鉄道ホビダス

2011年2月10日アーカイブ

濱田昂之(東京都)
2011_02_07_otake_syo001.jpg 回送で成田線(我孫子口)を行くE233系2000番代。普段は見られない光景ということで、貴重なシーンとなった。
'11.2.7 成田線 木下―小林 P:大竹 翔

2011_02_07_hamada_takayuki001.jpg
午後の"モノサク"を行く。

'11.2.7 総武本線 物井―佐倉 P:濱田昂之
 2月7日、松戸車両センター所属のE233系2000番代第9編成が、総武本線・成田線で試運転を行なった。
 行路は松戸→我孫子→成田→千葉→酒々井→千葉→成田→我孫子→松戸で、千葉→酒々井と千葉→成田のみ試運転、その他は回送であった。

鈴木拓美(東京都)
2011_02_07_yamazaki_ryuichiro001.jpg いつもと違う山を越える。
'11.2.7 上越線 湯檜曽―水上 P:山崎隆一朗

2011_02_07_kawamoto_mikihiko001.jpg
〈SLばんえつ物語〉号用12系、上京。

'11.2.7 高崎線 高崎―倉賀野 P:川本幹彦

2011_02_07_suzuki_takumi001.jpg
久しぶりの上京。

'11.2.7 常磐線 松戸―金町 P:鈴木拓美

2011_02_07_honda_syunto001.jpg
普段はまず入線することのない新金線を行く。

'11.2.7 新金線 金町―新小岩操 P:本多駿斗
 2月7日から8日にかけて、〈SLばんえつ物語〉号用12系が越後石山→木更津にて回送された。
 この回送は、2月11日~13日に千葉―館山間で運転される快速〈おいでよ房総物語号〉で使用するためのもので、越後石山―新小岩操間は長岡車両センター所属EF64 1051が牽引、新小岩操―木更津間はDE10が牽引した。
 数年ぶりの〈SLばんえつ物語〉号用編成の上京だったため、平日にもかかわらず各地は撮影者で賑わった。

武田雄太(北海道)
2011_02_05_takeda_yuta001.jpg 雪の陸別駅構内を往復運転。
'11.2.5 ふるさと銀河線りくべつ鉄道 陸別
 ふるさと銀河線りくべつ鉄道では2月5日(土)、6日(日)に無料乗車体験の臨時運行を実施した。この臨時運行は陸別町の冬祭り「しばれフェスティバル」に協賛して2009年から毎年行われているもので、5日は13時から17時、6日は10時から12時まで各日とも30分毎に試乗客を乗せたCR75-1が陸別駅構内を往復運行した。
沓澤良平(青森県)
2011_02_06_kutsusawa_ryohei001.jpg 団体臨時列車で花輪線を走る"CRUISING TRAIN"。
'11.2.6 花輪線 大館―東大館
 JR東日本秋田支社の"リゾートしらかみ"旧青池編成の両先頭車2輌(キハ48 533+キハ48 540)が"CRUISING TRAIN"となり、2011年2月6日に営業運転を開始、当日は横手―鹿角花輪間の団体臨時列車に充当された。  前部と側面に有った、「リゾートしらかみ」のロゴは無くなり、「CRUISING TRAIN」のステッカーが貼られている。
馬渕英輔(愛知県)
2011_02_06_mabuchi_eisuke001.jpg 可動ホーム柵の使用を開始した桜通線名古屋駅。
'11.2.6 名古屋市交通局桜通線 名古屋
 名古屋市交通局桜通線の名古屋駅で可動式ホーム柵が使用開始しているのを確認した。使用開始日は2011年2月5日。桜通線各駅では、同年7月16日の野並駅を最後に順次可動式ホーム柵が設置される(中村区役所駅は使用開始済)。なお延伸区間の鳴子北、相生山、神沢、徳重の各駅は野並―徳重間が開通する3月27日より使用を開始する。
木村浩一(福井県)
2011_02_06_kimura_koichi001.jpg サイドに日を浴びながら力行するC57 1号機。
'11.2.6 北陸本線 河毛―高月
 例年〈SL北びわこ号〉を牽引しているC56 160号機が2月上旬より点検に入ったため、2月6日(日)運転の〈SL北びわこ号〉2本をC57 1号機が牽引した。  C57 1号機が〈SL北びわこ号〉を牽引するのは、2007年春のシーズン以来約4年ぶり。  沿線にはC57 1号機を目当てに、数多くのファンが集まった。
平尾彰啓(大阪府)
2011_02_06_hirao_akihiro001.jpg 往年の新快速を思わせる走りっぷり。
'11.2.6 東海道本線 千里丘-茨木
 2月6日、大阪―長浜間において京都総合車両所所属の117系6輌を使用した団体臨時列車が往復運転された。  使用編成は117系T1編成で、往年の新快速を思わせる走りで東海道線を快走した。
見学 智(大阪府)
11_02_06_kengaku_tomo001.jpg 検査明けのF403編成を使用した333M。
'11.2.6 紀勢本線 海南―冷水浦
 日根野電車区所属113系のクハ111形に設置されている差込式運用番号表示器が、使用停止・撤去している編成がある。  2月6日現在、F401・403・405・408の4本を確認しており、その他の編成も同様の処置がなされると思われる。  前面貫通扉窓に設置されていた同表示器、113系の顔を引き締めていたが、何か物足りなくなったようにも感じる。
田中幹也(長崎県)
2011_02_06_tanaka_mikiya001.jpg キハ200形3輌の組み合わせは久しぶり。
'11.2.6 大村線 松原―竹松
 2009年度のダイヤ改正でキハ200形の3連の変則編成が誕生したが、2010年度のダイヤ改正でキハ220形が転入し、キハ200形の変則編成は消滅していた。  しかし2月3日に編成変更が行なわれ、キハ220形が運用から外れたことからキハ200形だけの変則編成が復活した。さらにこの後、もう一編成変則編成ができている。  この状態がいつまで続くかは不明。
宮島昌之(石川県)
2011_02_05_miyaima_masayuki002.jpg 今回新たに製造されたのは米原方より第27、第26、第25編成。
'11.2.5 北陸本線 金沢

2011_02_05_miyajima_masayuki003.jpg
客室の運転席側付近の頭上に見つけた小さな機器の正体はいかに?

'11.2.5 北陸本線 金沢
 新たに521系6輌(2輌×3編成)が兵庫の川崎重工にて製造され、2011年2月3日(木)に出場した。その編成が公式試運転を経て、2011年2月5日(土)に回送され、金沢(折り返し)から松任(金沢総合車両所松任本所)に向かった。
 今回製造されたのは金沢場面で米原方から第27編成~第25編成。「回送幕」を掲示して運転された。
 先月の「RM News」で、第2次増備分の車輌と比較した場合の外観上の違いを1点報告したが、別の違いが客室内でも見つかった。
 ホームより乗降ドアのガラス越しで客室の内側を改めて観察したところ、運転席側付近の頭上にある(運賃表示器そば)空調吹き出し口の溝に、小さな箱型の機器のようなものがクハとクモハ双方に取り付けられており、斜め下に切られたカット面にはガラスもしくはアクリル板のような透明カバーが見えた。
 ただし座席付近の窓には全て日除けが下ろされていたため、客室の中央付近での機器の有無は確認できなかった。
 見た目では、何らかの「感知センサー」か「小型カメラ」のようにも見えるが、現時点で公式の情報が無いだけに、どういう目的の物なのか(ワンマン運転の機器他)、既に営業運転を行っているE編成やG編成(第2次増備分)にも今後同様の機器を設置するのか気になるところである。

○関連記事
 【JR西】521系の追加増備続く

宮川政樹(東京都)
2011_02_05_miyagawa_masaki001.jpg 穏やかな冬晴れのもと、高尾山口へ向かう〈高尾山冬そば号〉。
'11.2.5 京王電鉄京王線 中河原―聖蹟桜ヶ丘 P:宮川政樹

2011_02_05_fukuda_satoshi001.jpg
今年も9000系で運転された〈高尾山冬そば号〉。

'11.2.5 京王電鉄京王線 百草園 P:福田智志
 京王電鉄と東京都交通局(新宿線)では、2月5日(土)に臨時急行〈高尾山冬そば号〉を大島―高尾山口間で運転した。
 これは、京王電鉄と高尾山周辺のそば店など19店が参加して開催する「第9回高尾山の冬そばキャンペーン」にあわせたもの。
 また同列車の北野―高尾間の車内では引換券を配布し、高尾山口まで乗車の方に「乗車記念オリジナルマイ箸」をプレゼントするサービスを実施していた。

見学 智(大阪府)
2011_02_05_kengaku_tomo001.jpg 西笠田を通過したキヤ141系(試9421D)。
'11.2.5 和歌山線 西笠田―大谷
 JR西日本京都総合運転所所属の"ドクターWEST"ことキヤ141系が、2月5日に和歌山線を検測走行した。  当日は生憎の曇天だったが、日頃は見ることができない車輌を撮影するファンや沿線の住民の方に見送られて、キハ141系は颯爽と駆けて行った。
馬場 剛(埼玉県)
2011_02_05_suzuki_takumi001.jpg いつもより長い編成で駆け抜ける。
'11.2.5 東北本線 尾久―赤羽 P:鈴木拓美

2011_02_05_otake_syo001.jpg
12系+24系という豪華な組み合わせ。

'11.2.5 東北本線 片岡―蒲須坂 P:森 康平

2011_02_05_ebie_kazushi001.jpg
12系+24系の珍しい編成で行なわれた。

'11.2.5 東北本線 蒲須坂―氏家 P:海老江和賜

2011_02_05_mori_kohei001.jpg
急行〈はまなす〉を思わせるような編成が、東北本線を走行。

'11.2.5 東北本線 古河 P:森 康平

2011_02_05_hodumi_ryosuke001.jpg
12系+24系の編成をEF81 133が牽引。

'11.2.5 東北本線 蓮田―東大宮 P:穂積諒介

2011_02_06_mori_kohei001.jpg
前日に引き続きEF81 133が牽引。

'11.2.6 東北本線 片岡―蒲須坂 P:森 康平

2011_02_06_sakuma_yuta001.jpg
12系+24系の珍しい編成が東北本線を上る。

'11.2.6 東北本線 古河 P:佐久間悠太

2011_02_06_baba_tsuyoshi001.jpg
EF81牽引の12系・24系を組み合わせた長編成が東北本線を行く。

'11.2.6 東北本線 蓮田―東大宮 P:馬場 剛
 2011年2月5日(土)・6日(日)と、田端運転所所属のEF81形と尾久車両センター所属の24系客車4輌、高崎車両センター高崎支所所属の12系客車5輌を使用した乗務員訓練と思われる列車が尾久―黒磯間を1往復する形で運転された。編成は上野方から12系客車5輌+24系客車4輌で、牽引はEF81 133であった。
 なお、これまで東北本線では田端運転所所属のEF81形かEF65形、またはEF510-500番代と尾久車両センター所属の24系客車を使用した乗務員訓練と思われる列車がたびたび走っていたが、今回のように、24客車と12系客車を組み合わせた形での訓練は初めてのことと思われ、沿線にはその姿を納めようと多数のレイル・ファンの姿が見られた。

海老江和賜(千葉県)
2011_02_05_shioji_takumi002.jpg 横浜からの客扱いの前に、一旦品川へ回送。
'11.2.5 東海道本線 川崎―品川 P:塩冶拓巳

2011_02_05_shioji_takumi001.jpg
回送で品川から横浜へ向かう。

'11.2.5 東海道本線 品川―川崎 P:塩冶拓巳

2011_02_05_ando_syunsuke002.jpg
久々に東海道を湘南色の113系が駆け抜ける。

'11.2.5 東海道本線 根府川―真鶴 P:安藤駿佑

2011_02_05_takahashi_toru002.jpg
熱海駅ホームの発車案内板には、団体のツアー名と113系の絵柄が。

'11.2.5 東海道本線 熱海 P:高橋 徹

2011_02_05_ando_syunsuke001.jpg
相模湾を望んで走る。

'11.2.5 東海道本線 真鶴―根府川 P:安藤駿佑

2011_02_06_ebie_kazushi001.jpg
定番撮影地を湘南色の113系が通過。

'11.2.6 東海道本線 早川―根府川 P:海老江和賜

2011_02_06_hirayama_toichi001jpg.jpg
久しぶりに東海道本線を走る湘南色113系。

'11.2.6 東海道本線 大船 P:平山柊一
 2月5・6日の2日間、湘南色に塗り替えられて活躍している幕張車両センターの113系マリ117編成を使用した団体列車「懐かしの113系で行く東海道本線の旅」が、横浜―熱海―国府津―国府津車両センター―国府津―横浜の経路で運転された。

瀧之脇雅人(兵庫県)
2011_02_03_takinowaki_masato001.jpg 日の出直後の朝日を浴びるキハ181系。
'11.2.3 福知山線 市島―黒井 P:瀧之脇雅人

2011_02_03_aihara_kazukoma001.jpg
特徴ある屋根上を持つキハ181系、今後の活躍にも期待したい。

'11.2.3 山陰本線佐津―竹野 P:相原一駒
 2月3日、京都所キハ181系4連による団体臨時列車が谷川―佐津間(回送を含む行程は向日町操―香住間)で運転された。
 昨年11月に定期特急〈はまかぜ〉から、12月に臨時特急〈かにカニはまかぜ〉から引退したキハ181系であるが、団体臨時列車として福知山線や山陰本線で力走を見せていた。

杉本則高(愛知県)
2011_02_05_sugimoto_noritaka001.jpg 「トレイン117」ヘッドマークを付けて、豊川、弁天島をめざす。
'11.2.5 東海道本線 大府―逢妻 P:杉本則高

2011_02_04_fukatsu_naoaki001.jpg
前日の4日には、送り込み回送として豊橋―大垣間を走行。

'11.2.4 東海道本線 野田新町―刈谷 P:深津尚秋
 2月5日(土)に大垣→豊川→弁天島→大垣を結んで、117系"トレイン117"を使用したツアー列車「舘山寺温泉ふぐ料理・豊川稲荷参拝の旅」が運転された。同車輌の先頭には新たに用意された「Train117」のヘッドマークが掲出された。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2011年2月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.