鉄道ホビダス

2010年11月 5日アーカイブ

大谷真弘(静岡県)
2010_11_05_ohtani_masahiro001.jpg 小田急の特急ロマンスカー・VSE(50000形)が甲種輸送される。
'10.11.5 東海道本線 菊川―金谷
 11月5日(金)、小田急電鉄のロマンスカー・VSE(50000形)10輌が豊川の日本車輌豊川製作所からATS改造を終えて出場し、甲種輸送された。牽引機は、西浜松まではDE10 1503、西浜松以東はEF65 1070が担当した。なお、6日未明に松田に到着する予定。
渡辺基幸(福井県)
2010_10_31_watanabe_motoyuki001.jpg 三色揃い踏み。
'10.10.31 越美北線 一乗谷―越前東郷
 越美北線沿線を開催されている「九頭竜紅葉まつり」にあわせて、同線を走る3輌のラッピング車が3輌編成を組み、10月30日(土)・31日(日)の2日間限定で走行した。
玉木裕一(埼玉県)
2010_11_05_tamaki_yuichi001.jpg これで8編成目の長総出場となる。
'09.11.5 中央本線 竜王 P:玉木裕一

2010_11_05_sakuma_yuta001.jpg
立川を上る房総用209系。

'09.11.5 中央本線 立川 P:佐久間悠太
 11月5日(金)、長野総合車両センターでの改造を終えた房総用209系が出場し、長野→津田沼間で配給輸送された。牽引機はEF64 1031であった。

泉谷 卓(大阪府)
2010_11_04_izumiya_taku001.jpg まずは、片町線で足慣らし。
'10.11.3 片町線 徳庵―放出
 11月4日(木)、近畿車輛より225系5000番代の第11編成・第12編成が出場した。
橋本浩志(兵庫県)
2010_11_03_hashimoto_hiroshi001.jpg
4日間限定の組み合わせ。
'10.11.3 山陰本線 餘部
 11月3日(水)、余部鉄橋を見下ろす「お立ち台」が復活した。これは、地元の香美町がキハ181系〈はまかぜ〉の運転終了とキハ189系〈はまかぜ〉の運転開始に間に合うように準備を進めてきたもの。

【JR東】旧型客車返却配給

島崎 翔(神奈川県)
2010_11_04_shimazaki_sho001.jpg 夕日を浴び高崎線を下るEF65 501。
'10.11.4 高崎線 吹上―行田
 11月3日(水)~4日(木)にかけて、〈SLホエール号〉と〈SL会津只見紅葉号〉で使用された C11 325+旧型客車3輌の返却配給が会津若松~黒磯~尾久~高崎間で行われた。黒磯~高崎間はEF65 501号機が牽引した。
長谷川航大(千葉県)
2010_11_03_hasegawa_kota001.jpg 夕暮れの水郡線を走る。
'10.11.3 水郡線 下菅谷―後台

2010_11_03_hasegawa_kota002.jpg
水戸常駐機の80号機が活躍。

'10.11.3 常磐線 水戸
 11月3日(水)、西金→水戸間でDE10 1125+ホキ8車による工事用臨時列車(通称「西金工臨」)が運転された。これらのホキは、同日夜水戸発のEF81 80+ホキ8車による「いわき工臨」に継承された。なお現場は、下り:南中郷~磯原・大津港~勿来、上り:高萩~十王~小木津であった。

宮島昌之(石川県)
2010_11_04_miyajima_masayuki002.jpg 駅の象徴、華麗な「もてなしドーム」を横目に綺麗なDD15 15が登場!
'10.11.4 北陸本線 金沢

2010_08_22_miyajima_masayuki005.jpg
検査入場時のDD15 15。

'10.8.22 金沢総合車両所松任本所(一般公開の際に撮影)
 11月4日(木)、富山地域鉄道部富山運転センター所属のDD15 15が前後にラッセルヘッドを装着した状態で富山運転センターから金沢総合車両所運用検修センターまで回送された。
 同機は今年の夏、金沢総合車両所松任本所にて全般検査を受けており、8月22日(日)に開催された同所の一般公開の際にも工場棟にて検査中の同機の姿が見られた。
検査を終えた同機は外装が塗り替えられ、とても綺麗な姿で本線に戻っており、同機のこの冬の活躍に期待したい。
 『レイル・マガジン』2010年2月(317)号の特集記事「排雪列車2009-2010」で同機は「金沢総合車両所」所属と記載されているが、区名札入れに「富」の札が差し込まれていたことから、検査を経て所属が「富山地域鉄道部富山運転センター」に異動したものではないかと思われる。
 なお、金沢支社管内では、11月1日(月)より本格的な雪のシーズンに備えてラッセル車の点検と試運転が始まっており、同じく4日にはDE15 1518が金沢総合車両所運用検修センター~南福井間で、また富山地域鉄道部富山運転センター(富山貨物)~糸魚川間でも同様の試運転が行われた。

井尻慶輔(福岡県)
2010_11_03_ijiri_keisuke001.jpg 明治44年ジーメンス製の1号(中央)と、昭和11年東芝製の17号(左)。
'10.11.3 福岡県大牟田市
 旧三井三池港務所鉄道で使用され、廃車後に大牟田市教育委員会により保管されている電気機関車4輌が、昨年に続き今年も「文化の日」に公開された。
 現在も一部が三井化学専用鉄道として、国内で最も古いとされる大正4年製の電気機関車が稼働しているが、ここに保管中の電機には明治44年製ジーメンス機など更に貴重なものが含まれている。これらは将来の展示・公開を目的に保管されているが、現在のところ場所などの目処が立っていない模様だ。
野中麗央(香川県)
2010_11_04_nonaka_reo001.jpg 約15日前にはクモヤが来て、今度はキヤが四国へ。
'10.11.4 予讃線 高松―香西
 11月4日(木)、JR西日本京都総合車両所所属の"ドクターWEST"ことキヤ141系が検測のため四国入りした。早朝に岡山から瀬戸大橋線を経由して高松へ行き、その後は高松運転所へ回送された模様だ。
 余談ながら、毎年この時期になるとキヤが検測に来て、臨時列車などが比較的少ない四国のレイル・ファンを楽しませてくれる。
濱田昂之(東京都)
2010_11_02_hamada_takayuki001.jpg 7703Fがエスコート。
'10.11.2 京王電鉄相模原線 京王多摩川
 11月2日(火)、動物園線の専用車輌となっている6722Fが高幡不動~調布~若葉台間で回送され、若葉台工場に入場した。同編成はATCを搭載していないため、相模原線内では7703Fが先頭に立って運転された。

宇田 映(愛媛県)
2010_11_03_uda_ei001.jpg
ラッピングが変更された8000系。
'10.11.3 予讃線 詫間―みの P:宇田 映

2010_11_05_nonaka_reo001.jpg
第2部の主演俳優たちが勢揃い。

'10.11.5 予讃線 宇多津 P:野中麗央
 NHKドラマと地元松山のPRを兼ね8000系を用いて運転されているラッピング電車が、ドラマの第2部放送の開始に先立ち、第2部用にデザインを変更して10月25日(月)より運用に入っている。ドラマの放送は12月からであるが、JR四国では12月に出発式も予定しており、観光客の集客に一役買うものと期待される。

小原正裕(兵庫県)
2010_11_03_obara_masahiro001.jpg
阪急神戸線所属の7000系7008Fは大規模リニューアル工事を受け、10月から本格的に営業運転を開始した。
'10.11.3 阪急電鉄神戸本線 梅田

2010_11_03_obara_masahiro002.jpg
3060Fの普通雲雀丘花屋敷行き。

'10.11.3 阪急電鉄神戸本線 梅田
 今年も紅葉のシーズンとなり、阪急電鉄では各線の一部の電車に「もみじ」のヘッドマークを取り付けて運転している。
 宝塚線では、古参の3000系3060F・3074Fほかに取り付けられた。3000系は、9000系の増備次第では本線運用からの撤退や廃車も考えられるため、神戸線も含め3000系の本線運用は今後貴重となるだろう。
 また、大規模リニューアル工事を請けた神戸線の7008Fが11月3日(水)、「もみじ」のHMを前面に装備して特急運用に充当された。ちなみに、7000系鋼製車体非リニューアル車(増結車除く)は7009F・7010F・7020Fの3編成にまで減少している。

中司朔良(兵庫県)
2010_11_03_nakastukasa_sakuyoshi001.jpg
73レを牽引する0番代唯一の国鉄色100号機。
'10.11.3 北方貨物線 吹田信号場―塚本信号場

2010_11_03_nakastukasa_sakuyoshi002.jpg
72列車の先頭に立つ0番代現役ラストナンバー118号機。

'10.11.3 東海道本線 西宮―甲子園口

2010_11_03_nakastukasa_sakuyoshi003.jpg
72列車の続行、9072列車を牽引する114号機。

'10.11.3 東海道本線 芦屋―さくら夙川
 全国で唯一0番代が稼動する岡山機関区のEF65だが、国鉄色116号機が運用を離脱し、同区の山陽新幹線高架脇に僚機87・103号機と3機縦列に留置されている。これにより、国鉄色を維持する0番代は同区生え抜きの100号機のみとなった。この他の残存機は、広島更新色の114号機、大宮更新色の115・118号機である。
 11月3日(水・祝)は、四国へ向かう73列車を0番代現役最若番の100号機、四国からの72列車を同ラストナンバーの118号機が、また72列車に続行する9072列車を114号機が牽引。近接する時間帯に0番代機の邂逅が見られた。

綿貫勝也(埼玉県)
2010_11_03_watanuki_katsuya001.jpg
唐木田―新百合ヶ丘間を8往復した。
'10.11.3 小田急電鉄多摩線 五月台 P:綿貫勝也

2010_11_04_fukuda_satoshi001.jpg
11月から日中の試運転が始まった。

'10.11.4 小田急電鉄多摩線 唐木田 P:福田智志
 11月1日(月)より、東京地下鉄16000系16003Fの試運転が小田急多摩線唐木田―新百合ヶ丘間で運転されている。これは、小田急線内での乗務員慣熟訓練のためと思われ、、一日8往復ずつ運転されている模様だ。

宮島昌之(石川県)
2010_11_03_miyajima_masayuki001.jpg ピカピカ! T49編成〈サンダーバード〉が有名撮影地を快走する。
'10.11.3 北陸本線 津幡―倶利伽羅
 兵庫県の川崎重工で製造され、その後金沢総合車両所松任本所に入場していた683系4000番代T49編成だが、11月3日(水・祝)の大阪発富山行きの特急〈サンダーバード〉17号に充当されているのを確認した。先週までに松任本所に同編成の姿は無く、その頃から試運転を経て本格的な営業運転に入ったものと思われる。
 また、先月RM Newsで同所への入場を報告した同じ川崎重工製683系4000番代T50編成は現在も同所にその姿があり、引き続き営業運転へ向けての作業が行われているものと思われる。
※関連
【JR西】683系4000番代T50編成 松任本所入場

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年11月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.