鉄道ホビダス

【JR四】キハ185系“リバイバル南風”運転

栗田富夫(香川県)
2009_10_18_kurita_tomio001.jpg 緑一色で椿のヘッドマークを掲げた“リバイバル南風”。
'09.10.18 土讃線 琴平―塩入 P:栗田富夫

2009_10_18_shintani_yoshiyuki001.jpg
金比羅山をバックに土讃線を行く。編成は高知方からキハ185-20+キハ185-1014+キハ185-26。

'09.10.18 土讃線 琴平―塩入 P:新谷誉行

2009_10_18_nakamura_kazuyuki001.jpg
国鉄色のキハ185系がゆっくりと鉄橋を渡る…。

'09.10.18 土讃線 大歩危―小歩危 P:中村和幸

2009_10_18_nakamura_kazuyuki002.jpg
キハ185-26が団体列車に使用されたため、当日の〈瀬戸大橋アンパンマントロッコ号〉には剣山色のキハ185-24が使用された。

'09.10.18 予讃線 高松 P:中村和幸
 去る10月18日、キハ185系3輌を使用した“リバイバル南風”が、高松―大歩危間で運転された。JR四国には、国鉄色メイクのキハ185-20と-26が在籍しているが、今回は2輌目に連結された-1014も車体側面のラインが緑に変更されており、往年の姿を偲ばせる貴重な走行シーンとなった。

2009年10月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ