鉄道ホビダス

2010年5月10日アーカイブ

中司朔良(兵庫県)
2010_05_01_nakatsukasa_sakura001.jpg「桑名市」のPR標識板を付けた625他3連。
'10.5.1 養老鉄道養老線 下深谷―播磨

2010_05_01_nakatsukasa_sakura002.jpg「神戸町」の標識板付604他2連。

'10.5.1 養老鉄道養老線 石津―美濃山崎

2010_05_01_nakatsukasa_sakura003.jpg「大垣市」の標識板を掲出した601他3連。

'10.5.1 養老鉄道養老線 美濃津屋―養老
 養老鉄道では、"サイクルトレイン"の運転や"ラビットカー"塗色復活のほか、「養老鉄道あられ」の販売等で収支改善に向けた努力がなされているが、同鉄道の利用を呼びかけた沿線観光地のPR標識板付の列車が運転されている。
 「桑名市」の他、「大垣市」「海津市」「神戸町」の標識板(何れも角型)があり、それぞれ当地の特色をイラストまたは写真で表現している。

牧 真吾(東京都)
2010_05_02_maki_shingo001.jpg特製ヘッドマークを付けて走る9031編成。
'10.5.2 京王電鉄相模原線 京王永山―京王多摩センター

2010_05_02_maki_shingo002.jpg側面ラッピングは一畑電車デハニ52のイラスト。

'10.5.2 京王電鉄京王線 明大前
 京王グループでは5月29日から公開される映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に協賛しており、5月2日から京王9000系9031編成使用のラッピング車輌の運行を開始した。
 9000系としては初のラッピング車輌で、車体側面には映画に登場する一畑電車デハニ52のイラストのラッピングのほか、両先頭にヘッドマークが掲出されている。
 なお運行期間は5月30日までの予定。

【JR貨】EF65 1040運用開始

宇田 映(愛媛県)
2010_05_08_uda_akira001.jpg水鏡の予讃線を行くEF65 1040牽引の3075レ。
'10.5.8 予讃線 観音寺―豊浜
 岡山機関区のEF65 1040号機が新たに運用に入り、活躍を開始した。同機は7日の73レで四国入りし、8日の3075レで伊予三島まで入線した。春になり続々と動き出すPF...、その裏で運用を離脱する一般型...。伯備線のEF64入替を含め、ますます岡山が熱くなってきている。
廣村典彦(兵庫県)
2010_05_08_hiromura_norihiko001.jpg日根野へ向かう381系。先頭はクハ381-135。
'10.5.8 山陽本線 上郡―有年(踏切から望遠レンズ約150ミリで撮影)
 ゴールデンウイーク期間中、伯備線の特急〈やくも〉増結のため日根野電車区の国鉄特急色381系6連が貸し出しされていたが、増結期間が終了したことから、5月8日に日根野への返却回送が実施された。
増永祐一(神奈川県)
2010_05_08_sakai_kenichiro002.jpg初狩へ向かう乗客の待つ三鷹へと回送される201系。
'10.5.8 中央本線 日野―立川 P:酒井健一郎

2010_05_08_nakamura_hitoshi001.jpg三鷹への回送時、遅延の影響からか東小金井駅は1番線に入線。

'10.5.8 中央本線 東小金井 P:中村 仁

2010_05_08_tamaki_yuichi002.jpg笹子へ向かうH4編成。

'10.5.8 中央本線 大月 P:玉木裕一

2010_05_08_masunaga_yuichi001.jpgスイッチバック式の待避線を出発し、笹子駅へ向かうH4編成。

'10.5.8 中央本線 笹子(公道より撮影) P:増永祐一

2010_05_08_masunaga_yuichi002.jpg次にここを通るとき、それはH4編成のラストラン...。

'10.5.8 中央本線 塩山―勝沼ぶどう郷 P:増永祐一

2010_05_08_kondo_norio001.jpg勝沼も昔はスイッチバックだった。

'10.5.8 中央本線 勝沼ぶどう郷 P:近藤規夫

2010_05_08_sakai_kenichiro003.jpg
一度塩山へ引き上げ、復路大月からの客扱いにむけ回送される201系。

'10.5.8 中央本線 初狩―大月 P:酒井健一郎

2010_05_08_sakai_kenichiro001.jpg
大月から三鷹へと向かう。

'10.5.8 中央本線 四方津―上野原 P:酒井健一郎
 豊田車両センター・201系H4編成(暫定6輌)のラストランツアーが4月から行なわれているが、5月8日(土)にはその第4弾として「さよなら中央線201系H4編成 初狩スイッチバック&笹子訓練設備体験」が運転された。
 往路は三鷹→笹子での運転となり、途中の初狩駅では一度本線から外れ、スイッチバック式の待避線に入り、下り列車を3本待避した。また笹子駅では列車の折返しが出来ないため、H4編成は塩山駅まで回送運転され、そのため景勝地である勝沼付近を走る姿が見られた。
 復路の客扱い区間は大月→三鷹で運転。18時前に豊田車両センターへ回送されたが、夏至が近づいていることもあり、三鷹駅到着後の豊田への回送シーンまで撮影することができた。
 ますます盛り上がりを見せるH4編成のラストランツアーだが、それも残り3回になった。H4編成には最後の松本行きツアーまで頑張ってほしい。
 なお余談だが、この日はH7編成が21T運用に入っていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年5月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.