鉄道ホビダス

2009年5月25日アーカイブ

廣瀬 光(滋賀県)
2009_05_24_hirose_hikaru001.jpg 国鉄時代の姿を維持する1124号機が牽引。
'09.5.24 東海道本線 安土―能登川
 5月24日の大阪―彦根間(客扱いは京都―彦根間)において、EF65PF牽引による団体列車が運転された。注目の牽引機は前面窓が白Hゴム、貫通扉の塗り分けが国鉄時代のままを維持する1124号機が担当した。
 なお、事前運転情報では“サロンカーなにわ”での運転とのことであったが、実際は“あすか”による運転であった。
齋藤大暉(千葉県)
2009_05_24_saito_daiki001.jpg 煙を吐きながら青いトラス橋を渡る。
'09.5.24 只見線 会津蒲生―会津塩川 P:齋藤大暉

2009_05_24_yagi_muneyuki001.jpg
緑に包まれ旧客4輌を牽いて力走。

'09.5.24 只見線 会津川口―本名 P:八木宗幸
 5月23・24日に〈SL会津只見新緑号〉が会津若松―只見間に運転された。今回も真岡鐵道から借り入れたC11 325が高崎車両センター所属の旧型客車3輌を牽引するという、例年どおりのスタイルでの運行となった。また、同列車の運転に合わせ小出―只見間に新潟車両センター所属のキハ40系首都圏色車輌を用いた臨時列車〈只見リレー号〉も運転された。

長島久典(埼玉県)
2009_05_23_nagashima_hisanori001.jpg デキ201+12系で運転の〈ELパレオエクスプレス〉。
'09.5.23 秩父鉄道秩父本線 明戸―大麻生
 5月23日運転の〈SLパレオエクスプレス〉は、C58363の不調によりデキ201牽引による〈ELパレオエクスプレス〉として専用ヘッドマーク付きで運転された。
藤原直也(千葉県)
2009_05_24_fujiwara_naoya001.jpg 7輌で京葉線を駆け抜ける。
'09.5.24 京葉線 南船橋 P:藤原直也

2009_05_24_goto_atsushi001.jpg
久しぶりに千葉界隈を走る115系。

'09.5.24 武蔵野線 西船橋―船橋法典 P:後藤篤史

2009_05_24_shimizu_tomofumi001.jpg
大雨の中、115系が高崎線を走る。

'09.5.24 高崎線 北上尾 P:清水智文

2009_05_24_kiyomiya_mihiro001.jpg
回送で所属区に戻る115系。

'09.5.24 上越線 新前橋 P:清宮実寛
 高崎車両センター所属の115系T1043編成+T1144編成を使用した〈ひまわり号〉が運転された。
 運転区間は、新前橋―(回送)―水上―東京―新習志野間往復で、客扱い区間は水上―舞浜間であった。

田中 友(東京都)
2009_05_24_tanaka_yuu001.jpg 車輌撮影コーナーでは、残念ながら1500系のみがラインアップから漏れていた。
'09.5.24 京急ファインテック久里浜事業所 P:田中 友

2009_05_24_tanaka_yuu002.jpg
〈よしもとプリンスシアター号〉を名車デ1形が迎える。

'09.5.24 京急ファインテック久里浜事業所 P:田中 友

2009_05_24_fukuda_satoshi001.jpg
今年も雨の中での開催となった。

'09.5.24 京急ファインテック久里浜事業所 P:福田智志

2009_05_24_fukuda_satoshi002.jpg
新1000形で運転した貸切列車〈よしもとプリンスシアター号〉。

'09.5.24 京急ファインテック久里浜事業所 P:福田智志
 5月24日、「京急ファミリー鉄道フェスタ2009」が(株)京急ファインテック久里浜事業所で開催され、あいにくの空模様にもかかわらず今年も多くのファンや家族連れなどで賑わった。イベントでは車輌の展示撮影を中心に各種操作体験や部品等の販売が行なわれたほか、レイル・ファンとしても有名な人気漫才コンビ中川家の中川礼二氏が車掌に扮して同乗した臨時貸切電車〈よしもとプリンスシアター号〉も品川―会場間で運転され、会場内においても同氏のトークショーが実施された。

栗田富夫(香川県)
2009_05_23_kurita_tomio001.jpg DE10プッシュプルで運転された12系客車。
'09.5.23 予讃線 讃岐府中―国分
 去る5月23日、JR四国は同社の前身である讃岐鉄道丸亀―琴平間が開業120周年を迎えるにあたり、さまざまなイベントを実施した。記念列車の運転では、高知運転所の12系客車3輌がDE10のプッシュプル牽引で琴平―高松間を一往復し、貴重な走行シーンを提供してくれた。
田中 友(東京都)
2009_05_23_tanaka_yuu001.jpg 車輌展示広場のEF65 535、EF58 93と試乗会で試運転線を行く201系“四季彩”。
'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:田中 友

2009_05_23_tanaka_yuu002.jpg
鉄博入りの候補か? 大宮で長らく眠っているED62 17も展示された。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:田中 友

2009_05_23_fukuda_satoshi001.jpg
日光線の107系新塗装車輌も展示された。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:福田智志

2009_05_23_shimizu_tomofumi002.jpg
〈日本海〉のヘッドマークを付けたEF65 535。同機は時間毎にヘッドマークが交換された。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:清水智文

2009_05_23_shimizu_tomifumi007.jpg
JR貨物のEF64 1000番代が〈あけぼの〉のヘッドマークを付けた光景も、こういう時にしか見られない。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:清水智文

2009_05_23_nakanishi_yuichi002.jpg
台車をはずされた状態で展示された、DD51ラストナンバーの1805号機。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:中西裕一
 毎年恒例の「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」が5月23日、JR東日本大宮総合車両センター・JR貨物大宮車両所で開催された。今年も大勢のファンや家族連れが訪れ、人気の高いEF65 535を中心とした車輌展示や部品販売、各種実演・体験、試運転線で行なわれた201系“四季彩”の試乗会など、広い構内に所狭しと用意された盛り沢山のイベントを楽しんだ。

清水智文(東京都)
2009_05_22_shimizu_tomofumi003.jpg 試運転で、一旦東京総合車両センターへ向かうウラ152編成。
'09.5.22 東北本線(貨物線) 赤羽―田端操
 5月21日に新津から東大宮(操)へと配給輸送された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ152編成だが、翌5月22日に東大宮(操)→東京総合車両センター→南浦和の経路で試運転を行ない、浦和電車区へと入区した。

2009_05_22_shimizu_tomofumi001.jpg
高崎線の検測を終え上野へ向かう。

'09.5.22 東北本線 さいたま新都心―浦和 P:清水智文
●上越・吾妻・高崎・東北本線を検測 
清水智文(東京都)
 5月22日に勝田車両センター所属のE491系“East i-E”が上越・吾妻・高崎・東北本線で検測を行なった。運転経路は、新前橋→大前→高崎→大宮→上野→尾久であった(上野→尾久は回送)。


2009_05_23_kawai_shinnosuke001.jpg
居合わせた人々の注目を一身に浴びるE491系。

'09.5.23 東北本線 宇都宮 P:川井真之介
●東北本線を検測 
川井真之介(栃木県)
 5月23日にE491系“East i-E”が、東北本線の尾久―上野―尾久―(回送)―上野―黒磯―上野―(回送)―尾久の経路で検測を行なった。途中の宇都宮駅では、偶然居合わせた人々の注目を浴びていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2009年5月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.