鉄道ホビダス

2008年6月 2日アーカイブ

大平直人(神奈川県)
2008_06_01_oohira_naoto.jpg
東海道本線を上るEF65 1059+TX-2000系12輌。
'08.6.1 東海道本線 金谷―島田 P:大平直人

2008_06_01_oohira_naoto2.jpg
TX-2000系増備のヘッドマークも取付。

'08.6.1 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢 P:大平直人

2008_06_01_asayama_masahiro.jpg
ヘッドマークを付けて甲種を牽引するEF65 1059。

'08.6.1 東海道本線 柏原―関ケ原 P:浅山雅弘

2008_06_01_asayama_masahiro2.jpg
増備が続くTX-2000系。

'08.6.1 東海道本線 醒ヶ井―近江長岡 P:浅山雅弘

2008_06_01_yamafuji_tsuyoshi.jpg
100人近いファンに見守られながら羽沢を目指す。

'08.6.1 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢(大船) P:山藤 剛

2008_05_29_tanigawa_tokio.jpg
茶畑の脇を派手な機関車が通る。

'08.6.1 東海道本線 金谷―島田 P:谷川時雄
5月31日(土)~6月2日(月)にかけて、TX-2000系増備車12輌の甲種輸送が実施され、下松―横浜羽沢間をEF65 1059号機が担当した。

福田智志(埼玉県)
2008_06_01_fukuda_satoshi2.jpg
池袋線でも営業運転を開始した30000系。
'08.6.1 西武鉄道池袋線 ひばりヶ丘
4月26日から新宿線で営業運転を開始した西武30000系だが、5月27日から池袋線でも営業運転を開始した。これで3編成全てが営業運転を開始し、第1編成と第2編成が新宿線系、第3編成が池袋線系で使用されている。

福田智志(埼玉県)
2008_06_01_fukuda_satoshi.jpg
西武球場前駅に停車中の7000系。
'08.6.1 西武鉄道狭山線 西武球場前
西武鉄道では、西武ドームで野球の試合が開催される場合は臨時ダイヤで運転し、臨時列車を増発する。試合後の観客輸送の中には西武球場前発新木場行きの列車もあり、一部の列車は東京メトロの車輌を使って運転する場合がある。
 東京メトロの車輌は普段西武狭山線には入らない。また西武鉄道狭山線は全線単線であることから、東京メトロの車輌が単線区間を走行する姿を見ることができる。

小松 稜(神奈川県)
2008_06_01_komatsu_ryo.jpg
相鉄に、また新しいラッピング編成が登場。
'08.6.1 相模鉄道本線 かしわ台
6月1日、相模鉄道の新7000系7754編成が〈走れ!みんなの横浜号〉となって運用を開始した。車体には大きく絵が描かれ、車内の中吊り広告部分にも絵が飾られている。なおラッピング車としての最初の営業運転は海老名18:58発急行横浜行き第160列車であった。

藤原賢吾(兵庫県)
2008_05_29_fujiwara_kengo.jpg
寺前駅で一休みする第2編成。
'08.5.29 播但線 寺前
3月1日より運行を開始した「銀の馬車道」ラッピング編成に続き、ブルーを基調とした第2編成が5月28日に登場した。これは銀の馬車道プロジェクト・ネットワーク協議会による企画。第1編成には沿線の観光名所・施設が描かれているが、第2編成は沿線の有名な祭りが描かれている。29日には間合いを利用し、第1・第2編成の併結も見ることができた。

2008年6月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ