鉄道ホビダス

EF65 535の最近の記事

船山太一(神奈川県)
2013_03_11_funayama_taichi001.jpg 僅かながらの本線復帰。
'13.3.11 東北貨物線 大宮―大宮操 P:船山太一

2013_03_11_funayama_taichi002.jpg
生まれ故郷へ里帰り。

'13.3.11 武蔵野貨物線 与野―別所(信) P:船山太一

2013_03_12_oba_makoto002.jpg
東芝府中事業所施設内への収容のため、スイッチャーにて入換。

'13.3.12 東芝府中事業所授受線(敷地外より撮影) P:大場 真
 3月11日から12日にかけて、JR貨物高崎機関区に所属していたEF65 535が、東芝府中事業所へ譲渡されるため、11日は大宮車両所→新鶴見信号場、12日は新鶴見信号場→北府中でそれぞれ輸送された。このうち大宮車両所→新鶴見信号場は新鶴見機関区所属のEF65 2060が牽引した。
 EF65 535は2011年10月13日に「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2011」での展示に向けて回送された時以来、約1年5ヶ月ぶりの本線走行となり、沿線には別れを惜しむ多くのファンがカメラを構えていた。また同車は3月7日、譲渡に伴なう輸送に向けて整備され、大宮総合車両センターの試運転線で走行試験を行なっていた。

南 輝明(神奈川県)
2012_05_26_minami_teruaki001.jpg 綺麗に仕上げられたEF60 510を中心に往年の名機が並んだ。
'12.5.26 大宮総合車両センター P:南 輝明

2012_05_26_takahashi_toru002.jpg
2009年以来久しぶりにEF58 93が展示された。

'12.5.26 大宮総合車両センター P:高橋 徹

2012_05_26_fukuda_satoshi001.jpg
今年の試乗会列車はE657系を使用。

'12.5.26 大宮総合車両センター P:福田智志

2012_05_26_minami_teruaki002.jpg
実演の最大の見所は、頭上を機関車が移動していくところ。

'12.5.26 大宮車両所 P:南 輝明

2012_05_26_fukuda_satoshi002.jpg
入場中のM250系も展示された。

'12.5.26 大宮車両所 P:福田智志

2012_05_26_tamaki_yuichi004.jpg
房総向け転用改造中の209系元ウラ51編成の姿を見ることができた。

'12.5.26 大宮総合車両センター P:玉木裕一

2012_05_26_tamaki_yuichi003.jpg
車掌体験として今年は205系クハ204-97が使用されていた。

'12.5.26 大宮総合車両センター P:玉木裕一
 5月26日(土)、JR東日本大宮総合車両センター及びJR貨物大宮車両所にて「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2012」が開催された。
 会場内では、EF80 36、EF60 510、EF65 535、EF58 93などの車輌展示、改番されたEF65 2092による車体吊り上げ実演などが行なわれたほか、勝田車両センター所属のE657系K7編成を使用した試乗会や、鉄道部品・鉄道グッズ販売などが行なわれた。

有木裕一(千葉県)
2012_02_11_ariki_yuichi001.jpg 生誕45周年の特製ヘッドマークを掲出した535号機。
'12.2.11 大宮車両所 P:有木裕一

2012_02_11_fukuda_satoshi003.jpg
〈あけぼの〉のヘッドマークを付けたEF65 1041。

'12.2.11 大宮車両所 P:福田智志
 2月12日、「EF65 535生誕45周年 ふれあい展示会」が大宮車両所で開催された。
 会場ではヘッドマークの交換や、グッズの販売などが行われ、多くのファンが訪れた。また、屋外では新鶴見機関区所属のEF65 1041も展示されていた。

森 康平(東京都)
2011_10_15_iwakata_koichi002.jpg EF60 510とEF65 535、EF81 81の3並び。
'11.10.15 大宮総合車両センター P:岩片浩一

2011_10_15_iwakata_koichi003.jpg
EF510-501およびEF510-510を展示。それぞれ〈エルム〉〈夢空間〉のHMが取り付けられた。

'11.10.15 大宮総合車両センター P:岩片浩一

2011_10_15_mori_kohei003.jpg
秩父鉄道・真岡鐵道の蒸機が大宮に姿を現した。

'11.10.15 大宮総合車両センター P:森 康平

2011_10_15_tamaki_yuichi002.jpg
車体移動実演に使用されたEF64 1028。前面には「絆」ヘッドマークが掲出されていた。

'11.10.15 大宮総合車両センター P:玉木裕一

2011_10_15_tamaki_yuichi004.jpg
クモヤE995-1"スマート電池くん"も展示された。

'11.10.15 大宮総合車両センター P:玉木裕一

2011_10_15_tamaki_yuichi005.jpg
車掌体験として使用された205系クハ204-59。

'11.10.15 大宮総合車両センター P:玉木裕一
 東日本大震災の影響で延期となっていたJRおおみや「鉄道ふれあいフェア2011」が10月15日(土)、大宮総合車両センターにて開催された。車輌試乗会・車輌展示・線路保線車の展示・鉄道部品・鉄道グッズ販売などが行われた。
 車輌展示には、高崎機関区所属のEF65 535、田端運転所所属のEF81 81・EF510-501・EF510-510、真岡鐵道からはC11 325、秩父鉄道のC58 363、大宮総合車両センター保存のEF60 510、小山車両センター所属のE995-1"スマート電池くん"が展示された。また、試乗会列車には253系1000番代OM-N02編成が充当された。

【JR貨】EF65 535回送

穂積諒介(東京都)
2011_10_13_hodumi_ryosuke001.jpg
新鶴見(信)から大宮へ向かう。
'11.10.13 武蔵野線 新座
 10月15日開催のJRおおみや「鉄道ふれあいフェア2011」で展示されるため、12日に新鶴見機関区に回送されたEF65 535が、翌13日にEF65 1050の牽引で大宮車両所へと回送された。
南 輝明(神奈川県)
2010_11_06_muraki_isshiki001.jpg 展示されたEF65 535とEF210-161。
'10.11.6 隅田川 P:村木一色

2010_11_06_minami_teruaki001.jpg
EF65 535は一昨年引退時の惜別HMが掲出された。なお、2エンド側は寝台特急〈さくら〉のHMであった。

'10.11.6 隅田川 P:南 輝明

2010_11_06_gaki_masahiro001.jpg
控車ヒ600形も展示された。

'10.11.6 隅田川 P:賀来正博

2010_11_06_minami_teruaki002.jpg
イベント開催日時を告知するHMを掲出し、作業中。

'10.11.6 隅田川 P:南 輝明
 11月6日(土)、昨年に引き続きJR貨物隅田川駅にて「隅田川駅貨物フェスティバル」が開催された。コンテナ特急〈たから〉号のヘッドマークを掲出したEF210-161およびEF65 535などの車輌展示のほか、鉄道部品や産直野菜の販売などが行なわれ、多くの来場者で賑わった。また、隅田川駅で入換に従事していたDE10 1556にはイベント告知のHMが取り付けられ、こちらも注目を浴びていた。

綿貫勝也(埼玉県)
2010_05_25_watanuki_katsuya001.jpgEF65 535は高崎へ、EF510-1は富山へそれぞれ帰る。
'10.5.25 高崎線 上尾―北上尾
 5月22日に開催された「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010」で展示されたEF65 535とEF510-1が、5月25日に大宮―高崎操で配給輸送された。牽引は新鶴見機関区所属のEF210-151が担当した。
福田智志(埼玉県)
2010_05_22_fukuda_satoshi001.jpg
2社のEF510が共演。
'10.5.22 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:福田智志

2010_05_22_takahashi_toru004.jpgEF80 36とEF65 535が並ぶ。

'10.5.22 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:高橋 徹

2010_05_22_tamaki_yuichi002.jpg試乗会として使用されるE259系。

'10.5.22 大宮総合車両センター/大宮車両所(公道より撮影) P:玉木裕一

2010_05_22_kodera_kenta001.jpg会場では、常にEF65 535の前から人が絶えることはなかった。

'10.5.22 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:小寺健太

2010_05_22_kodera_kenta003.jpg
赤プレートにヘッドマークの「ポップ体」のフォントが光る。

'10.5.22 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:小寺健太
 JR東日本は、今年も大宮総合車両センターでJRおおみや「鉄道ふれあいフェア2010」を開催した(共催:JR貨物大宮車両所)。
 今年の展示車輌は、EF510-1、EF510-501、EF65 535、EF80 36が展示で、構内試乗列車は〈成田エクスプレス〉のE259系が使用された。
 この他にもJR貨物大宮車両所内の見学やトラバーサーの乗車体験、鉄道グッズや部品の販売なども行なわれ、当日は暑い晴天の中にもかかわらず、多くの来場客で終日にぎわった。

清水智文(東京都)
2010_05_19_shimizu_tomofumi001.jpg青+青+赤のトリオ。
'10.5.19 東北本線 大宮

2010_05_19_shimizu_tomofumi002.jpg一般公開での展示が楽しみだ。

'10.5.19 東北本線 大宮
 5月19日、富山機関区所属のEF510-1と高崎機関区所属のEF65 535が高崎操→大宮→大宮操→大宮で配給輸送され、牽引は新鶴見機関区所属のEF210-151が担当した。
 両機は、5月22日に開催されるJRおおみや「鉄道ふれあいフェア2010」で展示するものと思われる。

羽鳥達也(埼玉県)
2009_05_29_hatori_tatsuya001.jpg EF64に挟まれるかたちで帰路を行くEF65 535。
'09.5.29 高崎線 吹上―行田 P:羽鳥達也

2009_05_29_shimizu_tomofumi005.jpg
EF64 1027に牽引され高崎へ帰るEF65 535+EF64 1002。

'09.5.29 高崎線 北上尾 P:清水智文
 5月29日、先日開催の「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009」で展示されたEF65 535と、大宮車両所を出場したEF64 1002が、所属先である高崎機関区高崎支所へ配給輸送された。牽引機はEF64 1027であった。

田中 友(東京都)
2009_05_23_tanaka_yuu001.jpg 車輌展示広場のEF65 535、EF58 93と試乗会で試運転線を行く201系“四季彩”。
'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:田中 友

2009_05_23_tanaka_yuu002.jpg
鉄博入りの候補か? 大宮で長らく眠っているED62 17も展示された。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:田中 友

2009_05_23_fukuda_satoshi001.jpg
日光線の107系新塗装車輌も展示された。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:福田智志

2009_05_23_shimizu_tomofumi002.jpg
〈日本海〉のヘッドマークを付けたEF65 535。同機は時間毎にヘッドマークが交換された。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:清水智文

2009_05_23_shimizu_tomifumi007.jpg
JR貨物のEF64 1000番代が〈あけぼの〉のヘッドマークを付けた光景も、こういう時にしか見られない。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:清水智文

2009_05_23_nakanishi_yuichi002.jpg
台車をはずされた状態で展示された、DD51ラストナンバーの1805号機。

'09.5.23 大宮総合車両センター/大宮車両所 P:中西裕一
 毎年恒例の「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」が5月23日、JR東日本大宮総合車両センター・JR貨物大宮車両所で開催された。今年も大勢のファンや家族連れが訪れ、人気の高いEF65 535を中心とした車輌展示や部品販売、各種実演・体験、試運転線で行なわれた201系“四季彩”の試乗会など、広い構内に所狭しと用意された盛り沢山のイベントを楽しんだ。

清宮実寛(群馬県)
2009_05_07_kiyomiya_mihiro001.jpg とても綺麗な状態を保つEF65 535号機。
'09.5.7 高崎機関区(敷地外より撮影)
 昨年3月31日に引退したEF65 535号機に被せられていたシートが約1年ぶりに剥がされ、EF65 1116号機とともに高崎機関区構内に停車している。車体はとても綺麗な状態であり、今後どうなるのか期待が高まる。

RM 
08_05_15_miyamoto_kazumasa.jpg
久しぶりの本線走行。遅5760レ。
'08.5.15 高崎線 宮原―大宮 P:宮本和雅

08_05_15_miyamoto_kazumasa2.jpg
青空の元を駆け抜ける。P型の風格は今も失われず…。

'08.5.15 武蔵野線 西浦和―北朝霞 P:宮本和雅
5月15日、24日に大宮工場で開催される「鉄道ふれあいフェア」に展示されるEF65 535号機の回送が行われた。定期列車5760レの次無動という形ながらも、未だ存在感たっぷりの535号機。3月末の引退以後久しぶりの本線走行となった。牽引機にはEF64 1012号機(原色・白H・クーラー非搭載機)が抜擢された。

山藤 剛(東京都)
535oka.jpg「惜別」の文字…。
'08.3.30 高崎線 岡部—深谷 P:RM

2092sakura.jpg桜と最後の共演。

'08.3.30 高崎線 深谷—籠原 P:宮本和雅

2092.okag.jpg通いなれた道を行く。

'08.3.30 高崎線 熊谷—行田 P:RM

30.2092kumaaz.jpgラストラン。

'08.3.30 高崎線 熊谷—行田 P:宮本和雅

ef65_535_kimura.JPG桜も見送り。

'08.3.30 高崎線 深谷—籠原 P:木村和夫

535_30.jpg高崎操~東京貨物ターミナル間を走行し、昼間最後の走行を果たした。

'08.3.30 高崎線 新町-神保原 P:中林 祐一
前日の2090〜2091レに続き、今日は2092〜2093レにEF65 535号機が充当された。引退を記念して同機が牽引してきた「はやぶさ」「富士」「さくら」の各ブルートレインをモチーフにしたイラストが描かれたヘッドマークが掲出された。今日は運転席に花束が置かれ「EF65 535ラストラン 高崎機関区有志一同 H20-3-30」と書かれた紙が入っていた。同機は1967年3月28日の製造から41年目で、その長い現役生活にピリオドを打った。 2008.3.31 13:30画像追加

山藤 剛(東京都)
2090ka.jpg
2日間の最終運用が始まった。
'08.3.29 高崎線 新町—神保原 P:河村浩彰

2090jinboshin.jpg
最期の旅へ。

'08.3.29 高崎線 新町—神保原 P:宮本和雅

2090ha.jpg埼玉県へ。

'08.3.29 高崎線 新町—神保原 P:原 正一

ef65_535_muramatsu.jpg
惜別ヘッドマークも誇らしげに。

'08.3.29 高崎線 新町—神保原 P:村松且富

28.kuma.jpg多くの撮影者に見送られ…。

'08.3.29 高崎線 熊谷—行田 P:RM

ef65_535_suzuki.jpg浜崎橋を渡るゴサゴ。

'08.3.29 武蔵野線 西浦和─北朝霞 P:鈴木敏行

28.2090.tanlaku.jpg
ついに別れの時が。

'08.3.29 尻手短絡線 新鶴見操—尻手 P:RM

2091.hattyou.jpg最期の2091レ。

'08.3.29 南武支線 八丁畷 P:宮本和雅

ef65_535_osada_2.JPG武蔵野線を走行。

'08.3.29 武蔵野線 西国分寺 P:長田悠樹

28.2091.nishiura.jpg

2091ha1.jpg

2091nishiura.jpg

2091az.jpg

夕陽を浴びながら行く。

'08.3.29 武蔵野線 北朝霞—西浦和 P:RM(1) 原 正一(2) 宮本和雅(3) 会津善和(4)
29日、EF65 535号機のラストラン1日目、2090〜2091レに充当された。ヘッドマークは上り方2エンドのみ取り付けられた。また白ステップは塗り直されたようで、非常に綺麗な姿となっていた。沿線には多くの鉄道ファンが詰めかけ最期の力走を見せてくれた。 08.3.31 13:37画像追加

宮本和雅(東京都)
331-1.jpg大勢のファンに見送られ…。
'08.3.25 武蔵野線 東川口―東浦和

535_niiza.jpg人気のEF65 535に牽引され新座駅を通過する。

'08.3.25 武蔵野線 新座 P:瀬良 啓

08_03_25_muramatu.jpgE331系を牽引する535号機。

'08.3.25 武蔵野線 東川口―東浦和 P:村松且富
25日、京葉車両センター所属のE331系東急車輛製造分の甲種輸送が、EF65 535号機牽引で行なわれた。E331系は先日方転を行っており、通常と逆向きで輸送された。同車は川崎車両と東急車輛が7輌ずつを製造し、川崎車両製造分は昨年11月に入場している。その時の甲種輸送もEF65 535が担当している。(2008.3.28 画像追加)

宮本和雅(東京都)
535eh.jpg「惜別」札を挿して・・・。
'08.3.21 高崎線 吹上―行田

08_03_25suzuki_tosiyuki.jpg

'08.3.21 大宮─宮原(鉄道博物館敷地内より)にて撮影 P:鈴木敏行

3月21日、東芝で落成したEH200 17号機の配給輸送にEF65 535号機が充当された。同機には安中貨物に充当されたときに挿されていた、「惜別」の札が挿されていた。(2008.3.25 画像追加)

山藤 剛(東京都)
an1.jpg最後の8461レ。
'08.3.17 信越本線 群馬八幡—安中 P:RM

an2.jpg惜別の文字…。

'08.3.17 信越本線 安中
3月14日、高崎機関区が受け持つ安中行き貨物(8461〜8460レ)の最終列車が運行された。同列車は倉賀野へ硫酸を運ぶ貨物として、通常EF64 1000番代が担当している。最終日となった14日はEF65 535号機が充当され、「惜別」と書かれた紙が札さしにさされていた。

宮本和雅(東京都)
2090.jpg改正後初運用。
'08.3.15 高崎線 熊谷—行田
EF65 535号機が2090レに充当された。これが同機の改正後初運用となった。前日には安中貨物の最終列車(8461〜8460レ)に充当され、その時は「惜別」とかかれた札が入っていた。

宮本和雅(東京都)
5358780.jpg間もなく終焉の時。
'08.3.4 高崎線 宮原―大宮
3月4日の8780レにEF65 535が充当された。

宮本和雅(東京都)
5354097.jpg間もなく見納め。
'08.3.2 武蔵野線 東川口
3月2日の4079レに、EF65 535号機が充当された。日曜日のため4079レの次運用3461レは単機での運転だった。

山藤 剛(東京都)
535-73.jpg
73レで2日連続鹿島へ。
'08.2.25 総武本線 稲毛―千葉(西千葉)
引退が間近に迫った535号機だが、日曜〜月曜にかけて高崎区の運用でもハイライトともいえる1455〜76〜73〜1456レの、いわゆる鹿島貨物に充当された。月曜に運転された写真の73レだが、普段は単機での運転となるが前日の強風の影響で、日曜に73レが運転出来なくなったため、月曜にずれこみ月曜に73レ充当の535号機前日の荷を牽引した。

野村哲真(東京都)
535.jpg
引退近し535号機が、最新機の甲種に。
'08.2.21 高崎線 吹上―行田

08_02_21_hasegawatakuya.jpg
宮原駅にて30分程度の停車。
'08.2.21 高崎線 宮原 P:長谷川拓也
引退が近付く高崎機関区のEF65 535号機だが、2月21日に東芝府中事業所を出場したEH200-16の甲種輸送を、新座タ~高崎操間を牽引した。冬空の下、最期が迫る535号機を記録しようと大勢のファンが集まった。(08.2.26 21:54画像追加)

レイル・マガジン

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.