鉄道ホビダス

2010年12月13日アーカイブ

増永祐一(神奈川県)
2010_12_12_masunaga_yuichi001.jpg
〈急行 そと房〉の紙製ヘッドマークを掲出するキハ52 125。
'10.12.12 いすみ鉄道いすみ線 大多喜(デンタルサポート大多喜) P:増永祐一

2010_12_12_masunaga_yuichi002.jpg
大原方から。形式・所属・検査標記はJR運用時のまま。

'10.12.12 いすみ鉄道いすみ線 大多喜(デンタルサポート大多喜)
※公道より撮影 P:増永祐一

2010_12_12_hirakura_nobuhiro004.jpg
"キハ52効果"に期待を寄せる鳥塚社長。

'10.12.12 いすみ鉄道いすみ線 大多喜(デンタルサポート大多喜) P:平蔵伸洋

2010_12_12_hirakura_nobuhiro002.jpg
いすみ202のエスコートで転線するキハ52 125。

'10.12.12 いすみ鉄道いすみ線 大多喜(デンタルサポート大多喜)構内
P:平蔵伸洋

2010_12_12_masunaga_yuichi003.jpg
イベント終了後はいすみ202の牽引で車庫へ。

'10.12.12 いすみ鉄道いすみ線 大多喜(デンタルサポート大多喜)
増永祐一
 本年3月まで大糸線の定期列車に使用されていた、元JR西日本北陸地域鉄道部糸魚川運転センターのキハ52 125が、12月上旬にいすみ鉄道へ納入され、同月12日(日)に車庫のある大多喜(デンタルサポート大多喜)駅構内で「キハ52 WELCOME 撮影会」が開催された。
 キハ52 125は、JRで運用されていた頃とほぼ変わらない姿、いわゆる「現状渡し」で納入されたものと見られる。そのため塗装は黄褐色と紺のツートンカラーのままであり、JR西日本仕様の「ドアにご注意」や「優先座席」のステッカーも貼付されたまま、また正面行先表示器も大糸線時代(一部高山本線の行先も入っている)のままである。
 一般の撮影会は10:30~14:00の間に行なわれたが、多数の来場者が訪れたため、10分毎40人ずつに区切っての撮影となった。
 側面サボは「大原―上総中野」が掲出されたが、国鉄時代の様々な種類が用意されており、撮影会の各回5分が経過したところで適宜交換された。
 また、本イベントにはカメラマンの中井精也氏が登場、他出版社による中井氏の鉄道写真教室(事前応募制)が併せて行なわれ、それの参加者に限りキハ52 125の車内に入れる特典があった。
 また、同日にはキハ52 125の入線を記念した一日フリー乗車券や硬券乗車券が発売され、同日有効の一日フリー乗車券所持者には、キハ52のオリジナル卓上カレンダーがプレゼントされる特典もあった。今後キハ52 125は運行開始にあたっての検査・修繕が行なわれ、その際にキハ52 115のような赤とクリームのツートンカラー、つまり国鉄標準色に塗り替えられる予定である。

宮川 輔(青森県)
2010_12_12_miyagawa_suke001.jpg
〈かもしか〉時代に通い慣れた道を往く。
'10.12.12 奥羽本線 大釈迦―鶴ヶ坂 P:宮川 輔

2010_12_13_sato_masaaki001.jpg13日は青い森鉄道の快速列車に充当後、そのまま臨時特急〈つがる51~53号〉として運用。

'10.12.13 奥羽本線 鶴ヶ坂―津軽新城 P:佐藤正晃
 12月12日に運転された大館―青森の臨時特急〈つがる〉に、秋田車両センター所属の485系3連の元〈かもしか〉編成が充当された。
 ヘッドマークは、かつて青森車両センターに所属していた485系国鉄特急色編成で使用されていたものと同じデザインのものを掲出していた。

濱田昂之(東京都)
2010_12_12_hamada_takayuki001.jpg
京成3500形が横浜に! 
'10.12.11 京浜急行電鉄本線 戸部―横浜
 12月12日、京急線内で深夜・早朝に行なわれたC-ATS試験で使用の京成3500形3536編成+3540編成8連が、金沢検車区から宗吾車両基地へ返却された。
 同編成は前日の11日に宗吾車両基地から金沢検車区への送り込み回送が行なわれている。

橋本宏史(兵庫県)
2010_12_11_hashimoto_hiroshi001.jpg
225系の登場により、来年は221系での運転はあるのだろうか。
'10.12.11 山陽本線 明石
 12月4、5、11、12日にルミナリエ開催に伴なう臨時列車が運転された。
 上りは、(回送 網干・大久保―)三ノ宮―大阪間の臨時新快速が9本(うち1本は大阪発の定期列車延長運転)。下りは、(回送 大阪―)三ノ宮―西明石間臨時新快速2本と(回送 大阪―)三ノ宮―大久保・姫路間臨時快速5本が運転され、そのうち上下各1本の臨時新快速に221系(8連)が使用された。

宮原将之介(東京都)
2010_12_11_honda_syunto002.jpg
終点の仙台まで約5時間の旅であった。
'10.12.11 東北本線 尾久―赤羽 P:本多駿斗

2010_12_11_yahata_tatsuma001.jpg
一路仙台へ。

'10.12.11 東北本線 土呂―東大宮 P:矢羽田竜麻

2010_12_11_miyahara_syonosuke002.jpg
仙台までの旅路をひたすら駆ける。

'10.12.11 東北本線 久喜 P:宮原将之介

2010_12_12_takahashi_toru001.jpg
上野行きの列車が仙台駅に入線する。

'10.12.12 東北本線 仙台 P:高橋 徹

2010_12_12_matsuyama_masaaki001.jpg
東北本線を上る。

'10.12.12 東北本線 白坂―豊原 P:松山政昭

2010_12_12_ebie_kazushi001.jpg
蒲須坂のお立ち台を通過する。

'10.12.12 東北本線 片岡―蒲須坂 P:海老江和賜
 12月11日(土)に新潟車両センター所属の485系K1編成を使用した団体臨時列車"「特急ひばり」で行く仙台"が上野―仙台間で運転された。〈ひばり〉のマークを掲出しての運転は2007年12月以来3年ぶりとなった。また、翌12月12日(日)には仙台―上野間で復路が運転された。
 なお、仙台方クハ481-346には文字のみ、上野方クロハ481-1028には絵入りの〈ひばり〉ヘッドマークがそれぞれ掲出された。ちなみに側面幕は全て「団体」であった。

中司朔良(兵庫県)
2010_12_11_nakatsukasa_sakura001.jpg
EH500-70〔門〕を先頭に鹿児島本線を上る8094列車。
'10.12.11 鹿児島本線 海老津―遠賀川 P:中司朔良

2010_12_11_nakatsukasa_junichi001.jpg
7050列車のスジにて、単機で帰区するEF81 451〔門〕。

'10.12.11 鹿児島本線 教育大前―海老津 P:中司純一
 JR貨物門司機関区の第31~42仕業によるEF81重連総括運用だが、12月7日(火)よりEH500が充当されている模様。12月11日(土)の57~8094列車はEH500-70号機の牽引であった。

 前週12月4日(土)現在、重連仕業の組み合せは450番代同士(451+452)であったが、現在両車のペアは解消され、各々別運用に就いている。

長谷川航大(千葉県)
2010_12_11_watanuki_katsuya001.jpg
〈出雲〉風のヘッドマークを掲げて走る。
'10.12.11 東北本線 尾久―赤羽 P:綿貫勝也

2010_12_11_honda_syunto001.jpg
朝日を背に"越後"を目指す。

'10.12.11 東北本線 尾久―赤羽 P:本多駿斗

2010_12_11_kikuchi_ryo001.jpg
DD51が朝の高崎線を下る。

'10.12.11 高崎線 深谷―岡部 P:菊池 遼

2010_12_11_ebie_kazushi001.jpg
往路の高崎まではDD51 842が牽引。多くのレイルファンが集まった。

'10.12.11 高崎線 岡部―本庄 P:海老江和賜

2010_12_11_hasegawa_kodai001.jpg
ブロア音を響かせ山を登る。

'10.12.11 上越線 津久田―敷島 P:長谷川航大

2010_12_11_otake_syo003.jpg
上越国境を越え、新潟県に入る。

'10.12.11 上越線 土合―土樽 P:大竹 翔

2010_12_11_ebie_kazushi002.jpg
復路は"レインボー"塗装のEF81 95が先頭。〈ゆうづう〉風「えちご」ヘッドマークを掲げた。

'10.12.11 上越線 岩原スキー場前―越後中里 P:海老江和賜

2010_12_11_kikuchi_ryo002.jpg
再び群馬県へ。

'10.12.11 上越線 湯檜曽―水上 P:菊池 遼

2010_12_11_hasegawa_kodai002.jpg
上野へ向かってひた走る。

'10.12.11 上越線 後閑―沼田 P:長谷川航大

2010_12_11_ebie_kazushi003.jpg
上尾で小停車。

'10.12.11 高崎線 上尾 P:海老江和賜

2010_12_11_sakuma_yuta001.jpg
大宮駅に停車。

'10.12.11 高崎線 大宮 P:佐久間悠太

2010_12_12_otake_syo001.jpg
青森車両センター24系6輌の返却は11~12日にかけて実施。EF81 80の牽引で運転され、高崎まではEF64 38を連結。

'10.12.12 高崎線 大宮 P:大竹 翔
 12月11日、青森車両センターの24系6輌を使用した、団体名「越後旅情」の臨時列車が上野―越後湯沢間往復で運転された。往路の上野→高崎はDD51 842とEF81 95のプッシュプル、高崎→越後湯沢はEF64 38とEF81 95のプッシュプル、復路はEF81 95とEF64 38のプッシュプル牽引となった。
 なお、DD51 842には〈出雲〉をイメージした「越後」ヘッドマークが、EF81 95には〈ゆうづる〉をイメージした「えちご」ヘッドマークがそれぞれ提出された。

高橋桂二(埼玉県)
2010_12_11_takahashi_keiji001.jpg
日中に"桃太郎"がやってきた。
'10.12.11 関西本線 平野

2010_12_11_takahashi_keiji002.jpg
来春は"桃太郎"天国になるのだろうか? 

'10.12.11 関西本線 平野
 来春の百済駅付近の電化完成に向け、11月27日深夜にEF210による試運転が行われたが、12月10日からは日中2往復の試運転が始まった。

福田智志(埼玉県)
2010_12_11_fukuda_satoshi001.jpg
西武秩父駅では撮影会が行なわれた。
'10.12.11 西武鉄道西武秩父線 西武秩父

2010_12_11_fukuda_satoshi002.jpg
団体臨時列車は、西武秩父駅2番線ホームに到着。

'10.12.11 西武鉄道西武秩父線 西武秩父
 西武鉄道は、12月11日に団体臨時列車"メイドトレイン"を池袋―西武秩父間で運転した。
 "メイドトレイン"は過去にも、ひたちなか海浜鉄道や鹿島臨海鉄道などで運転されたことがあるが、関東の大手私鉄では今回の西武鉄道が初めてのことである。
 車内ではメイドによるドリンクサービスが行なわれ、西武秩父駅ではメイドの撮影会やビンゴゲーム大会が開催された。

堀内秀一郎(鹿児島県)
2010_12_08_horiuchi_syuichiro001.jpg
DE10プッシュプル牽引でマヤ34が走る。
'10.12.8 鹿児島本線 鹿児島中央
 2月8日、マヤ34 2009(熊本車両センター所属)がDE10プッシュプル牽引で日豊本線鹿児島地区(鹿児島中央―南宮崎間)を検測した。
 プッシュプル牽引となったのは、翌日に宮崎空港線を検測するため、宮崎空港駅では機回しが出来ないことによるもの。
 なお牽引機は、DE10 1755(鹿児島総合車両所所属)とDE10 1209(熊本車両センター所属)だった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年12月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.