鉄道ホビダス

2008年12月 9日アーカイブ

今井亮介(東京都)
2008_12_09_imai_ryosuke001.jpg
黒光りする特別車輌E655-1。
'08.12.9 山手貨物線 恵比寿―渋谷 P:今井亮介

2008_12_09_sakai_kenichiro001.jpg
 

'08.12.9 中央本線 四ツ谷―御茶ノ水 P:酒井健一郎

2008_12_09_sakai_kenichiro002.jpg
 

'08.12.9 中央本線 御茶ノ水―四ツ谷 P:酒井健一郎

2008_12_08_sakai_kenichiro001.jpg
 

'08.12.8 中央本線 御茶ノ水―四ツ谷 P:酒井健一郎
 12月5日(金)に行なわれた、松本車両センターE257系と特別車輌E655-1との併結試運転だが、8日(月)および9日(火)にも5日と同様の行程で運転された。

 なお行程は大崎→(回送)→新宿→津田沼→両国→津田沼→両国→津田沼→新宿→(回送)→大崎であった。

○関連記事
【JR東】E257+E655-1併結試運転

【名鉄】〈いなり号〉運転

小川貴浩(愛知県)
2008_12_06_ogawa_takahiro001.jpg
展望席に多数のカメラが並ぶ「いなり号」。
'08.12.6 名古屋鉄道名古屋本線 名電山中―本宿
 引退間近いパノラマカー(7011F)を使用した〈いなり号〉が12月6日に運転され、豊明―豊川稲荷間を1往復した。沿線には多くのファンが訪れた。なお豊明到着後、撮影タイムが設けられた。

辻 晴穂(北海道)
001_2008_11_26_tsuji_haruo.jpg
DD51 1067が牽引する9172レ。
'08.11.26 室蘭本線 稀府―北舟岡

002_2008_11_29_tsuji_haruo.jpg
29日の9172レ。24系25形10輌+キハ183系3輌をDD51 1167が牽引。

'08.11.29 室蘭本線 稀府―北舟岡

009_2008_11_29_tsuji_haruo.jpg
函館本線を行く9172レ。

'08.11.29 函館本線 長万部―中ノ沢

015_2008_11_26_tsuji_haruo.jpg
EH500-19にバトンタッチするとともに、機次位にDD51を連結。 9172レ

'08.11.26 江差線 五稜郭

017_2008_11_29._tsuji_haruo.jpg
29日はEH500-54が牽引。同様に機次位にDD51を連結。 9172レ

'08.11.29 江差線 五稜郭
 釧路運転所・函館運転所・五稜郭車両所に留置してあった24系25形客車、キハ183系気動車、DD51がミャンマーへ輸出されることとなり、11月26・29日に海峡線経由で川崎貨物へ甲種輸送列車が運転された。
 26日の東室蘭(操)からの編成はDD51 1067〔鷲〕が牽引、函館寄りからオハ25形×1輌、オハネ24形×1輌、オロハネ25形×6輌の計8輌であった。五稜郭で向きが反転し、オハ25の後にキハ183系気動車5輌が、オロハネ25形の前にDD51が1輌連結され、全14輌という長大編成となり、EH500-19〔仙貨〕が五稜郭から川崎貨物まで牽引した。
 29日の東室蘭(操)からの編成はDD51 1167〔鷲〕が牽引、24系25形客車10輌とキハ183系気動車3輌の全13輌という編成であった。こちらも五稜郭で向きが変わり、キハ183系気動車3輌を後方に付替え、オロネ25形の前にDD51を1輌連結し、全14輌となってEH500-54〔仙貨〕が五稜郭から川崎貨物まで牽引した。
 両日とも北海道内では東室蘭(操)から八雲辺りまでが走行撮影可能な時間帯に運転されたことと、大沼駅と五稜郭駅では停車時間に余裕があったため、いずれも大勢のファンに見送られた。
 なお27・29日の4091レは、それぞれ前日の9172レの機関車返却回送のためDD51重連で運転となった。

○関連記事
JR貨JR北】 〈北斗星〉用車輌 ミャンマーへ向けて輸送


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2008年12月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.