鉄道ホビダス

2010年9月30日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2010_09_30_miyajima_masayuki001.jpg さらにA08編成とA26編成が6輌固定編成化された。
'10.9.30 北陸本線 東金沢

2010_09_30_miyajima_masayuki003.jpg
新形式が続々登場。今回はモハ471。

'10.9.30 北陸本線 東金沢

2010_09_30_miyajima_masayuki002.jpg
今回の扱いによりサハ451が復活を果たした。

'10.9.30 北陸本線 東金沢
 先日よりRM Newsで報告している475系の6輌固定編成が、更に1編成追加された。
 9月30日(木)、555M普通列車(6輌編成)に充てられていた471系A08編成と475系A26編成に形式番号の変更が実施されているのを確認した。471系A08編成のクモハ471-2がモハ471-2に、475系A26編成のクハ451-30がサハ451-30に変更されており、これらも以前からの報告同様、双方の車輌の運転室の機能を停止扱いにしたものと思われる。
 6輌固定編成化された編成はこれで合計4編成となり、6輌運転が行われている仕業を全てまかなえる本数となった。
 また、今回の扱いにより、「モハ471」というさらに異色の形式番号が登場したほか、「サハ451」が北陸本線で復活したことになった。旧サハ451は、国鉄当時は同じサハ車のサハ455とともに北陸本線で活躍していたが、413系の種車として改造されたため
形式消滅していた。
 なお、471系A08編成と475系A26編成は、2010年6月中旬頃に互いのクハ車を入れ替えていた。
※関連
【JR西】475系の6輌固定編成化続く

村田瑛啓(茨城県)
2010_09_29_murata_eisuke001.jpg カシ釜同士の組み合わせが実現。
'10.9.29 常磐線 水戸
 9月29日(水)から30日(木)にかけて、水戸―高萩―水戸間で工事臨時列車が運転された。高萩駅の構内配線の都合上、機回しが不可能なため、高萩方がEF81 79、水戸方がEF81 99によるプッシュプルでの運転であった。
中司朔良(兵庫県)
2010_09_29_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg 貫通型クハ183-207を先頭としたBB68編成の回送。
'10.9.29 福知山線 塚口―尼崎
 9月28日(火)に福知山電車区のF13編成が自走回送されたが、その翌日29日(水)、今度は同区の国鉄色183系BB68編成が前日と同ダイヤで吹田工場入りした。
 BB68編成といえば、昨年12月にB編成の代走用に同区に転入し、本年3月のダイヤ改正まで3016~3019M、3018~3021M等に充当された京キトA編成からの改造3編成のうち、唯一新大阪方クハに種車をクハ481-200番代とする貫通型が組み込まれた編成である。
 BB編成は、3月改正後は予備編成化し、3016~3019Mや〈タンゴエクスプローラー〉の代走を務めているが、その出番のほとんどにBB69編成が充当されており、このBB68編成の充当は皆無に近い状態であった。
 B編成の新大阪方クハが非貫通型に統一された現在、この貫通型クハを擁するBB68編成は貴重な存在であるだけに、今後の去就が注目される。
 なお、今回の回送列車において、この貫通型クハのヘッドサイン部には「回送」と印字された紙が貼付された。
柴田東吾(東京都)
2010_09_27_shibata_togo001.jpg 859S(三鷹発東陽町行き)に充当された15102F。
'10.9.27 中央本線 高円寺 P:柴田東吾

2010_09_27_shibata_togo002.jpg
E231系800番代・メトロ05系と中野駅で並ぶ。

'10.9.27 中央本線 中野 P:柴田東吾

2010_09_29_fukuda_satoshi001.jpg
三鷹駅に停車中の15102F。この日は快速運用である1725S(三鷹発津田沼行き)に充当された。

'10.9.29 中央本線 三鷹 P:福田智志
 本年5月の営業運転開始以来、東京メトロ線内と東葉高速線での運用に限定されていた15000系だが、9月27日(月)、JR線への乗り入れ開始を確認した。充当されていたのは第2編成で、59S運用であった。

井上遼一(大阪府)
2010_09_29_inoue_ryoichi001.jpg 残り3編成になった谷町線30系ステンレス車。
'10.9.29 大阪市交通局谷町線 谷町六丁目
 大阪市交通局谷町線では、30000系の増備により30系の廃車がステンレス車より進められているが、2010年度に入って30000系は、6月より32603F(第03編成)が、7月より32604F(第04編成)がそれぞれ営業運転を開始したことから、2010年9月時点で谷町線に残る30系は合計9編成(アルミ車6編成、ステンレス車3編成)となり、すでにステンレス車は3092F・3093F・3099Fの3編成にまで減少した。
 30000系の増備は今後も続くと思われ、30系ステンレス車が消滅する日もそう遠くないと思われる。
レイル・マガジン

2010年9月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.