鉄道ホビダス

2011年2月16日アーカイブ

岡田雄太郎(栃木県)
2011_02_15_okada_yutaro002.jpg EF64 1001に牽引されて大宮を目指す。
'11.2.15 上越線 渋川―八木原 P:岡田雄太郎

2011_02_15_shimizu_tomofumi001.jpg
国境を越えてやってきた配給列車。

'11.2.15 上越線 津久田―敷島 P:清水智文
 2月15日(火)、C57 180が大宮総合車両センターに入場するため新津~高崎間で配給輸送された。中間検査Bを受けるためと思われる。なお、翌16日に高崎から大宮総合車両センターに配給される模様だ。

原 将人(北海道)
2011_02_15_hara_masato001.jpg 函館本線で試運転を行う735系。
'11.2.15 函館本線 厚別―森林公園

2011_02_16_hara_masato002.jpg
中間M車には計測機器が搭載されているのか、ブラインドされている。

'11.2.16 函館本線 厚別―森林公園
 新型車輌735系が函館本線で冬季試運転を実施している。
 735系はJR北海道初のアルミ合金車体の電車ということで、冬季の耐寒・耐雪性能などのデータ取得が念入りに行われている模様だ。
 試運転は札幌運転所~旭川運転所間で行われており、道内ファンの注目を集めている。

森 康平(東京都)
2011_02_15_mori_kohei001.jpg 八王子で一休みをするため、入れ換え中。
'11.2.15 中央本線 八王子
 2月15日(火)、東急東横線用5050系5163Fが副都心線直通対応工事を終え、逗子~八王子間で甲種輸送された。逗子~新鶴見(信)間はDE10 1666が、新鶴見(信)~八王子間はEF65 1138がそれぞれ牽引した。
 また、今回の甲種輸送では、5169F・5173Fの5号車も同時に輸送され、10輌編成での輸送となった。
 なお、同編成は16日に6輌、17日に4輌がそれぞれ八王子~長津田間で甲種輸送される予定である。
三林 輝(兵庫県)
2011_02_15_sanbayashi_teru001.jpg 宝塚線平井車庫へ返却回送される7018F。
'11.2.15 阪急電鉄神戸本線 園田
 2月15日(火)、1月の初頭より神戸線へ貸し出されていた宝塚線平井車庫所属の7018Fが同車庫へ返却回送された。同編成の神戸線への貸し出しは以前から頻繁に行われており、今後も動きが注目される。
塩冶拓巳(東京都)
2011_02_15_shioji_takumi001.jpg 発車を待つ。
'11.2.15 東北本線 尾久 P:塩冶拓巳

2011_02_15_mochizuki_rei001.jpg
高崎停車中。

'11.2.15 高崎線 高崎 P:望月 怜
 田端運転所所属のEF65 1102が、入場のため秋田総合車両センターへ向けて配給輸送された。牽引は、長岡車両センター所属のEF81 140であった。

玉木裕一(埼玉県)
2011_02_15_tamaki_yuichi001.jpg 新小岩操までは、DE10形1751号機牽引で雪の残っている総武本線を走る。
'11.2.15 総武本線 船橋―市川 P:玉木裕一

2011_02_15_fukushige_akira001.jpg
残雪のヒガウラを行く。

'11.2.15 武蔵野線 東浦和―東川口 P:福重 彰

2011_02_15_hasegawa_kota001.jpg
千葉での活躍を終え、快晴の高崎線を下る。

'11.2.15 高崎線 岡部―本庄 P:長谷川航大

2011_02_15_okada_yutaro003.jpg
ヤギシブ定番を行く返却回送。

'11.2.15 上越線 八木原―渋川 P:岡田雄太郎
 2月15日(火)、2月11日(金)~13日(日)に運転された臨時快速〈おいでよ房総物語〉号に使用された新潟車両センター所属の12系"ばんえつ物語"用客車7輌が津田沼→新小岩操→越後石山間で配給輸送された。新小岩操まではDE10形1751号機、新小岩操からはEF64 1051号機の牽引であった。

増永祐一(神奈川県)
2011_02_11_hirakura_nobuhiro001.jpg 木更津―千葉間の回送もプッシュプル編成。
'11.2.11 内房線 長浦―姉ヶ崎 P:平蔵伸洋

2011_02_11_ebie_kazushi001.jpg
小雪舞う千葉市街を走行する〈おいでよ房総物語〉号。

'11.2.11 外房線 千葉―本千葉 P:海老江和賜

2011_02_11_shintani_yuki001.jpg
11日の編成は、木更津以南はDE10 1751+12系〔新ニイ〕7輌であった。

'11.2.11 内房線 君津―青堀 P:新谷有希

2011_02_11_honda_ayato001.jpg
生憎の天気の中、房総半島を行く。

'11.2.11 内房線 浜金谷―保田 P:本多駿斗

2011_02_11_tamaki_yuichi003.jpg
木更津駅では、記念撮影会が行われた。

'11.2.11 内房線 木更津 P:玉木裕一

2011_02_11_fukuda_satoshi003.jpg
乗降ドアの横のサボ。

'11.2.11 内房線 佐貫町 P:福田智志

2011_02_11_masunaga_yuichi002.jpg
ステッカー式の行先表示。ヘッドマークのイラスト入り。

'11.2.11 内房線 館山 P:増永祐一

2011_02_12_shioji_takumi001.jpg
千葉を出て内房へと向かう。

'11.2.12 外房線 本千葉 P:塩冶拓巳

2011_02_12_kubota_kenichi001.jpg
カラフルなヘッドマークがイベント運転を演出。

'11.2.12 内房線 浜金谷―保田 P:久保田健一

2011_02_13_yahada_ryuma001.jpg
晴天の房総を走る。

'11.2.13 内房線 袖ケ浦―巌根 P:矢羽田竜麻

2011_02_13_saito_daiki001.jpg
久々の内房線への客車入線となった〈おいでよ房総物語〉号。

'11.2.13 内房線 那古船形―富浦 P:齋藤大暉

2011_02_13_hotsumi_ryosuke001.jpg
夕日の中を走る〈おいでよ房総物語〉。

'11.2.13 内房線 大貫―青堀 P:穂積諒介

2011_02_13_kawano_kenichi002.jpg
最終日は晴天に恵まれて、富士山も見られた。

'11.2.13 内房線 巌根―袖ケ浦 P:河野謙一
 三連休に当たる2月11日(金・祝)~13日(日)、DE10+12系7輌編成の快速〈おいでよ房総物語〉が、千葉―館山間で運転された。
 JR東日本千葉支社のキャンペーン企画である「おいでよ房総! 花いっぱい」の一環として運転されたもので、12系は新潟車両センターの〈SLばんえつ物語〉で使用されている編成が充当され、宇都宮運転所のDE10が牽引役を務めた。また〈おいでよ房総物語〉の運転期間中、使用車輌は木更津駅が列車運行の拠点となり、千葉駅の機回しを省くため、木更津以北はDE10のプッシュプル運転となった。
 2009年2月には〈SLばんえつ物語〉の牽引機の方であるC57 180が、〈SL春さきどり号〉として千葉エリアでの営業運転を行ったが、今回は客車のほうが新潟から千葉入りしたことになる。
 11・12日は雨もしくは雪に見舞われ、13日は南房総が雲の通り道になり、3日間を通じて絶好の撮影日和とならなかったのはやや残念であるが、DL牽引とはいえ〈SLばんえつ物語〉の編成が千葉エリアで走る姿を記録すべく、内房線各駅や沿線には多くのレイル・ファンが集まった。

河澄拓哉(栃木県)
2011_02_14_kawasumi_takuya001.jpg 先輩E4系に先を譲るE6系。営業開始後は立場が逆転する。
'11.2.14 東北新幹線 小山
 次世代〈こまち〉で活躍が期待されるE6系量産先行車(S12編成)の試験走行が2月14日(月)に行われ、単独編成としては仙台以南に初めて足を延ばし東京まで入線を果たした。
 以前行われたE5系量産先行車との併結時に実施された設備確認とは異なり、通過パターン・各駅停車パターンでの運転で試験は行われたものの、特に地上設備などの確認については行われなかったようだ。
山添大輔(大分県)
2011_02_13_yamazoe_daisuke002.jpg 遠賀川橋梁を渡り筑前垣生を通過するクモヤ443系。
'11.2.13 筑豊本線 筑前垣生
 2月9日(水)から九州入りしているクモヤ443系だが、2月13日(日)には通称福北ゆたか線(鹿児島本線黒崎~折尾・桂川経由~鹿児島本線博多)の検測を行った。
宮川政樹(東京都)
2011_02_14_miyakawa_masaki001.jpg 床材交換のために入場する247編成。
'11.2.14 西武鉄道池袋線 仏子―元加治
 2月14日(月)、西武鉄道の新101系ワンマン車の247編成"春"号が武蔵丘車両検修場へと入場回送された。同編成は、昨年12月19日に多摩川線白糸台車両基地から甲種輸送で玉川上水車両基地へ回送、先日まで多摩湖線のワンマン運用に就いていた。
佐々木裕治(北海道)
2011_02_11_sasaki_yuji001.jpg 11日は天候に恵まれ、雪晴れの中を快走する。
'11.2.11 石北本線 金華―西留辺蘂

2011_02_13_sasaki_yuji001.jpg
13日は風雪が強く、時折吹雪いたが、スノープラウが豪快に雪を飛ばした。

'11.2.11 石北本線 生野
 平成24年度廃止予定と報道されている「石北臨貨」だが、この三連休は鷲別区所属の原色機4輌全てが運用に就いた。11日(金)の8073レには1184と1067が前後に、12日(土)には8071レに1184、8073レに1056が、さらに13日(日)の8071レには1073と1056が前後に連結され臨貨を牽引した。この"ビッグプレゼント"に、沿線には多くのレイル・ファンが訪れた。なお、1月以降、日曜日の8073レは運転されていないので、撮影の際には注意が必要。

山添大輔(大分県)
2011_02_11_yamzoe_daisuke001.jpg 九州鉄道記念館を目指して小森江を通過するDE10 1753と〈SL人吉〉客車の回送列車。
'11.2.11 鹿児島本線 小森江

2011_02_13_yamazoe_daisuke001.jpg
BSデジタル仕様のDE10 1753。

'11.2.13 九州鉄道記念館
 2月13日(日)、九州鉄道記念館で熊本車両センター所属のDE10 1753「BSデジタル仕様」と50系〈SL人吉〉用の客車の撮影会が行われた。なお、DE10 1753には〈BSデジタル号〉のヘッドマークが付けられた。

山田 優(香川県)
2011_02_11_yamada_yu002.jpg
雪景色の中を走るEF65 1041号機。
'11.2.11 予讃線 多度津
 2月11日(金)、香川県高松市では1986年2月以来、25年ぶりに5センチの積雪があり、辺り一面の雪景色の中を走るEF65 1041号機の姿が見られた。
平林浩文(長野県)
2011_02_13_hirabayashi_hirohumi001.jpg 雪晴れの中を行く〈駒ヶ根トレイン117〉。
'11.2.13 飯田線 七久保―伊那本郷 P:平林浩文

2011_02_13_kubota_kenichi001.jpg
大型ヘッドマークが注目の的、〈駒ヶ根トレイン117〉号。

'11.2.13 飯田線 伊那本郷―七久保 P:久保田健一
 大垣車両区117系S9編成"そよ風トレイン117"を使用した〈駒ヶ根トレイン117〉が2月11日(金)~13日(日)の間、飯田―駒ヶ根間で運転された。特に13日は天候にも恵まれ、多くのファンで賑わった。なお、11・12日は運転終了後、伊那松島まで回送された。

福田智志(埼玉県)
2011_02_13_fukuda_satoshi002.jpg バーチャル神社「皆富来神社」のキャラクターのHMが再び登場。
'11.2.13 東急電鉄東横線 菊名

2011_02_13_fukuda_satoshi003.jpg
ヘッドマークを拡大。12月に運転したものとは別のデザイン。

'11.2.13 東急電鉄東横線 菊名
 横浜高速鉄道みなとみらい線では、2月中旬頃からバーチャル神社「皆富来神社」のキャラクターをデザインしたヘッドマークを付けて運転している。
 「皆富来神社」のヘッドマークは年末年始に運転したものとは別のデザインで、Y500系のY516Fに付いている。
 なお、現在、みなとみらい線では開業7周年ヘッドマーク付き電車も走っており、2種類のヘッドマーク付き電車を見ることができる。

櫻井健善(兵庫県)
2011_02_09_sakurai_takeyoshi001.jpg 塗色変更した牽引機による指宿枕崎線への入線は、初めてとなる。
'11.2.9 指宿枕崎線 西大山―大山
 2月9日(水)、熊本車両センター所属のマヤ34 2009が指宿枕崎線内を検測走行した。牽引機は、同センター所属のDE10 1753であった。
笹本 晃(東京都)
2011_02_13_sasamoto_akira001.jpg ヘッドマークを掲げて最後の力走。
'11.2.13 秩父鉄道 大麻生―明戸
 今月で引退する秩父鉄道1000系1009F(関西線色)に記念のヘッドマークが取り付けられた。ピンク地に 「1009F FinalRun」と描かれたデザインになっている。
中司純一(兵庫県)
2011_02_13_nakatsukasa_jyunichi001.jpg 約4年ぶりの湖東路を行くC57 1〔梅〕牽引9243列車。
'11.2.13 北陸本線 河毛―高月

2011_02_13_nakatsukasa_jyunichi002.jpg
回9244列車の先頭に立つEF65 1124〔関〕。

'11.2.13 北陸本線 高月―河毛
 1月30日(日)から3週連続日曜日の運転をもって、今冬の〈SL北びわこ号〉の運転が終了した。
 既報の通り、2月6日(日)と最終日13日(日)は、約4年振りのC57 1の牽引とあって、残雪が見られる沿線は多くのファンで賑わった。
 また最近では、運転当日の米原への折り返し回送、および運転前日の送り込み回送、翌日の返却回送列車も、下関区のEF65PFが12系客車の先頭に立つとあって、注目を集めている。最終日13日は、EF65 1124がその任に就いた。

【JR東】12系客車返却回送

塩冶拓巳(東京都)
2011_02_13_shioji_takumi001.jpg 牽引は往路と同じEF60 19。
'11.2.13 東北本線 尾久―赤羽 P:塩冶拓巳

2011_02_13_takeuchi_takeshi001.jpg
冬の寒い青空の下を青い機関車と青い客車が行く。

'11.2.13 高崎線 深谷―岡部 P:竹内鯛志
 2月13日(日)、乗務員訓練で使用されていた高崎車両センター所属の12系客車5輌が、貸出先の尾久車両センターから返却された。牽引はEF60 19であった。

福田智志(埼玉県)
2011_02_11_tamaki_yuichi001.jpg 寒い雨の中、総武快速線を走る。
'11.2.11 総武線 新小岩 P:玉木裕一

2011_02_13_fukuda_satoshi001.jpg
初めて千葉駅に入線したリゾート21"黒船電車"。

'11.2.13 総武線 千葉 P:福田智志
 2月11日(金)~13日(日)の3日間、臨時特急〈河津桜号〉が千葉~伊豆急下田間で運転された。使用された車輌はリゾート21"黒船電車"で、リゾート21が千葉県を走行するのは営業運転開始以来、初めてのことである。

伊藤 健(奈良県)
2011_02_11_itoh_ken001.jpg 雪景色の中を走る「サイクルトレイン」。
'11.2.11 近畿日本鉄道大阪線 耳成―大和八木
 2月11日(金)、一般車輌を用いて「サイクルトレイン」が運転された。運転室助士席側には「サイクルトレイン」の文字と自転車、一般車がデザインされたステッカーが貼り付けられていた。
 当時は珍しく関西の平野部でも積雪があり、雪景色の中を行く姿を見ることができた。
大竹 翔(東京都)
2011_02_12_okada_yutaro001.jpg 往年の東北本線寝台特急を彷彿させる。
'11.2.12 東北本線 片岡―蒲須坂 P:岡田雄太郎

2011_02_12_ohtake_sho001.jpg
雪が降っているなか雪煙を上げ、定時に通過。

'11.2.12 東北本線 片岡―蒲須坂 P:大竹 翔

2011_02_12_ohki_sho002.jpg
粉雪の舞うヒガハスを138号機が突き進む。

'11.2.12 東北本線 蓮田―東大宮 P:大木 将
 2月11日(金)から12日(土)にかけて青森→上野間(東北本線経由)、12日(土)から13日(日)にかけて上野→青森間(東北本線経由)で青森車両センターの24系客車5輌を使用した団体臨時列車が運転された。牽引機は同所のEF81 138であった。なお、機関車へのヘッドマークの装着はなく、方向幕・テール幕は「団体」表示であった。

廣村典彦(兵庫県)
2011_02_12_hiromura_norihiko001.jpg 先頭はクハ111-5707。
'11.2.12 山陽本線 中庄
 今や全国的に貴重な存在の113系、JR西日本の113系は運転室ガラス押さえと上部行き先表示枠が金属押さえとなっているが、唯一昔ながらのHゴム押さえの編成が1本存在している。それは岡山地区で活躍するB-01編成(上り方クハ111-5707ほか4連)で、塗装も原色、ドアの半自動改造もなく、車内もセミスロスシートのままで、車体内外とも原型をよく保っている貴重な編成が現役だ。
須藤健一(千葉県)
2011_02_11_sudo_kenichi001.jpg 混結編成を従える銀ガマ。
'11.2.11 東北本線 蓮田―東大宮 P:須藤健一

2011_02_12_ohki_sho001.jpg
最終日はEF510-510が牽引。

'11.2.12 東北本線 東大宮―蓮田 P:大木 将

2011_02_12_sakuma_yuta001.jpg
2月12日で黒磯への訓練列車の運転は終了した模様。

'11.2.12 東北本線 古河 P:佐久間悠太

2011_02_12_mori_kohei001.jpg
最後のハンドル訓練は、前日と同じくEF510-510が牽引。

'11.2.12 東北本線 上野 P:森 康平
 2月5日より尾久車両センター所属の24系客車4輌と高崎車両センター高崎支所所属の12系客車5輌の混結編成による試運転列車が東北本線尾久→黒磯→上野→尾久の経路にて運転されているが、2月11日(金)・12日(土)の運転では、牽引機に田端運転所所属のEF510-510号機が充当された。
 この類の列車の牽引はEF81形もしくはEF510形500番代の青塗装機が充当されているが、EF510形のカシオペア塗装機が充当される機会はほとんどなく、客車の異形式混結編成の牽引という珍しさも手伝って、悪天候にもかかわらず、沿線にはその姿を納めようとカメラを持った多数のファンの姿が見られた。

南 輝明(神奈川県)
2011_02_12_honda_ayato002.jpg 展示会に向け、一路品川を目指す。
'11.2.12 東北本線 蓮田―東大宮 P:本多駿斗

2011_02_12_minami_teruaki001.jpg
展示には253系1000番代OM-N02編成を使用。

'11.2.12 東海道本線 品川 P:南 輝明

2011_02_12_fukuda_satoshi003.jpg
奇数号車はオレンジ色のシート。

'11.2.12 東海道本線 品川 P:福田智志

2011_02_12_fukuda_satoshi004.jpg
偶数号車は青のシート。

'11.2.12 東海道本線 品川 P:福田智志

2011_02_12_fukuda_satoshi005.jpg
側面の行き先表示は東武日光を表示、3色LEDである。

'11.2.12 東海道本線 品川 P:福田智志
 2月12日(土)、JR東日本"日光号"・"きぬがわ号"の車輌リニューアルデビューを記念し、車輌展示会が品川駅臨時ホームで開催された。車輌との記念撮影や車内が公開され、多くのレイル・ファンで賑わった。

福田智志(埼玉県)
2011_02_12_fukuda_satoshi001.jpg 今年も運転された〈メトロおさんぽ号〉。
'11.2.12 小田急電鉄小田原線 代々木上原
 小田急電鉄と東京メトロは、2月12日(土)・13日(日)に臨時特急〈メトロおさんぽ号〉を運転した。〈メトロおさんぽ号〉の運転は今年で3回目で、普段は停車しない湯島駅にも停車した。なお、〈メトロおさんぽ号〉は2月19日~20日にも運転される予定である。
宮島昌之(石川県)
2011_02_11_miyajima_masayuki004.jpg 第16編成に続き、第17編成も営業運転を開始。
'11.2.11 北陸本線 金沢

2011_02_11_miyajima_masayuki005.jpg
第26編成は北陸本線での試運転を実施。

'11.2.11 北陸本線 金沢
 昨年12月より追加増備が始まり、平成23年春(3月12日)ダイヤ改正で追加投入予定の521系だが、さらに2月11日(金)にもいくつか動きが確認できた。
 2010年12月17日(金)に川崎重工を出場した第17編成は、356M普通列車に使用されており、先月のRM Newsに報告した第16編成に続き既に営業運転を行っているのを金沢駅にて確認した。第16編成はこの日も362M普通列車に使用されており、両方とも一時的な投入でなく金沢総合車両所所属G編成の仕業のローテーションに加わり本格運用に入ったものと思われる。
 一方、2月3日(木)に川崎重工を出場した第26編成は、福井方面から金沢間を往復で試運転を行っているのを夕刻に同じく金沢駅にて確認した。なお、第26編成のスカート部分を見たところ、現時点では黄色文字での「編成番号」の記載は確認できなかった。しかし、以前出場した第21編成が「M編成」に該当することから、これが「G編成」とは考えにくく、「M編成」と同じ仲間として今後所属先などで「編成番号」の記入を受けるのか、それともまた別の新たな動きがあるのか気になるところだ。

浅井智之(神奈川県)
2011_02_09_asai_tomoyuki001.jpg 単線区間を走行する8500系。
'11.2.9 横浜高速鉄道こどもの国線 長津田―恩田
 2月9日(水)に東急電鉄8500系8636Fが長津田から恩田まで回送され、長津田車両工場に入場した。
宮島昌之(石川県)
2011_02_11_miyajima_masayuki003.jpg 前回からわずか約1週間後という短期間で再び金沢入りした。
'11.2.11 金沢総合車両所運用検修センター(陸橋上公道より撮影)
 2月11日(金)、京都総合運転所所属のキヤ141系の第2編成が金沢総合車両所運用検修センターの構内に停留しているのを確認した。
 先週2月初旬にも同じキヤ141系の第1編成が検測のため金沢入りしており、2月3日(木)のお昼過ぎに金沢総合車両所運用検修センターの構内に停留しているのを目視で確認しているが、その日からわずか約1週間後に再び金沢入りしたことになる。
 詳細な理由は不明だが、おそらく先週の第1編成が検測を行うべき期間(1月31日からの数日間)において、RM Newsでも報告したように冬型の気圧配置が強まり、特に北陸地方では大雪に見舞われ、北陸本線など終日運休やダイヤの乱れが連日続いていたために当初予定の検測の一部もしくは全てが実施できなかったため、今回予定の空いている第2編成を使用して再検測を実施しているものと思われる。
中司純一(兵庫県)
2011_02_09_nakatsukasa_jyunichi001.jpg 唯一国鉄色を纏うFM5編成による153M。
'11.2.9 鹿児島本線 東福間―福間
 「2000年ミレニアム記念イベント」を契機に、国鉄色に塗色変更された南福岡電車区415系のFM5編成だが、変更後10年が経過した現在も定期列車の運用に就き活躍中である。
 通風器の撤去、客室ロングシート化などの改造が施されており、原型スタイルを崩してはいるが、かつての交直流車輌標準塗色を現在も固持する貴重な編成である。
浅井智之(神奈川県)
2011_02_11_asai_tomoyuki001.jpg 雪の中をゆっくり通過する03系。
'11.2.11 東急電鉄田園都市線 溝の口
 東京地下鉄(東京メトロ)03系03-105Fが東急電鉄鷺沼工場を出場し、鷺沼~大岡山~武蔵小杉~南千住間で回送された。
森 康平(東京都)
2011_02_09_kawano_kenichi001.jpg 試9131列車。
'11.2.9 内房線 岩井―富浦 P:河野謙一

2011_02_10_watanabe_kentaro001.jpg
念入りに試運転を行う同列車。

'11.2.10 内房線 君津―青堀 P:渡辺健太郎

2011_02_10_mori_kohei001.jpg
〈ばんえつ物語〉用12系客車が、日中の内房線を走行。

'11.2.10 内房線 佐貫町―上総湊 P:森 康平
 臨時列車〈おいでよ房総物語〉号で使用されるDE10 1751・1752と〈ばんえつ物語〉用の12系を使用した試運転が、2月9日(水)・10日(木)、木更津→千葉→館山→千葉→木更津間で行われた。
 なお、千葉~木更津(往復とも)の区間のみ、DE10 1751・1752でのプッシュプル運転となった。その他の区間は、DE10 1752が牽引した。

塩冶拓巳(東京都)
2011_02_10_shioji_takumi001.jpg 昨日に引き続きEF510-514が牽引。
'11.2.10 東北本線 尾久―赤羽 P:塩冶拓巳

2011_02_10_okada_yutaro001.jpg
有名撮影地をゆく乗務員訓練列車。

'11.2.10 東北本線 片岡―蒲須坂 P:岡田雄太郎
 2月10日(木)、田端機関区所属のEF510-514を使用した乗務員訓練と思われる列車が尾久~黒磯間で実施された。経路は、尾久→黒磯→上野→尾久であった。

上村清大(東京都)
2011_02_10_kamimura_kiyohiro001.jpg ヤテサハ配給実施!! 真冬の高崎線を上る!!
'11.2.10 高崎線 行田
 2月10日(木)、新津―東京総合車両センター間において、E231系山手線用中間車の配給輸送が実施された。前回までと同様に、E231系山手線用中間車を中央・総武緩行線用E231系の編成に組み込む形式での輸送であった。また、牽引はEF64 1030が担当した。
中安喜一(長野県)
2011_02_08_nakayasu_kiichi001.jpg さよならマークが取り付けられた2000系A編成。
'11.2.8 長野電鉄長野線 朝陽―附属中学前 P:中安喜一

2011_02_10_watanuki_katsuya001.jpg
長野を走り54年。まもなく役目を終えようとしている。

'11.2.8 長野電鉄長野線 日野―須坂 P:綿貫勝也
 長野電鉄2000系A編成に、2月初旬からさよならマークが取り付けられている。同編成は、2月13日のダイヤ改正に伴い2月12日限りで定期運用から離脱することが決定しており、定期運用離脱後は3月下旬にさよならイベントが開催される予定である(詳細は後日、長野電鉄公式Webサイトにて発表予定)。

大場 真(東京都)
2011_02_10_oba_makoto002.jpg 神武寺からDE10 1669に牽引され...。
'11.2.10 横須賀線 逗子 P:大場 真

2011_02_10_ishido_hirotomo001.jpg
"せせらぎ"に変わる高崎支社の新たな団体専用車輌。

'11.2.10 武蔵野線 西国分寺 P:石堂広知

2011_02_10_hatori_tatsuya001.jpg
かつての面影を残しつつ、渋いカラーリングが施された。

'11.2.10 高崎線 吹上―行田 P:羽鳥達也
 2月10日(木)、東急車輛に入場していた485系ジョイフルトレイン"せせらぎ"を改造した"やまどり"が出場した。東急車輛(神武寺)―逗子間はDE10 1669が牽引し、逗子から新前橋までは自力で回送された。
 編成は、クハ485-703+モハ485-704+モハ484-704+クハ484-703。

中司朔良(兵庫県)
2011_02_10_nakatsukasa_sakura001.jpg 回7770Mで尼崎駅7番線に入線するB64編成4連。
'11.2.10 福知山線 尼崎
 2月10日(木)、早朝の回7770Mで福知山電車区の183系B64編成が吹田工場へ回送された。増結ユニットを抜いた4連での回送であった。
 1月末までの同区の4連運用には、B41およびB66編成が充当されており、今回のB64編成の入場によりこれら編成の組成にも変化が生じるものと思われる。
 また、287系の投入直前の入場でもあり、当編成の今後の動向が注目される。
 なお、B64編成の城崎方クロハ183-804は前面の愛称幕まわりに改造が施されており、特徴ある編成である。
河澄拓哉(栃木県)
2011_02_09_kawasumi_takuya001.jpg 本線上で肩を並べるE5系。ヘッドライトが未来を照らす!
'11.2.9 東北新幹線 仙台
 〈はやぶさ〉デビューまで1ヶ月を切り、一番列車の切符が40秒で完売になるなど人気沸騰中のE5系だが、2月9日(水)には試運転中のU3編成と長期耐久試験中のS11編成が仙台駅で肩を並べるシーンが見られた。
 折しもこの並びの直後、E6系S12編成もホームに入線。およそ10分たらずの間に3本の新顔が姿を見せ、居合わせた乗客たちも携帯電話を片手に撮影しており、新型車輌の人気の高さが感じられるひとときでもあった。
上田和幸(大阪府)
2011_02_09_ueda_kazuyuki001.jpg 京阪電鉄8001編成出場試運転。
'11.2.9 京阪電気鉄道京阪本線 西三荘
 リニューアルが進められてきた京阪電鉄の8000系だが、旧色で最後まで残っていた8001編成が2月9日(水)に新塗装で出場し、寝屋川信号場―中之島間で出場試運転が行われた。
 これにより、8000系0番代の旧色は消滅したことになった。
増田圭介(愛媛県)
2011_02_07_masuda_keisuke001.jpg 683系が東海道本線を走行。
'11.2.7 東海道本線 島本―山崎
 2月6日(日)~7日(月)にかけて、金沢総合車両所の683系〈しらさぎ〉編成を使用した団体臨時列車が直江津~大阪間で運転された。なお、7日には金沢総合車両所へ返却回送された。
塩冶拓巳(東京都)
2011_02_09_mori_kohei002.jpg EF510-514が、ハンドル訓練に使用された。
'11.2.9 東北本線 久喜 P:森 康平

2011_02_09_shioji_takumi001.jpg
2月9日はEF510-500番代が牽引。

'11.2.9 東北本線 浦和―赤羽 P:塩冶拓巳
 2月9日(水)、田端運転所所属のEF510-514を使用した乗務員訓練と思われる列車が尾久―黒磯間で実施された。経路は、尾久→黒磯→上野→尾久であった。

佐野 徹(京都府)
2011_02_08_sano_toru001 .jpg 塗色変更された「試運転」幕のデオ722。
'11.2.8 叡山電鉄 修学院車庫(公道より撮影)
 叡山電鉄デオ700系の原色塗色(クリームとマルーン色)であったデオ722が2月上旬に、もみじをイメージした赤帯塗色に塗色変更された。なお、これでデオ700系の原色塗色車はデオ724のみになる。
森 康平(東京都)
2011_02_07_sakuma_yuta001.jpg 2月7日に川越車両センターから宇都宮まで回送された。
'11.2.7 東北本線 大宮 P:佐久間悠太

2011_02_09_mori_kohei001.jpg
元京浜東北線209系が、東北本線を走行。

'11.2.9 東北本線 久喜 P:森 康平
 2月9日(水)、川越車両センター所属の209系改造多目的実験車輌"MUE-Train"を使用した試運転が、宇都宮~蓮田間で2往復行われた。

尾﨑知史(愛知県)
2011_02_05_ozaki_tomoji001.jpg 惜別の文字入りで...。
'11.2.5 豊橋鉄道東田本線 札木―市役所前

2011_02_05_ozaki_tomoji004.jpg
通常は夜間しか使用されない渡り線を通過。

'11.2.5 豊橋鉄道東田本線 東田坂上―東田
 教習、イベント予備車と生き残っていた3102号を名古屋市電を愛するファン有志で貸切運転を行った。駅前―運動公園前・赤岩口間と豊橋鉄道東田本線全線で走行した。
 最近は営業運転にほとんど使用されず、車両区でパンタグラフを降ろしている姿が多い同車であったが、豊橋鉄道市内線の顔として活躍した姿が当日は再現され、かつての勇姿が偲ばれた。
 運転にご協力いただきました豊橋鉄道の関係者の皆様にはお世話になり、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年2月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.