鉄道ホビダス

2010年10月14日アーカイブ

見学 智(大阪府)
2010_10_13_kengaku_satoshi001.jpg 381系オーシャン色の9082M。
'10.10.13 阪和線 長滝―新家
 普段は〈くろしお〉運用が主体の381系「オーシャン色」が、修学旅行の集約臨に運用された。通常、集約臨には381系国鉄色が運用されることが多いが、今回は配置本数に余裕のあるオーシャン色が起用された模様だ。
金子利克(福岡県)
2010_10_12_kaneko_toshikatsu001.jpg 検測を終え、香椎駅で信号待ち。
'10.10.12 鹿児島本線 香椎
 10月11日(月)夜、マヤ34 2009による検測列車が香椎線西戸崎―宇美間で行われた。編成は、門司方から"アクアライナー"塗色のキハ47 71とキハ47 9031に挟まれるかたちであった。なお、編成両端が"アクアライナー"塗装車となったのは、これが二度目である。
上村清大(東京都)
2010_10_12_kamimura_kiyohiro001.jpg 元総武線用車輌にサンドイッチされて...。
'10.10.12 高崎線 上尾
 10月12日(火)、新津―大崎間において山手線用E231系中間車の配給輸送が実施された。編成は、EF64 1031が牽引し、E231系元中央・総武緩行線用編成の中央に山手線用中間車を組み込んだもので、前回までと同様の形態であった。
中野智行(三重県)
2010_10_11_nakano_tomoyuki001.jpg 車内で利き酒ができた団体列車。
'10.10.11 近畿日本鉄道名古屋線 伊勢朝日―川越富洲原
 近畿日本鉄道では10月11日(月)、貸切団体列車内で「早川酒造」「丸彦酒造」「伊藤酒造」「石川酒造」の「ひやおろし」や各蔵自慢の銘柄が試飲できる「ひやおろし」利き酒団体列車を名古屋―湯の山温泉間で運転した。三重の地産地消食材にこだわった酒の肴セットも付き、湯の山温泉到着後はグリーンホテルにて利き酒大会や地元特選物産品のおもてなしや販売があった。また、御在所ロープウエイ特別割引券やグリーンホテル無料入浴サービスも付いた。
山田 優(香川県)
2010_10_09_yamada_yu001.jpg 10月9日は四国運用3079レを、雨の中牽引した。
'10.10.9 予讃線 八十場―坂出 P:山田 優

2010_10_10_yamada_yu001.jpg
10月10日は3073レ、高松貨物ターミナル―松山間を牽引し、岡山転属後初めて松山まで入線した。

'10.10.10 予讃線 多度津 P:山田 優

2010_10_11_matsushita_shintaro001.jpg
朝日を浴びて東へ。

'10.10.11 山陽本線 姫路―御着 P:松下晋太朗

2010_10_12_yamada_yu001.jpg
再び四国運用3079レを牽引。

'10.10.12 予讃線 海岸寺―詫間 P:山田 優
 10月4日より運用を開始した岡山機関区のEF65 1041号機だが、10月11日(月)の72レから変運用75レで再び四国入りを果たした。翌12日は、2回目となるコキ8輌・コンテナ満載の3079レを牽引した。

増永祐一(神奈川県)
2010_10_11_masunaga_yuichi001.jpg 「K-9」を装着し、新たなスタイルとなった363号機。「鉄道の日」ヘッドマーク付き。
'10.10.11 秩父鉄道秩父本線 樋口―野上
 秩父鉄道のSL牽引列車〈パレオエクスプレス〉の牽引機であるC58 363に、昨秋登場したものとは違う形状の「門鉄デフ」が新たに製作され、10月9日(土)の営業運転で披露された。
 これに先立ち、「編集長敬白」で告知されている(参照:「C58 363号機が112号機仕様の門鉄デフに。」)が、今回新たに登場した門鉄デフは、日南線の志布志駅付近に保存されているC58 112が装着していた「K-9」タイプをイメージしており、先端部分がやや尖っている独特のデザインとなっている。
 三連休にあたる10月9~11日(土~月)の運転では、363号機に「鉄道の日」を記念した赤色のヘッドマークが掲出された。この運転時は、通常使用する形式名が記されているナンバープレートが掲出されたが、今後は夏期の運転で使用された原型ナンバープレートの掲出が予告されており、門鉄デフ「K-9」と原型ナンバーの組み合わせが見られるのは11月13・14・20・21・23・27・28日の計7日間が予定されている。
濱田昂之(東京都)
2010_10_11_hamada_takayuki001.jpg
大宮へ。
'10.10.11 川越線 南古谷―指扇
 10月11日(月)、209系"MUE-Train"が川越車両センターから大宮経由で宇都宮へ回送された。
中司朔良(兵庫県)
2010_10_09_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg 急ピッチで施工中の8番ホーム拡幅工事を横目に、9番線に入線中の上り快速電車。
'10.10.9 東海道本線 大阪

2010_10_12_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg
10月12日(月)より供用開始された大阪駅新8番線ホーム。

'10.10.12 東海道本線 大阪
 大阪駅の上り電車線ホームである7番・8番線ホームにおいて、8番線側を拡幅する工事が10月9日(土)~11日(月)の三連休を利用して突貫で実施された。
 初日の9日は、雨の中、拡幅部分のPC板敷設工事やホーム上屋根の鉄骨建方工事が施工された。
 このため、普段のデータイムは、新快速・快速電車が発着する8番線を封鎖し、その発着を9番線で代替。通常9~11番線を使用する福知山・山陰方面からの到着、ならびに北陸・中央方面への中・長距離列車の発車番線および一部時刻が変更された。
 そして、三連休をかけて拡幅工事が施工された大阪駅8番線ホームは、10月12日(月)の朝より供用が開始された。

高橋智也(群馬県)
2010_10_10_takahashi_tomoya001.jpg 秋の夕晴れを走る1800系。
'10.10.10 東武鉄道日光線 新大平下―静和
 10月9日(土)より、東武伊勢崎・日光線で1800系1819Fを使用した臨時快速が運転されている。運転区間は、下りが東武動物公園→東武日光、上りが東武日光→北千住で、下りは11月6日(土)、上りは11月7日(日)まで運転される予定だ。
水野友博(奈良県)
2010_10_10_mizuno_tomohiro001.jpg DE10にPPされ回送されるマヤ34 2009。
'10.10.10 鹿児島本線 天拝山―原田

2010_10_10_mizuno_tomohiro002.jpg
原田で折り返し筑豊本線の検測へ向かう。

'10.10.10 筑豊本線 原田―筑前山家
 10月10日(日)、マヤ34 2009がDE10にプッシュプルされ検測を行った。編成は、(←原田)DE10 1756+マヤ34 2009+DE10 1209(直方→)で、運転区間は竹下~(回送)~原田~若松~直方~竹下であった。

島崎 翔(神奈川県)
2010_10_09_shimazaki_sho001.jpg 力強くカーブを曲がるC57 1。
'10.10.9 山口線 津和野―船平山 P:島崎 翔

2010_10_11_kiyomiya_yoshihiro001.jpg
迫力あるSL重連運転で津和野を目指す。

'10.10.11 山口線 徳佐―船平山 P:清宮実寛
 10月9日(土)~11日(月)にかけて、"サロンカーなにわ"を使用した〈SLやまぐちなにわ号〉が山口線新山口~津和野間で運転された。牽引機は、下りはC57 1+C56 160の重連で、上りはC57 1が牽引しC56 160が後補機として連結された。

玉谷勇吉(兵庫県)
2010_10_11_tamatani_yukichi001.jpg ついにユニットがばらされた5314編成。
'10.10.11 阪神電気鉄道阪神本線 尼崎
 10月11日(月)、行先方向板を装備することで知られる阪神電車の「青胴車」こと5314編成(5143-5144-5313-5314)が5143-5144と5313-5314の2ユニットに分割されているのを確認した。5314編成は11日、梅田14:06発普通高速神戸行き(1461列車)まで充当後、定期の車輌交換で尼崎車庫に入庫、その後編成が解除された。今後の去就が注目される。
高橋桂二(大阪府)
2010_10_10_takahashi_keiji001.jpg 来春の電化に向けて架線が張られる!
'10.10.10 城東貨物線 百済
 来春の電化に向け、城東貨物線百済駅発着線では架線が張られ始めているのを確認した。
福田智志(埼玉県)
2010_10_11_fukuda_satoshi001.jpg 5ヶ月ぶりに運転された〈ホリデー快速鎌倉〉号。
'10.10.11 東海道本線 横浜
 10月9日(土)~11日(月)の3日間、〈ホリデー快速鎌倉〉号が運転された。〈ホリデー快速鎌倉〉号が運転されるのはゴールデンウィーク以来約5ヶ月ぶりのことで、豊田車両センター所属の115系スカ色編成の前面には「ホリデー快速」のヘッドマークを付けて運転された。
 次回の〈ホリデー快速鎌倉〉号の運転予定は現在のところ未定であり、今後も運転されるかどうか動向が注目される。
泉川智彦(京都府)
2010_10_06_izumikawa_tomohiko001.jpg EF65 1133号機に牽かれて、淀川を渡る...。
'10.10.6 東海道本線 新大阪―大阪
 10月6日(水)、〈SLやまぐちなにわ号〉に使用される14系"サロンカーなにわ"が、宮原(操)~新山口間で回送された。なお、"サロンカーなにわ"は編成の関係で1輌減車された。
金上 努(東京都)
2010_10_10_kanaage_tsutomu001.jpg 一時期見られた「正面だけの青帯」が再現された。
'10.10.10 弘南鉄道大鰐線 石川
 弘南鉄道大鰐線の開業(弘前電鉄からの引継ぎ)40周年と鉄道の日を記念して10月10日(日)、有志18名による弘南鉄道大鰐線6000系の貸切運転を行った。
 あいにくの空模様であったが、今回デハ6008には同編成が定期運用されていた頃の「青帯」を再現。鉄道の日ヘッドマークを掲げてその健在ぶりを沿線にアピールした。一方のデハ6007には弘南鉄道就役時からしばらく入れられていた人気の「赤帯」が再現され、前後で異なった顔つきの6000系を楽しむことができた。
増永祐一(神奈川県)
2010_10_09_goto_atsushi001.jpg 幕ではなく懐かしい取り付けマークで出区。
'10.10.9 大宮総合車両センター東大宮センター P:後藤篤史

2010_10_10_masunaga_yuichi001.jpg
「草津50」のヘッドマークを掲げる湘南色のOM03編成。写真は新宿への送り込み回送。

'10.10.10 東北貨物線 赤羽―池袋 P:増永祐一

2010_10_10_kawamoto_mikihiko001.jpg
湘南色の185系が高崎線を下る。

'10.10.10 高崎線 新町―倉賀野 P:川本幹彦

2010_10_11_ebie_kazushi001.jpg
特大サイズのヘッドマークが掲げられた。

'10.10.11 山手貨物線 池袋―新宿 P:海老江和賜

2010_10_11_ninomiya_tadamasa001.jpg
かつての準急〈草津〉を彷彿させるヘッドマーク付きの特急草津52号。

'10.10.11 山手貨物線 池袋―新宿 P:二ノ宮忠勝
 大宮総合車両センターの185系OM03編成は、前月よりかつての80系をイメージした「湘南色」の塗装をまとって運用されているが、10月9(土)~11日(月)にはこのOM03編成を使用した臨時列車が運転された。
 特急〈草津〉の運行50周年を記念し、JR東日本高崎支社では10・11月中に「特急草津号50周年感謝キャンペーン」を展開しているが、その一環として10月9・10日(土・日)の〈草津〉51号と同11日(月)の〈草津〉52号は、湘南色塗装の185系OM03編成を充当。列車の前後には、逆台形の特製ヘッドマークが愛称表示器に重なるかたちで掲出された。

【JR貨】EF66 27号機が5088レ牽引

城裕一郎(愛知県)
2010_10_08_jyo_yuichiro001.jpg
広島車両所公開HM掲出で注目を集める27号機。
'10.10.8 東海道本線 南大高―共和
 10月8日(金)、吹田機関区所属のEF66 27号機が、5088レ貨物列車を牽引した。なお、同機はEF66 0番代で唯一国鉄色を維持し、広島車両所公開をPRするヘッドマークを掲出していることから、特に注目を浴びている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年10月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.