鉄道ホビダス

2010年10月25日アーカイブ

綿貫勝也(埼玉県)
2010_10_25_watanuki_katsuya002.jpg 元「関西更新色」のEF65 1093に牽引され出場。
'10.10.25 東北本線 土呂 P:綿貫勝也

2010_10_25_watanuki_katsuya003.jpg
一旦、東大宮(操)へ。

'10.10.25 東北本線 土呂 P:綿貫勝也

2010_10_26_kato_rukino001.jpg
小雨が降る中、元関西更新色の1093号機と並ぶ。

'10.10.25 東北本線 土呂―東大宮 P:加藤瑠輝乃
 10月25日(月)、大宮車両所に入場していたEF65 1127が「関西更新色」のまま出場した。牽引は元「関西更新色」のEF65 1093で、この他にDE10 1748も同時に出場した。

原田敬司(兵庫県)
2010_10_23_harada_keiji001.jpg 〈トワイライト〉編成を牽いて山陽路を東へ、大阪までラストスパート。
'10.10.23 東海道本線 芦屋―さくら夙川 P:原田敬司

2010_10_23_akakashi_shota001.jpg
立花―尼崎間は普通列車と並走。

'10.10.23 東海道本線 立花―尼崎 P:赤樫翔太

2010_10_23_masuda_keisuke001.jpg
〈トワイライトエクスプレス〉編成10輌を牽引。

'10.10.23 東海道本線 塚本 P:増田圭介
 既報の通り、10月21日(木)に〈トワイライトエクスプレス〉の編成を使用した団体臨時列車は夕刻に大阪を出発し、大阪~敦賀、敦賀~京都、そして京都駅でEF65 1134に付け替えられ東海道本線から山陽本線下関へと向かった。
 その復路として、10月22日(金)夕刻に下関を出発し、沿線では多くの撮影者が待ち構える中、一路大阪を目指して23日(土)朝に到着、三日間の旅を終えた。

宗則克彦(奈良県)
2010_10_24_munenori_katsuhiko001.jpg この日はレアな副標同士の組み合わせとなった。
'10.10.24 京阪電気鉄道京阪本線 土居
 10月9日から11月14日までの土休日に運転されている臨時急行〈ひらかた大菊人形 龍馬伝号〉だが、10月24日(日)は7000系7002-7052編成、開業100周年記念ラッピング車を充当して運転された。このラッピング車は10月28日で運転を終了するため、貴重な組み合わせとなった。
見学 智(大阪府)
2010_10_25_kengaku_tomo001.jpg L101編成使用のA53運用544H。
'10.10.25 阪和線 新家―長滝
 日根野電車区配置の103系で通称「羽衣支線」専用のL101編成が、4連化の上、阪和線本線の運用に入っていることを確認した。長らく「羽衣支線」運用専用だった同編成が阪和線本線の運用に入るのは、数年ぶりのことと思われる。
 なお、編成は以下の通り。
 (←天王寺) クモハ103-2503+モハ102-396+サハ103-362+クハ103-163 (和歌山→)
丹羽拓也(兵庫県)
2010_10_24_tanba_takuya001.jpg 倶利伽羅峠に向かうEF81 106+"あすか"7輌編成。
'10.10.24 北陸本線 石動―倶利伽羅 P:丹羽拓也

2010_10_24_tanaka_atsushi001.jpg
1年ぶりの"あすか"! 北陸路を走行。

'10.10.24 北陸本線 森田―福井 P:田中 敦

2010_10_24_ohzono_yoshio001.jpg
フル編成ということもあり、多くのファンが集まった。

'10.10.24 東海道本線 新大阪 P:大園愉生
 10月24日(日)、糸魚川から大阪および宮原(操)間にて12系和式客車"あすか"が7輌編成で運転された。牽引機は、24日はEF81 106が担当した。
 なお、運行期間は通算して10月21日から26日までで、25日は宮原(操)から大阪を経て糸魚川まで運転され、翌26日の早朝、大阪・宮原(操)まで回送される予定だ。
 ちなみに、10月は〈SLやまぐちあすか〉号に続き、久々の連続の登場となった。

増永祐一(神奈川県)
2010_10_24_masunaga_yuichi003.jpg 特製ヘッドマークを掲出し、有料特急運用に入る"マッターホルン号"。
'10.10.24 富士急行大月線 富士吉田―月江寺

2010_10_24_masunaga_yuichi004.jpg
車輌撮影会。今回はホリデー快速の189系2本と"富士登山電車"の並び。

'10.10.24 富士急行河口湖線 河口湖
 10月24日(日)、富士急行線の河口湖駅にて「富士急電車まつり2010」が開催された。
 富士急の車輌による運転士・車掌体験、5000系にある「キッズ運転台」の特別公開、189系と1000系"富士登山電車"編成の撮影会、保線作業の実演、鉄道グッズ販売、河口湖駅前のモ1号車輌や〈カババス〉の公開など、多岐にわたるイベントが行われ、家族連れやレイル・ファンを中心に多数の来場者が訪れた。
 また、同日時点では、〈フジサン特急〉に充当されている2000系の2001編成が、富士吉田駅の電車修理工場に入場している。その電車修理工場を見学する親子連れのツアーが併せて行われたが、ツアー参加者には2000系のリフトアップシーンが披露された。このため、一部の〈フジサン特急〉は1000系での代走となっている。
 なお同日は、「富士急電車まつり2010」へのアクセス手段のひとつとして、1000系"マッターホルン号"編成を使用した特急〈富士急電車まつり号〉が、臨時下り1本、一部の〈フジサン特急〉のダイヤを使用した下り3本・上り4本で運転された。

石原 準(群馬県)
2010_10_23_ishihara_jyun001.jpg 秋晴れの中、茶色い電車が爽快に走る。
'10.10.2 上毛電気鉄道 粕川―膳
 10月23日(土)、砕石を輸送するホキ車2輌が、上毛電気鉄道大胡電車庫から新里まで回送された。

【JR貨】EF81 27 無動力回送

宮島昌之(石川県)
2010_10_24_miyajima_masayuki006.jpg EF510-12の次位に連結されたEF81 27。
'10.10.24 金沢貨物ターミナル(陸橋上公道より撮影)
 10月24日(日)運転の日本海縦貫線3092レで、富山機関区所属のEF81 27が無動力回送された。牽引機は同所属のEF510-12であった。
 このEF81 27号機はここ数ヶ月間走る姿が確認できず、今まで富山機関区に留置されていたものと思われる。同機の今後の動きが注目される。
大竹 翔(東京都)
2010_10_24_ohtake_sho003.jpg 今回は東北本線を走る"ゆうマニ"。
'10.10.24 東北本線 東大宮―蓮田 P:大竹 翔

2010_10_24_okada_yutaro001.jpg
蒲須坂の鉄橋を行く、パーイチ+"ゆうマニ"。

'10.10.24 東北本線 蒲須坂―片岡 P:岡田雄太郎
 水郡線営業所所属の"ゆうマニ"ことマニ50 2186の配給輸送が10月24日(日)、尾久―仙台間で行われた。牽引機は、全区間田端運転所のEF81 58であった。

石井健人(神奈川県)
2010_10_24_ishii_kento001.jpg 芸術の秋、大雄山線の秋のイベント第二弾。
'10.10.24 伊豆箱根鉄道大雄山線 緑町
 10月20日(水)より、伊豆箱根鉄道大雄山線5000系5501号車を使用した"動くフォトギャラリー"が今年も運転されている。ヘッドマークは以前から使われていたもので、車内には沿線の高校生が撮影した写真が飾られている。
 なお、18日(月)までは"動く児童画展"も5501号車を使用して運転されていた。これは、沿線の子どもたちが描いた絵が車内に掲出されていたもので、大雄山線恒例の秋のイベントが今年も行われている。
酒井健一郎(東京都)
2010_10_24_ohtake_sho001.jpg 深夜の八王子に珍客現る。
'10.10.24 中央本線 八王子 P:大竹 翔

2010_10_24_ohtake_sho002.jpg
DE10は原色機であった。

'10.10.24 中央本線 八王子 P:大竹 翔

2010_10_24_sakai_kenichiro003.jpg
JR-富士急の連絡線にて、DE10を使用し富士急線内担当の5000系"トーマスランド号"に引き継がれた14系客車。

'10.10.24 富士急行大月線 大月 P:酒井健一郎

2010_10_24_masunaga_yuichi001.jpg
5000系"トーマスランド号"に繋がれているスハネフ14 20。

'10.10.24 富士急行大月線 富士吉田 P:増永祐一

2010_10_24_masunaga_yuichi002.jpg
富士急に現れたブルトレ、どのような活躍を見せるのだろうか。

'10.10.24 富士急行大月線 富士吉田 P:増永祐一
 10月22日(金)、八王子まで配給輸送されたスハネフ14 20が10月24日(日)未明、八王子から大月まで甲種輸送された。これは富士急行向けの輸送であり、大月での入れ替えのためDE10が後尾に付くEF64 1018+スハネフ14 20+DE10 1101というプッシュプル形態となり、注目を集めていた。
 また、富士急行線内は"トーマス号"が牽引し、電車+客車という見慣れない編成で富士吉田まで回送され、深夜にも関わらずこちらも注目を集めていた。

宮島昌之(石川県)
2010_10_24_miyajima_masayuki002.jpg ED20形ED201電気機関車を相手に「綱引き」で対決!
'10.10.24 北陸鉄道石川線 鶴来

2010_10_24_miyajima_masayuki004.jpg
「2010ほくてつ電車まつり」PRのヘッドマークが掲出された。

'10.10.24 北陸鉄道石川線 新西金沢
 10月24日(日)、10月14日「鉄道の日」の記念行事として北陸鉄道石川線鶴来駅構内で「2010ほくてつ電車まつり」が開催され、多くの家族連れやファンなどで賑わった。
 駅隣接の鉄道部の車輌基地が公開され、7000系7100形電車(モハ7101-クハ7111)を使用した「運転室体験乗車」や、動かないものの「ビール電車」を再現し実際に車内で「ちょいと1杯」の体験ができたほか、ラッセルヘッドを付けたED20形ED201電気機関車を相手に「綱引き大会」が行われた。その他にも、電車やバスの部品やグッズなどの販売やミニSL乗車、鉄道模型の体験なども人気があり、順番待ちをする来場客の長い列が伸びていた。
 また、営業運転をしている一部の電車には「2010ほくてつ電車まつり」をPRするためのオリジナルヘッドマークが掲出された。
 なお同日、鶴来駅近くの白山市役所鶴来支所で「全国まちの駅ご当地グルメつるぎ大会」が開催された。全国から選りすぐりの「うまいものグルメ」が集まるとあってここでも多くの来場客で賑わったが、帰る際の「飲酒運転」を防ぐ目的で、電車を使って来場した場合は帰りの電車の乗車券が無料で配布され、自治体や鉄道会社などが連携した「飲酒運転の未然防止」対策が行われた。

菊池 遼(神奈川県)
2010_10_24_hasegawa_kota001.jpg 旅客機が牽引する2082レ。
'10.10.24 高崎線 北本―桶川 P:長谷川航大

2010_10_24_kikuchi_ryo002.jpg
2083~2082列車をEF65 1104(田端車)が代走した。

'10.10.24 高崎線 桶川―北上尾 P:菊池 遼

2010_10_24_ohki_sho001.jpg
田端PFの貨物牽引は2年ぶり?

'10.10.24 東北貨物線 赤羽―田端操 P:大木 将
 10月24日(日)、隅田川発南長岡行きの2083列車に田端機関区所属のEF65 1104号機が充当された。これは、前日夜のダイヤ遅延の影響で所定の機関車が到着しておらず、牽引機が足りない状況であったためこのような処置がとられたものと思われる。
 なお、EF65 1104は田端に再び帰区しなければならないため、南長岡発隅田川行きの2082列車を隅田川まで牽引し、田端機関区に戻った。この列車は約30分遅れでの運転であった。

城裕一郎(愛知県)
2010_10_23_kondo_norio001.jpg 赤13号の現役機は4輌のみ。
'10.10.23 東海道本線 東淀川―吹田 P:近藤規夫

2010_10_23_jyo_yuichiro001.jpg
夕闇迫る有名撮影地を快走するEF81牽引"あすか"。

'10.10.23 北陸本線 木ノ本―余呉 P:城裕一郎
 10月22日(金)から23日(土)にかけて、宮原総合運転所所属の12系和式客車"あすか"(7輌編成)を使用した団体臨時列車が糸魚川―米原間(北陸本線経由)で一往復運転された。牽引機は、福井地域鉄道部敦賀運転派出所属のEF81 106が宮原(操)―糸魚川―宮原(操)―敦賀間で、同所属のEF81 108が敦賀―糸魚川間でそれぞれ担当した。
 なお、21日(木)から22日(金)にかけて、宮原(操)―糸魚川間(湖西線経由)で使用車輌の送り込み回送列車が運転された。

【JR西】225系展示会開催

佐野 徹(京都府)
2010_10_24_sano_toru001.jpg 京都駅7番ホームに展示された225系。
'10.10.24 東海道本線 京都
 12月1日から営業運転を開始するJR西日本225系の展示会が10月23日(土)に神戸駅・大阪駅で、10月24日(日)に天王寺駅・京都駅で開催され、多くの見学者で賑わった。
宮川政樹(東京都)
2010_10_23_miyakawa_masaki001.jpg
八ツ山橋付近を走行する"ドクターイエロー"。
'10.10.23 東海道新幹線 新横浜―品川
 JR東海所属の新幹線電気軌道総合試験車"ドクターイエロー"が博多→東京間で臨時回送された。最近の上り線検測は、東京着が日没後のダイヤになっているため、久しぶりの全区間日中走行となった。
平林浩文(長野県)
2010_10_23_hirabayashi_hirohumi001.jpg 信州の秋を駆け抜ける。
'10.10.23 飯山線 信濃浅野―立ヶ花
 10月23日(土)、飯山線で旧型客車3輌(高崎車)を使用した快速〈レトロ飯山線〉が長野―十日町間で運転された。当日は天候に恵まれ、多くのファンで沿線は賑わった。なお、牽引はDD16 11(長野車)が担当した。

【JR西】吹田工場一般公開

鶉野卓也(大阪府)
2010_10_23_hashimoto_hiroshi001.jpg 一般公開ならではの光景。
'10.10.23 吹田工場 P:橋本浩志

2010_10_23_kouno_takuya001.jpg
車輌展示撮影会。

'10.10.23 吹田工場 P:鶉野卓也

2010_10_23_sugimoto_noritaka001.jpg
クロ183-2708を使用した車体上げ下ろし実演が行われた。

'10.10.23 吹田工場 P:杉本則高
 10月23日(土)、吹田工場にて一般公開が行われた。工場内にて車輪検修作業実演のほか、記念オレンジカードの販売や車輌展示撮影会が行われ、多くの家族連れやレイル・ファンで賑わった。

中司朔良(兵庫県)
2010_10_23_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg 真新しい姿で2073列車を牽引するEF210-165。
'10.10.23 北方貨物線 塚本信号場―尼崎
 EF210の最新ロットの機、165号機が吹田機関区に配属され、運用に就いている。
 10月23日(土)は、下廻り・屋根上とも美しい姿で第143仕業に就き、2073列車の先頭に立って西下した。
福田智志(東京都)
2010_10_23_fukuda_satoshi001.jpg 8502号車に交通安全をPRするHMが付いた。
'10.10.23 東京都交通局都電荒川線 荒川車庫前
 東京都交通局では、都電荒川線の8502号車に交通安全をPRするヘッドマークを付けて運転している。ヘッドマークは警視庁のキャラクター「ピーポくん」が描かれており、側面には交通安全をPRしたラッピングが施されている。
濱田昂之(東京都)
2010_10_21_tanaka_atsushi001.jpg マト58編成の方向幕やドアステッカー等はほとんど取り外され、JRマークも消去されていた。
'10.10.21 東北本線 浦和―赤羽 P:田中 敦

2010_10_21_hamada_takayuki002.jpg
薄暗い中、尾久へ。

'10.10.21 東北本線 赤羽―尾久 P:濱田昂之
 10月21日(木)、松戸車両センター所属の203系マト58編成が尾久へ輸送された。経路は、松戸~東大宮(操)~尾久で、牽引機は全区間EF64 1032(長岡)であった。
 同編成は、JRマーク・運番表示器・方向幕等が撤去されており、今後の動向が注目される。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年10月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.