鉄道ホビダス

2010年6月 1日アーカイブ

松尾恭史(京都府)
2010_06_01_matsuo_yasushi001.jpg湖西線に見慣れない電車が出現。
'10.6.1 湖西線 永原
 6月1日(火)、福井地域鉄道部敦賀運転派出所属の125系F16編成が吹田(信)―永原―向日町操間で試運転を行なった。この試運転はブレーキ試験と思われる。
 同編成はまず永原まで試運転を行なった後に、永原―近江今津間で数往復試運転を実施。その後、永原から向日町操へと試運転を行なっている。
玉木裕一(埼玉県)
2010_06_01_tamaki_yuichi001.jpg 
'10.6.1 中央本線 西荻窪

2010_06_01_tamaki_yuichi002.jpg甲府の中線に入線するE231系配給列車。

'10.6.1 中央本線 甲府
 6月1日、E231系新4ドア車との組み換えに伴ない余剰となったサハE230-500番代(6扉車)の4輌が、大崎から長野総合車両センターに向けて配給輸送が実施された。サハE230-500番代は今回も元ミツ27編成6輌との間に組み込まれて輸送された。また、牽引機はEF64 1031号機だった。

霜田博行(東京都)
2010_06_01_shimoda_hiroyuki001.jpg急行運用に就く10-459以下10連。前面非常扉上部には「10CARS」のステッカーを貼付。
'10.6.1 東京都交通局新宿線 東大島
 東京都交通局では、都営新宿線輸送力増強のため都営車4本を10輌化するが、JR東日本新津車両製作所落成の中間車2輌を含んだ10輌編成が6月1日より定期運用に充当された。
 従来、都営新宿線内の優等列車(急行)はすべて10輌編成だったことから京王車のみが運用に就いていたが、都営車の10輌編成登場により、都営車も急行の運用にも就くことになった。
 なお都営車の10輌編成は、当面は平日の33T運用に就く模様。
石川義貴(東京都)
2010_05_31_ishikawa_yositaka001.jpg〈北斗星〉へのEF81 95登板は、これでラストか? 
'10.5.31 東北本線 赤羽―尾久
 キヤE193系やE26系を牽引するなど、話題を振りまいているEF81 95だが、5月29日上野発と30日札幌発の〈北斗星〉の牽引に充当された。
濱田昂之(東京都)
2010_05_31_hamada_takayuki001.jpg滅多に来ない品川へも顔を出した。
'10.5.31 京浜急行電鉄本線 品川
 改造工事のために京急ファインテック久里浜事業所に入場していたデト17-デト18が5月31日に出場、試運転を実施した。
 同車は、今まで菱形だったパンタグラフがシングルアームのパンタグラフに換装され、前照灯が800形で使われているような角型のライトに変更されている。
照井 樹(茨城県)
2010_05_29_terui_tatsuki001.jpg山を背に博多に向かう〈リバイバル急行由布〉。
'10.5.29 久大本線 豊後森―北山田

2010_05_30_terui_tatsuski001.jpgキハ65が先頭になり、終点の大分を目指す〈リバイバル急行ひこさん〉。

'10.5.30 日田彦山線 呼野
 5月29日(土)に「復活!! 急行列車」の企画で〈リバイバル急行由布〉が大分→博多(久大本線・鹿児島本線経由)で運転された。
 大分車両センターのキハ58 569+キハ65 36が使用され、車輌の前後に"由布"の特製ヘッドマークが掲出された。また、大分から博多までキハ58 569を先頭にして運転された。
 翌30日(日)には、〈リバイバル急行ひこさん〉が博多→大分(鹿児島本線・日田彦山線・久大本線経由)で運転され、こちらも車輌の前後に"ひこさん"の特製ヘッドマークが掲出された。
 同列車は博多→小倉はキハ58 569が、小倉→大分はキハ65 36が先頭になり運転された。

中司朔良(兵庫県)
2010_05_30_nakatsukasa_sakura003.jpg次位にDE10 1049〔岡〕を従えて、西岡山へ向かう2077列車。
'10.5.30 山陽本線 鷹取―須磨海浜公園

2010_05_30_nakatsukasa_sakura004.jpg89列車を牽引する新更新色試験塗色車EF66 54〔吹〕。

'10.5.30 山陽本線 神戸―兵庫

2010_05_30_nakatsukasa_sakura005.jpg89列車に続行の2073列車を牽引するEF66 24〔吹〕。

'10.5.30 山陽本線 垂水―舞子
  5月30日(日)の2077列車で、岡山区の試験塗装機であるDE10 1049が無動回送された。牽引機はEF210-137〔岡〕であった。
 また、確実にEF66が牽引することで地元ファン注目の89列車(梅田―吹田信号場―神戸貨物ターミナル)だが、最近は15分後に続行する2073列車にEF66が充当される機会が多いことと、光線状態の良い時間帯に西下することもあって、双方に0番代機が充当される日には、沿線のファンも多く見かける。

浜田岳志(岐阜県)
2010_05_30_hamada_takeshi001.jpg今年も「電車で、ECO MOVE。」でラッピングに。
'10.5.30 名古屋鉄道広見線 善師野―西可児
 名鉄では「名鉄エコプロジェクト2010」の一環で、ラッピング電車"エコムーブトレイン"を5月27日~10月31日の期間で運行している。
 "エコムーブトレイン"は、沿線の小学生が描いた「海の生き物」と「森の生き物」のイラストなどのデザインを3301Fにラッピングして本線運行し、5月29日に行なわれた「第4回名鉄でんしゃまつり」の会場でも展示されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年6月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.