鉄道ホビダス

2008年6月16日アーカイブ

小川貴浩(愛知県)
2008_06_16_ogawa_takahiro.jpg
東海道を下るT5編成。
'08.6.16 東海道新幹線 三河安城―名古屋
 6月16日、東海道・山陽新幹線にてドクターイエロー(T5編成)による下りのぞみ検測が行なわれた。

山中英一(山形県)
2008_06_14_yamanaka_eiichi.jpg
ヘッドマークを付けて走行する〈SLさくらんぼ号〉。
'08.6.14 左沢線 羽前高松―柴橋
 JR左沢線で〈SLさくらんぼ号〉が運転された。使用されたのはC11 325(真岡鐵道)とスハフ32 2357+オハ47 2246+スハフ42 2173(高崎車両センター)の旧型客車であった。
 C11 325はかつて左沢線を走行したこともある機関車で、近年同様のイベント列車で何回か「里帰り」を果たしている。
 14日は直前に発生した「岩手・宮城内陸地震」で一時左沢線も運転見合わせになり心配されたが、予定通り運行された。
 また本運転に先立って7~9日、11・12日に試運転が行なわれ、沿線はレイル・ファンや地元の方でにぎわった。

宗則克彦(奈良県)
2008_06_15_munenori_katsuhiko001.jpg
特製ヘッドマークを付けて快走する3000系。
'08.6.15 京阪電鉄京阪本線 森小路

2008_06_15_munenori_katsuhiko002.jpg
3055号は運転士側にヘッドマークを取付。

'08.6.15 京阪電鉄京阪本線 森小路
 中之島線に乗り入れる新3000系が登場することに伴ない、現在の3000系が8000系に改番されるため、6月15日から、現3000系1編成に特製ヘッドマークを付けて運転を開始した。
 ヘッドマークの掲出は6月24日までであるが、6月19日と23日は運転されない予定である。

大平直人(神奈川県)
2008_06_12_oohira_naoto.jpg
牽引機はEF64 1030が担当した。
'08.6.12 武蔵野線 吉川
 6月12日(木)、新津車両製作所にて新製された京浜東北線用E233系ウラ118編成が、上越・高崎・東北・常磐・武蔵野線経由で東大宮操車場まで配給輸送された。

福田智志(埼玉県)
2008_06_14_fukuda_satoshi003.jpg
“TJライナー”デビューヘッドマーク付の50090系(写真は14日から運転開始した快速急行)。
'08.6.14 東武鉄道東上線 森林公園
 東武鉄道は、6月14日から座席定員制の列車“TJライナー”の運転を開始した。“TJライナー”の運転開始を記念して1番列車で記念出発式を開催した。また1番列車では記念ヘッドマークを取り付けて運転した。なお“TJライナー”と同時に東上線では新種別の快速急行も登場している。

RM
2008_06_14_rm003.jpg
▲池袋駅3・4番線ホームで開催された発車式。テープカットは左より宮崎彩香・豊島区ソメイヨシノ桜の観光大使、柴田浩一郎・東武鉄道常務取締役鉄道事業本部長、髙橋 博・東武鉄道池袋駅管区長により行なわれた。

2008_06_14_rm004.jpg
▲くす玉割りは、宮崎彩香・豊島区ソメイヨシノ桜の観光大使と伊藤克俊・東武鉄道鉄道事業本部東上業務部長により行なわれた。また、「102@club」でおなじみのキャラクター“とぶっち”も参加した。

2008_06_14_rm005.jpg
▲営業初列車は50090系の第1編成が使用され、前面に記念マークが取付けられた。

画像はすべて'08.6.14 東武鉄道東上線 池袋
 東武鉄道では6月14日の東武東上線ダイヤ改正で、座席定員制列車“TJライナー”の運行を開始した。これを記念して、同日に池袋駅で発車式が開催された。
 式では柴田浩一郎・東武鉄道常務取締役鉄道事業本部長による主催者挨拶が行なわれた。その後、〈TJライナー1号〉に使用される50090系第1編成が到着した後にテープカットが行なわれ、池袋ステーション・アテンダント2名により、高橋信之運転士と福田利雄車掌に花束が贈呈された。続いてくす玉割りが行なわれ、髙橋 博・池袋駅管区長の出発合図により〈TJライナー1号〉が森林公園に向けて出発した。
  〈TJライナー1号〉には50090系の第1編成が充当され、前面部分に記念のマークが取付けられた(取材協力・資料提供:東武鉄道)。

RM
2008_06_14_rm001.jpg
▲飯能駅1番ホーム池袋方で挙行された出発式。くすだまは横田琢丸・西武鉄道池袋線乗務所長、テープカットは左から石橋正男・西武鉄道取締役副社長、沢辺瀞壱・飯能市長、後藤高志・西武鉄道取締役社長、土屋敏行・西武鉄道飯能駅管区長。
'08.6.14 西武鉄道池袋線 飯能 P:RM

2008_06_14_rm002.jpg
▲西武6000系6117Fには、記念ヘッドマークが取付けられた。

'08.6.14 西武鉄道池袋線 飯能 P:RM

2008_06_14_ono_yuichiro.jpg
青空の下、遠くに秩父の山並みを見ながら快走する6000系快速渋谷行き。

'08.6.14 西武鉄道池袋線 元加治―飯能 P:小野雄一郎
 西武鉄道では、6月14日から東京メトロ副都心線との相互直通運転開始を記念して、飯能駅において出発式を開催した。
 式典では、後藤高志・西武鉄道取締役社長の挨拶からはじまり、沢辺瀞壱・飯能市長の来賓挨拶が行なわれた。続いてくすだま、テープカットが行なわれ、相互直通運転開始を祝った。その後、運転士と車掌への花束贈呈が行なわれ、12:39に飯能管区長の出発指示合図により、14M運用3620電車・快速渋谷行が出発した。
 この快速渋谷行には西武6000系6117Fが充当され、前面には記念のヘッドマークが取付けられた(取材協力・資料提供:西武鉄道)。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2008年6月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.