鉄道ホビダス

2010年5月12日アーカイブ

井尻慶輔(福岡県)
2010_05_12_ijiri_keisuke001.jpg
5057レを牽引、八代を目指すEF81 403。
'10.5.12 鹿児島本線 大牟田―荒尾
 3月のダイヤ改正により、所定では鹿児島本線の鳥栖以南で、初の定期運用によるEF81牽引となるはずであった下り5057レ(北九州(タ)―八代間)、上り4096レ(八代―熊本操間)・5070レ(熊本操―北九州(タ)間)だったが、何故か当初の数日間を経てED76牽引に戻され、早や2ヶ月が経過していた。
 この事情は不明だが、ようやくゴールデンウィークに入ってEF81による運用に戻されている。既に車体無塗装ステンレスの300番代や450番代による田原坂越えも見られ、このエリアではかつてのEF70以来、久々にF級電機の走行が毎日見られることとなった。
菊池 遼(神奈川県)
2010_05_11_kikuchi_ryo001.jpg 
'10.5.11 東海道貨物線 国府津―二宮
 5月11日に新型車タキ1200-1が甲種輸送された。輸送は豊川から東京(タ)までで、9772~9774~8862レの行程で実施された。
塚田英郎(鹿児島県)
2010_05_11_tsukada_eiro001.jpg
大畑のループを下るブルートレイン。
'10.5.11 肥薩線 大畑
 14系寝台車(熊本車)4輌を使い九州を一周する「懐かしいブルートレインにのってぐるっと九州一周」が5月9~13日にかけて実施された。
 9日深夜に博多を出発して10日朝に宮崎、10日夜に鹿児島中央へ、さらに11日に肥薩線経由で熊本へ、この後鳥栖、長崎を経て13日に博多へ戻る行程。
 途中、ヘッドマークが変更され、博多―門司港間は「あかつき」、門司港―宮崎間は「彗星」、宮崎―鹿児島中央間は「富士」、鹿児島中央―人吉間は「はやぶさ」、人吉―熊本間は「なは」、熊本―鳥栖間は「明星」、鳥栖―長崎間は「みずほ」、長崎―博多間は「さくら」がそれぞれ装着された。
 牽引機は博多ー門司港間のみED76が使われ、残りの区間はDE10が牽引した。
 なお、この「懐かしいブルートレインにのってぐるっと九州一周」は5月16日~19日にも実施される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年5月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.