩父鉄道で走ってきた約22年間に幕を閉じる。
'11.2.19 秩父鉄道秩父本線 武川―永田
 2月19日に1000系1009編成(旧国鉄色ウグイス・関西線色)の引退を記念して、熊谷―影森間で臨時急行列車としてさよなら運転が行なわれた。  さよなら運転にあわせ、車体色をベースに『1009F さよなら』と描かれたデザインのヘッドマークが掲げられた。
宮島昌之(石川県)
2011_02_20_tanase_hirokazu001.jpg 雪晴れの塚山峠を快走する489系〈はくたか〉。この日は〈はくたか24号〉まで代走が続いたが、〈はくたか24号〉の金沢―福井間は所定の681・683系9輌で特発されている。
'11.2.20 信越本線 長鳥―塚山 P:田名瀬裕和

2011_02_20_ebie_kazushi001.jpg
日本海をバックにボンネット〈はくたか〉現る。

'11.2.20 信越本線 鯨波―青海川 P:海老江和賜

2011_02_20_miyajima_masayuki002.jpg
長岡発となった489系代走の〈はくたか10号〉。所定より約35分遅れで通過。

'11.2.20 北陸本線 津幡―森本 P:宮島昌之

2011_02_20_ebie_kazushi002.jpg
"スノーラビット"も迂回で信越本線を走行。

'11.2.20 信越本線 青海川―鯨波 P:海老江和賜
 2011年2月20日(日)運転の特急〈はくたか〉は、午前から昼間にかけての列車、越後湯沢行き(3号~13号)および金沢行き(6号~16号)で、所定金沢―越後湯沢間で運転のところ金沢―長岡間に経路を変更、迂回運転を行なった。
 これは、同日の朝に上越線越後湯沢―石打間で発生した機関車の故障の影響により急遽行なわれた迂回措置と思われる。
 また特急〈はくたか7号〉と〈はくたか10号〉および〈はくたか21号〉と〈はくたか24号〉は、所定681系または683系〈はくたか〉編成のところ、金沢総合車両所所属の489系H01編成が代走し、そのうち〈はくたか7号〉と〈はくたか10号〉は前記の通り長岡発着にて迂回運転を行なった。

圓山伸宏(東京都)
2011_02_20_maruyama_nobuhiro001.jpg DD602に牽引され浮島町へ向かう、DD501とDB-1。
'11.2.20 神奈川臨海鉄道浮島線 川崎貨物
 神奈川臨海鉄道塩浜機関区で整備を受けていたスイッチャー2輌が、普段入換に従事している浮島町の東燃ゼネラル石油専用線へと回送された。  機関車次位の4軸機は1977(昭和52)年新潟鉄工所製の50t機DD501、最後尾の2軸機は1980(昭和55)年日立製作所製の28t機DB-1(製造番号2069801)である。  日立の2軸機は、『RM LIBRARY』124号「鶴見線貨物回顧」(渡辺一策・著)で表紙を飾っている日本石油輸送のスイッチャー「No.47」であり、専用線ファンにはお馴染みの車輌である。
早川信久(静岡県)
2011_02_20_hayakawa_nobuhisa001.jpg 綺麗に再塗装され新天地での活躍が期待される2100系。
'11.2.20 長野電鉄長野線 桜沢―延徳
 2月20日に長野電鉄長野線にて2100系(元JR東日本253系)"スノーモンキー"の試乗会が長野から信州中野間で2往復行なわれた。  2月26日から営業運転を開始する2100系、長野電鉄での新たな活躍が期待される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年2月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.