鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR東】保土ヶ谷停車川崎経由の東海道本線列車運転

【JR東】保土ヶ谷停車川崎経由の東海道本線列車運転

酒井哲郎(神奈川県)
2009_09_13_sakai_tetsuro001.jpg 6時~9時台までのオレンジ数字が川崎経由東京または品川行。
'09.9.13 横須賀線(東海道本線) 保土ヶ谷
 横須賀線武蔵小杉駅設置工事に伴なう横須賀線部分運休が2週連続で行なわれたが、その時間帯に、横浜折返しの横須賀線の他に、M電・S電分離前の横須賀線停車駅を彷彿させる、保土ヶ谷停車で横浜から先は川崎以北まで直通する東海道本線の列車が1時間に1本程度運転された。
 下りは横浜を出ると、東海道上りと平面クロスして横須賀線に入る渡り線を使用、戸塚で東海道本線に戻るルートでだった。列車番号は9000番代で、アルファベットは湘南新宿ラインのYでなくMであった。  また逗子始発の横須賀線上りは大船止で運転されたため、東戸塚・保土ヶ谷では電車が逗子以南並の運転間隔となり、大幅な運休、間引き運転となった。
 なお、横須賀線では1週目、「横浜行」部分を含めて自動音声の車内放送での運転だったが、2週目は横浜まで全線車掌の肉声のみによる放送となっていた。

2009年9月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ