鉄道ホビダス

【JR西】521系第3次追加増備車の動き

宮島昌之(石川県)
2011_01_27_miyajima_masayuki001.jpg
新たに製造された521系が金沢駅(折り返し)を経て松任駅に到着。
'11.1.27 北陸本線 松任

2011_01_27_miyajima_masayuki002.jpg
第20編成は北陸本線での試運転を実施。

'11.1.27 北陸本線 松任

2011_01_27_miyajima_masayuki003.jpg
第16編成は既に営業運転を実施。

'11.1.27 北陸本線 松任
 昨年12月より追加増備が始まり、平成23年春(3月12日)ダイヤ改正で追加投入予定の521系だが、1月27日(木)にいくつか動きを確認できたので報告する。
 新たに6輌(2輌×3編成)が兵庫の川崎重工にて製造され、2011年1月25日(火)に出場。その編成が公式試運転を経て2011年1月27日(木)に回送され、金沢駅(折り返し)を経て松任駅に到着、金沢総合車両所松任本所に入場した。
 今回製造されたのは米原方より第24編成~第22編成で、「試運転」幕を掲示しての運転となり、前回・前々回の「回送」幕での運転とは異なっていた。
 また、2011年1月11日(火)に川崎重工を出場した第20編成は、夕刻福井方面から金沢へ向け試運転を行っているのを松任駅にて確認した。
 一方、昨年2010年12月17日(金)に川崎重工を出場した第16編成は、362M普通列車に使用されており、既に営業運転を行っているのを同じく松任駅にて確認した。車輌運用変更などで一時的に投入されたとも考えられるが、今後も第3次追加増備車の動きが注目される。
 なお、第16編成と第20編成のスカート部分を見てみたが、金沢総合車両所所属の521系「G編成」と同様に黄色文字での「編成番号」の記載は一切無く、また第16編成が使用された362M普通列車は、金沢総合車両所所属の521系を使用する仕業であることから、既に製造された第16編成~第20編成の5編成は金沢総合車両所所属の「G編成」に含まれるものと思われる。

レイル・マガジン

2011年1月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.