鉄道ホビダス

2009年5月18日アーカイブ

清宮実寛(群馬県)
2009_05_18_koike_yuta001.jpg 半月ほど滞在した長野を後に、高崎を目指す。
'09.5.18 篠ノ井線 稲荷山─姨捨 P:小池裕太

2009_05_18_koike_yuta002.jpg
八ヶ岳をバックに快走する。

'09.5.18 中央本線 長坂―日野春 P:小池裕太

2009_05_18_kiyomiya_mihiro001.jpg
長野から帰ってきたEF64 1001と旧客4輌。

'09.5.18 高崎線 吹上―行田 P:清宮実寛
 〈いいやま菜の花まつり号〉と〈ナイトビュー更科号〉に使用された高崎車両センター高崎支所所属の旧型客車4輌(スハフ42 2234+オハ47 2261+オハ47 2246+オハニ36 11)が長野から高崎まで返却回送された。牽引機はEF64 1001が全区間担当した。

田路和男(兵庫県)
2009_05_16_touji_kazuo001.jpg 豊岡鉄道部に到着した記念列車。
'09.5.16 豊岡鉄道部

2009_05_16_touji_kazuo002.jpg
DE15が展示され、係員による説明を受けた。

'09.5.16 豊岡鉄道部
 去る5月16日に、甲南大学鉄道研究部創立50周年記念列車がサロンカーなにわ5連を使用し、神戸から播但線経由で豊岡までの往復で運転された。この列車は、途中姫路から運転方向が変わるために、大変珍しいDD51プッシュプルとなり、宮原の1183、1193号機が牽引、沿線各駅や撮影名所では多くの撮影者を集めた。また、当日は豊岡鉄道部において、DE15やキハ47、軌道自動自転車などが展示され、説明や試乗会なども行なわれた。

藤原直也(千葉県)
2009_05_16_fujiwara_naoya001.jpg 第12回目を迎えた〈東京・南会津サイクルトレイン〉。
'09.5.16 東武鉄道伊勢崎線 牛田―北千住
 5月16・17日に東武鉄道で〈東京・南会津サイクルトレイン〉が運転された (16日は浅草・北千住→会津高原・会津田島間、17日は会津田島→北千住・浅草間)。また編成は会津田島方から、6156F+6157Fであった。
佐々木祐治(北海道)
2009_05_16_sasaki_yuji001.jpg 塩狩駅の桜と〈塩狩さくらノロッコ号〉。
'09.5.16 宗谷本線 塩狩

2009_05_16_sasaki_yuji002.jpg
和寒から塩狩に回送されるノロッコ編成。

'09.5.16 宗谷本線 和寒―塩狩
 JR北海道旭川支社では、5月15~17日の3日間、今年も「和寒ジンギスカンと塩狩峠で花見の旅」の団体専用列車〈塩狩さくらノロッコ号〉を運転した。
 運転区間は旭川―塩狩間で、塩狩―和寒間は回送扱い。編成は、ノロッコ色DE15 1534使用した旭川支社のノロッコ編成が使用された。
 塩狩駅近辺は、例年だとちょうど桜が見頃の季節で〈ノロッコ号〉と桜の組み合わせが楽しめるが、今年の道内はゴールデンウイーク気温が高く晴天が続いたため、桜の開花が一週間ほど早く、残念な結果となった。それでも旭川地方は連日天気に恵まれ、塩狩駅近辺にはたくさんの観光客が訪れていた。

宇田 映(愛媛県)
2009_05_17_uda_utsuru001.jpg 久しぶりの本線走行となった12系。
'09.5.17 土讃線 琴平―塩入

2009_05_17_uda_utsuru002.jpg
新緑が美しい土讃線を走る〈どつぼ列車アフタヌーン大歩危〉号。

'09.5.17 土讃線 箸蔵―佃
 5月17日、JR四国高知運転所所属の12系を使用した団臨が高松―大歩危間で運転された。
 これは「どつぼ列車・アフタヌーン大歩危」と題した列車で、昨年国鉄色のキハ58・65・47を使用し、高松―高知を往復した〈どつぼ列車〉の企画者が再度企画、運用のなくなった12系を使用し走らせたものである。
 編成は牽引がDE10 1095、客車がスロフ12-6+オロ12-9+オロ12-10であった。レイル・ファンが走らせるだけあり、企画の内容はとても充実したもので、別途撮影者のためにボンネットバスをチャーターして撮影ポイントに送迎したり、参加者には豪華なプレゼントも用意されたようである。また撮影しやすいようにダイヤも考えられており、途中駅での長時間停車や、大歩危鉄橋での徐行等、乗り・撮りと両方楽しめる上、客車での運行であった事から、悪天候にもかかわらず関西はもとより、関東方面からも多くのファンが四国入りしていたようである。

鈴木岳人(兵庫県)
2009_05_16_suzuki_taketo001.jpg 今春から営業運転を開始した7000系も展示された。
'09.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地 P:鈴木岳人

2009_05_16_suzuki_taketo002.jpg
1000系リバイバル塗装の第5弾である旧秩父鉄道色も展示された。

'09.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地 P:鈴木岳人

2009_05_16_suzuki_taketo003.jpg
デキ201号の運転台も公開された。

'09.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地 P:鈴木岳人

2009_05_16_fukuda_satoshi001.jpg
今年の会場直通列車は7000系と1000系ウグイス色。

'09.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地 P:福田智志

2009_05_16_fukuda_satoshi002.jpg
旧塗装の1000系の正面。

'09.5.14 秩父鉄道 広瀬車両基地 P:福田智志

2009_05_16_nakata_seiga001.jpg
上長瀞停車する7000系の臨時増発列車。

'09.5.14 秩父鉄道秩父本線 上長瀞 P:中田聖河
 秩父鉄道では、5月16日に広瀬車両基地で「2009わくわく鉄道フェスタ」を開催した。今年も車両基地までの臨時列車が運行され、今回は7000系も加わった。
 イベント内容もパンタグラフの操作体験や、デキ201号の運転台の体験乗車などの企画が今年から加わり充実した内容であった。また、秩父鉄道1000系のリバイバル塗装の第5弾である旧秩父鉄道色の編成も公開された。

廣村典彦(兵庫県)
2009_05_14_hiromura_norihiko001.jpg 上郡で折り返し上って行くキハ181系。
'09.5.14 山陽本線 有年―相生
 毎年ゴールデンウイーク後に恒例となっている姫路、神戸から奈良、伊勢方面への集約臨の運転が今年も始まった。キハ181系5連使用で運転区間は向日町―上郡―奈良―伊勢―(ヨ)―草津―網干―向日町。昨年と違うのは、送り込み回送時に有年駅3番線使用中止により有年折り返しから上郡折り返しに変更になったことである。キハ181系は新型車輌への置き換えが発表されており、今後の動きが注目される。
清水智文(東京都)
2009_05_16_shimiuzu_tomofumi001.jpg 大船を通過する。
'09.5.16 東海道貨物線 大船
 5月16日、日本車両製造で製造された京王9000系が、豊川から川崎貨物まで甲種輸送された。このうち西浜松から川崎貨物までは新鶴見機関区所属のEF65 1065が牽引を担当した。

【JR東】花輪線で工臨運転

鎌田 潔(秋田県)
2009_05_16_kamata_kiyoshi001.jpg 秋田から工臨運転のため花輪線荒屋新町へ向かうDE10重連。
'09.5.16 奥羽本線 鮎川―鹿渡

2009_05_16_kamata_kiyoshi002.jpg
作業を終え秋田に戻るDE10重連。

'09.5.16 奥羽本線 羽後飯塚―大久保
 5月16日早朝、工臨運転のため秋田車両センター所属のDE10が重連で秋田から花輪線荒屋新町へ向かい、工臨を運転後に秋田へと戻った。復路はDE10 1646と1759のプッシュプルとなり、荷は定尺レール輸送用チキ車(空)であった。

中川健成(大阪府)
2009_05_16_nakagawa_kensei001.jpg 地下鉄堺筋線から嵐山へ直通運転する臨時列車。
'09.5.16 阪急電鉄千里線 柴島付近

2009_05_16_nakagawa_kensei002.jpg
嵐山発天下茶屋行の臨時列車。

'09.5.16 阪急電鉄嵐山線 嵐山
 阪急電鉄では大阪市営地下鉄堺筋線との相互乗り入れ運行開始から開業から今年で40年を迎える事となり、これに先立って5月16(土)・17(日)・23(土)・24日(日)の4日間、一般営業運転の列車としては初めて地下鉄堺筋線と嵐山線を直通運転する列車の運行を行なう。
 運行区間は天下茶屋―嵐山で、停車駅は地下鉄堺筋線内各駅(天下茶屋~天神橋筋六丁目)と嵐山線内各駅(桂~嵐山)で、途中の駅(天神橋筋六丁目―桂)は全て通過となった。
 嵐山線内でのホーム長の関係から6輌編成の車輌が用いられ、地下鉄堺筋線内で6輌編成の営業列車が久々に運行することとなった。
 また、直通運転の列車には貫通路部分に標識板が付けられたほか、車体側面にも臨時運行列車区間を書いたステッカーが付けられ、車内の列車種別ごとの停車駅案内も専用のものが付けられた。
 その後、5月23(土)・24日(日)も同列車の運行を行なう予定だったが、関西地区での新型インフルエンザの発生、感染拡大により運行休止となった。

南 輝明(神奈川県)
2009_5_16_minami_teruaki001.jpg スイッチバックのために浜川崎駅に立ち寄る。
'09.5.16 南武線(南武支線) 浜川崎 P:南 輝明

2009_05_16_sakai_kenichiro001.jpg
颯爽と南武線内を行く、伊豆急行2100系。

'09.5.16 南武線 矢川―西国立 P:酒井健一郎

2009_05_16_sakai_kenichiro002.jpg
多摩の山々を背に普段とは趣の異なる武蔵野路を行く“リゾート21”。

'09.5.16 南武線 矢川―谷保 P:酒井健一郎
 静岡県下田市で開催された「第70回黒船祭」にあわせ、5月16日(土)に臨時特急〈リゾート踊り子91号〉が“リゾート21・黒船電車”にて立川―伊豆急下田間で運転された。
 南武線・南武支線に特急列車が運転されるのは、南武線開通以来初めて。また、列車は南武支線浜川崎駅構内にてスイッチバックが行なわれ、東海道貨物線へ入線。通常の営業運転では見られない経路であった。

桜井 隆(新潟県)
2009_05_15_sakurai_takashi001.jpg 上野へ向けて送り込み回送される新潟車両センターK1編成。
'09.5.15 上越線 北堀之内―越後堀之内 P:桜井 隆

2009_05_15_shimizu_tomofumi001.jpg
やはりこの車輌は上野駅が似合う。

'09.5.15 東北本線 上野 P:清水智文
 5月15日(金)に新潟車両センターの485系K1編成6輌が越後石山―上野間を走行した。18日までに回送を含めて新潟―上野間を2往復する予定。
 昼間の時間帯に〈ムーンライト〉用のK編成が上越線を走行するのは稀だと思われる。

清水智文(東京都)
2009_05_15_shimizu_tomofumi002.jpg この時期は運転頻度の高い集約臨。
'09.5.15 東北本線(貨物線) 田端操―赤羽
 5月15日に田町車両センター183・189系のH61編成を使用した臨時列車が、鎌倉→日光→山北間で運転された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2009年5月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.