鉄道ホビダス

2010年8月26日アーカイブ

矢羽田竜麻(埼玉県)
2010_08_26_ebie_kazushi003.jpg 山手貨物線を行く113系回送列車。
'10.8.26 山手貨物線 池袋―赤羽 P:海老江和賜

10_08_26_yahada_tatsuma001.jpg
検査で何度も走った道...。

'10.8.26 東北貨物線 赤羽―大宮 P:矢羽田竜麻
 8月26日(木)、幕張車両センター所属の113系マリS65編成とマリ203編成が長野総合車両センターへ回送された。今回も上越線経由となり、全区間を自力走行した。

穂積諒介(東京都)
10_08_25_hotsumi_ryosuke001.jpg 夏晴れの中を走る安中貨物。
'10.8.25 常磐線 羽鳥―石岡
 8月25日(水)の5388列車(泉~安中)、通称「安中貨物」の牽引機にEF81 95が充当された。
綿貫勝也(埼玉県)
2010_08_26_hoshi_shinsuke001.jpg 高崎~尾久まではEF64 1001が牽引した。
'10.8.26 高崎線 宮原―大宮 P:星 真介

10_08_26_watanuki_katsuya001.jpg
2日連続で配給輸送を牽引し、大忙しのEF64 1001。

'10.8.26 東北本線 さいたま新都心―浦和 P:綿貫勝也

2010_08_26_ebie_kazushi002.jpg
茶釜+凸+旧客の高崎トリオ。

'10.8.26 東北本線 蕨―西川口 P:海老江和賜

2010_08_26_ebie_kazushi001.jpg
青+赤+茶の異色の組み合わせ。

'10.8.26 東北本線 蕨―南浦和 P:海老江和賜

10_08_26_watanuki_katsuya002.jpg
初の組み合わせとなったEF510と旧型客車。

'10.8.26 東北本線 浦和―さいたま新都心 P:綿貫勝也
 8月26日(木)、高崎車両センター高崎支所のDD51 895とスハフ32 2357が展示のため郡山総合車両センターへと配給輸送された。牽引は高崎→尾久がEF64 1001[高]、尾久→郡山はEF510-506[田]で、EF510と旧型客車の組み合わせは初と思われる。

宮島昌之(石川県)
2010_08_26_miyajima_masayuki001.jpg ロータリー除雪車の背後に留置されたキハ52 125。
'10.8.26 北陸本線 金沢貨物ターミナル(公道より撮影)

2010_08_26_miyajima_masayuki002.jpg
DE10 1032の背後に留置されたキハ52 156。更に後ろにはEF81が並ぶ。

'10.8.26 金沢総合車両所松任本所(公道より撮影)
 先般、大糸線(糸魚川―南小谷間)で臨時〈ジオパーク号〉による最終運転を終えたキハ52形気動車2輌だが、その後金沢に戻りそれぞれ離れた場所で留置され、長年の緊張感から開放されたかのように車体を休めている。
 旧国鉄色のキハ52 125は、金沢貨物ターミナル駅の敷地内にある引込線で、ロータリー除雪車の背後に留置されている。また、首都圏色のキハ52 156は、金沢総合車両所松任本所に回送されており、以前から留置されているDE10 1032とEF81 48、EF81 45に挟まれるかたちで留置されている。
 今後それぞれの去就が注目されるが、長年に渡って北信越に住む人々の足として各線を走り続けたキハ52形2輌に対し、改めて「お疲れさま」そして「ありがとう」と伝えたい。

馬渕英輔(愛知県)
2010_08_25_mabuchi_eisuke001.jpg 自力で走行する313系新造車。
'10.8.25 東海道本線 笠寺
 8月25日(水)、大垣車両区向けの313系1100番代新造車が落成した。編成は、豊橋方からJ1編成クモハ313-1103+サハ313-1103+モハ313-1103+クハ312-410+J2編成クモハ313-1104+サハ313-1104+モハ313-1104+クハ312-411で、神領車両区に配置されている1100番代の続番となった。

【JR貨】東海道を下るEF65+EF64

近藤規夫(滋賀県)
2010_08_26_kondo_norio001.jpg 広島更新機が愛知から岡山へ輸送される。
'10.8.26 東海道本線 河瀬―稲枝
 今年3月のダイヤ改正をもってJR貨物のEF64形は愛知機関区に集約されたが、首都圏組・岡山組としての運用は残っている。岡山機関区と愛知機関区の間ではEF64形の入れ替えが頻繁に見られ、愛知機関区からは8865列車次位無動力で梅小路まで白昼に輸送される。
 現在、岡山機関区のEF65には様々なバリエーションがあり、また愛知機関区にはすべてのEF64が集結しているため、同列車では色々な組み合わせを見ることができる。写真は、国鉄色で前面支持ゴムが白色のEF65 1123が、広島更新機で元岡山機関区所属のEF64 1046を輸送しているところである。
綿貫勝也(埼玉県)
2010_08_25_okazaki_katsutoshi001.jpg 常磐線を走るEF81 140+元京浜東北線。
'10.8.25 常磐線 取手―天王台 P:岡崎克俊

2010_08_26_watanuki_katsuya001.jpg
毎日走っていた線路を横目に改造のため入場。

'10.8.26 東北貨物線 大宮―赤羽 P:綿貫勝也
 8月25日(水)から26日(木)にかけて、209系元ウラ48編成6輌(サハ欠車)が疎開先の高萩から東大宮操経由で東京総合車両センターへ入場した。牽引は全区間EF81 140[長岡]であった。

福田智志(埼玉県)
2010_08_25_fukuda_satoshi001.jpg 新津田沼駅前のスーパーマーケットに展示された800形。
'10.8.25 新京成電鉄 新津田沼
 新京成電鉄は、800形の引退を記念して、8月25日(水)~29日(日)までの5日間、イトーヨーカドー津田沼店(新津田沼駅直結)で「さよなら夏! ありがとう800形電車大感謝祭セール」を開催する。内容は、800形電車の先頭部分の展示、鉄道グッズの販売、800形ありがとう記念パンの限定販売、地元商店会による縁日祭の開催である。先頭の一部分のみではあるものの、市街のスーパーマーケットに実際に使用された車輌が展示されることは珍しい出来事である。
影山大樹(埼玉県)
2010_08_25_kageyama_daiki001.jpg 上越線を行く。
'10.8.25 上越線 後閑─沼田
 8月25日(水)、小牛田車両センター所属の"ビューコースター風っこ"2輌と新津車両センター所属のキハ47形2輌が新津から高崎へ配給輸送された。牽引機は高崎車両センター所属のEF64 1001であった。

【JR九】キハ220-209、SSL色へ

田中幹也(長崎県)
2010_08_25_tanaka_mikiya001.jpg 出場して早速運用入り。
'10.8.25 大村線 竹松―松原
 8月4日に小倉工場に入場したキハ220-209が8月24日(火)に出場した。車体色は赤色からSSL(SEA SIDE LINER)色に塗色変更されている。
 なお、8月25日の3242Dから運用入りした。
梶原佳佑(広島県)
2010_08_25_kajiwara_keisuke001.jpg 2本目の105系黄色塗装。
'10.8.25 可部線 可部
 広島運転所所属の広K-06編成が黄色塗装で出場、運用に入っているのを確認した。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年8月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.