鉄道ホビダス

2008年12月15日アーカイブ

結城直紀(東京都)
2008_12_14_yuki_naoki001.jpg 2色LEDのまま営業運転に復帰した2055F。
'08.12.14 西武鉄道新宿線 小平―花小金井
 先日更新工事を終え東急車輛を出場した2055Fが営業運転に復帰した。改造内容は前回の2081Fと同様だが、今回はフルカラーLEDに交換されず2色LEDのまま営業運転に復帰している。
田中 友(東京都)
2008_12_14_tanaka_yuu002.jpg 品川駅で展示中のE231系中央・総武緩行線“ピクチャートレイン美術館”。
'08.12.14 東海道本線 品川
 特別支援教育の理解促進・啓発のために児童たちの絵画作品を展示した“ピクチャートレイン美術館”が昨年に引続き運転される。今回は12月15~26日が中央・総武緩行線(E231系)、1月5~17日が中央快速線(E233系)で運転される。
 これに先立ち14日の品川駅では児童たちを招待してオープニングセレモニーや車輌の内覧が行なわれた。
宮川政樹(東京都)
2008_12_14_miyagawa_masaki001.jpg 新所沢から小手指への発車場面。
'08.12.14 西武鉄道新宿線 新所沢
 西武鉄道では本年度鉄道事業設備投資計画にて、2000N系電車のバリアフリー化更新工事を24輌施工することを発表しているが、前週12月6日に2055Fが東急車輛から出場したのを受けて、次の更新対象車である2093Fを送り込むため、E31形電気機関車の牽引で南入曽車両基地を出発した。
 2093Fは新所沢から直接新秋津へ送り込めないため、一度小手指車両基地に入庫した後、機回しを行ない小手指→所沢へと輸送された。
 所沢からは翌15日の午前中にJR武蔵野線新秋津まで輸送され、そこからJR線内を経由して東急車輛に送り込まれることになっている。
原 将人(北海道)
2008_12_12_hara_masato001.jpg 夕刻の札幌駅に入線した蒸気機関車に驚く人も多い。
'08.12.12 函館本線 札幌
 函館本線札幌―小樽間を結ぶクリスマスシーズンの人気列車〈SLクリスマスin小樽〉が、12月12日より運行を開始した。
 今年の運転は12月12~14、19~21、23~25日の9日間で、平日は会社帰り仲間やカップルで楽しめる18時台の発車、休日はファミリーで楽しめる14時台の発車と、2パターンのダイヤが用意されているのは例年通り。
 牽引はヘッドマークやデフ、サイドタンクにイルミネーションを施されたC11 207号機で、後部にDE15の補機が連結される。カフェカーを含む4輌編成の旧型客車の車内にもツリーなどの装飾が施され、クリスマスムード満点。車内ではサンタコスチュームの客室乗務員が乗車記念のクリスマスカードとオリジナルグッズを乗客にプレゼントしてくれる。
今井亮介(東京都)
2008_12_13_imai_ryosuke001.jpg 柔らかい日差しを浴び、「光の街」へ。
'08.12.13 東北本線 松川―金谷川
 12月12日より開催となった「2008SENDAI光のページェント」および、開催中の「仙台・宮城DC」に併せ、13・14日にキハ28+キハ58(小牛田車・修学旅行色)を使用した〈おもいでページェント号〉が、郡山―仙台間にて運転された。
 久しぶりに「おもいで」ヘッドマークを取付けての運転となったが、引退迫る同編成が福島以南を走行するのは今回で最後となるかもしれない。
田中 友(東京都)
2008_12_14_tanaka_yuu001.jpg 撮影会でリバイバル特急〈あまぎ〉と並ぶ。さよなら運転には右側の200系が使用された。
'08.12.12 伊豆急行伊豆急行線 伊豆急下田
 7月に定期運用から退いていた伊豆急200系(元JR東日本113系・115系)の引退を記念したイベントが12月14日に行なわれた。
 イベントのメインとなったさよなら運転では、臨時の快速列車を伊東→伊豆急下田・伊豆急下田→伊豆高原間に運転。折返しの合間の時間を使って実施された伊豆急下田駅構内での撮影会には運転日の重なったリバイバル特急〈あまぎ〉も加わり、200系の引退に花を添えた。
鎌田 潔(秋田県)
2008_12_12_kamata_kiyoshi004.jpg 秋田貨物ターミナル発の1657レ機次位無動で回送されるDE10 1591。
'08.12.12 奥羽本線 上飯島

2008_10_18_kamata_kiyoshi001.jpg
10月18日入場時のDE10 1591。

'08.10.18 奥羽本線 土崎
 10月18日にJR東日本秋田総合車両センターに入場していた仙台総合鉄道部所属のDE10 1591が新更新色となり12日に出場、秋田貨物ターミナルまで回送された。その後、同機は翌13日の秋田貨物ターミナル発1657レ本務機EF510 -11(富山)の機次位無動で宮城野まで回送されている。

福田智志(埼玉県)
2008_12_14_fukuda_satoshi001.jpg 懐かしい特急〈あまぎ〉号が運転された。東京方は絵入りマークを掲出。
'08.12.14 伊東線 伊東 P:福田智志
 

2008_12_14_fukuda_satoshi002.jpg
引退した伊豆急200系との並びも実現した。

'08.12.14 伊豆急行伊豆急行線 伊豆急下田 P:福田智志

2008_12_13_nagata_yuki001.jpg
東海道を走る〈あまぎ〉号。

'08.12.13 東海道本線 川崎―横浜 P:長田悠樹

2008_12_14_sawano_satoshi001.jpg
往年の名特急〈あまぎ〉が、2日間だけ帰ってきた!! 

'08.12.14 東海道本線 熱海 P:沢野 聡
 JR東日本及び伊豆急行では、12月13日~14日の2日間、リバイバル特急 〈あまぎ〉号を東京―伊豆急下田間で運転した。
 これは伊東線開業70周年を記念して運転された列車で、2日間とも183系国鉄色8輌編成が使用された。またヘッドマークは伊豆急下田方が文字マーク、東京方が絵入りマークであった。

今井亮介(東京都)
2008_12_13_imai_ryosuke002.jpg スキーツアー客を降ろして、所属区へと戻る。
'08.12.13 東北本線 岩沼―館腰
 12月12日(金)~13日(土)にかけて、583系(仙台車)を使用した東京都心から裏磐梯のグランデコスノーリゾートへのアクセス団体臨時列車〈クリスマススノートレイン裏磐梯号〉が、大船―猪苗代間で運転された。  また毎年恒例となっている、シールによる専用ヘッドマークも取り付けられた。なお12月19日(金)にも同様の列車が運転される予定。

大村聡志(神奈川県)
2008_12_13_omura_satoshi001.jpg
横浜駅では多くのファンに囲まれた。
'08.12.13 東海道本線 横浜 P:大村聡志

2008_12_15_omura_satoshi001.jpg
ヘッドマークが誇らしげだ。

'08.12.15 東海道本線 根府川―早川 P:大村聡志

2008_12_15_muramatsu001.jpg
眩しい朝日を受け、東京を目指すEF65PF牽引の〈富士・はやぶさ〉。

'08.12.15 東海道本線 函南 P:村松且富

2008_12_15_kasahara_hirokazu001.jpg
富士山バックで快走する〈富士・はやぶさ〉。

'08.12.15 東海道本線 平塚―茅ヶ崎 P:笠原広和
 12月13日の1レ寝台特急〈富士・はやぶさ〉は、本来の牽引機であるEF66 46に不具合が生じたため、田端機関区のEF65 1107が充当された。また同機は折り返しとなる12月14日(始発駅基準)の2レも牽引した。
 8月26日にはEF66 53の故障により急遽EF65 1106が救援する事態が発生したが、今回はヘッドマークを掲出しての運転となり注目された。
 なお、EF66 46は12月14日の1レを下関まで牽引している。

野村哲真(東京都)
2008_12_14_nomura_tetsuma001.jpg
DD51 833の牽引で近畿車輛を発つ683系4000番代。
'08.12.14 近畿車輛専用線
 12月14日に485系〈雷鳥〉置換用の683系4000番代9輌が近畿車輛を出場し、徳庵から
金沢へと甲種輸送された。牽引機は近畿車輛―吹田信号場間がDD51 833、吹田信号場―金沢間がEF81 119であった。
 なお683系4000番代は、従来の683系とは異なった仕様になっている模様。

野村哲真(東京都)
2008_12_13_nomura_tetsuma001.jpg 連結器の銀挿しが映える。
'08.12.13 上越線 上牧―後閑 P:野村哲真

2008_12_13_tomita_tomoya001.jpg
上越線の勾配を力強く走るEF55。

'08.12.13 上越線 津久田―岩本 P:富田智哉

2008_12_14_imai_ryosuke001.jpg
“ムーミン”+〈ばんえつ物語号〉用12系、最初で最後の組み合わせ。

'08.12.14 上越線 後閑―上牧 P:今井亮介

2008_12_14_imai_ryosuke002.jpg
復路では天候が回復。夕日を浴びて高崎へ。

'08.12.14 上越線 上牧―後閑 P:今井亮介

2008_12_14_koike_syota001.jpg
雨が上がった後の曇り空の中、EF55が行く。

'08.12.14 上越線 沼田―後閑 P:小池翔太
 EF55 1号機が引退するのを惜しみ、さよなら列車が多数運転されているが、第2弾として12月13・14日に〈ばんえつ物語号〉用12系客車を使用した快速〈さよならEF55みなかみ号〉が高崎―水上間で運転された。
 今回の運転では連結器に銀挿しが施されたが、同機の連結器に銀挿しが行なわれたのは恐らく初めてのことと思われる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2008年12月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.