鉄道ホビダス

2008年12月 8日アーカイブ

酒井健一郎(東京都)
2008_12_07_sakai_kenichiro004.jpg  
'08.12.7 大糸線 信濃常盤―安曇沓掛
 12月6、7日の両日、大糸線においてしなの鉄道の湘南色169系を使用した急行〈アルプス号〉が運転されたが、その運転に合わせて信濃大町駅においてDD16 302が展示された。同車は信濃大町駅において〈アルプス号〉との並ぶ姿も見られた。  また展示に合わせて大糸線松本―信濃大町間において往路は6日、復路は7日にそれぞれ自力による回送列車が運転され、こちらにも多くのファンがカメラを向けていた。
酒井健一郎(東京都)
2008_12_05_sakai_kenichiro001.jpg  
'08.12.5 総武本線 浅草橋―両国
 12月5日に松本車両センターのE257系と特別車輌E655-1との併結試運転が中央本線・総武本線にて実施された。本来は“なごみ(和)”ことE655系との組み合わせで運用されることが前提といえる車輌だが、営業路線上での他形式との試運転は今回が初めてあり、貴重な姿を提供してくれた。
加藤広敏(東京都)
2008_12_06_kato_hirotoshi001.jpg 小手指から南入曽への発車場面。
'08.12.6 西武鉄道池袋線 小手指 P:加藤広敏

2008_12_05_takamachi_nanoha001.jpg
前日の5日には飯能方よりE34+E31の編成が横瀬から武蔵丘へ回送。

'08.12.5 西武鉄道池袋線 高麗 P:高町奈乃葉
 東急車輛での更新工事を終えた2000N系電車を12月6日にE31重連が新秋津→小手指→南入曽の行程で牽引した。今回の牽引機はE31+E34の重連であった。この2000N系輸送のため、E31+E34は5日に横瀬→武蔵丘、6日に武蔵丘→新秋津で回送されている。また輸送終了後は7日に南入曽から武蔵丘に回送されている。

酒井健一郎(栃木県)
2008_12_04_sakai_kenichiro001.jpg  
'08.12.4 米坂線 坂町―越後大島

2008_12_04_sakai_kenichiro002.jpg
 

'08.12.4 米坂線 越後片貝―越後金丸
 各地より雪の便りを聞くこの頃、豪雪で名をはせる米坂線においてもラッセル車の試運転が開始された。冬季の安全輸送に向けた準備と共に訪れる冬を実感させてくれるこの試運転列車を収めようと沿線には熱心なファンが訪れていた。

福田智志(埼玉県)
2008_12_07_fukuda_satoshi001.jpg 出発を待つ“もみじ号”。
'08.12.7 高尾登山電鉄 高尾山

2008_12_07_fukuda_satoshi002.jpg
清滝にて出発を待つ“あおば号”。

'08.12.7 高尾登山電鉄 清滝
 高尾山ケーブルカーの旧型車輌が12月7日で引退した。現在の高尾山ケーブルカーは1968年に登場し、40年間活躍をしてきた。最終日はいつもと変わらない姿で運転となった。なお12月8~22日までは新型車輌の搬入により運休となり、12月23日から新型車輌による運転を開始する。

中野智行(三重県)
2008_12_06_nakano_tomoyuki001.jpg 香枦園に入線する近鉄車輌。
'08.12.6 阪神電気鉄道本線 香枦園
 阪神なんば線開業準備に備え、近鉄車を使用した試運転が日中に阪神線内の尼崎―三宮間にて実施されている。

【JR東】〈EL奥利根号〉運転

岡田雄太郎(栃木県)
2008_12_06_okada_yutaro001.jpg 小雪舞う水上を発車するEF55 1+EF64 1001牽引の快速〈EL奥利根号〉。
'08.12.6 上越線 水上―上牧 P:岡田雄太郎

2008_12_06_miyagawa_masaki001.jpg
上野出発直後の〈EL奥利根号〉。磨き上げられたボディに陸橋の橋脚が映りこむ。

'08.12.6 東北本線 上野―尾久(鶯谷付近) P:宮川政樹

2008_12_06_miyagawa_masaki002.jpg
上り〈EL奥利根号〉。名所・第一利根川橋梁を渡る。

'08.12.6 上越線 渋川―敷島 P:宮川政樹
 さよならEF55シリーズの第一弾として12月6日に上野―水上間でEF55 1+EF64 1001牽引による快速〈EL奥利根号〉が運転された。
 下りは全区間をEF55 1+EF64 1001による重連牽引、上りは水上―高崎間をEF55 1+EF64 1001の重連、高崎―上野間はEF64 1001が牽引した。

廣瀬 光(滋賀県)
2008_12_06_hirose_hikaru001.jpg 久々にローズピンク色のEF81牽引で加賀温泉へ向かう“サロンカーなにわ”。
'08.12.6 北陸本線 新疋田―敦賀

2008_12_06_hirose_hikaru002.jpg
糸魚川へ向け、夕暮れのマキノ―永原を行く“あすか”。

'08.12.6 湖西線 マキノ―永原

2008_12_07_hirose_hikaru003.jpg
夕暮れの新疋田に戻ってきた“サロンカーなにわ”。

'08.12.7 北陸本線 敦賀―新疋田
 いよいよ冬本番となった北陸へ向けて、12月6日に“サロンカーなにわ”を用いた団体列車が大阪―加賀温泉間で運転された復路は12月7日金沢―大阪間の予定)。
 また先月から網干総合車両所での全検出場後頻繁に運用に就いている“あすか”も、同日に糸魚川―加賀温泉往復(往路12月7日、復路は12月8日予定)のために宮原操より糸魚川へ向けて回送された。
 なお“サロンカーなにわ”については減車運用が目立つ中、今回は7輌フル編成での運用となった。

【JR西】0系さよなら運転

大村聡志(東京都)
2008_12_06_omura_satoshi001.jpg 多くのファンが見守るなか、通過線を駆け抜ける。
'08.12.6 山陽新幹線 西明石
 12月6日に「0系さよなら運転」として、〈ひかり347号〉(新大阪→博多)が運転された。R68編成が充当し、博多総合車両所→新大阪で送り込み回送が行なわれた上で運用された。沿線撮影地や各駅には多くのファンや親子連れが集まり、賑わいを見せた。
平林浩文(長野県)
2008_12_06_hirabayashi_hirofumi001.jpg 久々に大糸線を走行する169系。
'08.12.6 大糸線 梓橋―一日市場 P:平林浩文

2008_12_07_sakai_kenichiro001.jpg
 

'08.12.7 大糸線 一日市場―中萱 P:酒井健一郎

2008_12_07_sakai_kenichiro002.jpg
 

'08.12.7 大糸線 信濃森上―白馬大池 P:酒井健一郎

2008_12_07_sakai_kenichiro003.jpg
 

'08.12.7 大糸線 信濃常盤―安曇沓掛 P:酒井健一郎
 JR東日本長野支社では、しなの鉄道所有の169系車輌を使用し「169系湘南色で行く信州の旅シリーズ」第二弾として松本―南小谷間で急行〈アルプス〉号を運転した。この運転は7日にも実施された。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2008年12月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.