鉄道ホビダス

2010年9月 3日アーカイブ

【JR東】24系 尾久へ回送

穂積諒介(東京都)
2010_09_03_hotsumi_ryosuke001.jpg 珍編成で尾久へ。
'10.9.3 高崎線 桶川―北上尾
 9月2日(木)から3日(金)にかけて、団臨で使用する24系7車が青森から尾久車両センターまで回送された。編成は、EF81 141+EF510-507+24系7車という珍しい編成であった。

【JR貨】EH500-70 甲種輸送

大谷真弘(静岡県)
2010_09_03_ohtani_masahiro001.jpg JR貨物のEH500形70号機が甲種輸送された。
'10.9.3 東海道本線 菊川―掛川

2010_09_03_ohtani_masahiro002.jpg
EH500-70号機甲種輸送。

'10.9.3 東海道本線 菊川―掛川
 9月2日(木)から4日(土)にかけて、東芝府中事業所で新製されたEH500形70号機が武蔵野線北府中から北九州貨物ターミナルまで甲種輸送される。なお、東海道本線では新鶴見区のEF65 1070が牽引を担当した。

遠藤弘樹(東京都)
2010_09_02_endo_hiroki001.jpg EF510にエスコートされ、常磐線をゆく24系。
'10.9.2 常磐線 羽鳥―石岡
 9月2日(木)、田端運転所所属のEF510-506と尾久車両センターの24系4輌を用いた試運転が尾久―上野―水戸―上野―尾久で実施された。乗務員訓練が目的と思われる。
熊崎耕介(愛知県)
2010_09_02_kumazaki_kosuke002.jpg 飯田線での検測を終え武豊線に向かう。
'10.9.2 東海道本線 刈谷
 9月1日(水)から2日(木)にかけて、キヤ95DR1編成を使用した飯田線と武豊線の検測が行われた。写真は豊橋―大府間の回送列車である。
熊崎耕介(愛知県)
2010_09_02_kumazaki_kosuke001.jpg 赤ホキを牽き美濃赤坂へ向かう。
'10.9.2 東海道本線 稲沢
 9月2日(木)、東海道線5783列車(通称:赤ホキ)に吹田機関区で唯一国鉄色を纏っているEF66 27号機が充当された。
海老江和賜(千葉県)
2010_09_02_sunagane_taiga001.jpg 約2年ぶりの運転。
'10.9.2 鶴見線 弁天橋―鶴見小野 P:砂金大雅

2010_09_02_hamada_takayuki001.jpg
八丁畷を通過。

'10.9.2 東海道貨物線 鶴見―八丁畷 P:濱田昂之

2010_09_02_ebie_kazushi001.jpg
クモヤサンドによる検測列車。

'10.9.2 尻手短絡線 尻手―新鶴見信号場 P:海老江和賜
 9月2日(木)、クモヤ143-2[東トウ]+マヤ50 5001[仙セン]+クモヤ143-9[東トウ]の編成が、品川―新鶴見信―浜川崎―安善―浜川崎―鶴見―扇町―鶴見―大川―鶴見―海芝浦―鶴見―浜川崎―鶴見―川崎貨物―新鶴見信―品川 の経路で検測を行った。"East i"などにマヤ50 5001が連結されることはしばしばあるが、クモヤのプッシュプル形態の編成は滅多に見られない編成とあってか、沿線では多くのファンがカメラを向けていた。

羽鳥達也(埼玉県)
2010_09_02_hatori_tatsuya001.jpg 尾久からは虹釜こと95号機が牽引。
'10.9.2 高崎線 吹上―行田
 9月2日(木)、郡山総合車両センターで展示された高崎車両センター高崎支所のDD51 895とスハフ32 2357が所属元へ配給輸送された。牽引機は、郡山→尾久がEF510 505[田]、尾久→高崎はEF81 95[田]がであった。
上村清大(東京都)
2010_09_02_kamimura_seidai001.jpg EF65 1105の美しい車体が真夏の陽に映える(工9862レ)。
'10.9.2 武蔵野線 越谷レイクタウン
 8月30日(月)および9月2日(木)、新小岩操―新津間において工事臨時列車(通称:新津工臨)が運転された(写真は9月2日の返空)。新小岩操―高崎間をEF65 1105[田]が、高崎―新津間をEF64 1001[高]がそれぞれロンチキB編成(13輌)の牽引を担当した。
宮島昌之(石川県)
2010_09_02_miyajima_masayuki003.jpg 金沢駅に姿を見せた"やまなみ"。乗客を迎えに魚津駅へ向かう。
'10.9.2 北陸本線 金沢
 9月1日(水)から2日(木)にかけて、JR東日本高崎車両センター所属の485系和式電車"やまなみ"を使用した団体臨時列車が宮原―金沢間(客扱いは、1日の往路:宮原―富山間、2日の復路:魚津―宮原間)で往復運転された。同列車の窓に貼られた案内用紙から、富山県富山市八尾町で開催中の「おわら風の盆」に合わせてJR東日本高崎支社が募集し設定した団体臨時列車である模様。
宮島昌之(石川県)
2010_09_02_miyajima_masayuki001.jpg 着々と茜色への塗り替えが進む415系800番代。
'10.9.2 北陸本線 金沢
 金沢総合車両所松任本所に入場していた415系800番代C11編成(七尾線用)が検査を終え、同時に「茜色」に塗り替えられて出場、営業運転に復帰しているのを、9月2日(木)に金沢駅で、844Mと折り返しの845Mにて確認した。今週初めの8月30日(月)頃に同所を出場し試運転を行ったものと思われ、全般検査を済ませての出場であった。
 これにより415系800番代で「茜色」塗装となったのはC11編成を含めて合計4編成となった。
 なお、先月8月22日(日)に金沢総合車両所松任本所にて開催された「金沢総合車両所公開」イベントの際には、工場棟内で既に茜色に塗り替えを済ませた同車の姿があり、多くの見学者が足を止めていた。
宗則克彦(奈良県)
●京阪特急60周年記念ヘッドマーク掲出 2010_09_02_munenori_katsuhiko001.jpg 小雨の中、8000系30番代が快走。
'10.9.2 京阪電気鉄道京阪本線 土居 P:宗則克彦
 京阪電気鉄道では、京阪特急運転開始60周年を記念して、8000系(8000系30番代を含む)全編成に京阪特急60周年記念ヘッドマークを掲出している。なお、掲出期間は9月1日(水)から9月30日(木)までである。
●8000系0番代旧塗装車の運転を終了 2010_09_01_ueda_kazuyuki001.jpg まもなく入場する8001編成にもヘッドマーク。
'10.9.1 京阪電気鉄道京阪本線 八幡市 P:上田和幸

2010_09_02_sano_toru001.jpg
記念ヘッドマークを掲出する旧塗色最終日の8001F。

'10.9.2 京阪電気鉄道京阪本線 中書島―淀 P:佐野 徹

2010_09_02_munenori_katsuhiko002.jpg
記念副標と旧塗装の組み合わせは2日間だけだった。

'10.9.2 京阪電気鉄道京阪本線 土居 P:宗則克彦
 車輌の塗装変更が進められている京阪電気鉄道では、8000系(8000系30番代を除く)の旧塗装編成が9月2日(木)で運転を終えることになった。最後まで旧塗装で残ったのは8001-8051編成であった。
 なお、9月1日から京阪特急60周年記念ヘッドマークが掲出されているが、旧塗装車と記念ヘッドマークの組み合わせは2日間だけとなった。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年9月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.