鉄道ホビダス

2010年5月 7日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
2010_05_07_miyajima_masayuki001.jpgこれからしばらくは、高岡色と朱色の混色編成が走ることに。
'10.5.7 北陸本線 金沢
 検査のため金沢総合車両所松任本所に入場していた氷見線・城端線の気動車・キハ47 42が、JR西日本全支社共通色の朱色に塗り替えられ、5月7日(金)に同所を出場、自走で富山方面へ向けて試運転を実施した。
 試運転終了後にそのまま所属先の富山地域鉄道部富山運転センター高岡運転派出へ戻るものと思われる。これで、まもなく氷見線や城端線で朱色に塗り替えられた気動車の走る姿が見られることになるだろう。
福田智志(埼玉県)
2010_05_05_fukuda_satoshi001.jpg「普通」の方向幕が黒地に白文字に変化した。
'10.5.5 京成電鉄本線 日暮里
 京成線の一部車輌で種別幕に変化が発生している。これは「普通」の種別表示が白地に黒文字だったものが、黒地に白文字に変わっているもの。  5月16日に行なわれるダイヤ改正及び7月17日に開業する成田スカイアクセスにあわせて変更したものと思われ、今後他の編成や形式においても種別幕が変わるものと思われる。
齋藤大暉(千葉県)
2010_05_05_saito_daiki001.jpg瀬戸内海に沿って走る。
'10.5.2 山陽本線 神代―大畠
 5月5日、"ゆうゆうサロン岡山"6輌を使用した団体列車が岡山―下松間を往復した。これは岩国市で毎年行われている「岩国航空ショー」への観客輸送として運転され、全区間をEF65 1120が牽引した。また、例年であれば岡山車両センターから瀬戸まで機回しのため回送が運転されているが、今回は岡山車両センター―岡山間でプッシュプルとなったため岡山駅始発となった。
松尾恭史(京都府)
2010_05_06_matsuo_yasushi003.jpgいつまでこの姿を見ることができるのだろうか。
'10.5.6 奈良線 奈良
 5月6日(木)、京都総合車両所所属のキハ181系6連を使用した集約臨時列車が有年―京都―奈良―二見浦間で運転された。復路は7日(金)に運転される。
齋藤大暉(千葉県)
2010_05_02_saito_daiki001.jpg堂々の9輌編成で駆け抜ける〈雷鳥〉。
'10.5.2 北陸本線 敦賀―南今庄 P:齋藤大暉

2010_05_04_furuhashi_yusuke002.jpg久々に9輌編成で運転される。

'10.5.4 北陸本線 北陸本線 南条―王子保 P:古橋佑介
 ゴールデンウィークの多客対応のため、特急〈雷鳥〉の全列車が所定485系6輌のところ9輌に増結しての運転となった。9輌に増結しての運転は4月13・14日の修学旅行対応以来となった。また、大阪―金沢間では上下合わせ計16本の臨時〈雷鳥〉が運転され、沿線は各地からの撮影者で賑わいを見せた。

松尾恭史(京都府)
2010_05_06_matsuo_yasushi002.jpg普段は使わない高槻駅待避線に入線するキヤ141系。
'10.5.6 東海道本線 高槻
 5月6日(木)、京都総合運転所所属のキヤ141系第2編成(キヤ141-2+キクヤ141-2)が、城東貨物線(吹田信―百済間)、おおさか東線(放出―久宝寺間 )を検測した。

【JR東】"East i"試運転

山田勝也(宮城県)
2010_05_06_yamada_katsuya001.jpg全検明けのようにピカピカだった。
'10.5.6 東北新幹線 仙台
 先月18日未明に新青森駅約1km手前で緊急停止した"East i"が、整備後初の試運転を5月6日に実施した。試運転は仙台→北上→仙台の行程で行なわれた。
野中麗央(香川県)
2010_05_02_nonaka_reo001.jpg
5月2日は豪華な4輌編成の便もあった。
'10.5.2 高松琴平電気鉄道琴平線 栗林公園
 5月1日と5月2日に、ことでんのレトロ特別運行が行なわれた。
 1日は琴平線のみ、2は琴平・長尾線を走行、また1日は4月24日と同編成だったが、2日は23号が加わり4輌編成となった。
 また、23号を除いて全てのレトロ車輌には近代化産業遺産認定のヘッドマークが掲げられた。
中村啓太郎(山口県)
2010_05_05_nakamura_keitaro001.jpg大畠を行く117系。
'10.5.5 山陽本線 大畠―神代
 5月5日(水)、米海兵隊岩国基地で開催される「岩国航空ショー」にあわせ、臨時快速列車が下関―岩国間で運転された。
 当該列車には下関総合車両所の117系4連(C104 編成)が使用され、普段見ることのできない新山口以東での営業運転となった。
武田雄太(北海道)
2010_05_03_takeda_yuta001.jpg留萌駅で一休み。
'10.5.3 留萌本線 留萌

2010_05_03_takeda_yuta002.jpg運行10年目を迎える本年は特製ヘッドマークを掲出。

'10.5.3 留萌本線 留萌
 JR北海道旭川支社では5月1~5日、8・9日にゴールデンウイーク恒例の臨時列車〈増毛ノロッコ〉を運転している。運行は旭川―増毛間と間合いで増毛―留萌間の各1往復で、車輌はDE15 1534牽引のノロッコ編成3輌(2号車団体専用、他は全て自由席)が使用されている。

酒井哲郎(神奈川県)
2010_05_05_sakai_tetsuro001.jpg回送で逗子から鎌倉に進入する。
'10.5.5 横須賀線 鎌倉
 "スカ色"発祥の地、横須賀線を"スカ色"で走る唯一の電車である〈ホリデー快速鎌倉〉の春期運転が終了した。かつては6月末までの土休日に運転されていたこともあったが、最近は運転日が激減。今年の春臨では、昨年より更に2日減の6日間の運転であった。  例年、夏臨での設定はないので、次回は秋臨で10、11月の設定になると思われる。何日間の運転設定か、また車輌の置換えはあるのか注目される。

C57 5号機を一般公開

田路和男(兵庫県)
2010_05_05_toji_kazuo001.jpg多くの人でにぎわった。
'10.5.5 姫路市御立交通公園
 去る5月5日、こどもの日恒例となった、姫路市御立(みたち)交通公園で保存されているC57 5号機の一般公開が行なわれた。同機には保存会メンバーにより、こどもの日特別のヘッドマーク、国旗が掲げられ、開門の10時前より入場者の列ができるほどの盛況であった。
 普段は鉄柵で囲われて展示されている5号機に、この日ばかりはキャブ内にも入ることが出来、元機関士による蒸機運転の説明なども行なわれ、行列のできる人気ぶりであった。
 なお、次回の一般公開は10月中旬を予定している。
坂口騎志治(神奈川県)
2010_05_04_sakaguchi_kishiharu001.jpg小田急線で久しぶりに新塗装のLSEを見ることができた。
'10.5.4 小田急電鉄小田原線 相武台前―座間
 車輌の不具合により、長期に亘り運用を休止していた小田急ロマンスカー・LSE(7000形)の7003Fが、2010年5月1日のN34運用より営業運転に復帰した。本線上を新塗装のLSEが走るのは久しぶりのこととなった。
原田哲匡(山口県)
2010_05_04_harada_tetsutada001.jpgDD51 844牽引の〈やまぐち〉号が徳佐のSカーブを走り抜ける。
'10.5.4 山口線 徳佐―船平山 P:原田哲匡

2010_05_04_hayakawa_nobuhisa001.jpgDD51が代走を務める〈やまぐち〉号。

'10.5.4 山口線 徳佐―船平山 P:早川信久

2010_05_04_nakamura_keitaro001.jpgDD51 844牽引で運転される〈やまぐち〉号。

'10.5.4 山口線 津和野―船平山 P:中村啓太郎

2010_05_04_harada_tetsutada002.jpg原色DD51と給水塔跡、そして腕木式信号機...。まるで国鉄時代の様だった。

'10.5.4 山口線 篠目 P:原田哲匡

2010_05_05_harada_tetsutada001.jpgこどもの日もDD51が牽引。徳佐のストレートを軽やかに駆け上って行く。

'10.5.5 山口線 徳佐―船平山 P:原田哲匡
 5月4日(火)、5月5日(水)の両日、山口線を走るSL〈やまぐち〉号がDD51 844号機の単機牽引で運転された。
 現在C57 1が検査入場中のため、今シーズンの運転初日からC56 160がDD51 844とペアを組んで運転されているのだが、C56 160に不具合が見つかり、今回、急遽DD51 844号機の単機牽引になったと思われる。
 珍しいDL牽引の〈やまぐち〉号を撮影しようと、沿線には多数のファンがカメラを構えていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2010年5月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.