鉄道ホビダス

2010年11月22日アーカイブ

海老江和賜(千葉県)
2010_11_21_nakamura_subaru001.jpg 日光を浴びながら力走中。
'10.11.21 常磐線 赤塚―内原 P:中村 昴

2010_11_21_ohtake_sho001.jpg
異色の組み合わせとなった安中貨物。

'10.11.21 常磐線 勝田―水戸 P:大竹 翔

2010_11_21_ebie_kazushi001.jpg
カシオペア塗装機、ついに安中貨物に充当。

'10.11.21 常磐線 牛久―佐貫 P:海老江和賜

2010_11_21_handa_soichiro001.jpg
新鮮な組み合わせ。

'10.11.21 常磐線 松戸―北千住 P:半田創一郎

2010_11_21_sakuma_yuta001.jpg
カシ釜牽引!!

'10.11.21 常磐線 三河島 P:佐久間悠太

2010_11_21_hamada_takayuki002.jpg
常磐線から離れ田端操へ。

'10.11.21 田端貨物線 三河島―田端操 P:濱田昂之

2010_11_21_nakata_seiga001.jpg
カシ釜参上!

'10.11.21 高崎線 上尾―北上尾 P:中田聖河

2010_11_22_goto_atsushi001.jpg
日曜・月曜と連日カシオペア機が担当した。月曜日はEF81 92。

'10.11.21 常磐線 松戸―北千住 P:後藤篤史
 11月21日(日)の5388レ~5781レ(通称:安中貨物)に、〈カシオペア〉塗装機であるEF81 79が充当された。同運用に〈カシオペア〉塗装機が充当されたのは今回が初であり、〈カシオペア〉塗装+タキの新鮮な組み合わせが実現した。

増永祐一(神奈川県)
2010_11_20_masunaga_yuichi001.jpg 新旧入り交じり、5輌の機関車が一斉に展示。廃止された列車のヘッドマークもある。
'10.11.20 尾久車両センター P:増永祐一

2010_11_20_honda_ayato001.jpg
今年も人気の機関車が顔を揃えた。

'10.11.20 尾久車両センター P:本多駿斗

2010_11_20_masunaga_yuichi002.jpg
EF510に掲出されている列車名は、いずれも既に廃止されているもの。

'10.11.20 尾久車両センター P:増永祐一

2010_11_20_masunaga_yuichi003.jpg
転車台に配置されたD51 498。東京都心部で現役蒸機が見られたのは珍しい。

'10.11.20 尾久車両センター P:増永祐一

2010_11_20_masunaga_yuichi004.jpg
E655系。お召列車運転時同様、連結器が収納された状態で展示。

'10.11.20 尾久車両センター P:増永祐一
 

2010_11_19_ueda_takahiro001.jpg
19日未明には、EF65 501牽引によるD51・DD51・伴走車オヤ12・旧型客車の配給輸送が行われた。

'10.11.19 高崎線 高崎 P:上田貴裕
 11月20日(土)、尾久車両センターにおいて一般公開イベント「第10回 みんな集まれ! ふれあい鉄道フェスティバル」が開催された。
 今回は、EF510形500番代が登場してから初めての開催となり、通常塗装の515号機、〈カシオペア〉塗装の510号機が展示された。隣接してEF81 133・EF65 1118・DD51 888も併せて展示され、各機にはブルートレイン関連のヘッドマークが掲出され、5輌の機関車が並ぶ堂々たる光景となった。
 高崎車両センターからはDD51 888のほか、蒸気機関車のD51 498、オハニ36 11をはじめとする旧型客車5輌が姿を見せた。D51は転車台回転実演として、旧型客車は幕張車両センターの113系マリ236編成とともに来場者用休憩車輌としてそれぞれ展示された。実演イベントは、他にもE655系"なごみ"の連結器収納・取り出し実演、オハネ25のジャッキアップ、レール切断が行なわれ、来場者の注目を集めていた。
 このほか、こども制服撮影会・レールスター体験乗車・鉄道模型運転・保守作業車輌展示・鉄道部品ならびに鉄道グッズ販売が行なわれ、車両センター構内へ入場するまで数十分の待ち時間が発生するほどの多数の来場者が訪れた。レイル・ファンはもとより、特に親子連れでの来場を多く見かけた印象をもった。

笠野真之(兵庫県)
2010_11_21_nagaoka_tatsuhito002.jpg 旭川橋梁を行くキハ28・58。
'10.11.21 津山線 建部―福渡 P:長岡達人

2010_11_21_kasano_masayuki001.jpg
快晴の津山線を快走。

'10.11.21 津山線 福渡―神目 P:笠野真之

2010_11_21_kasano_masayuki002.jpg
津山駅では記念式典も行われた。

'10.11.21 津山線 津山 P:笠野真之
 11月20日(土)および21日(日)に岡山気動車区所属のキハ28・58を使用した臨時快速列車〈ありがとう「キハ28・58」号〉が津山線岡山~津山間をそれぞれ1往復した。この臨時快速列車の運転を最後に、同区のキハ28・58は引退となった。

中安喜一(長野県)
2010_11_20_nakayasu_kiichi001.jpg 1日目は1時間以上の遅れをもっての運転となった岡谷行き。
'10.11.20 中央本線 信濃川島―辰野 P:中安喜一

2010_11_21_hirabayshi_hirohumi001.jpg
DD16が牽引する〈風っこうとう〉。

'10.11.21 中央本線 塩尻―小野 P:平林浩文

2010_11_21_nakayasu_kiichi002.jpg
岡谷駅で119系旧塗装編成との並びが一瞬だけ実現。

'10.11.21 中央本線 岡谷(側道より撮影) P:中安喜一
 11月20・21日(土・日)の2日間、キハ48形"びゅうコースター風っこ"を使用した〈風っこうとう〉号が塩尻~岡谷間(辰野経由)で1日1往復運転された。
 運転初日の岡谷行きでは、塩尻―小野間の善知鳥峠付近で空転のトラブルが発生した模様で、後続の定期列車を含めて大幅な遅延が発生した。そのためか、2日目の岡谷行きは急遽DD16 11の牽引に変更され、沿線のファンを驚かせた。なお、塩尻行きは2日間ともキハ48形単独での運転であった。

服部泰地(神奈川県)
2010_11_20_hattori_yasuji001.jpg 2ヶ月振りに顔を出した1054号機。
'10.11.20 鶴見線 浜川崎
 鶴見線・南武支線開業80周年記念企画の一環として、11月20日(土)に浜川崎駅で貨車展示見学会が催された。展示車輌は、EF65 1054(〈たから〉HM掲出)、コキ104-1(コンテナ輸送50周年記念コンテナ積載)、タキ243647、シキ1000D1であった。
 なお、この見学会へは、鶴見線・南武支線開業80周年記念パスに同封されているアンケートに答えて応募した人の中から抽選で400名が招待された。
中司純一(兵庫県)
2010_11_20_nakatsukasa_jyunichi001.jpg 北九州地方は概ね好天の中、長崎を目指すED76 94〔大〕牽引9083レ。
'10.11.20 鹿児島本線 海老津―教育大前 P:中司純一

2010_11_20_masuda_keisuke001.jpg
リバイバル〈さくら〉が有名撮影地を行く。

'10.11.20 長崎本線 多良―肥前大浦 P:増田圭介

2010_11_21_tanaka_mikiya001.jpg
蒼き列車よ永遠に...。

'10.11.21 長崎本線 里信号場―多良 P:田中幹也

2010_11_21_kato_ken001.jpg
秋晴れの中、〈さくら〉が走る。

'10.11.21 長崎本線 肥前鹿島―肥前竜王 P:加藤 顕

2010_11_21_masuda_keisuke001.jpg
ヘッドマークは単独の〈さくら〉時代のものが掲出された。

'10.11.21 長崎本線 牛津―久保田 P:増田圭介
 JR九州のリバイバル列車として「ありがとうブルートレイン・ED76 さくら」「同 富士」が企画され、11月20日(土)~21日(日)に〈さくら〉が門司港~長崎間で運転された。
 牽引機は、9月の三重連企画では無動機であった大分車両センターのED76 94号機、客車は熊本車両センターの14系6輌(ロネ及びハネ1輌は24系25形)であった。牽引機には、懐かしのお碗型〈さくら〉単独マークが掲出された。
 初日の9083列車は、千早以東において前後をED76〔門〕牽引の貨物列車に挟まれるダイヤ設定となっていたこともあり、沿線の有名撮影地は大勢のファンで賑わった。
 なお、21日(日)~24日(水)にかけては、同じ編成による〈富士〉が日豊本線経由で鹿児島中央まで往復する予定である。

圓山伸宏(東京都)
2010_11_14_enyama_nobuhiro001.jpg 四つ橋線用23系と連結して展示された入換用バッテリーロコ。
'10.11.14 大阪市交通局緑木検車場
 毎年恒例の「おおさか市営交通フェスティバル」が11月14日(日)、大阪市交通局緑木検車場で開催された。
 地下鉄・市電の保存車輌やマルタイ実演などに注目が集まる中、検車場内で車輌の入換に使用されているバッテリー機関車も展示された。この2軸機関車「914-61328」は、1986(昭和61)年4月日本輸送機製造の20t機で、サイリスタチョッパ制御方式の省エネ型機関車である。製造番号は4597001。同型機には、阪急電鉄正雀工場内の入換用機関車BL2などがある。
 なお、当検車場では、森之宮検車場との統合時に入換用新型機関車の導入が予定されており、本機関車の去就が注目される。
須賀義孝(青森県)
2010_11_20_suga_yoshitaka001.jpg 弘前駅で新旧の"リゾートしらかみ「青池」"編成が揃った。
'10.11.20 奥羽本線 弘前 P:須賀義孝

2010_11_19_kato_takaaki001.jpg
オリジナル記念乗車証を車内に用意し、編成側面に置き換えの旨のシールを貼り付けるなどのキャンペーンが行われている。

'10.11.19 奥羽本線 青森 P:加藤貴大
 11月20日(土)、奥羽本線弘前駅でにて新型ハイブリット気動車HB-E300系"リゾートしらかみ「青池」"編成の展示会が行われた。
 新「青池」編成は、奥羽本線経由で弘前まで回送。そして、秋田からの〈リゾートしらかみ〉1号に使用されたキハ40系"リゾートしらかみ「青池」"編成の弘前駅での停車時間中に、新旧の"リゾートしらかみ「青池」"編成が対面した。
 なお、11月28日で〈リゾートしらかみ〉から引退するキハ40系「青池」編成には「ありがとうございました 12月4日から青池は新型車両で運転いたします」との文字が入れられていた。

小山裕太(神奈川県)
2010_11_20_koyama_yuta001.jpg 特製マークを掲げて貨物線をひたすら走る。
'10.11.20 東海道貨物線 茅ヶ崎―相模貨物 P:小山裕太

2010_11_20_ishii_kento001.jpg
送り込み回送でいったん旅客線を下る。

'10.11.20 東海道本線 平塚 P:石井健人
 2010年2月1日に神奈川新聞社が創業120周年を迎えたことを記念して、11月20日(土)に〈神奈川新聞社創業120周年カナロコ列車〉が運転された。
 この列車は、普段なかなか通ることのできない貨物線を乗り尽くすツアーで、桜木町駅を出た当列車は高島貨物線→東海道貨物支線→南武支線→東海道貨物線→根府川駅を走行し、折り返して関内駅へと戻った。車輌は183系OM103編成が使用され、「かながわ」と書かれたシール式の特製ヘッドマークが掲げられた。

宮川政樹(東京都)
2010_11_20_miyakawa_masaki002.jpg 〈いぬでん〉の復路。なお、編成短縮後の3005Fの東村山以東への乗り入れは本列車が初となる。
'10.11.20 西武鉄道新宿線 花小金井―小平
 11月20日(土)、西武園ゆうえんちや西武ドームなどの狭山丘陵の西武鉄道系レジャー施設の総称として「所沢アッハの森」が命名された記念イベントの一つとして、犬と一緒に電車に乗ることができるイベント列車〈いぬでん〉が西武新宿~西武遊園地間で1往復運転された。
 〈いぬでん〉に充当されたのは3000系3005F(6輌編成)で、飼い主と犬のペア100組が乗車した。ヘッドマークなどの特別な装飾はなされなかった。
 なお、3005Fは6連化されてからは主に国分寺線の運用に就いており、編成短縮後の新宿線東村山以東への乗り入れは初めてのことと思われる。
赤樫翔太(兵庫県)
2010_11_19_akakashi_shota002.jpg
懐かしいタラコ色こと首都圏色が播但路を走る。
'10.11.19 播但線 和田山―竹田
 豊岡鉄道部所属のキハ40 2046がいわゆる首都圏色となり、営業運転を行っている。なお、同鉄道部所属の各車も順次首都圏色となる模様で、もうしばらく活躍を見ることができそうな車輌といえそうだ。
中野智行(三重県)
2010_11_20_nakano_tomoyuki001.jpeg.jpg 22000系2連の重連で運転された貸切列車。
'10.11.20 近畿日本鉄道名古屋線 白塚―高田本山
 志摩線活性化の一環として、近畿日本鉄道では志摩市と協力し、伊勢志摩キャンペーンの期間中(2010年10月1日~2011年3月3日)に毎月1 回「志摩ってこーね列車」とネーミングした貸切列車を運行している。
 その第2回目として、11月20日(土)には〈ボージョレ・ヌーヴォー列車〉が運転された。近鉄名古屋駅から賢島駅まで運転され、貸切列車車内では、メルシャンワインアドバイザーからテイスティング方法やヌーヴォーの作り方など、ワインに関する話しを聞きながら、解禁間もないボージョレ・ヌーヴォーをはじめ3種類のヌーヴォーを満喫していた。
多賀章善(京都府)
2010_11_19_taga_akiyoshi001.jpg 副標識がよく似合う京阪旧3000系。
'10.11.19 京阪電気鉄道京阪本線 門真市―古川橋
 秋の紅葉シーズンにあわせて、11月12日(金)から京阪電気鉄道8000系2本に「貴船もみじ灯篭」の副標識が掲出されている。なお、そのうち1本は旧3000系であり、注目を浴びそうだ。
種橋慶成(東京都)
2010_11_18_tanehashi_yoshinari001.jpg 山陰本線を試運転。
'10.11.18 山陰本線 香住―鎧 P:種橋慶成

2010_11_19_akakashi_shota001.jpg
紅葉の山中を通過するラッセル車。

'10.11.19 播但線 生野―長谷 P:赤樫翔太

2010_11_19_takada_akira001.jpg
途中新井駅ではキハ189系〈はまかぜ〉と離合。

'10.11.19 播但線 新井 P:高田 明
 11月に入り各地にてラッセル車の試運転が行われているが、11月18日(木)には山陰本線豊岡~東浜間にてDE15 2525〔豊〕の試運転が行われた。また、翌19日(金)には、山陰本線・播但線の豊岡~寺前間でも同機を使用した試運転が行われた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年11月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.