鉄道ホビダス

【銚子電気鉄道】デハ701・デハ801が引退

増永祐一(神奈川県)
2010_09_23_masunaga_yuichi001.jpg 車庫出発前。「千葉国体」のヘッドマークを掲出した2001編成とデハ801。
'10.9.23 銚子電気鉄道 仲ノ町(公道から撮影) P:増永祐一

2010_09_23_goto_atsushi001.jpg
最後の勇姿を見送る人たち。

'10.9.23 銚子電気鉄道 笠上黒生 P:後藤篤史

2010_09_23_masunaga_yuichi003.jpg
デハ1002と組んで運行されるデハ701。

'10.9.23 銚子電気鉄道 君ケ浜―海鹿島 P:増永祐一
 銚子電気鉄道デハ701・デハ801の2輌は、2000形の導入に伴い引退が予告されていたが、9月23日(木・祝)、両車による最後の営業運転が行なわれた。
 デハ701での運行は銚子9時50分発~14時50分発の6往復、デハ801での運行は銚子10時20分発~14時20分発の5往復で、前者はデハ1002、後者はデハ1001がいずれも外川寄りに連結された。
 引退にちなみ、両車にはヘッドマークも用意された。デハ701には国鉄の急行列車をモチーフにしたような逆台形の「惜別 デハ701」が、デハ801にはメッセージとイラストが入ったものがそれぞれ掲出されていた。以下、デハ801のヘッドマークに書かれたメッセージ。
 【ありがとう デハ801】
 今から25年前、愛媛県の伊予鉄道からお嫁に来た私。残念ですが、本日引退することになりました。私にご乗車いただきましたお客様、本当にありがとうございました。

 今年1月にデハ702が引退し、銚子電鉄最後の吊り掛け駆動車輌として活躍を続けたデハ701とデハ801。廃線の危機に遭遇したこともあったが、各方面からの支援を受けて難局を乗り越え、後継車輌に託す形で引退となったのは喜ばしいことと思う。なお、同日時点ではデハ702は外川駅構内におり、デハ701・デハ801の処遇がどうなるのか気になるところだが、まずは「長い間お疲れ様」と声をかけたい。

レイル・マガジン

2010年9月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.