鉄道ホビダス

2010年7月13日アーカイブ

濱田昂之(東京都)
2010_07_13_hamada_takayuki001.jpgシール式のヘッドマークが2つも!! 
'10.7.13 新京成電鉄新京成線 上本郷―松戸
 京成3000形、北総7500形に続き、京成グループである新京成電鉄の8500形8516編成にも〈京成グループ花火ナイター号〉のヘッドマークが掲出された。
宮島昌之(石川県)
2010_07_13_miyajima_masayuki001.jpg413系初の青系塗装誕生は次回以降の検査を待ってとなりそうだ。。
'10.7.13 北陸本線 金沢
 検査のため金沢総合車両所松任本所に入場していた413系B02編成が7月13日(火)に同所を出場し、富山方面への試運転を行なった。試運転後は所属先の金沢総合車両所運用検修センターに戻るものと思われる。
 今回は重要部検査を実施したと思われ、車体の塗装は入場時と変わらない北陸色のままで出場した。

【JR貨】EH500-69甲種輸送

大谷真弘(静岡県)
2010_07_13_otani_masahiro001.jpg門司機関区へ向けて東海道本線を行く。
'10.7.13 東海道本線 金谷―菊川
 東芝府中事業所で新製されたJR貨物のEH500-69号機が、7月12日(月)から14日(水)にかけて武蔵野線北府中から門司機関区のある北九州貨物ターミナルまでEF66 106に牽引され東海道・山陽本線を甲種輸送されている。
清宮実寛(群馬県)
2010_07_12_kiyomiya_mihiro001.jpgレールを積載したチキ4輌を添えて桐生へ。
'10.7.12 上越線 高崎
 7月12日(月)の深夜から13日(火)早朝にかけて、レール卸し工事のため、高崎車両センター高崎支所所属のEF65 501号機がレール積載チキ4輌を牽引し、高崎から桐生まで走行した。
後藤篤史(千葉県)
2010_07_12_goto_atsushi001.jpg京葉線205系初の長野配給。EF64 39号機とマニ50 2186に牽引され、帰らぬ旅へ。
'10.7.12 武蔵野線 船橋法典―西船橋
 7月12日(月)に京葉車両センター所属の205系ケヨ12編成が、長野総合車両センターへ向けて配給輸送された。編成はEF64 39+マニ50 2186("ゆうマニ")+ケヨ12編成だった。
松尾恭史(京都府)
2010_07_12_matsuo_yasushi001.jpg台車が床下機器ピカピカなA902編成。
'10.7.12 東海道本線 高槻
 7月12日(月)、日根野電車区所属の283系A902編成(オーシャンアロー編成)が吹田工場での検査を終え、吹田(信)―向日町操間で検査明けの試運転を行なった。
大谷真弘(静岡県)
2010_07_12_otani_masahiro001.jpg小田急電鉄3000形6輌ATS改造出場で甲種輸送。
'10.7.12 東海道本線 掛川―菊川
 日本車輌製造豊川製作所でのATS改造が終了した小田急電鉄3000形6輌が、7月12日(月)から13日(火)未明にかけて、豊川から松田まで甲種輸送された。西浜松まではDE10、以東はEF65 1138が牽引して輸送を行なった。
宮島昌之(石川県)
2010_07_12_miyajima_masayuki001.jpg489系で運転の〈はくたか25号〉。本日2回目の代走に出発。
'10.7.12 北陸本線 東金沢―森本
 7月12日(月)の特急〈はくたか11号・14号〉および〈はくたか25号・26号〉2往復が、所定681系または683系(はくたか編成)のところ、489系H01編成が代走した。
 489系による代走は、先日の7月6日(火)に続くものだが、1日に2往復も運転されるのはかなり久しぶりの事と思われる。
馬渕英輔(愛知県)
2010_07_09_mabuchi_eisuke001.jpgN1000系で初のラッピング車となった"夢列車"。
'10.7.9 名古屋市交通局東山線 藤が丘
 名古屋開府400年に際し、キャラクターの"はちまる"などのあしらったラッピング車輌"夢列車"となった東山線のN1000系N1101番編成が、7月1日より運行を開始した。まお同系でラッピング車となったのはこれが最初。
生田目 祥(福島県)
2010_07_10_namatame_syou001.jpgついに〈カシオペア〉塗装機が貨物運用に。
'10.7.10 常磐線 水戸―赤塚 P:生田目 祥

2010_07_10_furuhashi_yusuke001.jpg初めて貨車を牽引する〈カシオペア〉塗装機。

'10.7.10 常磐線 内原―赤塚 P:古橋佑介
 7月10日の75~1657~1656レにEF81 79が充当された。〈カシオペア〉塗装機が貨物運用に充当されるのは今回が初めて。また、12日には2095~2094レに充当され、水戸以北にも姿を見せた。

森田 宏(大阪府)
2010_07_11_morita_hiroshi.jpg緑と赤が印象的なヘッドマーク。
'10.7.11 南海電鉄高野線 難波
 南海電鉄では高野線を走る一部車輌に開通80周年を記念するヘッドマークを掲出した。  このヘッドマークは2種類あり、難波―橋本間にはアラビア数字バージョンが、橋本―極楽橋間には漢数字バージョンが、それぞれ11月30日までの予定で取り付けられる。

【JR東】"水戸工臨"運転

大竹 翔(東京都)
2010_07_11_otake_syou001.jpg小貝川を渡る。
'10.7.11 鹿児島本線 原田
 7月11日(日)、新小岩操発の下り"水戸工臨"(工6383レ)が運転された。牽引機は田端運転所のEF81 57で、荷はホキ8輌(積載無し)であった。
中司朔良(兵庫県)
2010_07_10_nakatsukasa_sakura001.jpg5057列車を牽引し、八代に向かうEF81 303〔門〕。
'10.7.10 鹿児島本線 原田

2010_07_10_nakatsukasa_sakura002.jpg4081列車を牽引するED76の原色1008号機〔門〕。

'10.7.10 鹿児島本線 原田

2010_07_11_nakatsukasa_sakura001.jpg2072列車を牽引し幡生に向かうEH500-67〔門〕。

'10.7.11 鹿児島本線 門司
 かつての「関門の主」で、ステンレス無塗装のいでたちを維持する門司区のEF81 303・304号機は、両機とも本年2~3月に全検出場を果たし、3月改正以降は福岡貨物ターミナル以南でも頻繁に運用されている。
 EF81の運用拡大で活躍の場が狭まった同区のED76だが、現在のところ原色機の活躍も見られる(写真は1008号機)。
 一方、関門間のEF81の運用は激減し、EH500の独壇場になった感が強い。

加藤瑠輝乃(埼玉県)
2010_07_11_kato_rukino001.jpgEF81がマニ50を引き連れ東北貨物線を行く。
'10.7.11 東北貨物線 赤羽―大宮操 P:加藤瑠輝乃

2010_07_11_matsushima_daiki001.jpgEF64 0番代も牽引。

'10.7.11 東北貨物線 大宮―大宮操 P:松嶋大暉
 7月11日(日)に、"ゆうマニ"こと勝田車両センター所属マニ50 2186の配給輸送が水戸―新習志野間で行なわれた。
 牽引は水戸―東大宮操間がEF81 82で、東大宮操―新習志野間がEF64 39だった。

福田智志(埼玉県)
2010_07_11_fukuda_satoshi001.jpg北総車は7501Fにヘッドマークが付いた。
'10.7.11 京成電鉄本線 京成高砂

2010_07_11_fukuda_satoshi002.jpg京成車の〈花火ナイター号〉は3021F。

'10.7.11 京成電鉄本線 青砥
 京成電鉄は、7月上旬頃から〈京成グループ花火ナイター号〉を運転している。
 今年の編成は京成車が3000形の3021F、北総車が7500形の7501Fで、前面にヘッドマークを取り付けている。なお今年のヘッドマークは「成田スカイアクセス開業記念」の文字が入っている。

岡田雄太郎(栃木県)
2010_07_11_watanuki_katsuya001.jpg重連単機の試運転に509号機が初登場。
'10.7.11 東北本線 東大宮―蓮田

2010_07_11_okada_yutaro002.jpg北斗星色+カシオペア色の初競演!! 

'10.7.11 東北本線 雀宮―宇都宮 P:岡田雄太郎

2010_07_11_okada_yutaro001.jpg試運転でカシオペア色と北斗星色の重連が実現。

'10.7.11 東北本線 宇都宮―雀宮 P:岡田雄太郎

2010_07_11_kubota_kenichi001.jpgEF510-505号機を従えて試運転を行なうカシオペア専用塗装の509号機。

'10.7.11 東北本線 久喜付近 P:久保田健一

2010_07_11_matsushima_daiki002.jpgEF510-509を先頭に、有名撮影地"ヒガハス"を通過。

'10.7.11 東北本線 蓮田―東大宮 P:松嶋大暉

2010_07_11_goto_atsushi001.jpg505号機を従えて、カシオペア色機が走る。

'10.7.11 東北本線 南浦和―蕨 P:後藤篤史

2010_07_11_kodera_kenta001.jpg
雨の中、混色重連が行く。

'10.7.11 東北本線 赤羽 P:小寺健太
 7月11日(日)、JR東日本田端運転所所属のEF510-500番代による重連単機の試運転が尾久―宇都宮間で実施された。尾久側には、先日川崎重工より田端運転所に到着したEF510-509(カシオペア色)が連結された。このため北斗星色とカシオペア色のEF510重連が見られ、沿線に集まったレール・ファンを喜ばせた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年7月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.