鉄道ホビダス

2009年9月24日アーカイブ

田中 友(東京都)
2009_09_22_tanaka_yuu001.jpg 連休中の臨時特急では183・189系中、最も使用頻度が高かった長野車。
'09.9.22 中央本線 相模湖―高尾

2009_09_19_tanaka_yuu001.jpg
夏の帰省シーズンの〈あずさ〉には使用されなかった田町車も復活。写真は特急〈あずさ77号〉。

'09.9.19 中央本線 荻窪―西荻窪

2009_09_22_tanaka_yuu002.jpg
珍しく幕張車で運転された〈ホリデー快速河口湖3・4号〉(左)。河口湖で豊田車と並ぶ。

'09.9.22 富士急行富士急行線(河口湖線) 河口湖
 中央東線では、9月の大型連休中も特急を中心に183・189系による臨時列車を多数運転している。〈あずさ〉・〈かいじ〉には大宮車・田町車・長野車が充てられ、5日間の運転本数は上下合わせて10本を超える。また、連休中には〈ホリデー快速河口湖号〉の運転にも変化が見られ、通常田町車で運転される〈ホリデー快速河口湖3・4号〉の一部があずさ色の幕張車で運転されている。

福田智志(埼玉県)
2009_09_22_fukuda_satoshi001.jpg 16年ぶりの復活! “ファイアーオレンジ”。
'09.9.22 京成電鉄金町線 柴又
 京成電鉄創立100周年リバイバルカラー第3弾である“ファイアーオレンジ”塗装車が、9月19日から営業運転を開始した。“ファイアーオレンジ”塗装車の編成は3309編成で、同塗装の復活は1993年に消滅して以来16年ぶりのことである。“ファイアーオレンジ”塗装車が営業運転を開始したことによって京成創立100周年記念のリバイバルカラー車は全3種類が揃った。いずれもしばらくの間走る予定である。
井上遼一(大阪府)
2009_09_21_inoue_ryoichi001.jpg 残り3編成になった御堂筋線10系未更新車。写真は1821以下10連。
'09.9.21 大阪市交通局御堂筋線 心斎橋
 今や大阪市交通局御堂筋線の主力車輌である10系車輌だが、今月上旬頃まで未更新であった1122F編成がリニューアル・VVVF改造を受けるためにアルナ車両に入場、御堂筋線に残る10系未更新車は1104F・1121F・1124Fの3編成のみとなった。
 未更新車3編成のうち1121Fと1124Fについては、2010年度にリニューアル・VVVF改造が施工される予定である。なお1104Fについてはリニューアル改造されず、未更新のオリジナルのまま廃車される見込みが強い。
土田和也(石川県)
2009_09_20_tsuchida_kazuya001.jpg 夕日を浴びて疾走する364Mの475系国鉄急行色6連。
'09.9.20 北陸本線 明峰―小松
 9月20日(日)の364M(金沢―敦賀間)及び9月21日(月)の227M(敦賀―金沢間)に金沢総合車両所所属の国鉄交直流急行色であるA16編成(クハ455-18+モハ474-43+クモハ475-43)とA19編成(クハ455-60+モハ454-46+クモハ475-46)が併結で運用された。同所の交直両用急行型電車は全26編成が所属するが、国鉄交直流急行色のリバイバル塗装の編成は2編成しかなく、このように2編成が併結されて運用されるのは稀である。また両日とも天候に恵まれ、各地でこの雄姿を撮影しようとするファンの姿が見られた。

【JR東】旧型客車返却回送

酒井健一郎(東京都)
2009_09_21_sakai_kenichiro005.jpg
爽やかな朝日の下、長野を後に旧羽尾信号場を行く。
'09.9.21 篠ノ井線 姨捨―冠着 P:酒井健一郎

2009_09_21_sakai_kenichiro002.jpg
秋の日差しを浴びて高崎に向かう。

'09.9.21 篠ノ井線 冠着―聖高原 P:酒井健一郎

2009_09_21_sakai_kenichiro003.jpg
晴れ渡った旧線を行く同列車。

'09.9.21 中央本線 塩尻―小野 P:酒井健一郎

2009_09_21_sakai_kenichiro004.jpg
秋空と実った稲穂の中を駆け抜ける…。

'09.9.21 中央本線 富士見―信濃境 P:酒井健一郎

2009_09_21_handa_soichiro001.jpg
神韻たる美しさをたたえる編成。

'09.9.21 中央本線 鳥沢―猿橋 P:半田創一郎

2009_09_21_okazaki_katsutoshi001.jpg
豊田駅を通過。

'09.9.21 中央本線 豊田 P:岡崎克俊

2009_09_21_yabuta_yuya001.jpg
低速で通過する、回送列車。

'09.9.21 武蔵野線 新秋津 P:薮田悠矢

2009_09_21_kurokochi_yuki001.jpg
夕暮れの中を行く。

'09.9.21 武蔵野線 北朝霞 P:黒河内裕貴
 〈飯山線全通80周年号〉で使用された旧型客車3輌が、9月21日にEF64 39号機の牽引で所属区の高崎車両センターへ回送された。当日は大型5連休の真っ只中ということもあり、沿線には多くの熱心なファンが駆けつけ、爽やかな秋晴れの下、実り豊かな信州・甲州路を行く同列車を記録していた。

越知俊行(千葉県)
2009_09_19_ochi_toshiyuki001.jpg 「貸切」のマークを付けたデハ702+デハ1001の2輌編成。
'09.9.19 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 君ヶ浜―海鹿島
 9月12、13、19~21日の5日間、銚子電気鉄道とシアターキューブリックのコラボレーションによる演劇「銚電スリーナイン」がデハ702車内で公演され、デハ702を連結した団体臨時列車が銚子発14:51から外川発19:02まで5往復運行された。この列車は演劇車輌デハ702と一般乗客用の車輌の2輌編成で運行された。
齋藤大暉(千葉県)
2009_09_20_takeuchi_masayuki001.jpg 秋の重連運転に、コスモス・彼岸花も彩を与えた。「yu-yu」の文字と花柄の入った特製ヘッドマークも掲出。
'09.9.20 山口線 仁保―宮野 P:竹内正行

2009_09_20_saito_daiki001.jpg
いつものデザインのマークを模したものが掲げられた。

'09.9.20 山口線 津和野―船平山 P:齋藤大暉

2009_09_21_hayakawa_nobuhisa001.jpg
赤プレートのC57 1号機が先頭に立つSL〈やまぐちゆうゆう〉号。

'09.9.21 山口線 徳佐―船平山 P:早川信久

2009_09_21_saito_daiki001.jpg
2日目はC57 1が赤プレートとなった。

'09.9.21 山口線 徳佐―船平山 P:齋藤大暉
 9月20日および21日に、SL〈やまぐち〉号運転開始30周年記念イベントの一環として、岡山電車区所属の12系ジョイフルトレイン“ユウユウサロン岡山”を使用した、C57 1+C56 160の重連牽引によるSL〈やまぐちゆうゆう〉号が新山口―津和野間で運転された。両日とも往路はC57 1先頭、復路はC56 160先頭での牽引となった。また21日の運転ではC57 1のナンバープレートを赤いプレートに交換しての運転となった。

中司朔良(兵庫県)
2009_09_20_nakatsukasa_sakura002.jpg 北方貨物線経由で京都総合運転所に向かう502M回送(B4編成12連)。
'09.9.20 東海道本線(北方貨物線) 塚本信号場―吹田信号場
 関西地区唯一の寝台急行〈きたぐに〉(501M・502M)は、大阪発着に際して京都総合運転所間を北方貨物線を経由して回送される。またシルバーウィーク期間中には、多客期増結により12連で貨物線を行く583系が見られた。
 このルートによる回送電車は、撮影可能時間帯では4005M〈雷鳥5号〉の回4105M、4013M〈雷鳥13号〉の回4113Mもある。これらの列車は、長岡京―茨木の本線上を所定の編成と逆向きで走る点が興味深い。また、かつて直流機牽引時代の〈日本海〉〈つるぎ〉も同様であった。
西村典恭(三重県)
2009_09_20_fujitani_yusuke001.jpg 草津線を走る送り込み回送。
'09.9.20 草津線 三雲―貴生川 P:藤谷悠佑

2009_09_20_miura_shigemichi001.jpg
キハ181系6連で運転された〈紀勢本線全通50周年フィナーレ号〉(回送)。

'09.9.20 紀勢本線 亀山―下庄 P:三浦茂通

2009_09_20_nakano_tomoyuki001.jpg
新宮へ向かう送り込み回送。

'09.9.20 紀勢本線 多気―相可 P:中野智行

2009_09_20_nishimura_noritaka001.jpg
紀勢本線の名撮影地を行く、回9331D。

'09.9.20 紀勢本線 三瀬谷―滝原 P:西村典恭

2009_09_20_ohira_michiya001.jpg
紀勢本線を行くキハ181系 (回9331D)。

'09.9.20 紀勢本線 大内山―梅ヶ谷 P:大平充哉

2009_09_20_takeuchi_shigeo001.jpg
亀山駅に到着した〈紀勢本線全通50周年フィナーレ号〉。

'09.9.20 紀勢本線 亀山 P:竹内重夫
 紀勢本線の全通50周年の今年は、さまざまな祝賀イベントや記念列車が運転されているが、9月20日にJR西日本のキハ181系6連を使用した急行〈紀勢本線50周年フィナーレ号〉が運転された。
 列車は新宮発亀山行きの片道運転だったが、本運転用の送り込み回送が草津線経由で行なわれ、沿線には沢山のファンが詰め掛けた。その際、回9331Dには白地に青文字の本運転用トレインマークが掲げられ、JR側の粋な計らいが感じられた。

中司朔良(兵庫県)
2009_09_20_nakatsukasa_sakura001.jpg ターンテーブル南側に展示された1080号機。
'09.9.20 梅小路蒸気機関車館
 7月に日鉄鉱業から梅小路入りした1080号機だが、9月14日の譲渡式を経て、9月20日までターンテーブルの南側に屋外展示された。午前中は左サイド、午後からは機関士席のある右サイドが順光で撮影できた。また、9月21~23日は扇形庫内でキャブ内が公開されている。
増永祐一(東京都)
2009_09_23_masunaga_yuichi001.jpg 9月の運転は無事終了。今後もD51の活躍が期待される。
'09.9.23 上越線 後閑

2009_09_20_masunaga_yuichi001.jpg
スハフ12 162には、紺地に金色文字で「PC TRAIN 12」のテールマーク。

'09.9.20 上越線 水上

2009_09_20_masunaga_yuichi002.jpg
スハフ12 161には、金色地に「D51 水上紀行」。

'09.9.20 上越線 水上
 シルバーウィークの連休期間に当たる9月19・20・22・23日の計4日間、上越線の高崎―水上間でD51 498牽引の快速〈SLみなかみ〉が運転された。今後同列車は、10月3日から11月29日までの土曜・休日に運転される。
 また、使用客車である12系の貫通扉に特製テールマークが掲出された。水上寄りのスハフ12 162には「PC TRAIN 12」、高崎寄りのスハフ12 161には「D51 水上紀行」と書かれていた。

池本和樹(大阪府)
2009_09_20_munenori_katsuhiko001.jpg 8000系が中之島行き急行に充当された。
'09.9.20 京阪電気鉄道京阪本線 古川橋 P:宗則克彦

2009_09_22_ikemoto_kazuki002.jpg
ダイヤ改正後、中之島線に8000系が入線するようになった。

'09.9.22 京阪電気鉄道京阪本線 門真市―西三荘 P:池本和樹

2009_09_22_ikemoto_kazuki001.jpg
最終日は、8001Fと8008Fが充当。

'09.9.22 京阪電気鉄道京阪本線 滝井―土居 P:池本和樹
 京阪電気鉄道では、2009(平成21)年9月20日(日)~22日(火・祝)まで上下合わせて4本の臨時列車を運転した。
 臨時列車は8000系(8000系30番代を含む)が充当され、臨時急行と臨時特急が2本ずつ運転された。このうち臨時急行は樟葉発中之島行で、臨時特急は中之島発出町柳行であった。
 充当された編成は、20日は8004Fと8005F、21日は8009Fと8531F、22日には8001Fと8008Fがそれぞれ充当された。
 列車は大阪方に“水都大阪2009”の四角い副標が、京都方には“京都岡崎”の丸い副標が掲出されていた。

西村典恭(三重県)
2009_09_17_nishimura_noritaka001.jpg 運用最終日の3088レ。終点稲沢へ、ラストスパート。
'09.9.17 東海道本線 名古屋―枇杷島 P:西村典恭

2009_09_17_mabuchi_eisuke001.jpg
原色重連EF64 34(前)+EF64 31(次)の3088レ。

'09.9.17 東海道本線 清州―稲沢 P:馬渕英輔
 JR貨物愛知機関区所属EF64の中で、貨物会社機としては最後の原色だった31号機と34号機が6月中旬から再び原色重連を組んで活躍していたが、31号機の検査切れに伴なう措置により、惜しまれつつ重連組合せが解除された。先週末には31号機に休車の車票が入れられ、愛知機関区に留置されている。
 両機による重連の最終運用は9月17日(木)の3088レで、タキ15輌の返却だった。

後藤篤史(千葉県)
2009_09_19_goto_atsushi001.jpg 初めて京成上野まで向かう新型スカイライナーAE形。
'09.9.19 京成電鉄本線 京成臼井-京成佐倉
 新型スカイライナーAE形が8月27日に続く2度目の試運転を9月19日に行なった。
 試運転区間は宗吾参道→東成田→高砂(車庫に一旦入庫)→京成上野→空港第2ビル→宗吾参道で、今回初めて京成上野・空港第2ビルまで入線した。
高橋智也(群馬県)
2009_09_19_ohira_naoto001.jpg 80周年記念特製ヘッドマークを掲げ有名撮影地をゆっくりと走る。
'09.9.19 飯山線 信濃白鳥―平滝 P:大平直人

2009_09_19_takahashi_tomoya001.jpg
記念すべき路線を走る、旧型客車。

'09.9.19 飯山線 越後田中―津南 P:高橋智也

2009_09_19_minami_teruaki001.jpg
山間の駅でしばし停車。

'09.9.19 飯山線 森宮野原 P:南 輝明

2009_09_19_minami_teruaki002.jpg
列車の出発にあわせてセレモニーを開催。

'09.9.19 飯山線 十日町 P:南 輝明
 9月19日、長野―十日町間で〈飯山線全通80周年記念号〉が運転された。同列車は、今月1日に飯山線が全通から80周年を迎えたことを記念して運転されたもので、編成はDD16 11+旧型客車3輌だった。また、DD16 11には飯山線全通80周年記念の特製ヘッドマークが掲出された。
 同列車は翌20日にも運転されている。

坂口騎志治(神奈川県)
2009_09_19_sakkaguchi_kishiharu001.jpg 子供達の夢と希望も乗せている。
'09.9.19 相模鉄道相鉄本線 鶴ヶ峰
 「夏休み絵画コンクール」の作品を車内で展示して運行する“相鉄ギャラリートレイン”が、2009年9月中旬より運行を開始した。今回の運転で6回目となるものだが、先頭車輌へのステッカー式ヘッドマーク貼り付け及び側面へのステッカーの貼り付け等が行なわれ、最新鋭11000系の第2編成で運行されている。
中司朔良(兵庫県)
2009_09_19_nalkatsukasa_sakura001.jpg 75レを牽引し、加島跨線橋を定時通過するEF65 103〔岡〕。
'09.9.19 東海道本線(北方貨物線) 塚本信号場―尼崎
 9月19日は、未明からの西浜松、野洲、吹田、尼崎等で発生した輸送障害に湖西線の風規制も加わり、東海道・北陸スジの貨物列車には軒並み大幅な遅れが発生した。このため普段は日中に見られない列車を望ましい光線状態で撮影可能となった。
 この遅れは日没間際も収まらず、時期的に光線状態が限界に近付いた時間帯を通過する75レ(大阪タ1606発、吹田(信)1630発)の遅れが危惧されたが、下り貨物のうち同列車のみが定時通過した。
 当日は4機が健在する岡山区旧一般色EF65のうちの1機、103号機牽引とあって、多くのファンが待ち構えており、定時運転とあってファンを安堵させた。
福田智志(埼玉県)
2009_09_19_fukuda_satoshi002.jpg 東上線は51001Fと51091Fにヘッドマークが付いた。
'09.9.19 東武鉄道東上線 朝霞台
 東武鉄道では秋の全国交通安全運動にあわせて、今年も秋の全国交通安全運動のヘッドマーク付き電車を運行している。今年は50000系列に付けられており、東上線は51001Fと51091Fの2編成、伊勢崎線は51056Fと51066Fの2編成にヘッドマークが付けられている。
 なおヘッドマークのデザインは全編成共通である。
福田智志(埼玉県)
2009_09_19_fukuda_satoshi001.jpg 大井町線に転属した9009F。行先表示がフルカラーLEDになっている。
'09.9.19 東急電鉄大井町線 旗の台
 東急9000系の9009Fが大井町線に転属した。9000系が大井町線に転属するのは9002Fに続いて2本目。種別・行先表示器がフルカラーLEDに変更された。なお9000系で種別・行先表示器がフルカラーLED化されるのは、この編成が初めてである。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2009年9月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.