鉄道ホビダス

2010年9月 6日アーカイブ

増永祐一(神奈川県)
2010_09_04_yahada_tatsuma001.jpg 37号機にとっては久しぶりの客車牽引。
'10.9.4 東北本線 尾久 P:矢羽田竜麻

2010_09_04_tanaka_atsushi001.jpg
37牽引の久しぶりのハネ。

'10.9.4 上越線 井野―新前橋 P:田中 敦

2010_09_04_hiroshima_kazutaka001.jpg
〈越後〉のヘッドマークを付けて駆け抜ける。

'10.9.4 上越線 津久田―岩本 P:廣島一貴

2010_09_04_masunaga_yuichi001.jpg
往路の先頭は37号機。〈あけぼの〉運用離脱以来、久々の晴れ舞台となった。

'10.9.4 上越線 越後中里―岩原スキー場前 P:増永祐一

2010_09_04_sakai_kenichiro002.jpg
ガーラを背に六日町へ回送されるEF64 37+24系+EF81 95。

'10.9.4 上越線 越後湯沢―石打 P:酒井健一郎

2010_09_04_kiyomiya_yoshihiro001.jpg
EF64 37とEF81 95のプッシュプルで運転された。

'10.9.4 上越線 越後湯沢―石打 P:清宮実寛

2010_09_04_sakai_kenichiro003.jpg
EF81 95を先頭に乗客の待つ湯沢へ向かう。

'10.9.4 上越線 石打―越後湯沢 P:酒井健一郎

2010_09_04_kiyomiya_yoshihiro002.jpg
越後中里付近を行く〈越後〉。

'10.9.4 上越線 越後中里―土樽 P:清宮実寛

2010_09_04_nakabo_masao001.jpg
夕暮れの中、目的地を目指す。

'10.9.4 上越線 新前橋―井野 P:中坊正男

2010_09_04_tamaki_yuichi001.jpg
越後湯沢から上野へと旅立つ。

'10.9.4 上越線 井野 P:玉木裕一

2010_09_04_honda_shunto001.jpg
復路、上尾駅にて停車中の1コマ。

'10.9.4 高崎線 上尾 P:本多駿斗
 9月4日(土)、青森車両センターの24系寝台客車7輌を使用した団体臨時列車〈越後〉が、上野―越後湯沢(回送で六日町)間で運転された。
 一昨年・昨年と年1回のペースで運転されているこの〈越後〉、今回は往復全区間プッシュプルでの運転となり、越後湯沢方にはEF64 37、上野方にはEF81 95が連結された。ともに寝台特急〈あけぼの〉の牽引実績があり、人気の高い機関車が編成の前後を飾るという、レイル・ファンにとっては超豪華な列車となった。両機関車には特製ヘッドマークも掲出された。
 この日はキハ48"びゅうコースター風っこ"を使用した臨時快速列車〈風っこもぐら/風っこループ〉も渋川―越後湯沢間で運転されており、上越国境エリアでは両列車の撮影を楽しむことが出来た。
 なお〈越後〉の編成は次の通り。
 (越後湯沢方から)EF64 37+カニ24 109+オハネフ25 117+オハネ25 151+オハネ25 211+オハネ25 213+オハネ25 147+オハネフ25 202+EF81 95

後藤篤史(千葉県)
2010_09_04_nakabo_masao002.jpg 新天地へ輸送される。
'10.9.4 東北本線 尾久―赤羽 P:中坊正男

2010_09_04_hoshi_shinsuke002.jpeg.jpg
EF65 1106+14系10B。

'10.9.4 東北本線 浦和―さいたま新都心 P:星 真介

2010_09_04_goto_atsushi001.jpg
東海道ブルトレ時代を彷彿とさせる姿であった。

'10.9.4 大宮総合車両センター東大宮センター P:後藤篤史

2010_09_04_matsushima_daiki001.jpg
〈北陸〉以来の走行。

'10.9.4 武蔵野線 西浦和 P:松嶋大暉

2010_09_04_ohki_sho001.jpg
走り慣れぬ武蔵野線を行く。

'10.9.4 武蔵野線 東所沢―新秋津 P:大木 将

2010_09_05_ohichi_kento001.jpg
非電化区間を経由し、埠頭へ。

'10.9.5 神奈川臨海鉄道千鳥線 川崎貨物―千鳥町 P:大石健登

2010_09_05_hamada_takayuki001.jpg
ゆっくりと埠頭へ。

'10.9.5 神奈川臨海鉄道千鳥線 川崎貨物―千鳥町 P:濱田昂之

2010_09_05_shintani_yuki001.jpg
牽引機はDD601であった。

'10.9.5 神奈川臨海鉄道千鳥線 千鳥町 P:新谷有希
 9月4日(土)、〈北陸〉で使用されていた尾久車両センターの14系寝台車10輌がEF65 1106号機に牽引され尾久→東大宮操→新秋津→新鶴見→川崎貨物と輸送された。翌5日には千鳥町まで輸送されたことから、海外に譲渡されるものと思われる。なお編成は、東大宮操発時で、EF65 1106号機+スハネフ14 32+スハネ14 755+スハネ14 752+スハネフ14 28+スハネフ14 29+オハネ14 89+オハネ14 82+オハネ14 63+オハネ14 91+スハネフ14 30であった。

綿貫勝也(埼玉県)
2010_09_05_jyo_yuichiro001.jpg 東武鉄道50090系甲種輸送。
'10.9.5 東海道本線 岐阜―木曽川 P:城裕一郎

2010_09_05_kumazaki_kosuke001.jpg
白昼堂々と東海道線を上る。

'10.9.5 東海道本線 蒲郡 P:熊崎耕介

2010_09_05_watanuki_katsuya001.jpg
浜名湖を渡る50090系増備車。

'10.9.5 東海道本線 新居町―弁天島 P:綿貫勝也

2010_09_05_ohtani_masahiro001.jpg
東武鉄道50090系10輌、EF66形0番代牽引で甲種輸送される。

'10.9.5 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘

2010_09_05_ohki_sho001.jpg
夕日を浴びて輝く。

'10.9.5 東海道貨物線 相模貨物―茅ヶ崎 P:大木 将
 9月4日(土)から5日(日)にかけて、東武東上線〈TJライナー〉向けの車輌である50090系50095F編成が日立製作所笠戸事業所を出場し、下松から熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送された。なお、現時点では50090系の編成数は足りているため、今回の増備により〈TJライナー〉の増発等の動きがあるものと思われる。

田中 友(東京都)
2010_09_04_tanaka_yu001.jpg 新秋津を経由し一旦八王子へ向かう251F。多摩川線では"秋"号となる予定。
'10.9.4 中央本線 豊田―八王子

2010_09_05_tanaka_yu001.jpg
新秋津へ向かう221F。往路はEF65 1058、復路はEF65 1065が牽引を担当。

'10.9.5 中央本線 八王子―豊田
 西武鉄道多摩川線で最後の活躍をしている旧101系をワンマン仕様の新101系に置き換えるため、3度目の甲種輸送ならびに車輌交換作業が9月4日(土)から5日(日)かけて実施され、221Fと251Fの交換が行われた。この結果、多摩川線の旧101系も残すところ223F1本のみとなった。

川地伸一(福岡県)
2010_09_04_kawachi_shinichi001.jpg 球磨川沿いを走る〈BSデジタル号〉。
'10.9.4 肥薩線 海路―吉尾 P:川地伸一

2010_09_05_mizuno_tomohiro001.jpg
眼鏡橋を渡る〈BSデジタル号〉。

'10.9.5 日田彦山線 大行司―筑前岩屋 P:水野友博
 9月4日(土)、〈BSデジタル号がゆく! ブルートレイン九州一周の旅」団体列車の熊本―人吉間(肥薩線)を8620形58654号蒸気機関車が牽引し、SL+ブルートレインの組み合わせが実現した。この団体列車は、JR九州とNHKとのタイアップにより14系寝台客車3輌を使用して運転されたもので、人吉からはDE10形ディーゼル機関車が牽引した。

福原 淳(千葉県)
2010_08_29_fukuhara_jyun001.jpg 惜別を掲示した流鉄3000系"流星"。
'10.8.27 流鉄流山線 鰭ケ崎―平和台
 元西武101系の流鉄3000系"流星"のさよなら運転が8月29日(日)に行われた。午前中はさよならヘッドマークの掲出のみだったが、昼前から西武時代の優等列車札を模した「惜別」札が掲出され、さらに最後の一往復には「流星 最終」と表示した札に替えられ、花を添えた。
 "流星"の引退により3連で残るのは"若葉"のみとなり、動向が注目される。なお、"流星"の後継車となる2連の導入がすでにアナウンスされている。
玉谷勇吉(兵庫県)
2010_09_04_tamatani_yukichi001.jpg 滅多にお目にかかれない青い副標を掲げて甲子園へ向かう1000系。
'10.9.4 阪神電気鉄道阪神本線 大物
 9月4日(土)、阪神甲子園球場でのTUBEコンサート開催に伴い、今年も球場のスコアボードをイメージした青い副標の提出が行われた。今年は1000系との組み合わせが初めて実現し、往路1本目の梅田発甲子園行き臨時特急と復路1本目・3本目の甲子園発梅田行き臨時特急、さらには復路2本目の甲子園発三宮行き臨時急行に充当された。なお、復路1本目の臨時特急については、1000系増結編成3本を繋いだ、いわゆるブツ6編成(1602-1604-1607)が充当された。
玉木裕一(埼玉県)
2010_09_04_tamaki_yuichi004.jpg 田町車両センターへ回送される285系7輌。
'10.9.4 東海道本線 新橋―品川
 9月3日(金)から4日(土)にかけて、285系7輌を使用した団体臨時列車が総社→大阪→名古屋→東京間で運転された。
三瓶嶺良(東京都)
2010_08_30_sanbei_akiyoshi001.jpg 塗替作業終了後、出番を待つ811号車。
'10.8.30 函館市交通局 駒場車庫(許可を得て撮影)
 函館市交通局の811号車が、広告期限終了に伴い、若草色とクリームのツートン塗装に塗り替えられ、8月30日から営業運転に就いている。この塗装は、700形の登場時から1980年代中頃まで使用されてきた旧標準色で、20年ぶりの復活となる。交通局では、旧塗装が数値データ化されていなかったことから、予備パーツに塗られていた塗装片をもとに当時の関係者との意見交換を行って復元にこぎ着けたという。
 なお、同車の運用は限定されておらず、他の電車との共通運用となっている。今後は10月頃まで広告のない姿で運行され、以後は側面腰部に広告が入る予定。
宮川 輔(青森県)
2010_09_04_miyakawa_suke001.jpg 青空の下、モハ3400+モハ3600のコンビが特別運行された。
'10.9.4 十和田観光電鉄 七百―柳沢 P:宮川 輔

2010_09_05_suga_yoshitaka001.jpg
レトロ電車が七百駅に到着するところ。

'10.9.4 十和田観光電鉄 七百 P:須賀義孝
 9月4日(土)と5日(日)、十和田観光電鉄の七百駅構内において「とうてつ電車感謝祭」が行われた。当日は車庫が開放されてグッズの販売などが行われたほか、七百駅発着でモハ3400+モハ3600によるレトロ電車の特別運行が行われた。

濱田昂之(東京都)
2010_09_04_hamada_takayuki001.jpg 夕日を浴びる。
'10.9.4 京浜急行電鉄本線 南太田
 9月4日(土)、通常は8連で運転される昼間のエアポート急行のうち、41Dと43Dで6連で代走運転を行っているのを確認した。41Dが1607編成、43Dが1613編成であった。写真は43D(1643D~1642D)で運転中の1607編成。
小野寺俊(北海道)
2010_09_04_onodera_shun001.jpg 当初予定された207号機ではなく171号機で運転。
'10.9.4 根室本線 幕別―利別
 十勝平野を〈SLとかち号〉として、C11蒸気機関車と14系客車が9月4日(土)、5日(日)と、帯広―池田間で運転された。この区間をSLが営業運転するのは、実に35年振りとなる。 牽引機は、当初207号機が予定されていたが、不調のため急遽函館から171号機を回送して今回の運転となった。
福田智志(埼玉県)
2010_09_04_fukuda_satoshi001.jpg 南武支線の205系1編成にヘッドマークが付いた。
'10.9.2 南武線 浜川崎
 南武線の尻手―浜川崎間(通称:南武支線)が開業してから今年で80周年を迎えた。これを記念して、8月中旬ごろから南武支線の205系1編成に80周年記念ヘッドマークを付けて運転している。ヘッドマークのデザインは尻手寄り、浜川崎寄りとも同じである。
鈴木敏行(東京都)
2010_09_03_suzuki_toshiyuki001.jpg 偕楽園付近を通過する試運転列車。
'10.9.3 常磐線 赤塚―水戸
 昨日に続き、9月3日(金)にも田端運転所所属のEF510-508と尾久車両センターの24系4輌を用いた乗務員訓練の試運転が尾久―上野―水戸―上野―尾久間で実施された。
レイル・マガジン

2010年9月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.