鉄道ホビダス

2010年10月18日アーカイブ

酒井健一郎(東京都)
2010_10_14_tanaka_yu001.jpg 定期運用は10月14日(木)の1915Tで離脱。
'10.10.14 中央本線 吉祥寺 P:田中 友

2010_10_17_ebie_kazushi001.jpg
多くの人に見守られながら豊田を後にする。

'10.10.17 中央本線 豊田―八王子 P:海老江和賜

2010_10_17_hiroshima_kazutaka001.jpg
31年間の使命を終え、長野へ。

'10.10.17 中央本線 高尾―相模湖 P:廣島一貴

2010_10_17_yahada_ryuma001.jpg
走り慣れた道を...。

'10.10.17 中央本線 猿橋―大月 P:矢羽田竜麻

2010_10_17_tanaka_yu001.jpg
「さよなら」のヘッドマークを掲げたクハ200-129を先頭に松本へ。運転席には花束が。

'10.10.17 中央本線 塩崎―韮崎 P:田中 友

2010_10_17_kondo_norio001.jpg
もうすぐ山梨を越え長野に入る。

'10.10.17 中央本線 長坂―小淵沢 P:近藤規夫

2010_10_17_tamaki_yuichi001.jpg
二度と首都圏へ帰らぬ、豊田から松本へ旅立つ201系H7編成。

'10.10.17 中央本線 下諏訪―岡谷 P:玉木裕一

2010_10_17_sakai_kenichiro003.jpg
「ありがとう中央線201系」を掲げ走り去る201系。

'10.10.17 中央本線 岡谷―みどり湖 P:酒井健一郎

2010_10_17_sudo_kenichi001.jpg
客扱い終了後もヘッドマークと前面方向幕は客扱い時と同様の状態で回送された。

'10.10.17 篠ノ井線 聖高原―冠着 P:須藤健一
 14日(木)に定期運用を終了した中央線201系が、「さよなら中央線201系(H7編成)ラストラン山梨 そして信州へ」として10月17日(日)、豊田発松本行きの最後の営業運転が実施された。
 同編成は、種別表示部に「さよなら中央線201系」、松本側方向幕に「さよなら中央線201系 豊田→松本」、東京側方向幕に「ありがとう中央線201系 豊田→松本」の特製マーク・方向幕をそれぞれ表示しての運転となった。
 運転当日は、長年中央本線の顔として親しまれてきたオレンジ色の201系最後の編成となったH7編成の最後の力走を収めようと多くのファンが沿線に駆けつけ、オレンジ色201系との別れを惜しんでいた。これにより、中央本線から201系は全編成引退となった。
なお、松本到着後、同編成は長野まで自力回送された。

【JR貨】EF81 129号機 運用開始

会津和樹(東京都)
2010_10_16_aizu_kazuki001.jpg 4076レに充当され、朝の日本海縦貫線を上る129号機。
'10.10.16 信越本線 保内―東三条
 先日、広島車両所を原色で出場した129号機が早速長距離運用へ充当された。富山機関区で唯一一般型赤13号を纏う同機は、今後注目を集めそうだ。
※参照
【JR貨】EF81 129 検査出場

【JR海】キヤ95総合検測車運転

中野智行(三重県)
2010_10_18_nakano_tomoyuki.jpg 紀勢本線の昼間検測を行ったキヤ95。
'10.10.18 紀勢本線 下庄―一身田
 10月18日(月)、総合検測車(通称"ドクター東海")が紀勢本線の昼間検測を行った。
中野智行(三重県)
2010_10_17_nakano_tomoyuki.jpeg 姫路駅に続いて神戸駅でも展示されたキハ189系。
'10.10.17 東海道本線 神戸
 大阪・神戸・姫路地区から兵庫県北部地区を運転している特急〈はまかぜ〉は、11月7日(日)より新型車輌キハ189系による運転を開始する。そこで、新型車輌の運転開始に先立ち豊岡地区および神戸・姫路地区において展示会が開催された。
 10月17日(日)には、神戸駅で新型〈はまかぜ〉用キハ189系の展示が行われた。展示会入場証は車輌展示の1時間前に配布が終了し、多くの方が見学を行った。
増田圭介(愛媛県)
2010_10_16_masuda_keisuke001.jpg 〈遊歴観光号〉として運転されたキハ58 563+キハ28 2329。
'10.10.16 吉備線 服部―東総社 P:増田圭介

2010_10_16_mizuno_tomohiro001.jpg
吉備線を行くキハ28+58。

'10.10.16 吉備線 備中高松―吉備津 P:水野友博
 10月16日(土)、岡山電車区気動車センター所属のキハ58系2輌を使用した〈岡山・倉敷・吉備路遊歴観光号〉が岡山~総社~中庄間で運転された。編成両端には特製のヘッドマークが掲出された。

水野友博(奈良県)
2010_10_17_mizuno_tomohiro004.jpg 蕎麦畑の中を行く大サロ。
'10.10.17 播但線 長谷―寺前 P:水野友博

2010_10_17_masuda_keisuke001.jpg
客扱いは、竹野~和気間であった。

'10.10.17 山陽本線 熊山―万富 P:増田圭介

2010_10_18_hiromura_norihiko001.jpg
復路の18日、播但線を目指す〈豊岡市民号〉。

'10.10.17 山陽本線 上郡―有年 P:廣村典彦
 10月17日(日)から18日(月)にかけて、〈豊岡市民号〉として"サロンカーなにわ"が豊岡~岡山間を往復した。牽引機はDD51 1109であった。

水野友博(奈良県)
2010_10_17_mizuno_tomohiro002.jpg EF66に牽引され岡山へ戻るEF65 1122。
'10.10.17 山陽本線 熊山―万富
 10月17日(日)、岡山機関区所属のEF65 1122が2077レの次位無動力にて西岡山まで回送された。また、2077レはEF66 28が代走牽引した。
宮島昌之(石川県)
2010_10_17_miyajima_masayuki003.jpg NT200形202号気動車を使用した運転士体験が行われた。
'10.10.17 のと鉄道七尾線 穴水
 10月17日(日)、のと鉄道穴水駅にて「のと鉄フェスティバル2010」が開催され、多くの来場客で賑わった。
 穴水運転区構内では、「のと鉄道列車と綱引き」や「一日運転士体験」「軌道自転車体験運転」が行われた。綱引きでは、地元の子どもたちが参加した「チーム対抗戦」で行われ、NT200形212号気動車を相手に、所定の距離を移動させるのにかかった時間で競争した。運転士体験では、NT200形202号気動車を使用し、事前に申込を済ませた多くの参加者が係員の案内のもと会場に移動、憧れの車輌の運転にチャレンジしていた。
 このほか、駅構内では四季を通じて撮影された「のと鉄道」の列車と風景の写真展示、鉄道模型の運転体験が行われたほか、駅前広場では地元ミュージシャン出演によるライブ演奏やフリーマーケット、飲食や鉄道グッズの売店などが並び、賑わった。
加藤瑠輝乃(埼玉県)
2010_10_17_kato_rukino001.jpg 小田原駅を高速で通過する"ドクターイエロー"。
'10.10.17 東海道新幹線 小田原
 10月17日(日)、923形3000番代T5編成("ドクターイエロー")が、臨時〈のぞみ〉のダイヤを使用して検測する通称「のぞみ検測」にて東京―博多間で運転された。
宮島昌之(石川県)
2010_10_17_miyajima_masayuki001.jpg EF510のエスコートを受け、晴れの花道を進む。
'10.10.17 北陸本線 呉羽
 特急〈はまかぜ〉の後継車として新たに新潟トランシスにて製造されたキハ189系2編成(計6輌)が、10月17日(日)に黒山(新潟東港専用線)から南福井まで甲種輸送された。牽引機は富山機関区所属のEF510-11で、キハ189系では今回初めてEF510による甲種輸送となった。編成は、南福井方よりキハ189-1005+キハ188-5+キハ189-5+キハ189-1004+キハ188-4+キハ189-4の順番であった。
宗則克彦(奈良県)
2010_10_17_munenori_katsuhiko001.jpg 3000系はいつもより身軽な5輌編成で運転。
'10.10.17 京阪電気鉄道京阪本線 土居
 10月17日(日)に寝屋川車両基地で開催された「ファミリーレールフェア2010」に伴う事前申込制の中之島発会場行き特別列車〈ファミリーレールフェア号〉が運転された。同列車に充当された3000系は通常8輌編成だが、当日は5輌に減車し、「団体」と「ファミリーレールフェア号」の2枚の副標を掲出して運転された。
石井健人(神奈川県)
2010_10_17_ishii_kento001.jpg 珍しく小田原駅中2番(5番線)に停車する"アルファリゾート21"。
'10.10.17 東海道本線 小田原
 1920年に熱海線の駅として開業した小田原駅が今年10月21日をもって開業90周年となるため、10月17日(日)、小田原駅で「小田原駅開業90周年イベント」が開催された。小田原駅中2番(5番線)で伊豆急行2100系R5編成"アルファリゾート21"の展示が行われたほか、構内コンコースで模型やヘッドマークの展示が行われた。
 なお、展示に際して2100系R5編成は伊豆高原~小田原間、小田原~国府津~伊豆高原間(小田原~国府津~小田原間は貨物線経由)で回送された。
高野大輔(福岡県)
2010_10_17_takano_daisuke001.jpg 秋晴れの下、最終運用を務める2000形。
'10.10.17 西日本鉄道天神大牟田線 端間―味坂
 さよなら運行を行っていた西鉄2000形は10月17日(日)、「さよなら2000形貸切ツアー」の運転をもってその運用を終了した。通常運用は前日の16日で終了しており、この最終運用は事前に募集されたツアー客を乗せて運転された。
 運行区間は西鉄福岡(天神)→花畑→筑紫で、この運用後は同日筑紫基地で行われた電車まつり会場にて最終展示された。前面には特製HMが出され、地元福岡で長きに渡り親しまれた同車の最後の姿を見送る人たちの姿が沿線各所で見られた。

【JR貨】EF66 27号機が3064レ牽引

岡田雄太郎(栃木県)
2010_10_15_okada_yutaro001.jpg 広島車両所公開PRのHM掲出で注目を集めるEF66 27号機。
'10.10.15 東北本線 自治医大―小金井
 10月15日(金)、吹田機関区所属のEF66 27号機が3064レ貨物列車を牽引した。同機はEF66 0番代で唯一国鉄色を維持し、また広島車両所公開をPRするヘッドマークを掲出していることから、特に注目を浴びている。 なお、HM掲出後の東北本線入線は数回しかなく、当日は沿線に多くのファンが集まった。
宮川 輔(青森県)
2010_10_17_miyakawa_suke001.jpg キ104+ED333のコンビは、今冬も活躍が期待される。
'10.10.17 弘南鉄道 平賀車両区
 10月17日(日)、弘南鉄道弘南線の平賀駅前広場と平賀車両区構内にて「弘南鉄道ふれあい感謝祭」が開催された。
平賀車両区構内では、冬期の除雪列車として運行されるキ104とED333が展示され両車とも車内を自由に見学することができたほか、7000系電車を使用した綱引き大会も開催された。このほか、駅前広場ではミニSL運行や鉄道グッズの販売などが行われ、大勢の来場者で賑わった。
後藤篤史(千葉県)
2010_10_16_ebie_kazushi001.jpg 大勢のレイル・ファンに見守られながら「ヒガハス」を通過。
'10.10.16 東北本線 東大宮―蓮田 P:海老江和賜

2010_10_16_goto_atsushi001.jpg
秋空のもと、東北路を走る〈はつかり〉。

'10.10.16 東北本線 東鷲宮―栗橋 P:後藤篤史

2010_10_16_takahashi_toru003.jpg
583系特急〈はつかり〉の文字HM。

'10.10.16 東北本線 一ノ関 P:高橋 徹
 10月16日(土)、仙台車両センター所属の583系を使用し「宮城野貨物線踏破 青森行き特急はつかりの旅」と題した特急〈はつかり〉のリバイバル列車が上野→青森間(長町→東仙台間は宮城野貨物線経由)で運転された。ヘッドマークは青森方に字幕、上野方には絵幕のヘッドマークが掲出された。

織田和希(長崎県)
2010_10_16_oda_kazuki001.jpg 夫婦石駅に推進運転で入線するマヤ34 2009。
'10.10.16 松浦鉄道西九州線 夫婦石
 10月16日(土)、熊本車両センター所属のマヤ34 2009が佐世保線(早岐→佐世保)→松浦鉄道(佐世保→たびら平戸口→伊万里→有田)→佐世保線(有田→早岐)の行路で検測を行った。牽引機は同センター所属のDE10 1209が担当し、松浦鉄道伊万里→有田間においてはマヤ34 2009を先頭に推進運転で検測が行われた。
佐久間悠太(東京都)
2010_10_16_sakuma_yuta001.jpg 有名撮影地「トタS」の上り方面を走るE653系。
'10.10.16 中央本線 八王子―豊田
 10月16日(土)、E653系カツ307編成を使った団体臨時列車が高尾~浪江間で運転された。なお、前日15日は、浪江~高尾間を走行した。
梅園貴史(大阪府)
2010_10_16_hashimoto_hiroshi001.jpg ここ最近はよく動いている"サロンカーなにわ"。
'10.10.16 東海道本線 塚本 P:橋本浩志

2010_10_16_umezono_takashi001.jpg
レイル・ファンを乗せ、初秋の山陰路を走行。

'10.10.16 山陰本線 下夜久野―上夜久野 P:梅園貴史
 10月16日(土)に、宮原(操)から梅小路(山陰短絡線)を経由し豊岡まで"サロンカーなにわ"が運転された。これはレイル・ファン向けの企画ツアーで、豊岡駅到着後はラッセル車などの撮影会が行われた。牽引機はDD51 1109〔宮〕で、"サロンカーなにわ"は7輌のフル編成による運転であった。

福田智志(埼玉県)
2010_10_16_fukuda_satoshi001.jpg 登場当時のピンクの帯に復元された8900形が展示された。
'10.8.25 新京成電鉄 くぬぎ山車両基地
 新京成電鉄では、10月16日(土)に第16回電車基地見学会・展示会を開催した。今年は初めての企画として、電車乗務員室内での車内放送体験や、電車にちなんだクイズラリーを実施、また今年7月に引退した800形の部品を販売した。
 車輌展示会では、登場当時のピンクの帯に復元された8900形が展示された。ピンク色の帯になった編成は8918Fで、近日営業運転を開始するものと思われる。
濱田昂之(東京都)
2010_10_16_hamada_takayuki001.jpg 快晴のなか開催!
'10.10.16 川越車両センター P:濱田昂之

2010_10_16_tamaki_yuichi002.jpg
記念ヘッドマークも展示された。

'10.10.16 川越車両センター P:玉木裕一
 10月16日(土)、毎年恒例の「川越車両センターまつり」が川越車両センターで開催された。今年の展示車輌は、同車両センター所属の205系、209系3000番代、209系"MUE-Train"、クモヤ143-11の他に、小山車両センターのE231系U63編成、豊田車両センターのE233系青668編成、勝田車両センターの485系K60編成、東京臨海高速鉄道70-000系1編成が展示された。

石田哲彦(大阪府)
2010_10_15_ishida_tetsuhiko001.jpg DD51に牽かれ東京へ向かう。
'10.10.15 東海道本線 立花―尼崎
 川崎重工で製造されていた東京メトロ16000系16103編成が落成し、川崎重工の創立記念日でもある10月15日(金)、東京に向けて輸送された。なお、吹田信号場までの牽引はDD51 1188号機であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年10月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.