鉄道ホビダス

2010年8月 9日アーカイブ

濱田昂之(東京都)
2010_08_09_hamada_takayuki001.jpg 小雨の中、"池多摩線"を去る。
'10.8.9 東急電鉄多摩川線 沼部―多摩川
 長期に渡り運用から離脱し、雪が谷検車区に留置されていた7700系7915Fが、8月9日に雪が谷検車区から長津田へと回送された。
 通例どおり保安装置の関係から、7915Fをデヤ7200形・デヤ7290形が先導あるいは両端を挟むかたちで、雪が谷大塚→蒲田→多摩川→大岡山→二子玉川→長津田のルートで運転された。
 7915Fは、サハ7950形を改造した3輌で組成され、前面が9000系と類似していたり、試験的にIGBT素子を使用したVVVFインバータ制御を使用するなど、特徴のある編成だった。
 すでに、後継ぎとなる7000系7106Fが到着しているため、7915Fは廃車が濃厚かと思われる。
穂積諒介(東京都)
2010_08_09_hozumi_ryosuke001.jpg 尾久へと配給される。
'10.8.9 東北本線 那須塩原―西那須野 P:穂積諒介

2010_08_09_ebie_kazushi001.jpg
EF81 140牽引で一旦尾久車両センターへ。

'10.8.9 東北本線 北浦和―浦和 P:海老江和賜
 8月9日、郡山総合車両センターから尾久車両センターまで、転用改造工事を終えた房総向け209系マリC431編成が配給輸送された。牽引機はEF81-140だった。

宮川政樹(東京都)
2010_08_09_miyagawa_masaki001.jpg
西武線内は263Fが牽引を担当。
'10.8.9 西武鉄道 所沢―JR貨物・西武分界点(新秋津)

2010_08_09_miyagawa_masaki002.jpg
新秋津の配線上、一旦新座貨物ターミナルへ向かう甲種輸送列車。

'10.8.9 武蔵野線 新秋津―東所沢
 西武鉄道の新2000系は今年度の設備投資計画で8輌×3編成のバリアフリー化工事を行なう事になっているが、第2陣として2079Fが8月9日に東急車輛へと甲種輸送された。
 牽引は西武線内が263F、新秋津→新座(タ)→新鶴見がEF65 1117、新鶴見→逗子がDE10 1155だった。

田中幹也(長崎県)
2010_08_07_tanaka_mikiya001.jpg 「炎の博記念堂」の下を走る。
'10.8.7 松浦鉄道西九州線 三代橋―有田
 8月7日(土)に長崎―武雄温泉間(大村線・松浦鉄道経由)でリバイバル急行〈平戸〉が運転された。
 使用車輌は大分車両センターのキハ58 569+キハ65 36で、たびら平戸口駅などではイベントなども開催された。
川崎淳平(茨城県)
2010_08_07_kawasaki_junpei001.jpg 夏の朝、仙台へ向けて"イルカ"ことK60編成が快走。
'10.8.7 常磐線 土浦―神立
 8月7・8日、485系勝田車K60編成を使用した急行〈仙台七夕号〉が常磐線佐貫―仙台間で運転された。列車はヘッドマークの掲出はなく、幕扱いは「臨時」となっていた。
川本幹彦(群馬県)
2010_08_07_kawamoto_mikihiko001.jpg 緑地ナンバープレートで登場。
'10.8.7 上越線 井野―新前橋
 8月6日より、D51 498が緑地ナンバープレートで活躍を始めた。緑地ナンバープレートは8月15日の〈SLみなかみ〉まで取付けられる予定。
福田智志(埼玉県)
2010_08_08_fukuda_satoshi001.jpg 京成曳舟駅新1番ホームに停車中の北総9100形。
'10.8.8 京成電鉄押上線 京成曳舟
 京成電鉄は、押上―八広間の連続立体交差化工事に伴ない、8月8日から京成曳舟駅の新1番線の使用を開始した。これに伴ない、7日の深夜から八広―押上間で上り線の線路切り替え工事が行なわれた。
牧 真吾(東京都)
2010_08_07_maki_shingo001.jpg 大型ヘッドマークを掲げた1202+1203編成。
'10.8.7 富士急行大月線 三つ峠―寿
 8月7・8日に河口湖ステラシアターで開催された茅原実里さんのライブにあわせて、大月―河口湖間で臨時快速〈VOYAGER TRAIN みのり号〉が運転された。
 同列車は1000形4連により運転され、前面には開催記念の大型ヘッドマークが掲出された。
原 将人(北海道)
2010_08_06_hara_masato001.jpg 温度上昇が予想される場所では2輌のタンク車から散水を行なう。
'10.8.6 千歳線 上野幌―西の里(信)

2010_08_06_hara_masato002.jpg
レール冷却のため散水を行なう。

'10.8.6 千歳線 上野幌―西の里(信)
 全国各地で最高気温が更新されるなど暑い日が続いている日本列島だが、北海道・札幌でも8月6日の最高気温35℃の予報が出され、JR北海道では温度上昇に伴なうレールの屈曲等防止のため、函館本線・千歳線の岩見沢―札幌―島松間に散水列車を出動させた。
 試運転では毎年運転されているが、本格出動としては3年ぶりの運転となったこの列車、散水装置を持つタンク車2輌(タキ42861とタキ39961)をDE15のプッシュプルで運転するもので、レールの温度上昇が予想されるポイントに散水を行いながら同区間を往復した。
 今回の編成は【札幌←DE15 1524〔旭〕+タキ39961+タキ42861+DE15 1545〔旭〕→岩見沢・島松】であった。
 沿線にはファンだけでなくTVニュースの取材クルーも待機、上空にはヘリコプターも舞うなど、北海道の名物列車として注目を浴びる存在となっている。

宮島昌之(石川県)
2010_08_07_miyajima_masayuki002.jpg 475系A14編成の一部に連結され留置されている419系D09編成(写真左から2輌)。
'10.8.7 金沢総合車両所松任本所(敷地外公道より撮影)
 北陸本線の普通列車として活躍している419系D09編成(583系より改造 両端切妻の編成)が、8月7日(土)に金沢総合車両所松任本所の屋外に長期にわたり留置されているのを確認した。
 先月より同編成が営業運転している姿を見ることが無くなり気にかけていたが、その後同所において、写真とは別の引込線に475系A14編成に連結のうえ工場棟に沿い隠れるように留置された車輌があり、419系特有の切妻部分が一部だけ見えていましたが、車番の確認までには至っていなかった。  これまでのところ、工場棟への長期にわたる入場が確認できないことから休車もしくは廃車前提の留置と思われる。
 419系は来年春に引退を迎えることになっているが、今の時点でのD09編成の営業運転の離脱はとても残念でならない。
土田史高(富山県)
2010_08_07_miyajima_masayuki001.jpg 夏休み真っ盛り。行楽客の足を務めた489系H01編成。
'10.8.7 北陸本線 津幡―倶利伽羅 P:宮島昌之

2010_08_07_tsuchida_fumitaka001.jpg
夏のトップライトを浴びて快走するボンネット〈はくたか〉。

'10.8.7 北陸本線 西高岡―高岡 P:土田史高

2010_08_07_ebie_kazushi001.jpg
S字カーブを颯爽と駆け抜ける。

'10.8.7 上越線 石打―越後湯沢 P:海老江和賜
 8月7日の特急〈はくたか13・16号〉は、所定681系または683系にところを金沢総合車両所所属の489系H01編成が代走した。

小原正裕(兵庫県)
2010_08_03_kobayashi_masahiro001.jpg 尼崎駅停車中の5143号。
'10.8.3 阪神電気鉄道本線 尼崎
 阪神ジェットカー唯一の方向板使用車輌5314F以下4連は、8月3日現在も他の普通用車と共通運用で普通運用に使用されている。
 どちらかというと阪神普通用車最後の非表示幕車の5314号の人気が高いようだが、梅田方先頭の5143号も魅力がある。同車は5314号にあわせて表示幕を「普通」表示に固定し、方向板を併用している。また、回送時には5143号は表示幕を回送と表示、5314号は回送の方向板を取り付け。
 5550系のデビューで引退も考えられるが、最後まで普通運用を頑張ってほしいものである。
小林稜治(大阪府)
2010_08_03_koabyashi_ryoji001.jpg 淀川橋梁(赤川仮橋)をゆっくりと渡る。
'10.8.3 城東貨物線 鴫野―吹田信号場
 8月3日(火)に225系第5編成が近畿車輛から出場し、試運転が行なわれた。第5編成の組成は米原方面からクモハ225-5+モハ224-17+モハ224-18+モハ225-509+モハ224-19+モハ224-20+モハ225-310+クモハ224-5であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年8月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.