鉄道ホビダス

2008年8月25日アーカイブ

小川貴浩(愛知県)
2008_08_25_ogawa_takahiro.jpg 日中に東海道を下る回送の〈富士・はやぶさ〉編成。
'08.8.25 東海道本線 笠寺―熱田
 8月24日からの大雨の影響で同日発の下り〈富士・はやぶさ〉が運休になったことから、上り列車の車輌が不足となり、25日に品川から九州へ向けて送り込み回送が実施された。この関係で25日発の〈富士・はやぶさ〉は上下列車とも全区間運休となった。

福田智志(埼玉県)
2008_08_23_fukuda_satoshi001.jpg
“海の図画号”となった8000系。
'08.8.23 伊豆急行 伊豆熱川

2008_08_23_fukuda_satoshi002.jpg
“海の図画号”の前面に付けられたマーク。

'08.8.23 伊豆急行 伊豆熱川
 伊豆急行は、8月5日~31日まで“海の図画号”を運行している。“海の図画号”は第39回小学生海の図画コンクールの入選作品を展示した列車で、前面窓部分にマークを付けている。

小川貴浩(愛知県)
2008_08_24_ogawa_takahiro.jpg
東海道を上る8862レ。
'08.8.24 東海道本線 西小坂井―豊橋
 8月23~24日にかけて、日立製作所・下松より熊谷貨物ターミナルまで東武鉄道50070系の甲種輸送が実施された。東海道本線の牽引機はEF66 106であった。

宗則克彦(奈良県)
2008_8_22_munenori_katsuhiko.jpg
8輌編成のため特急にも使われることもある。
'08.8.22 京阪電鉄京阪本線 森小路
 京阪電鉄では本線系統の車輌の塗装変更が進んでいるが、6000系1編成が新塗装となり、8月上旬から営業運転を開始している。
 新塗装になったのは、出町柳方から6008-6108-6608-6508-6758-6558-6158-6058の8輌である。
 既に新塗装となっている7200系と同様に前面に黒色の半円も塗装されているが、6000系は前面窓の位置がやや高いため、黒色の面積が多くなっているのが特徴である。

細外里人(東京都)
2008_08_24_hosogai_rijin.jpg
旅客、貨物会社の壁を越えた連携プレーで見事に到着。
'08.8.24 篠ノ井線 南松本
 8月23日隅田川発の北長野行き貨物2459列車が笹子付近にて牽引機の車輌トラブルに見舞われた。同列車は笹子付近で一旦停車後、甲府まで運転。甲府より列車編成前に甲府に駐在していたEF64 39(JR東日本高崎車両センター所属)を連結、牽引のEF64 1023を後機にして篠ノ井まで運転した。甲府常駐機でない同機が救援にあたることは非常に珍しいことといえる。

【JR貨】チキ10輌返却輸送

早川信久(静岡県)
2008_08_23_hayakawa_nobuhisa.jpg
自衛隊機材輸送が終わり帰路に着くチキ達。
'08.8.23 東海道本線 金谷―島田
 8月23日に、自衛隊機材輸送で使用されたチキ6000と7000の10輌が3460レのスジで返却輸送された。牽引機は新鶴見機関区の三色更新赤プレート機のEF65 1067号機だった。

田中 友(東京都)
2008_08_23_tanaka_yu001.jpg
高崎から運ばれたEF65 501などが並ぶ新旧車輌展示会場。
'08.8.23 東京総合車両センター P:田中 友

2008_08_23_tanaka_yu002.jpg
EF58 61もクモハ12と並んで展示された。

'08.8.23 東京総合車両センター P:田中 友

2008_08_23_tanaka_yu003.jpg
入場中の209系500番代。いよいよ京葉線への転属が始まる。

'08.8.23 東京総合車両センター P:田中 友

2008_08_23_oohira_naoto001.jpg
電車に囲まれ威容を放つPトップ。

'08.8.23 東京総合車両センター P:大平直人
 8月23日、今年もJR東日本東京総合車両センターにおいて一般公開「2008夏休みフェア」が開催され、大勢のファンや家族連れが車輌展示や体験・見学コーナー、鉄道グッズ販売など盛り沢山のイベントを楽しんだ。また、展示ではないが、入場中の車輌の中には京浜東北線から京葉線に転属する209系500番代があり、ラインカラー張替中の珍しい姿がファンの注目を浴びていた。

砂川雄一(東京都)
2008_08_23_sunagawa_yuichi.jpg
早朝の小作駅を発車する“四季彩”。
'08.8.23 青梅線 青梅線 小作―河辺
 先週、久しぶりに青梅線で運用された“四季彩”だが、拝島の電留線から豊田に回送されていた。そのため23、24日も運用されるか心配であったが、朝の青梅線奥多摩行に姿を現した。今後もしばらくは土休日に青梅-奥多摩間でその姿が見られるかと思われる。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2008年8月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.