鉄道ホビダス

2010年8月20日アーカイブ

大谷真弘(静岡県)
2010_08_20_ohtani_masahiro001.jpg 小田急30000形6輌が甲種輸送される。
'10.8.20 東海道本線 掛川―菊川
 8月20日(金)、日本車輛製造豊川製作所にATS改造のため入場していた小田急電鉄ロマンスカー・EXE(30000形)6輌が、改造を終え出場した。豊川から西浜松まではDE10が、西浜松以東はEF65 1065が牽引して松田まで甲種輸送された。
福田智志(埼玉県)
2010_08_20_fukuda_satoshi001.jpg 今年のビール列車は7022号車で運転。
'10.8.20 東京都交通局都電荒川線 荒川車庫前
 東京都交通局では、今年も都電荒川線で貸切列車〈都電納涼麦酒(ビール)号〉を運転した。今年の使用車輌は、旧都電色である7022号車。前面にはビールジョッキを模したヘッドマークを付けて運転した。
宮島昌之(石川県)
●EF81 45が入場 2010_08_20_miyajima_masayuki001.jpg 推進運転によりゆっくり入場するEF81 45。
'10.8.20 金沢総合車両所松任本所(敷地外公道より撮影) P:宮島昌之
 敦賀地域鉄道部所属のEF81 45が自走により松任へ回送され、同所へ入場した。なお、同車はDE10 1035の推進運転により場内の奥へと押し込まれた。今後の動きが注目される。

●ファイナルランへ! キハ52形が同所を出場
2010_08_20_miyajima_masayuki002.jpg
外観の傷みが目立つものの軽快なエンジン音を響かせ最終運転へ向かう。

'10.8.20 北陸本線 松任 P:宮島昌之

2010_08_20_takano_keita001.jpg
最後の運転に向けて北陸本線を一路糸魚川へ。編成は糸魚川方からキハ52 156+キハ52 125。

'10.8.20 北陸本線 高岡 P:高野圭太
 富山地域鉄道部富山運転センター所属のキハ52形2輌が同所を出場し、富山方面へ回送された。8月21日(土)、22日(日)に大糸線糸魚川―南小谷間で臨時〈ジオパーク号〉の運転が予定されており、それに備えるものと思われる。なお、今回の臨時列車をもって、キハ52形2輌はファイナルランを迎えることになる。

●413系B04編成が構内試運転実施
2010_08_20_miyajima_masayuki003.jpg
413系と475系は、ここしばらく北陸色の維持が続いている。

'10.8.20 金沢総合車両所松任本所(敷地外公道より撮影) P:宮島昌之
 検査のため同所へ入場中の413系B04編成が構内で試運転を行った。クハ455-701を含む3輌とも重要部検査を受けており、外装は北陸色を保った状態であった。数日後には同所を出場するものと思われる。

 なお、金沢総合車両所松任本所では、8月22日(日)に恒例となった一般向けイベント「金沢総合車両所公開」を午前10時からPM3時まで開催する予定だ。

【JR西】湖西線の話題

中坊正男(京都府)
●EF81牽引のロンチキ走る 2010_08_19_nakabo_masao001.jpg 琵琶湖バックに一路北陸路へ。
'10.8.19 湖西線 蓬莱―志賀
 8月19日(木)、向日町車両所からEF81牽引によるロングレール用チキ12輌が運転された。牽引機はEF81 106であった。
●訓練用ホキが返却される 2010_08_19_nakabo_masao002.jpg 工臨のようにも見える。
'10.8.19 湖西線 志賀―蓬莱
 8月19日(木)、京都総合車両所に所属するホキ2輌が近江今津から向日町車両所へ回送された。ホキを使った訓練の返却の模様。牽引機は宮原車両所のDD51 1193であった。
 なお、湖西線および関西圏でのDD51牽引によるホキ列車は珍しいと思われる。
橋本浩志(兵庫県)
2010_08_18_hashimoto_hiroshi001.jpg 国鉄特急型同士が並ぶ珍しい光景。
'10.8.18 東海道本線 茨木
 毎日運転される特急〈雷鳥〉8号・33号と特急〈文殊〉だが、夕方の茨木駅では特急〈雷鳥〉33号の送り込み回送列車と特急〈文殊〉の送り込み回送列車とが並び、どちらも回送ではあるものの国鉄特急型同士の並びが毎日展開されている。
 先に向日町操を回3071M(特急〈文殊〉の送り込み)が発車し、茨木駅で退避。そのあとに向日町操を発車する回4033M(特急〈雷鳥〉33号の送り込み)が、茨木駅で退避中の回3071Mを追い抜き、国鉄特急型同士の並びが見られる。余談だが、回4033M(4033M)は大阪駅でも特急〈はまかぜ〉4号と並び、ここでも国鉄特急型同士の並びが実現する。
 回4033Mは、3月のダイヤ改正での〈雷鳥〉の本数減便によって誕生したものであるが、来年の3月のダイヤ改正では〈雷鳥〉自体の廃止が決定しているため、国鉄特急型同士の並びが見られるのも来年3月までである。
 ちなみに、回3071Mの方は、回4033M以外にも特急〈サンダーバード〉26号や新快速とも並ぶ。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年8月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.