鉄道ホビダス

E233系の最近の記事

菅沢幸宏(千葉県)
20170725153456-83688d8286d20383764014245fa0b353c72dcec3.jpg
サハE233-5020(手前から4輌目)の床下に見える明灰色の筐体が、新設された線路設備モニタリング装置と思われる。
'17.7.24 篠ノ井線 桑ノ原信号場―姨捨
 6月30日に長野総合車両センターへ入場した京葉車両センター所属E233系520編成(10輌)が、7月24日に同センターを出場し所属先へ回送された。
 今回の入場で、同編成7号車のサハE233-5020床下に、線路設備モニタリング装置が新設された模様である。
 なお、回送経路は長野~(篠ノ井・中央本線)~御茶ノ水~(総武緩行線)~錦糸町~(総武快速・外房線)~誉田~(外房・京葉線)~新習志野であった。

listmark関連記事:【JR東】E233系5000番代 長野へ

浅川大樹(神奈川県)
20170703154407-9762ff399540ce3b1a39c2036fc7a12d6a4795aa.jpg
中央本線を走る京葉線E233系。
'17.6.30 中央本線 東山梨―山梨市
 6月30日、京葉車両センター所属のE233系5000番代520編成が、新習志野→新宿→長野の経路で自走回送された。
 同編成は線路設備モニタリング装置などの取り付けのため、長野総合車両センターへ入場するものと思われる。
大森岳人(東京都)
20161107155746-ded9ef5cf1e6c2b0d0eafd2b99d7f4830783371a.jpg
ずらりと並んだE233系や211系。
'16.11.5 豊田車両センター
20161107155806-7d3c7a24bd612f60414f34512548676421ee7edc.jpg
〈スーパーひたち1号〉の表示を掲出する651系K105編成。
'16.11.5 豊田車両センター
20161107155833-483b29a7b1d7659a463e233eccbe50f972fac4bd.jpg
手前からE353系S101、EF64_1052、205系M35編成。
'16.11.5 豊田車両センター
20161107155855-ea6fca5fa56c1da9eaf168af65d6638e5f401b62.jpg
検修庫から顔を出したクハ201-1。
'16.11.5 豊田車両センター
 11月5日、豊田車両センターにおいて、「豊田車両センターまつり2016」が開催され、多くの来場者で賑わった。
 車輌展示として、豊田車両センター所属のE233系、長野車両センターの211系、松本車両センターのE257系M101編成のほか、昨年に引き続き、快速〈ぶらり高尾号〉で日立から高尾まで運転された勝田車両センター651系K105編成が折り返し整備のために入区し、展示された。
 651系K105編成は前面がフルカラーLEDになり、「JR」「スーパーひたち1(号)」「仙台ゆき」などの表示を見ることができた。また豊田車両センター189系M51編成に加え、松本車両センターE353系S101編成9輌、長岡車両センターEF64 1052、京葉車両センター武蔵野線用205系M35編成も並べられ、特急あずさ運行開始50周年と豊田車両センターも開設50周年も相まり、一風変わった車輌展示会に来場者も驚きを隠せない様相であった。
 注目の201系クハ201-1については、昨年までは検車庫から顔だけ出す形で展示されていたが、今年は晴天の中外に出て、青梅特快「高麗川」行き表示で来場者を迎えた。
中村直樹(埼玉県)
20160921175722-57464f0c42a75c93ce851c7b638af426324fa4b9.jpg
武蔵野線を長野へ向かうマト7編成。
'16.9.21 武蔵野線 東所沢―新秋津
 9月21日、松戸車両センターに所属するE233系2000番代マト7編成が松戸車両センター→長野総合車両センター間で自走にて回送された。経路は、常磐線、武蔵野線、中央本線、篠ノ井線、信越本線であった。
笹田昌宏(滋賀県)
20160726131112-70c2341ead8fd5c711e4554a80423e58f4d68b3d.jpg
水道橋で並ぶE233系ケヨ513編成(左)とE231系B41編成。
'16.7.18 中央本線 水道橋
 7月15日から26日まで、都市対抗野球大会(本戦)が東京ドームで開催されている。このうち、7月18日に開催された第1回戦、南関東地区第二代表「新日鐵住金かずさマジック」対中国地区第一代表「JR西日本」にあわせて、「新日鐵住金かずさマジック」応援ツアーが組まれ、同日に大貫→水道橋間で団体臨時列車が運転された。同列車にはE233系ケヨ513編成(京葉車両センター所属)が起用され、水道橋ではE231系B41編成(三鷹車両センター所属)と並ぶシーンが展開された。
山岸理士(東京都)
20160127123028-e7d05c8401ccec9ca9bbf2fd39bd592fceabec8a.jpg
慣れない鉄路を往くE233系を、EF64がエスコート。
'16.1.25 中央本線 鳥沢―猿橋
 1月25日、松戸車両センター所属のE233系2000番代が、長野総合車両センターに向けて配給輸送された。検査のための配給と思われる。松戸車両センター所属のE233系が長野総合車両センターに回送されるのは今回が初となるため、機関車牽引での配給となった。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1030が担当した。
石井大智(山梨県)
20150406155226-b34e76b5d7cc81d283a47a16c0610290ba18c15b.jpg
記念ヘッドマークを掲出し、武蔵五日市駅に入線するE233系青668編成。
'15.4.4 五日市線 武蔵五日市
 拝島と武蔵五日市を結ぶ五日市線は、1925年(大正14年)4月21日に、五日市鉄道として拝島~五日市(現在の武蔵五日市)間が開業して今年で90周年を迎えた。これを記念して、4月1日~5月10日の期間、豊田車両センター所属のE233系青668編成に記念ヘッドマークを掲出して運転している。また、記念ヘッドマークは前後で違うものが掲出されている。
入江智彦(神奈川県)
20150319192555-a2b9a191196b42b01506c24cdba6c71a4cf1a559.jpg
雨の中、南武線のE233系8000番代N14編成が配給輸送された。
'15.3.16 横須賀線 新川崎
 3月16日に、総合車両製作所新津事業所にて落成された、中原電車区所属の南武線向けのE233系8000番代N14編成が、越後石山~国府津間で配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1032であった。なお、南武線のE233系8000番代が配給輸送が行われたのは、1月26日以来となる。
加藤弘樹(神奈川県)
20150129184021-ab1a2c0d56e9981d7041ba879720e659be73ae8b.jpg
E231系U589編成とE233系U234編成が併結された。
'15.1.28 山手貨物線 池袋―新宿
20150129184341-f4a869fe9189f91925ee29fb4bec25034d3caae7.jpg 昨年12月に出場したばかりのE233系U234編成。
'15.1.28 山手貨物線 池袋―新宿
 1月28日、E231系1000番代とE233系3000番代の併結試運転が小金井~新宿~宇都宮~小金井間で実施された。編成は新宿方から、E231系U589編成+E233系U234編成(ともに小山車両センター所属)が使用された。小山車両センター所属の両形式の併結試運転は初となり、12月に行われた国府津車の併結試運転と組み合わせが同じであり、今後の動きが注目される。
加藤弘樹(神奈川県)
20150123162348-5331462a72789ed384562ed661e765396839d1d2.jpg
国府津へのE233系新製配置はE02+E52編成以来となる。
'15.1.22 横須賀線 鎌倉―北鎌倉
 1月22日、E233系3000番代E-71編成5輌が総合車両製作所を出場し、逗子~品川~国府津の経路で試運転が行われた。上野東京ライン関連の増備と思われ、編成は12月に出場したU235編成の続番で東京方から、クハE233-3536+サハE233-3036+モハE233-3636+モハE232-3636+クハE232-3536となっており、国府津車両センター配置となる。なお、編成番号が国府津車両センターに配置されいるE233系付属編成からの連番とはなっていないため、今後の動きが注目される。
野村憲広(神奈川県)
20150121153908-7a670aa202a4ee6c20dda40a47b4dd4bc2779845.jpg
ピカピカのE233系8000番代N12編成にヘッドマークを掲出。
'15.1.18 南武線 宿河原―久地
 JR東日本では、南武線E233系電車導入記念企画として〈みんなの「夢」ミュージアムトレイン号〉が運転されている。車内を沿線の子供たちの書いた絵や、川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムとのコラボレーションで装飾され、前面にはヘッドマークを掲出している。1月18日~1月31日の間、不定期で運行される予定。
加藤弘樹(神奈川県)
20141226132842-b0d5d958ddf7eec2b0a6c203e4eeb0fc5dcd26bc.jpg
上野東京ライン関係に向けた試運転か。
'14.12.22 東海道貨物線 鶴見―新鶴見信号場
 12月22日、E233系3000番代とE231系1000番代の併結試運転が国府津~新鶴見(信)間で2往復運転された。
 編成は東京方から、E233系E-64編成+E231系K-04編成(ともに国府津車両センター所属)が使用された。
 両形式の併結試運転は2012年11月にも行われているが、その際、E231系付属編成、E233系基本編成が使用されており、今回の試運転とは逆となっていた。
高木和貴(千葉県)
20141128120907-2858c6182194becc47e3ad0502f4b8a1ad2fb269.jpg
懐かしい姿と新しい姿の車輌の並びが実現。
'14.11.23 中野電車区
 11月23日、中野電車区にて事前応募制の公開イベント「働く電車大集合!」が開催された。展示された車輌は、中原電車区所属の205系ナハ43編成、三鷹車両センター所属の209系500番代C510編成、三鷹車両センター所属のE231系500番代A520編成、京葉車両センター所属のE233系5000番代ケヨ501編成の4編成。ナハ43編成は京浜東北線と山手線をイメージした装飾、C510編成にも京浜東北線をイメージした装飾が施された。他にも、車掌体験や鉄道部品販売などの催しが行われ、会場は賑いを見せた。
崎山喜一朗(東京都)
20141110190043-e85bfe0ca6f7b33ee53aa515dbbbe052809a2ca1.jpg
幸い雨も降らず、車輌展示は盛況であった。
'14.11.8 豊田車両センター P:大場 真
20141110190415-7524c0c291a8a51e9b1ea28b7bc8bbb146633294.jpg
綺麗になってお披露目された201系クハ201-1。
'14.11.8 豊田車両センター P:崎山喜一朗
 11月8日、豊田車両センターで「豊田車両センターまつり2014」が開催された。イベントでは、車輌展示の他に、車輌メンテナンスの実演なども行われた。車輌展示では、E233系、E257系、211系、115系、189系、EF64 39が展示された。なお、今年は綺麗に塗装し直された201系クハ201-1の撮影コーナーが設けられ、注目を集めた。
入江智彦(神奈川県)
2014_10_09_irie_tomohiko001.jpg
一路、南武線へ。
'14.10.9 東海道本線 戸塚
 10月9日、E233系8000番代N6編成が国府津~浜川崎~武蔵中原間で試運転を兼ねて回送された。N6編成は前日の10月8日に越後石山~国府津間で配給輸送されていた。
入江智彦(神奈川県)
2014_10_08_irie_tomohiko001.jpg
2編成目の営業運転入り。
'14.10.8 南武線 尻手
 10月8日、南武線向けE233系8000番代N2編成の営業運転が開始された。なお、N1編成とは異なりヘッドマークは掲出されなかった。運転初日は19運用に充当された。
関連記事:【JR東】E233系8000番代営業運転開始
北村拓巳(神奈川県)
2014_10_04_kitamura_takumi001.jpg
駅長の合図で1番列車が武蔵中原を発車。
'14.10.4 南武線 武蔵中原
 10月4日、新型車輌E233系8000番代が南武線で営業運転を開始した。最初に営業運転に充当されたのはN1編成であった。始発となる武蔵中原駅では出発セレモニーが行われ、多くの人が南武線新型車輌の発車を見送った。またN1編成には9月29日にN1編成が登戸駅で展示された際と同じデザインの「つなげる・つながる・なんぶせん」と表記されたヘッドマークが掲出されている。
関連記事:【JR東】南武線用E233系8000番代が登戸駅で展示される
松山政昭(神奈川県)
2014_09_28_matsuyama_masaaki001.jpg
南武線用E233系8000番代電車と置き換え予定の209系電車。
'14.9.28 南武線 登戸
 10月4日から営業運転が開始される予定の南武線用E233系8000番代が、9月28日、登戸駅2番線で10時45分から14時30分までの間展示された。展示されたのはN1編成で、車内には懐かしい南武線の写真やE233系電車説明のパネルなどが展示されていた。南武線に新車が導入されるのは209系電車以来約20年振りのこととなり、沿線住民の関心度も高いようで、大勢の人が訪れていた。
入江俊光(埼玉県)
2014_09_17_irie_toshimitsu001.jpg
高崎線を南下する南武線用E233系N5編成。
'14.9.17 高崎線 吹上―北鴻巣
 9月17日、総合車両製作所新津事業所で落成された中原電車区所属となるE233系8000番代N5編成が新津~国府津車両センター間で配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1031であった。
関連記事:【JR東】E233系8000番代N4編成配給輸送
玉木裕一(埼玉県)
2014_09_10_tamaki_yuuichi001.jpg
高崎線を快走する南武線向けのE233系の配給列車。
'14.9.10 高崎線 深谷
 9月10日、総合車両製作所新津事業所で落成された中原電車区所属となるE233系8000番代N4編成が新津~国府津車両センター間で配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1032であった。
関連記事:【JR東】南武線E233系8000番代N3編成配給実施
佐久間信宏(神奈川県)
2014_08_26_sakuma_nobuhiro001.jpeg.jpg
EF64 1031に牽引されるE233系8000番代N3編成。
'14.8.24 東海道貨物線 横浜羽沢―東戸塚
 8月26日に南武線用E233系8000番代の配給輸送が、新津~大宮~新鶴見(信)~国府津で行なわれ、長岡車両センター所属EF64 1031が牽引した。
加藤弘樹(神奈川県)
2014_08_19_katou_hiroki001.jpg
DE10 1749に牽引されるH028編成。
'14.8.19 横須賀線 逗子
2014_08_19_katou_hiroki002.jpg 出発待ちのH028編成。
'14.8.19 横須賀線 逗子
 8月19日、E233系6000番代H028編成が総合車両製作所を出場し、逗子~本郷台~大船の経路で試運転が行われた。同編成の出場をもって、横浜線用E233系6000番代は全28編成が出揃ったこととなる。
加藤弘樹(神奈川県)
2014_08_18_katou_hiroki.jpg
これから幾度となく通う鉄路をゆく。
'14.8.18 南武線 津田山―武蔵溝ノ口
 8月18日、E233系8000番代N1編成の試運転が南武線の武蔵中原~川崎~立川~武蔵中原の経路で行われた。南武線全線での試運転は今回が初めてと思われる。
関連記事:【JR東】E233系8000番代N1編成中原電車区へ
向山尚樹(長野県)
2014_08_15_kouyama_naoki002.jpg
恒例となったE233系の応援。今年も信濃路に登場した。
'14.8.15 中央本線 富士見―すずらんの里 P:向山尚樹
2014_08_15_takashima_dai001.jpg 編成は東京方がN29、長野方がN9編成となった。
'14.8.15 中央本線 富士見―すずらんの里 P:高島 大
 8月15日、「第66回 諏訪湖祭湖上花火大会」開催に伴い、中央本線では例年通り花火大会前後の時間帯において列車の増発や運用変更が行なわれた。豊田車両センター所属のE233系青464・青665編成が応援に駆けつけた。また今年3月改正以降、定期運用では中央本線への乗り入れが激減した長野総合車両センター所属の115系N編成も一部の列車に投入されたが、その中には湘南色のN9編成も含まれており、注目を集めた。
石井佑樹(神奈川県)
2014_08_08_ishii_yuuki001.jpg
雨の中、早くも2編成目の試運転が行われた。
'14.8.8 信越本線 田上―矢代田
 8月8日、総合車両製作所新津事業所にて製造された南武線用のE233系8000番代N2編成の試運転が信越本線新津~羽生田間で4往復実施された。試運転後は越後石山へ回送されている。
秋山直輝(東京都)
2014_08_07_akiyama_naoki001.jpg
湘南の風を浴びながら、所属先へ向かう。
'14.8.7 東海道本線 二宮―大磯
 8月6日に国府津車両センターへ配給輸送されていたE233系8000番代N1編成が、翌7日に所属先となる中原電車区へ試運転を兼ねて回送された。
関連記事:【JR東】E233系8000番代N1編成配給輸送
岩片浩一(東京都)
2014_08_06_1iwkata_kouichi001.jpg
鶴見川をわたり、東海道を南下する。
'14.8.6 東海道貨物線 新鶴見信号場―鶴見
 8月6日、総合車両製作所新津事業所にて落成された南武線向けE233系8000番代の第一編成(N1編成)が越後石山~国府津間(大宮~新鶴見信号場間は武蔵野線経由)にて配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1032であった。
福地健至(千葉県)
2014_08_01_fukuchi_kenji001.jpg
コツ車が上野へ向かう。
'14.8.1 山手線 御徒町(東北縦貫線 東京―上野)
2014_08_01_fukuchi_kenji002.jpg 秋葉原を通過する。
'14.8.1 山手線 秋葉原(東北縦貫線 上野―東京)
 8月1日、2014年度末開業予定の東北縦貫線(愛称:上野東京ライン)において乗務員訓練が開始された。初日となったこの日は国府津車両センター所属のE233系3000番代E55+E14編成と大宮総合車両センター所属の185系A5編成が使用された。なお、乗務員訓練に先立ち7月29日未明には営業用車輌を用いた試運転や信号などの確認が行われた模様だ。
末永貴之(神奈川県)
2014_07_29_suenaga_takayuki001.jpg
新津からの横浜線向けE233系もこれで最後の予定。
'14.7.29 武蔵野線 東所沢―新秋津
 7月29日、横浜線向けE233系6000番代H015編成が総合車両製作所新津事業所で落成し、越後石山~大船間で配給輸送された。牽引機は全区間で長岡車両センター所属のEF64 1030が充当された。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H014編成配給輸送
入江俊光(埼玉県)
2014_07_08_irie_toshimitsu001.jpg
夏の日射しを受け、高崎線を行く。
'14.7.8 高崎線 北鴻巣―鴻巣
 7月8日、E233系6000番代H014編成の配給輸送が越後石山~大船間で行われた。前回同様、長岡車両センター所属のEF64 1031が牽引に充当された。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H013編成配給輸送
加藤弘樹(神奈川県)
2014_06_24_katou_hiroki001.jpg
大雨の中、ラストスパート。
'14.6.27 東海道本線 戸塚―大船
 6月24日、E233系6000番代H013編成の配給輸送が越後石山~大船間で行われた。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1031であった。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H012編成配給輸送
加藤弘樹(神奈川県)
2014_06_17_katou_hiroki002.jpg
駅スタンプステッカーは未貼付であった。
'14.6.17 東海道本線 横浜―戸塚
 6月16日に総合車両製作所を出場したE233系6000番代H025編成であるが、翌日の6月17日に試運転が行われた。経路は大船~小田原~茅ヶ崎~小田原~品川~大船であった。
加藤弘樹(神奈川県)
2014_06_10_katou_hiroki001.jpg
到着地大船までラストスパート。
'14.6.10 東海道本線 横浜―戸塚
 6月10日、E233系6000番代H012編成の配給輸送が越後石山~大船間で行われた。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1032であった。なお、今回は大宮(操)~新鶴見(信)間は前回までの山手貨物線から武蔵野貨物線へと経路が変更となった。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H011編成配給
佐野雄介(埼玉県)
2014_06_04_sano_yuusuke002.jpg
着々と増備が進む。
'14.6.4 高崎線 宮原―大宮
 6月4日、横浜線用E233系6000番代H011編成が越後石山~大船間で配給輸送された。なお、牽引機は全区間長岡車両センター所属のEF64 1030であった。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H010編成配給
加藤弘樹(神奈川県)
2014_05_31_katou_hiroki001.jpg
短絡線をゆくL01編成。
'14.5.31 常磐線 三河島
 5月31日、E233系3000番代L01編成を使用した団体臨時列車が運転された。区間は松戸~田端(信)~新宿~横浜~小田原間の一往復であった。回送は前日に高崎~上野~尾久、当日に尾久~上野~松戸間で行われた。また「虹の架け橋」のヘッドマークが掲出された。
三杉朋成(千葉県)
2014_05_29_misugi_tomonari001.jpg
4輌の身軽な編成で普段は走ることのない鉄路を進む。
'14.5.29 総武本線 西千葉
 5月29日、京葉車両センター所属のE233系5000番代F52編成4輌が新習志野~誉田~千葉~幕張車両センター~幕張~津田沼の経路で習志野運輸区へ回送された。習志野運輸区内で訓練に使用されるものと思われる。
玉木裕一(埼玉県)
2014_05_27_tamaki_yuuichi001.jpg
新津製10本目となるE233系の配給列車。
'14.5.27 山手貨物線 赤羽―池袋
 5月27日、総合車両製作所新津事業所で落成した横浜線向けのE233系6000番代 H010編成が越後石山~大船間で配給輸送された。牽引機はEF64 1030であった。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H009編成配給輸送
須藤佑介(東京都)
2014_05_21_sudou_yuusuke001.jpg
雨の中を走り抜ける。
'14.5.21 高崎線 宮原―大宮
 5月21日、総合車両製作所新津事業所で落成されたE233系6000番代H009編成の配給輸送が越後石山~大船間で運転された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1031であった。
関連記事:【JR東】E233系6000番代H008編成配給輸送
須藤佑介(東京都)
2014_04_10_sudou_yuusuke001.jpg
J-TRECに譲渡されてから初の配給輸送が行く。
'14.4.10 上越線 津久田―敷島
 4月10日、J-TREC新津事業所で落成されたE233系6000番代H008編成の配給輸送が越後石山~大船間で運転された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1032であった。また今回が旧JR東日本新津車両製作所がJ-TRECに譲渡されてから初の配給輸送となる。なお、今回より新津から越後石山に出発地が変更された。
関連記事:【JR東】新津車両製作所としての最終落成車が出場
久保田健一(神奈川県)
2014_03_27_kubota_kenichi001.jpg
EF64 1030に牽引され、新津車両製作所製のE233系が行く。
'14.3.27 上越線 渋川―八木原
 すでに発表にあるように、平成6年秋から首都圏地区を中心として209系やE217系、E231系、E233系のほか近年は私鉄車輌など約4000輌超の新造を手がけてきたJR東日本新津車両製作所であるが、会社組織の変更により4月1日からは、グループ会社のJ-TRECに新造の業務を譲渡する予定となっている。新津車両製作所としての最終落成車となると思われる横浜線向けのE233系6000番代のH007編成(クハE233-6007以下8輌)が信越線内での公式試運転を経て、3月27日に所属先の鎌倉車両センターに向け配給輸送された。
関連記事:【JR東】横浜線用E233系H006編成配給列車運転
金子良喜(神奈川県)
2014_03_17_kaneko_ryouki001.jpg
この配給列車より山手貨物~横須賀線経由へ変更された。
'14.3.17 横須賀線 新川崎―横浜
 新津車両製作所で6本目になる横浜線用E233系H006編成が新津~大船間でEF64 1030の牽引によって運転された。今回の運転は大宮~田端信~新宿~横須賀線経由~大船と運転経路が変更になり、大船到着が前回までに比べ約1時間早くなった。
三枝孝太(東京都)
2014_03_13_saegusa_kouta001.jpg
通い慣れない道を走るワインレッドのE233系。
'14.3.13 山手貨物線 恵比寿
 3月13日に京葉車両センター所属のE233系5000番代ケヨ515編成が、東京総合車両センターに入場した。検査のためと思われる。
佐藤啓太郎(神奈川県)
2014_02_24_satou_keitarou001.jpg
新津製の編成も既に4本目。
'14.2.24 東海道貨物線 新鶴見信号場―鶴見
 2月24日、新津車両製作所で落成した横浜線用E233系クラH004編成が新津~大船間で配給された。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1031であった。
【JR東】E233系6000番代クラH003編成新津配給
須藤佑介(東京都)
2014_02_17_sudou_yuusuke002.jpg
見慣れぬ路線を通って所属地に戻る。
'14.2.17 山手貨物線 池袋
 松戸車両センター所属のE233系2000番代マト1編成が東京総合車両センターを出場し、大崎~田端操~松戸の経路で回送された。
久保田健一(神奈川県)
2014_02_16_kubota_kenichi001.jpg
雪晴れの景色の中、E233系が始動!
'14.2.16 横浜線 菊名―大口 P:久保田健一
2014_02_16_katou_hiroki001.jpg 初めての快速運用につくH001編成。
'14.2.16 京浜東北線 横浜―東神奈川 P:加藤弘樹
 横浜線では、E233系6000番代の営業運転を2月16日から開始した。当日は予定されていた出発セレモニーが先日の大雪の影響で中止になったものの、東神奈川電車区に留置されていたH001編成と橋本駅電留線に留置されていたH016編成が、それぞれ出庫。いずれの編成も東神奈川電車区デザインの特製ヘッドマークを取り付けて門出を祝福。横浜線における26年ぶりの新型車輌E233の運転開始となった。
武内 智(東京都)
2014_02_12_takeuchi_satoshi001.jpg
先輩に引っ張られながら、ピカピカの車両が首都圏に向かう。
'14.2.12 高崎線 宮原
 2月12日、新津車両製作所で落成した横浜線用E233系クラH003編成が新津~大船間で配給された。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1030であった。
関連記事:【JR東】E233系6000番代クラH002編成配給
佐野雄介(埼玉県)
2014_02_12_sano_yuusuke001.jpg
支社外を転々と疎開する。
'14.2.12 川越線 西大宮
 鎌倉車両センター所属で横浜線用のE233系6000番代H002編成が、先日川越車両センターへ疎開したが、その数日後に東大宮操車場へ疎開先を移し、さらに12日再び川越車両センターへ戻ってくるという動きを見せている。
天本 翼(神奈川県)
2014_02_02_amamoto_tsubasa001.jpg
快速小机行きの表示は、普段は見られない。
'14.2.2 横浜線 小机 P:天本 翼
2014_02_02_fukuda_satoshi002.jpg 午後は町田駅で開催、205系と並ぶシーンも見られた。
'14.2.2 横浜線 町田 P:福田智志
2014_02_02_kubota_kenichi001.jpg みなとみらい地区イメージのヘッドマークを取り付け展示会場に向かう。
'14.2.2 横浜線 大口―菊名 P:久保田健一
 JR東日本横浜支社は2月16日から横浜線で営業運転を開始する新型車輌E233系の車輌展示会を小机駅と町田駅で行った。展示車輌は鎌倉車両センター所属のE233系H002編成8輌で、車両の前後には営業運転開始時に取り付けられる予定の特製のヘッドマークが掲出された。列車内では横浜線沿線のPRコーナーが設置されたほか、沿線自治体のキャラクターとの撮影会やグッズ販売等が行われ、鉄道ファンのみならず多くの家族連れでイベントは大いに盛り上がった。
河原翔一(神奈川県)
2014_01_30_kawahara_syouichi001.jpg
上越国境を越え、都心へ...。
'14.1.30 上越線 湯檜曽―水上
 1月30日、新津車両製作所から横浜線向けE233系6000番代のH002編成が新津~大船間で配給された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1031が牽引した。
関連記事:【JR東】E233系6000番代クラH001編成配給
末永貴之(神奈川県)
2014_01_22_suenaga_takayuki001.jpg
新津から初の横浜線向けE233系が登場。
'14.1.22 上越線 井野
 1月22日、新津車両製作所から初の横浜線向けE233系6000番代が新津~大船間で配給された。なお牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1031が牽引した。
松本 彩(神奈川県)
2014_01_21_matsumoto_aya001.jpg
真新しい車体が人目を引くH016編成。
'14.1.21 横浜線 淵野辺 P:松本 彩
2014_01_23_katou_hiroki001.jpg
23日には2度目となる東海道本線での試運転が行われた。
'14.1.23 東海道本線 大磯 P:加藤弘樹
 E233系6000番代のH016編成を使用した試運転列車が運転された。横浜線内で行われた試運転では各駅に停車していたので乗務員のハンドル訓練と思われる。
島田 学(新潟県)
2014_01_17_ shimada_manabu001.jpg
新津製では初となる横浜線向け車輌の試運転。
'14.1.17 信越本線 新津
 新津車両製作所で製造されたE233系6000番代の第1編成となるクラH001編成が、信越本線の新津~羽生田を4往復する試運転を行った。横浜線向けE233系が新潟地区で試運転を行うのは初めてのことである。
冨田裕夢(東京都)
2014_01_17_tomita_yuumu001.jpg
E233系6000番代が横浜線内を試運転。
'14.1.17 横浜線 相模原
  1月17日、E233系6000番代のH017編成を使用した試運転が横浜線の東神奈川~橋本間で1往復行われた。
加藤弘樹(神奈川県)
2014_01_07_katou_hiroki001.jpg
今後の活躍が期待されるE233系6000番代。
'14.1.7 横須賀線 逗子―鎌倉
 1月7日、横浜線用のE233系6000番代H016編成がJ-TRECから出場し、逗子~本郷台~大船で試運転を行った。前面と側面には、沿線の緑とけやきをイメージした「YOKOHAMA LINE」のステッカーが貼られている。なお、あらかじめ発表されていた駅スタンプをデザインしたステッカーは貼られていなかった。今後、試運転を行い2月16日から営業運転を開始する予定である。
クレシ隼人(東京都)
2013_12_26_kureshi_hayato001.jpg
曇天の下、山手貨物線を行く。
'13.12.26 山手貨物線 新宿―渋谷
  12月26日、松戸車両センター所属のE233系2000番代マト1編成が、東京総合車両センターに入場した。小田急線直通対応工事を行うためと思われる。
加藤弘樹(神奈川県)
2013_12_25_katou_hiroki001.jpg
快晴の湘南を快走した。
'13.12.25 東海道本線 平塚
 12月25日、昨日J-TRECを出場したE233系7000番代ハエ131編成が試運転を行った。区間は南古谷~新宿~新鶴見信~横浜羽沢~小田原間で1往復行われた。
伊藤大翔(神奈川県)
2013_12_24_itou_taisyou001.jpg
2013年最後のJ-TRECの出場車輌で、E233系7000番代最後の編成。
'13.12.24 横須賀線 逗子―鎌倉
 12月24日、J-TRECにて落成したE233系7000番代ハエ131編成が出場し、逗子~南古谷間で公式試運転が行われた。これでE233系7000番代の製造が終了した。
大野貴行(埼玉県)
2013_12_16_oono_takayuki001.jpg
高崎線を行くE233系7000番代。4月から始まったこの光景も、もうすぐ見納めに。
'13.12.16 高崎線 宮原
 12月16日(月)、川越車両センター所属となるE233系7000番代ハエ120編成が、製造先である新津車両製作所を出場し、新津から東大宮操まで長岡車両センター所属EF64 1032が牽引する配給列車として輸送された。なお、同編成は東大宮操に到着後、その日のうちに所属区まで自力回送されている。また、今回の出場により新津車両製作所で製造されるE233系7000番代は残り1本となった。
北村拓巳(神奈川県)
2013_12_15_kitamura_takumi001.jpg
クリスマス仕様で運転されている、"みどりの山手線"。
'13.12.15 山手線 田町 P:北村拓巳
2013_12_17_takagi_kazuki001.jpg 冬らしくクリスマス仕様となった"みどりの山手線"。
'13.12.17 山手線 大崎 P:髙木和貴
 今年1月に登場したE231系トウ545編成"みどりの山手線"が、15日頃からクリスマス仕様で運転されている。
加藤弘樹(神奈川県)
2013_12_10_katou_hiroki001.jpg
軽やかに横浜を駆け抜ける。
'13.12.10 東海道本線 東戸塚―保土ヶ谷
 12月10日(火)、J-TRECにて落成したE233系7000番代ハエ130編成が出場し、逗子→南古谷で公式試運転が行われた。J-TRECから出場する埼京線向けE233系も、1本を残すのみとなった。
北村拓巳(神奈川県)
2013_11_19_kitamura_takumi001.jpg
EF64の牽引で赤羽を通過する。
'13.11.19 高崎線 赤羽 P:北村拓巳
2013_11_19_sakuma_nobuhiro001.jpg ハエ118の配給輸送。
'13.11.19 高崎線 宮原―大宮 P:佐久間信宏
 11月19日に新津車両製作所で製造されたE233系7000番代ハエ118編成が配給輸送された。牽引機はEF64 1032が充当された。
大野貴行(埼玉県)
2013_11_12_oono_takayuki001.jpg
山手貨物線を南下するマト9編成。
'13.11.12 山手貨物線 恵比寿
 11月12日(火)、松戸車両センター所属E233系2000番代マト9編成が、小田急線直通対応工事のため東京総合車両センターへ入場した。
佐野雄介(埼玉県)
2013_11_05_sano_yuusuke001.jpg
ほとんどがE233系に置き換えられた。
'13.11.5 埼京線 西大宮
 11月5日、新津車両製作所にて落成した川越車両センター所属E233系7000番代ハエ117編成が、新津→東大宮(操)まで配給され、その日のうちに所属先となる川越車両センターへ試運転を兼ねて回送された。
松本 彩(神奈川県)
2013_10_29_matsumoto_aya001.jpg
秋雨の北鎌倉駅を通過するハエ129編成。
'13.10.29 横須賀線 北鎌倉
 10月29日に新製車のE233系ハエ129編成の試運転が横須賀線で行われた。
佐久間信宏(神奈川県)
2013_10_22_sakuma_nobuhiro002.jpg
EF64 1031が担当。
'13.10.22 東北貨物線 赤羽―田端(信)
 10月22日に、新津車両製作所で落成されたハエ116編成の配給が、新津~東大宮(操)間で行われた。なお、今回の配給は長岡車両センターのEF64 1031が担当した。
西口謙斗(東京都)
2013_10_12_nishiguchi_kento001.jpg
秋晴れの下 慣れぬ道に足を踏み入れる。
'13.10.12 青梅線 立川―西立川
 10月12日(土)に、宇都宮~拝島(西立川~拝島は回送)の団体列車に高崎車両センター所属のE233系3000番代L01編成が充当された。また、今回が青梅線への初入線となる。
手島歩夢(埼玉県)
2013_10_08_tejima_ayumu001.jpg
昨年に引き続き運転された。
'13.10.8 京浜東北線 川口
 10月8日、浦和電車区所属E233系ウラ122編成を使用した試運転列車が運転された。北行、南行それぞれ運転されており、試運転後は営業列車の運用に入るようになっている。田町~田端間は山手線経由で運転されている。
佐久間信宏(神奈川県)
2013_10_07_sakuma_nobuhiro001.jpg
配給されるハエ115。
'13.10.7 常磐線 北千住
 10月7日に、新津で落成した埼京線用E233系7000番代のハエ115編成が新津→東大宮まで配給された。
平山柊一(千葉県)
2013_10_01_hirayama_shuuichi001.jpg
これから活躍してゆく埼京線を初めて走る。
'13.10.1 埼京線 与野本町
 10月1日、総合車両製作所を出場したE233系ハエ127編成が、川越車両センターまで回送された。
高橋 徹(埼玉県)
2013_09_24_takahashi_tetsu001.jpg
晴天の配給輸送走行。
'13.9.24 上越線 六日町―塩沢
 9月24日に、新津車両製作所からE233系7000番代ハエ114編成が新津→大宮(操)→田端(信)→馬橋→大宮(操)→東大宮(操)で配給輸送された。牽引は、全区間に長岡車両センターのEF64 1032が担当した。
三杉朋成(千葉県)
2013_09_20_misugi_tomonari001.jpg
見慣れない緑の帯のE233系が入線。
'13.9.20 京葉線 西船橋
 9月20日、川越車両センター所属のE233系7000番代ハエ106編成が、疎開されていた京葉車両センターから新習志野→西船橋→南流山→東浦和→大宮→南古谷の経路で所属先へ返却された。
相川幸也(千葉県)
2013_09_13_aikawa_kouya001.jpg
幕張をあとにする。
'13.9.13 幕張車両センター
 9月13日に行われた、幕張での運転競技会で使用されたケヨ519編成が、同日の夜に所属先である京葉車両センターへ返却された。今年の競技会は久留里線で活躍しているキハE130系をはじめ、E231系ミツ38編成、E217系、209系、E257系、485系が使用された。
菅原達紀(千葉県)
2013_09_12_sugawara_tatsuki001.jpg
夕闇迫る稲毛駅をゆっくりと通過する。
'13.9.12 総武本線 稲毛
 9月12日、京葉車両センター所属のE233系5000番代10輌(ケヨ519編成)が、幕張車両センターで実施の運転競技会のため、新習志野―誉田―幕張の経路で幕張車両センターに回送された。
佐久間信宏(神奈川県)
2013_09_10_sakuma_nobuhiro001.jpg
疎開返却されるE233系7000番代ハエ105編成。
'13.9.10 中央本線 立川―日野
 9月10日に、豊田車両センターに疎開されていた埼京線用233系7000番代ハエ105編成が、川越車両センターまで疎開返却が行なわれた。
敷田和隆(埼玉県)
2013_09_09_sikita_kazutaka001.jpg
増備が続くE233系7000番代。
'13.9.9 高崎線 岡部―本庄 P:敷田和隆
2013_09_09_sakuma_nobuhiro003.jpg ハエ113編成の配給。
'13.9.9 東北本線 赤羽―尾久 P:佐久間信宏
 9月9日、新津車両製作所にて製造されたE233系7000番代ハエ113編成の配給輸送が行われた。牽引は全区間長岡車両センター所属のEF64 1032で行われた。また、EF64 1032がE233系7000番代の配給輸送に充当されるのは初となる。
中井健人(埼玉県)
2013_09_03_nakai_kento001.jpg
J-TRECを出場したハエ125編成。
'13.9.3 川越線 指扇
 9月3日(火)、E233系ハエ125編成がJ-TREC(総合車両製作所)を出場し、逗子から川越車両センタ―まで回送された。
佐野雄介(埼玉県)
2013_08_27_sano_yuusuke001.jpg
着々と数を増やす。
'13.8.27 高崎線 北本―桶川
 8月27日、新津車両製作所にて落成したE233系7000番代ハエ112編成が新津→東大宮(操)で配給輸送された。牽引は、全区間長岡車両センターのEF81 134が担当した。
伊藤大翔(神奈川県)
2013_08_20_itou_taishou001.jpg
猛暑の中、さらに暑い南古谷へと向かうE233系。
'13.8.20 横須賀線 逗子―鎌倉
 8月20日、J-TREC(総合車両製作所)を出場したE233系ハエ124編成が南古谷まで回送された。
江田宜輝(千葉県)
2013_08_20_eda_yoshiteru001.jpg
山手貨物線を走り大崎へと向かうマト12編成。
'13.8.20 山手貨物線 池袋―新宿
 8月20日、松戸車両センター所属のE233系2000番代マト12編成が、小田急線直通対応機器設置を行うため東京総合車両センターへ入場した。経路は松戸→田端(信)→大崎だった。
石川 敦(栃木県)
2013_08_08_ishikawa_atsushi001.jpg
今回は長岡車両センター所属EF81 140が全区間を担当した。
'13.8.8 高崎線 岡部―深谷
 8月8日、新津車両製作所にて製造されたE233系7000番代ハエ111編成が配給された。牽引は長岡車両センター所属EF81 140が全区間を担当した。
米倉隼平(千葉県)
2013_08_08_yonekura_shuuhei001.jpg
EF81牽引の配給列車が両毛線を疾走。
'13.8.8 両毛線 井野
 8月8日、新津車両製作所で製造された埼京線仕様のE233系7000番代(ハエ111編成)の配給輸送が新津→田端(操)→南流山→大宮→東大宮(操)の経路で施行された。牽引機は長岡車両センター所属のEF81 140が充当された。なお、E233系7000番代の配給輸送でEF81が充当されたのは今回が初となった。
手島歩夢(埼玉県)
2013_08_05_tejima_ayumu003.jpg
検査の為、普段は走らない山手貨物線を走行し大崎へ。
'13.8.5 山手貨物線 恵比寿
 8月5日、京葉車両センター所属のE233系5000番代10輌(ケヨ509編成)が検査のため東京総合車両センターへ入場した。回送経路は新習志野―誉田―千葉―秋葉原―新宿―大崎だった。
柿葉祐太(千葉県)
2013_08_03_kakiha_yuuta001.jpg
「9135K」を表示し、帰宅客を迎える。
'13.8.3 常磐線 松戸
 8月3日、松戸市江戸川河川敷にて行われた「松戸市制施行70周年記念 松戸花火大会イン2013 ~みんなであげる夢花火~」の開催に伴い、常磐線各駅停車の列車は混雑緩和のため、松戸駅発車の下り(我孫子行)臨時増発便が3本運転された。
伊藤大翔(神奈川県)
2013_08_01_itou_daishou001.jpg
普段は走らない横須賀線を駆け抜ける。
'13.8.1 横須賀線 逗子―鎌倉
 8月1日、J-TREC(総合車両製作所)を出場したE233系ハエ123編成が南古谷まで回送された。
佐久間悠太(東京都)
2013_07_25_sakuma_yuuta001.jpg
J-TRECと新津車両製作所のタッグで急ピッチで増備が進む。
'13.7.25 武蔵野線 吉川 P:佐久間悠太
2013_07_25_sano_yuusuke001.jpg まもなく1/3が置き換わる。
'13.7.25 川越線 西大宮 P:佐野雄介
 7月25日、新津車両製作所にて落成したE233系7000番代ハエ110編成が新津→高崎→田端(操)→南流山→東大宮(操)間で配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属EF64 1031が全区間を担当した。なおハエ110編成は23日に信越本線にて公式試運転を行っている。
原田和樹(千葉県)
2013_07_20_harada_kazuki001.jpg
一路水道橋を目指す。
'13.7.20 内房線 巌根―袖ヶ浦
 7月20日に都市対抗野球の応援に伴なう団体臨時列車が大貫―水道橋間で運転された。使用された車輌は京葉車両センター所属のE233系5000番代ケヨ501編成。なお、同編成は事故による損傷で運用を離脱していたが、この団体列車をもって運用復帰となった。
本間貴大(埼玉県)
2013_07_18_honma_takahiro001.jpg
これからの仕事場になる川越線を快走。
'13.7.18 川越線 西大宮
 7月18日、J-TREC(総合車両製作所)を出場したE233系ハエ122編成が南古谷まで回送された。尚、J-TRECからE233系のハエ編成が出場するのは初めてとなる。
手島歩夢(埼玉県)
2013_07_16_tejima_ayumu001.jpg
ハエ3編成と入れ替わりで返却されたハエ103編成。
'13.7.16 山手貨物線 渋谷 P:手島歩夢
2013_07_16_nisiguchi_kento001.jpg 普段は走らない道を行く。
'13.7.16 東海道本線 二宮 P:西口謙斗
 7月16日、川越車両センター所属のE233系10輌(ハエ103編成)が疎開先の国府津車両センターより、品鶴線・赤羽線経由で所属先へ疎開返却された。同日中には同所所属の205系ハエ3編成が武蔵野線経由で国府津車両センターへ疎開されている。
平山柊一(千葉県)
2013_07_14_hirayama_shuuichi001.jpg
普段は通らない総武線をゆく。
'13.7.14 総武本線 秋葉原―御茶ノ水
 京葉車両センター所属のE233系5000番代ケヨ515編成が、大貫から中野(客扱いは水道橋まで)で運転された。E233系5000番代が中野まで入線するのは初めてとなった。なお、この団体列車は、東京ドームで開催された「都市対抗野球」によるもの。
高橋裕輝(千葉県)
2013_07_11_takahashi_hiroteru001.jpg
埼京線向けE233系9本目の試運転。
'13.7.11 埼京線 赤羽―十条
 7月10日に配給された埼京線・川越線向けE233系7000番代ハエ109編成が試運転を実施した。
宮澤真希(千葉県)
2013_07_10_miyazawa_maki001.jpg
EF64に先導され東大宮(操)へと向かう。
'13.7.10 武蔵野線 吉川美南―吉川
 7月10日、新津車両製作所で落成した埼京線・川越線向けE233系7000番代ハエ109編成が新津→田端(信)→馬橋→大宮→東大宮(操)で配給輸送された。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1030が担当した。
手島歩夢(埼玉県)
2013_07_04_tejima_ayumu001.jpg
09運用で運用入りしたハエ107編成。
'13.7.4 埼京線 浮間舟渡
 4日、川越車両センター所属のE233系7000番代の第7編成(ハエ107編成)が埼京線での運用を508K列車(指扇5:25発新宿行)より開始した。09運用は一旦、川越車両センターに入区するが、その後再出区も行う運用であり、一旦入区後である1508K列車(指扇15:49発新宿行)にも運用された。なお、HM取り付け編成であるハエ101編成は4日に関しては予備車だった。
佐野雄介(埼玉県)
2013_07_02_sano_yuusuke001.jpg
種別なし新木場も今後営業で期待。
'13.7.2 川越線 西大宮
 7月2日、新津車両製作所を出場したハエ108編成が配給され、その日のうちに所属先である川越車両センターへ試運転を兼ねて回送された。
柏木佑太(埼玉県)
2013_06_30_kasiwagi_yuuta001.jpg
ヘッドマークを掲出して埼京線を走行するE233系。
'13.6.30 埼京線 十条 P:柏木佑太
2013_06_30_nisizawa_tomoaki001.jpg 埼京線E233系7000番代第101編成。
'13.6.30 埼京線 北与野 P:西澤智章
 6月30日、埼京・川越線のE233系7000番代が営業運転を開始した。当日は、1008Kから運用に入り、ヘッドマークを掲出しての運転となった。始発駅となる大宮駅では出発式も行われた。順次205系を置き換え、今年度中にはすべての車輌がE233系となる模様。
清水直樹(山梨県)
2013_06_12_simizu_naoki001.jpg
直通先のりんかい線で一足早く足を慣らす。
'13.6.12 東京臨海高速鉄道りんかい線 東雲
 6月5日~28日の平日にE233系ハエ104編成を使用した、乗務員習熟のためと思われる試運転が、東京テレポート→新木場→大崎→新木場→東京テレポートで行われている。
須藤佑介(東京都)
2013_06_03_sudo_yuusuke001.jpg EF64に導かれ目的地へと運ばれていった。
'13.6.3 上越線 浦佐―五日町 P:須藤佑介
2013_06_03_odera_kenta001.jpg 着々と増えるE233系7000番代。
'13.6.3 高崎線 北本―桶川 P:小寺健太
 6月3日、埼京線用のE233系7000番代ハエ106編成の配給輸送が新津―東大宮(操)で運転された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1030。
手島歩夢(埼玉県)
2013_05_25_tejima_ayumu001.jpg
ヘッドマークをつけて山手貨物線を快走。
'13.5.25 山手貨物線 大崎―恵比寿
 5月25日、高崎車両センター所属のE233系3000番代10輌(L15編成)を使用した団体臨時列車が運転された。この列車は松戸―田端操―池袋―新宿―大崎―新鶴見―鶴見―東高島―桜木町―大船―国府津(桜木町―国府津は回送)の区間で運転された。使用されたL15編成には〈虹のかけ橋〉と書かれたヘッドマークが装着された。
手島歩夢(埼玉県)
2013_05_20_tejima_ayumu001.jpg
連日施行される試運転。
'13.5.20 埼京線 池袋―板橋
  5月20日、川越車両センター所属E233系7000番代10輌を使用した乗務員訓練が南古谷→新宿→川越→新宿→南古谷の経路で行われた。土休日は、川越折り返しではなく大宮折り返しとなり、5月14日より毎日運転されている。
草野圭祐(神奈川県)
2013_05_14_kusano_keiyuu001.jpg
赤い233が中央線を走る。
'13.5.14 中央本線 千駄ヶ谷
 5月14日、京葉車両センター所属ケヨ506編成が検査のため東京総合車両センターへ入場した。
草野圭祐(神奈川県)
2013_05_13_kusano_keisuke001.jpg
りんかい線内をE233が初走行!
'13.5.13 東京臨海高速鉄道りんかい線 東雲
 2013年5月13日、川越車両センター所属E233系7000番代ハエ104編成が、りんかい線内での乗務員訓練等の目的で川越車両センターから東臨運輸区まで回送された。経路は南古谷→大宮→新宿→大崎→新木場→東京テレポートだった。
佐野雄介(埼玉県)
2013_05_09_sano_yuusuke001.jpg
着々と数を増やしてゆく。
'13.5.9 川越線 西大宮
 5月9日、新津車両製作所にて落成したE233系7000番代ハエ104編成が、新津→田端(信)→馬橋→大宮→東大宮(操)にて配給輸送され、その日のうちに川越車両センターへ試運転を兼ねて回送された。なお、今回の配給輸送、試運転共にダイヤが大幅に変更されていた。
大島健貴(奈良県)
2013_04_27_ mori_yasuhira001.jpg
新宿以南を初走行するE233系7000番代。
'13.4.27 山手貨物線 恵比寿―大崎 P:大島健貴

2013_04_27_sakuma_yuuta001.jpg
東海道貨物線を下る埼京線のニューカマー。

'13.4.27 東海道本線 大磯―二宮 P:佐久間悠太
 先日配給輸送が実施され、埼京線南古谷―新宿間で試運転を行った、川越車両センター所属のE233系7000番代ハエ103編成の疎開に伴う回送が、川越車両センター~国府津車両センター間で実施された。

佐野雄介(埼玉県)
2013_04_20_sano_yuusuke001.jpg
深夜にまで及ぶ試運転。準備が着々と進んでゆく。
'13.4.20 川越線 指扇
 4月20日と25日に、川越車両センター所属のE233系7000番代ハエ101編成が、川越車両センター―赤羽を一往復するATC試験と称した試運転が実施された。両日ともハエ101が充当された。
佐野雄介(埼玉県)
2013_04_23_sano_yuusuke001.jpg
着々と数を増やしている。
'13.4.23 高崎線 宮原―大宮 P:佐野雄介

2013_04_23_sakuma_nobuhiro001.jpg
埼京線用E233系7000番代配給。

'13.4.23 上越線 渋川―敷島 P:佐久間信宏
 4月23日、新津車両製作所で落成したE233系7000番代ハエ103編成が新津→田端(信)→馬橋→大宮→東大宮(操)で配給輸送された。牽引は全区間、長岡車両センターのEF64 1031が担当した。

河澄拓哉(栃木県)
2013_04_17_kawasumi_takuya001.jpg
性能確認試験のため東北本線を行く埼京線向けE233系。
'13.4.17 東北本線 東大宮―蓮田
 埼京線への投入が予定されている川越電車区所属E233系7000番代だが、4月17日に南古谷―大宮―小金井―大宮(操)―南古谷を走行する形で東北本線に初入線した。これは車輌に搭載されている保安装置の性能確認のため実施されたようで駅間で制動試験などを行う様子が見受けられた。
佐野雄介(埼玉県)
2013_04_16_sano_yuusuke001.jpg
増備が急ピッチで進んで行く...。
'13.4.16 高崎線 上尾―宮原
 4月16日、新津車両製作所で落成したE233系7000番代ハエ102編成が、新津→田端(信)→馬橋→大宮→東大宮(操)で行われた。牽引は全区間EF64 1030が担当した。
手島歩夢(埼玉県)
2013_04_10_tejima_ayumu001.jpg
第一編成が早速試運転。
'13.4.10 埼京線 新宿
 4月9日に東大宮操まで配給輸送され、その後川越車両センターへ試運転兼回送されたE233系7000番代10輌(101編成)が4月10日に試運転を行った。
 試運転区間は南古谷―新宿―南古谷だった。
佐野雄介(埼玉県)
2013_04_09_sano_yuusuke_001.jpg 埼京線に新しくお目見え。205系の処遇が気になるところ。
'13.4.9 高崎線 上尾―宮原

2013_04_09_sano_yuusuke_002.jpgついに新鋭が現れた。指扇では先輩の205系と初の離合

'13.4.9 川越線 西大宮
 4月9日、新津車両製作所で落成した埼京線・川越線向けE233系7000番代ハエ101編成が新津→田端(信)→馬橋→大宮→東大宮(操)で配給輸送された。牽引は全区間、長岡車両センターのEF64 1031が担当した。
 その後同編成は、同日中に所属先となる川越車両センターへ自走で試運転を兼ねて回送された。
 なお、川越車両センター到着後に構内にて数往復試運転を行った。

手島歩夢(埼玉県)
2013_03_27_tejima_ayumu001.jpg
所属区所の最寄り駅、南浦和へ入線。
'13.3.27 京浜東北線 南浦和
 浦和電車区所属のE233系1000番代108編成が東京総合車両センターでの検査を終え3月27日に出場、浦和電車区へと回送された。回送経路は大崎―品川―田端―南浦和(田端駅手前で京浜東北線へ転線)というものだった。
外川 拓(神奈川県)
2013_03_26_togawa_taku001.jpg
埼京線・川越線向けのE233系7000番代が登場。
'13.3.26 信越本線 古津―矢代田
 新津車両製作所で製造が進められている埼京線・川越線(大宮―川越)用のE233系だが、その1本目、川越車両センター101編成となる10輌編成が落成し、3月26日に信越本線新津―羽生田間で4往復の公式試運転を実施した。なお同線用のE233系は7000番代となっている。
大竹涼生(新潟県)
2013_03_12_otake_ryo001.jpg
EF64に先導され新前橋に向かうE233系3000番代。
'13.3.12 信越本線 帯織―見附
 新津車両製作所で落成したE233系3000番代L17編成が3月12日に新津より新前橋に向けて配給輸送された。今回の配給で高崎車両センターのE233系はすべて揃うことになると思われる。なお長岡車両センター所属のEF64 1032が牽引に充当されていた。
金子倫之(神奈川県)
2013_03_06_kaneko_noriyuki001.jpg
良い天気の中、高崎車両センター向けの5輌編成が運ばれる。
'13.3.6 上越線 湯檜曽―水上
 3月6日、新津車両製作所で製造されたE233系3000番代D16編成が新津―新前橋間にて配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF81 140だった。D16編成導入により高崎車両センターのE233系3000番代のD編成の導入が完了した。
佐久間悠太(東京都)
2013_01_30_sakuma_yuta001.jpg
中央線内の遅れの影響で行程も変更となった。
'13.1.30 中央本線 東小金井
 1月30日、高崎車両センター所属のE233系3000番代D15編成が新前橋→大宮→新宿→武蔵小金井→東小金井→武蔵小金井の行程で疎開回送された。
 当日は中央線内で発生した架線支障の影響で行程が一部変更され、東小金井折り返しで武蔵小金井に入区した。
土屋 遼(新潟県)
2013_01_28_tsuchiya_ryo001.jpg
雪晴れの中を行くE233系3000番代D15編成。
'13.1.28 信越本線 古津―矢代田
 高崎車両センター配置となるE233系3000番代D15編成が新津車両製作所で落成し、1月28日に長岡車両センター所属のEF64 1032に牽引されて新前橋に配給輸送された。高崎車両センター向けのE233系もそろそろ編成が整いつつある。
酒井優一(神奈川県)
2013_01_08_sakai_yuichi001.jpg EF64 1030の牽引で新前橋を目指すD14編成。
'13.1.8 上越線 上越国際スキー場前

2013_01_08_sakai_yuichi002.jpg
上越国際スキー場前駅を通過するD14編成。

'13.1.8 上越線 上越国際スキー場前
 1月8日、E233系3000番代D14編成(5輌)の配給輸送が、長岡車両センター所属のEF64 1030の牽引により新津→新前橋で行なわれた。

吉田 樹(東京都)
2012_12_27_aihara_kazuma001.jpg 雪晴れの新潟県を疾走する。
'12.12.27 上越線 越後中里―土樽 P:相原一麻

2012_12_27_yoshida_tatsuki001.jpg
雪山を背に走る配給列車。

'12.12.27 上越線 水上―湯檜曽 P:吉田 樹
 12月27日、新津車両製作所で落成したE233系3000番代L13編成の配給輸送が新津→新前橋で行なわれた。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1030が担当した。

大野敦史(群馬県)
2012_12_10_ono_atsushi001.jpg
約30分遅れで通過する。
'12.12.10 上越線 群馬総社―新前橋
 新津車両製作所で落成したE233系3000番代L12編成が、12月10日にEF64 1030の牽引により新津から新前橋まで配給輸送された。列車は雪の影響により30分程度の遅れがあった。
南 輝明(東京都)
2012_11_23_minami_teruaki001.jpg 様々な所属の車輌が集められた。
'12.11.23 中野電車区

2012_11_23_minami_teruaki002.jpg
歓迎のための掲示と、形式に沿った列番を表示したクモヤ143-9。

'12.11.23 中野電車区

2012_11_23_minami_teruaki003.jpg
高所作業車への体験乗車に怖がりながらも喜ぶ子供たち。

'12.11.23 中野電車区
 11月23日(金・祝)にJR東日本中野電車区にて、事前応募に当選した900名を対象にしたイベント「働く電車大集合!」が開催された。
 485系カツK40編成、183系マリ32編成、E233系トタ青668編成、E259系クラNe003編成及びクモヤ143-9の車輌展示のほか、高所作業車及びレールスターの体験乗車、物品の販売などが開催された。
 なお、183系マリ32編成には〈あずさ〉、〈かいじ〉のヘッドマークが掲出された。

酒井健一郎(東京都)
2012_11_24_sakai_kenichiro001.jpg 三鷹車両センターから豊田車両センターに向かうE231系800番代K5編成。
'12.11.24 中央本線 立川―日野

2012_11_24_sakai_kenichiro002.jpg
西日を浴びて三鷹車両センターに戻るE231系0番代B5編成。

'12.11.24 中央本線 日野―立川
 11月24日に「豊田車両センターまつり」が開催され、それに伴う展示車輌の回送が実施された。
 三鷹車両センターのE231系800番代は通常入線することのない三鷹以西への入線とあり、貴重な姿を提供してくれた。また0番代においても通常は早朝・深夜の運転であり、今回は回送で西日を浴びて多摩川を渡るといったシーンが見られ、こちらも多くのファンの目に留まったようだ。

崎山喜一朗(東京都)
2012_11_24_sakiyama_kiichiro001.jpg 疎開中の211系が展示されるというサプライズが。
'12.11.24 豊田車両センター

2012_11_24_sakiyama_kiichiro002.jpg
E231系800番代ミツK5編成、E231系0番代ミツB5編成、209系500番代ケヨM72編成が並べられた。

'12.11.24 豊田車両センター
 11月14日に、豊田車両センターにて「豊田車両センターまつり」が開催された。イベントでは、メンテナンス作業の実演などのほか様々な企画が用意されていた。また車輌展示コーナーでは、115系(トタM8編成など)、211系(タカB4編成)、209系500番代(ケヨM72編成)、E231系0番代(ミツB5編成)、E231系800番代(ミツK5編成)、E233系0番代(トタT27編成ほか)、E257系(モトM-110編成)、E351系(モトS-1編成)が展示された。

気羅紗海和(神奈川県)
2012_11_23_kisara_kaito001.jpg
E231系S-12編成を先頭に行く試運転列車。
'12.11.23 東海道貨物線 東戸塚―横浜羽沢
 11月19、21日に引き続き、11月23日に国府津車両センター所属のE231系1000番代S-12編成と田町車両センター所属のE233系3000番代NT12編成を使用した併結試運転が品川―国府津間(品鶴、東海道貨物線経由)で実施された。
髙木和貴(東京都)
2012_10_21_takagi_kazutaka001.jpg 気持ちよい朝陽を浴びて木更津へ。
'12.10.21 京葉線 市川塩浜

2012_10_21_takagi_kazutaka002.jpg
珍しい「快速 木更津」の表示。

'12.10.21 京葉線 新木場
 「ちばアクアラインマラソン」開催に伴う臨時列車として、10月21日に"マラソン快速"が運転された。東京―木更津間を快速運転で結ぶ臨時列車で、総武本線経由の"マラソン快速総武"と京葉線経由の"マラソン快速京葉"の2ルートで運転された。お互いとも下りは早朝に2本ずつ、上りは夕方に1本ずつ運転された。

須藤佑介(東京都)
2012_09_26_sudo_yusuke001.jpg
晴天の敷島を行く。
'12.9.26 上越線 敷島―津久田
 9月26日、新津車両製作所で落成したE233系3000番代L08編成の配給輸送が、長岡車両センター所属のEF64 1031の牽引により新津―新前橋間で実施された。
大竹涼生(新潟県)
2012_09_24_otake_ryo001.jpg
白新線を走るE233系10輌編成。
'12.9.24 白新線 東新潟
 9月24日、新津車両製作所で落成したE233系3000番代L08編成の試運転が実施された。同編成は方転を含めて新津→越後石山→新発田→新津の経由で運転された。
原田敬司(兵庫県)
2012_09_19_harada_takashi001.jpg
新津へ向けて3日間の旅路が始まる。
'12.9.19 東海道本線 芦屋―さくら夙川
 9月19日から9月21日にかけて、川崎重工業兵庫工場で落成した高崎車両センター所属となるE233系2階建てグリーン車(サロE233-3000番代、サロE232-3000番代)4輌の甲種輸送が兵庫→新津で実施されている。兵庫→吹田(信)の牽引はDE10 1743が担当した。
須藤佑介(東京都)
2012_09_10_sudo_yusuke001.jpg
実りを迎えつつある水田を目の前にして過ぎ去る。
'12.9.10 上越線 後閑―沼田
 9月10日、新津車両製作所を出場した高崎車両センター所属となるE233系3000番代L07編成の配給輸送列車が新津から新前橋まで運転された。牽引機は長岡車両センター所属のEF641031だった。
向山尚樹(長野県)
2012_09_01_nakayasu_kiichi001.jpg 「快速」表示で篠ノ井線を行く115系M40編成。
'12.9.1 篠ノ井線 冠着―聖高原 P:中安喜一

2012_09_01_mukaiyama_naoki001.jpg
辰野行9242Mに充当された115系M40編成。

'12.9.1 中央本線 富士見 P:向山尚樹

2012_09_01_mukaiyama_naoki002.jpg
青柳―茅野間では初の営業運転を行なった213系5000番代。

'12.9.1 中央本線 青柳 P:向山尚樹

2012_09_01_mukaiyama_naoki003.jpg
E233系は今回も応援に駆けつけた。

'12.9.1 中央本線 富士見 P:向山尚樹
 9月1日、諏訪湖において「第30回全国新作花火競技大会」が開催され、観客輸送のための臨時列車が増発された。
 今年は豊田車両センターより115系M40編成、E233系H50編成・青461編成・青659編成が応援に駆けつけた。
 また、JR東海大垣車両区の213系5000番代H3編成が青柳まで乗り入れ、片道1本のみながら青柳―茅野間では初めての営業運転を行なっている。

高橋孝一(群馬県)
2012_09_01_takahashi_koichi001.jpg 営業運転開始1番列車となったL03編成による高崎発上野行き834M。
'12.9.1 高崎線 高崎―倉賀野 P:高橋孝一

2012_09_01_ogasawara_kenta001.jpg
L01編成が先頭となった850M。

'12.9.1 高崎線 北鴻巣―鴻巣 P:小笠原健太

2012_09_01_enya_takumi001.jpg
東北本線(宇都宮線)・高崎線の「新しい顔」へ。D05編成を先頭にした865M。

'12.9.1 東北本線 尾久 P:塩冶拓巳
 高崎線車両センター所属E233系3000番代の営業運転が9月1日に開始された。初運転となった1番列車は高崎5:49発の834M。L03編成が充当され、日の出の太陽に照らされた中を上野へと目指した。

佐久間悠太(東京都)
2012_08_30_sakuma_yuta001.jpg
豊田車両センターから一旦新宿へ向かうE233系3000番代。
'12.8.30 中央本線 日野―立川
 8月30日、豊田車両センターに疎開していた高崎車両センター所属E233系3000番代L03編成が、交番検査のため豊田→新宿→大宮→新前橋の行程で返却回送された。
南 輝明(東京都)
2012_08_25_iwakata_koichi001.jpg 恒例の車輌展示。左から185系OM08編成、EF81 81〔田〕、E233系NT55編成、E259系NE001編成の順に並べられた。
'12.8.25 東京総合車両センター P:岩片浩一

2012_08_25_minami_teruaki001.jpg
異形式のクモヤが並ぶ。

'12.8.25 東京総合車両センター P:南 輝明

2012_08_25_minami_teruaki002.jpg
普段走らないところを行く試乗列車は大人気。

'12.8.25 東京総合車両センター P:南 輝明

2012_08_25_tamaki_yuichi004.jpg
車掌体験コーナーに使用されたE231系U118編成。

'12.8.25 東京総合車両センター P:玉木裕一

2012_08_25_tamaki_yuichi006.jpg
車体上げ下げ実演にはE231系U517編成のクハE230-8017が使用された。

'12.8.25 東京総合車両センター P:玉木裕一

2012_08_24_kusano_keisuke001.jpg
幕張車両センター211系は前日の24日に新宿経由で東京総合車両センターに回送された。

'12.8.24 山手貨物線 新宿―渋谷(山手線 原宿) P:草野圭祐
 毎年恒例となっている東京総合車両センターの一般公開「夏休みフェア」が、今年も8月25日(土)に開催された。
 185系OM08編成、EF81 81、E233系3000番代、E259系、クモヤ193・クモヤ192形、クモヤ143形の展示や、211系3000番代501編成を使用した試乗会などが行なわれた。
 また、会場内では、各種体験コーナーや物品の販売なども行なわれ、夏休み終盤の親子連れを中心に多くの来場者で賑わった。

玉木裕一(埼玉県)
2012_08_21_tamaki_yuichi001.jpg
今回はEF64 1030牽引で、炎天下の中を新前橋へラストスパート。
'12.8.21 上越線 群馬総社―新前橋
 8月21日、新津車両製作所で落成した高崎車両センター所属となるE233系L06編成の配給輸送が新津→新前橋でEF64 1030の牽引により実施された。
安藤駿佑(神奈川県)
2012_08_10_ando_syunsuke001.jpg
日中の東海道本線で試運転を行なうL05編成。
'12.8.10 東海道本線 藤沢
 8月9日の横須賀線での試運転に引き続き、8月10日に高崎車両センター所属のE233系3000番代L05編成が大宮―新宿―小田原間にて試運転を行なった。この試運転ではSuica機器の動作確認が行なわれた模様。
石井佑樹(神奈川県)
2012_08_09_ishii_yuki001.jpg 横須賀線に初入線となった高崎車両センターE233系3000番代。
'12.8.9 横須賀線 北鎌倉―鎌倉 P:石井佑樹

2012_08_09_ishii_yuki002.jpg
総合車両製作所の出場を思わせるような試運転列車。

'12.8.9 横須賀線 北鎌倉―大船 P:石井佑樹

2012_08_09_takagi_kazutaka001.jpg
山手貨物線を行く。今後はこの区間でも営業するのだろうか。

'12.8.9 山手貨物線 大崎―恵比寿 P:髙木和貴
 8月9日(木)、高崎車両センター所属のE233系3000番代L05編成が新前橋―新宿―逗子間にて試運転を行なった。同所所属のE233系が編成として横須賀線に入線するのは初めてのことと思われる。

岡田雄太郎(栃木県)
2012_08_08_okada_yutaro001.jpg
営業運転開始に向けて試運転を重ねるE233系3000番代。
'12.8.8 東北本線 蒲須坂―片岡
 8月8日(水)に高崎車両センター所属E233系3000番代L05編成が、東北本線(大宮―黒磯間)で試運転を行った。新前橋→大宮→黒磯→大宮→新前橋の行程で、うち新前橋―大宮間は回送扱いだった。
 E233系3000番代L編成が宇都宮以北へ入線するのは今回が初めてとなる。
佐久間悠太(東京都)
2012_08_08_sakuma_yuta001.jpg
湘南色帯のE233系が再び中央本線へと足を踏み入れた。
'12.8.8 中央本線 立川―日野
 8月8日に高崎車両センター所属E233系3000番代L03編成が、新前橋→大宮→新宿→豊田の行程で回送された。この措置は高崎車両センターのスペース確保を目的としたものと思われる。
近藤大祐(埼玉県)
2012_08_01_kondo_daisuke001.jpg
試運転で白新線を行くE233系3000番代。
'12.8.1 白新線 黒山―佐々木
 8月1日、新津車両製作所で落成した高崎車両センター向けのE233系D06編成が公式試運転を実施した。経路は新津―(3往復)―羽生田―上沼垂―新発田―新津だった。
橋本 陽(栃木県)
2012_07_31_hashimoto_akira001.jpg
真夏の信越本線を、新前橋へ向けて快走する。
'12.7.31 信越本線 東光寺―帯織
 7月31日、高崎車両センター向けE233系3000番代L05編成10輌が、新津車両製作所から新前橋へと配給回送された。牽引は長岡車両センター所属EF81 140が担当した。
玉木裕一(埼玉県)
2012_07_31_tamaki_yuichi001.jpg
早朝の静岡を越え、神奈川県内を行く。
'12.7.31 東海道本線 真鶴
 7月30日から8月1日にかけて、川崎重工業兵庫工場で落成した高崎車両センター所属となるE233系グリーン車(サロE233-3000番代、サロE232-3000番代)4輌の甲種輸送が兵庫→新津で実施されている。高崎操までの牽引機は、兵庫→神戸(タ)がDE10 1574、神戸(タ)→新鶴見(信)がEF66 122、新鶴見(信)→高崎操がEF65 2101。
佐久間悠太(東京都)
2012_07_28_sakuma_yuta001.jpg
豊田車両センターE233系で初となる代走運転。「快速 大宮」の表示は珍しい。
'12.7.28 青梅線 東中神―西立川
 7月28日、大宮―立川―奥多摩間で臨時快速列車〈むさしの奥多摩号〉が1往復運転された。往路は高崎車両センター所属115系T1091編成で運転されたが、同車輌の不具合により復路は豊田車両センター所属E233系青462編成を使用して運転された。なお、豊田車両センターのE233系が多客臨時列車を代走運転したのは今回が初である。
高橋大生(埼玉県)
2012_07_10_sudo_yusuke001.jpg 晴天の下、上越線内を走り去る。
'12.7.10 上越線 六日町―塩沢 P:須藤佑介

2012_07_10_takahashi_daisei001.jpg
9月1日の運用開始に向けて続々と数を増やす。

'12.7.10 上越線 上越線 上牧―後閑 P:須藤佑介
 新津車両製作所で落成した高崎車両センター所属のE233系3000番代L04編成の配給列車が、7月10日に新津→新前橋で運転された。牽引は長岡車両センター所属のEF64 1032が担当した。

玉木裕一(埼玉県)
2012_06_27_tamaki_yuichi001.jpg
渋川―八木原間のカーブを行くE233系3000番代の配給列車。
'12.6.27 上越線 渋川―八木原
 6月27日、新津車両製作所で落成した高崎車両センター所属となるE233系3000番代D04編成の配給列車が、EF64 1031の牽引で新津→新前橋で運転された。
森 康平(東京都)
2012_06_16_mori_kohei001.jpg
先日のD01編成に続いて、D03編成も疎開回送された。
'12.6.16 中央本線 東小金井
 高崎車両センター籠原派出所に疎開していた高崎車両センター所属のE233系付属編成D03編成の疎開回送が、6月16日に豊田車両センター武蔵小金井派出所まで行なわれた。経路等は、6月11日に疎開回送されたD01編成と同じである。
黒木尊斗(東京都)
2012_06_11_kuroki_takato002.jpg
はるばる新宿へ。ここから入線する中央線車輌と顔合わせ。
'12.6.11 山手貨物線 新宿
 高崎車両センター籠原派出所に疎開していた高崎車両センターE233系3000番代D01編成が、6月11日に豊田車両センター武蔵小金井派出所まで疎開回送を行なった。経路は籠原―大宮―大宮(操)―新宿―武蔵小金井。また、高崎車両センター(本所)所属の一般車輌が山手貨物線や中央本線を走ることは極めて珍しい。
妹背光洋(大阪府)
2012_05_19_imose_mitsuhiro001.jpg 途中、鷹取(神戸貨物ターミナル)で方向転換するため、機関車の付け替えをする。
'12.5.19 山陽本線 鷹取 P:妹背光洋

2012_05_20_ohira_naoto001.jpg
吹田(信)からは新鶴見機関区所属のEF65 1093が牽引。

'12.5.19 東海道貨物線 横浜羽沢―新鶴見(信) P:大平直人
 5月19日(土)に川崎重工業からE233系グリーン車4輌が出場し、同日発で新津へ向けて甲種輸送が行なわれた。
 川崎重工業からE233系グリーン車が出場するのは初めてで、編成は東京方からサロE232-3019+サロE233-3019+サロE232-3020+サロE233-3020であった。そして所属標記も「高タカ」なっていたので全車高崎車両センターに投入されると思われる。
 なお兵庫から吹田(信)まではDE10 1192が、吹田(信)から熊谷(タ)まではEF65 1093がそれぞれ牽引した。

酒井健一郎(東京都)
2012_05_19_tejima_ayumu001.jpg 普段は見ることができない快速東小金井行きも運転。
'12.5.19 中央本線 武蔵境 P:手島歩夢

2012_05_19_sakai_kenichiro001.jpg
高尾方面からの上り各駅停車国分寺行き。

'12.5.19 中央本線 国立 P:酒井健一郎

2012_05_20_sakai_kenichiro001.jpg
20日に運転された下り国立行き。LED方向幕ならではの通常見ることのできない表示となった。

'12.5.20 中央本線 西国分寺―国立 P:酒井健一郎

2012_05_20_sakai_kenichiro002.jpg
下り線を逆走する上り国分寺行き。

'12.5.20 中央本線 国立―西国分寺 P:酒井健一郎

2012_05_20_kurihara_hiromu001.jpg
新桂川橋梁を渡る大月発国立行き。

'12.5.20 中央本線 猿橋―鳥沢 P:栗原広夢

2012_05_20_sakai_kenichiro003.jpg
高尾方面より運転された国立行き電車。この表示は初と思われる。

'12.5.20 中央本線 日野―立川 P:酒井健一郎
 5月19日午後から20日早朝にかけて、中央線武蔵小金井駅上り線切り替え工事のため変則運転が実施された。
 工事中は特別ダイヤで運転され、東京方は三鷹、高尾方は国分寺折り返しがメインとなり、東京方は「東小金井」表示の区間運転列車なども運転された。また高尾方では通常見ることのできない上り国分寺行きでの運転となった。
 翌20日早朝は、高尾方で国立を境に折り返し運転が実施され、「国立」の表示で列車が運転された。また国立―国分寺間は下り線を使用した単線運転となり、上り電車が下り線を行く光景も見ることができた。

島田 学(新潟県)
2012_05_15_shimada_manabu001.jpg
改番されたばかりのEF81 725と並ぶE233系3000番代L01編成。
'12.5.13 信越本線 新津
 高崎車両センター向けE233系3000番代の基本編成第1本目となるL01編成の試運転が、5月13日に新津―羽生田間で行なわれた。同編成は5月17日に高崎車両センターに向けて配給輸送される予定である。
玉木裕一(埼玉県)
2012_05_07_tamaki_yuichi001.jpg
新たに高崎車両センターへ導入されるE233系3000番代。EF64 1032牽引で新前橋へラストスパート。
'12.5.7 上越線 群馬総社(跨線橋から撮影)
 5月7日、新津車両製作所で落成した高崎車両センター所属となるE233系3000番代D01編成(5連)の配給輸送がEF64 1032の牽引により新津→新前橋で実施された。
島田 学(新潟県)
2012_04_27_shimada_manabu001.jpg 高崎車両センター向けにもE233系3000番代が登場。
'12.4.27 信越本線 新津 P:島田 学

2012_04_27_togawa_taku001.jpg
E233系3000番代D01編成は新津―羽生田間で3往復した後、新津→越後石山→(白新線)→新発田→(羽越本線)→新津の経路で方転を行なった。

'12.4.27 白新線 黒山―佐々木 P:外川 拓

2012_04_27_togawa_taku002.jpg
方転を終えて新津に戻る。

'12.4.27 羽越本線 京ケ瀬―新津 P:外川 拓
 4月27日、新津車両製作所で落成した高崎車両センター所属となるE233系3000番代D01編成の試運転が信越本線新津―羽生田間で実施された。
 この編成は高崎車両センター向け付属編成の1本目であり、同センターにおける車輌の動きも注目される。

佐久間悠太(東京都)
2012_03_30_sakuma_yuta001.jpg 新津駅を後にし一路、羽生田へ向かう。
'12.3.30 信越本線 新津―古津

2012_03_30_sakuma_yuta002.jpg
試運転表示で越後路を駆ける。

'12.3.30 信越本線 古津―新津
 新津車両製作所にて落成したE233系3000番代NT13編成が、首都圏への輸送を前に3月30日、性能確認のため新津―羽生田間で公式試運転を行なった。

玉木裕一(埼玉県)
2012_03_21_tamaki_yuichi001.jpg
EF64 1030牽引で品川へラストスパート。
'12.3.21 山手貨物線 原宿―渋谷
 3月21日、新津車両製作所で落成した田町車両センター所属となるE233系3000番代NT12編成の配給輸送が、EF64 1030の牽引により新津→品川で行なわれた。
森 康平(東京都)
2012_02_15_mori_kohei001.jpg
予定より2日遅れて品川に到着。
'12.2.15 東海道本線 品川
 新津製作所にて落成したE233系3000番代NT10編成10輌の配給輸送が2月15日に新津―品川間で行なわれ、長岡車両センター所属のEF64 1030が牽引した。
 当初の予定では2月13日に運転される予定であったが、大雪の影響により2日遅れての配給となった。
森 康平(東京都)
2012_01_30_mori_kohei001.jpg
雪国を抜けて都心に到着。
'12.1.30 東海道本線 品川
 新津車両製作所にて落成したE233系3000番代NT60編成(5連)の配給輸送が、1月30日に新津―品川間で行なわれた。牽引は長岡車輌センター所属、EF81 134が担当した。
酒井健一郎(東京都)
2012_01_14_sakai_kenichiro001.jpg
NT5編成も営業入り間近かか? 
'12.1.14 中央本線 国立―西国分寺
 以前より豊田車両センターに疎開留置されていた田町車両センター所属のE233系3000番代NT5編成が1月14日、豊田から田町へ返却回送された。
 211系を取り替えるために順次営業運転を開始した田町車両センターのE233系3000番代、今後の活躍を期待させる出来事となった。
玉木裕一(埼玉県)
2012_01_12_tamaki_yuichi001.jpg
今回はEF81 134牽引でE233系3000番代付属編成を輸送する。
'12.1.12 高崎線 深谷
 1月12日、新津車両製作所で製造された田町車両センター所属となるE233系3000番代NT59編成の配給輸送が新津→品川で実施された。
渡邉正裕(埼玉県)
2012_01_08_watanabe_masahiro001.jpg
再度、豊田車両センター武蔵小金井派出所へ向かうNT4編成。
'12.1.8 中央本線 高円寺
 交検のため田町車両センターに返却されていたE233系NT4編成だが、交検を終えて1月8日に再度疎開のため豊田車両センター武蔵小金井派出所へ回送された。
大根秀俊(東京都)
2012_01_05_one_hidetoshi001.jpg
湘南帯の電車が高架複々線を行く。
'12.1.5 中央本線 阿佐ヶ谷
 長らく豊田車両センター武蔵小金井派出所に疎開留置されていた田町車両センター所属のE233系3000番代NT4編成が、田町車両センターへ返却されることになり、1月5日に中央本線・山手貨物線経由で品川まで回送された。
玉木裕一(埼玉県)
2012_01_05_tamaki_yuichi001.jpg
EF64 1031牽引で新年初めての高崎線を行くE233系3000番代。
'12.1.5 高崎線 岡部―深谷
 1月5日、新津車両製作所で製造されたE233系3000番代NT8編成(グリーン車は東急車輛製)の配給輸送が新津→品川へと実施された。
髙木和貴(東京都)
2011_12_21_takagi_kazutaka001.jpg
再び尾久へ疎開する東チタNT54編成。
'11.12.21 東北本線 大宮
 12月21日、田町車両センター所属のE233系3000番代NT54編成が、田町車両センターから東大宮操経由で尾久車両センターへと回送された。
 疎開が目的であると思われるが、同編成は12月18日に尾久車両センターから田町車両センターに戻ったばかりであり、今後の動向が注目される。
大平直人(神奈川県)
2011_12_15_ohira_naoto001.jpg
夕陽をいっぱいに浴びて新津へ向かう8輌のグリーン車。
'11.12.15 東海道貨物線(武蔵野貨物線) 鶴見―新鶴見信
 12月15~16日にかけて、東急車輛製造で落成したE233系3000番代グリーン車8輌の甲種輸送が逗子―新津間で実施され、逗子―新鶴見信間をDE10 1566が、新鶴見信―高崎(操)間をEF64 1010がそれぞれ牽引した。
南 輝明(東京都)
2011_11_23_minami_teruaki001.jpg 松戸車両センター所属の3形式とE655系が顔を揃えた。
'11.11.23 松戸車両センター P:南 輝明

2011_11_23_minami_teruaki002.jpg
特別公開のゲストとしてEF510-510、EF81 81も展示。

'11.11.23 松戸車両センター P:南 輝明

2011_11_23_minami_teruaki003.jpg
団体臨時列車に使用された209系1000番代マト82編成(右)。

'11.11.23 松戸車両センター P:南 輝明

2011_11_23_yahata_tatsuma001.jpg
撮影会を終えて松戸へ向かう。

'11.11.23 松戸車両センター―松戸 P:矢羽田竜麻
 11月23日「松戸車両センター特別公開」が開催された。この特別公開は、209系マト82編成による団体臨時列車ツアーのために開催されたもので、松戸車両センター所属の車輌以外に、E655系やEF510-510、EF81 81の展示や、写真展、科学実験ブース及び○×クイズ大会、ヘッドマークの展示、グッズの販売が行なわれた。
 なお、団体臨時列車の行程は、松戸→我孫子→我孫子派出所→松戸車両センター→松戸となり、通常の営業列車では乗車できない線区を走行した。

露木 豪(神奈川県)
2011_11_12_tsuyuki_gou001.jpg
富士をバックに快走! 
'11.11.12 東海道本線 平塚―茅ヶ崎
 11月12日より、田町車両センター所属のE233系3000番代NT1+NT51編成が725Mより運用を開始した。 なお当日の運用により、営業運転での伊東線入線は初めてのこととなった。
佐久間悠太(東京都)
2011_11_09_sakuma_yuta001.jpg
相次いで疎開されるE233系田町車。
'11.11.9 中央本線 立川―日野
 11月9日、田町車両センター所属のE233系3000番代NT5編成(基本10輌)が、品川-新宿-豊田の行程で豊田車両センターへと疎開回送された。
 また付属編成のNT55編成も、品川―新宿―大宮―東大宮操―大宮―尾久の経路で尾久車両センターへと疎開回送されている。
高木和貴(東京都)
2011_10_30_takagi_kazutaka001.jpg
山手貨物線を快走し、品川へ。
'11.10.30 山手貨物線 大崎―品川
 10月30日(日)、団体臨時列車"ひまわり号"が豊田車両センター所属のE233系青661編成を使用して立川―品川間で運転された。
 今回の運転では新宿駅からは東京総合車両センター入出場時に使用する山手貨物線を走ったが、さらに先の品川まで運転されるという、珍しい光景を見ることができた。
岩片浩一(東京都)
2011_10_21_iwakata_koichi002.jpg 中央線にダブルデッカー車組み込みのE233系が登場!
'11.10.21 中央本線 吉祥寺
 10月21日、先日配給輸送された田町車両センター所属E233系チタNT4編成が品川―新宿―武蔵小金井間にて回送された。
 田町車両センターの留置スペース不足による疎開が目的と思われるが、これにより営業運転ではお目にかかれない中央本線を走行するシーンが展開された。
森 康平(東京都)
2011_10_19_mori_kohei001.jpg EF64 1031牽引で品川を目指す。
'11.10.19 東北貨物線 赤羽
 10月19日、E233系3000番代東チタNT4・NT54編成の配給輸送が新津―田町車両センター間で行われた。長岡車両センター所属のEF64 1031が品川まで牽引し、品川―田町車両センター間は自走であった。
石丸純也(東京都)
2011_10_01_ishimaru_junya001.jpg
京浜東北・根岸線では珍しいヘッドマークの掲出。初日は21A運用に。
'11.10.1 京浜東北線 大井町―大森
 10月1日より、浦和電車区所属のE233系1000番代ウラ101編成に、さいたま市制10周年のヘッドマークが掲出されている。16日まで運行される予定で、同様のヘッドマークはさいたま市内を走る他の路線でも掲出されている。
塩冶拓巳(東京都)
2011_09_24_sakuma_yuta001.jpg 営業運転では走ることのないであろう東海道貨物線を走行。
'11.9.25 東海道貨物線 大船 P:佐久間悠太

2011_09_25_shioji_takumi003.jpg
もうすぐ運用開始なのだろうか。

'11.9.25 横須賀線 西大井 P:塩冶拓巳
 9月24、25日、田町車両センター所属のE233系3000番代(NT1編成)が、品川―(品鶴線、東海道貨物線経由)―国府津間で試運転を行った。途中、非常制動試験などを行った模様。なお25日にの時点で付属編成の試運転は上京後行なわれていない。

向山尚樹(長野県)
2011_09_03_mukaiyama_naoki001.jpg
雨の中、花火の見物客を乗せて上諏訪を目指すE233系青660編成。
'11.9.3 中央本線 みどり湖-岡谷
 9月3日、諏訪湖において「第29回 全国新作花火競技大会」が開催されるのにあわせ、松本―富士見・小淵沢間を中心に列車の増発が行なわれた。8月15日の諏訪湖祭湖上花火大会の際は豊田車両センターの115系M40編成が応援に駆けつけたが、今回は豊田車両センターのE233系が充当され、台風12号の接近で時折風雨が強まるあいにくの天候の中、観客の輸送にあたった。
綿貫勝也(埼玉県)
2011_08_27_watanuki_katsuya001.jpg 右から、209系"MUE-Train"、E233系、EF510、185系湘南色が展示された。
'11.8.27 東京総合車両センター P:綿貫勝也

2011_08_27_watanuki_katsuya002.jpg
東側にはE217系とクモヤ143-1が展示された。

'11.8.27 東京総合車両センター P:綿貫勝也

2011_08_27_fukuda_satoshi003.jpg
トウ519編成を使用した山手線1周の旅の団体列車も運転された。

'11.8.27 東京総合車両センター P:福田智志

2011_08_26_nakano_hidetoshi001.jpg
試乗会に使用された豊田車両センター所属の115系M8編成は、前日に回送で東京総合車両センター入り。

'11.8.26 山手貨物線 新宿―渋谷 P:中野英俊
 毎年8月下旬に行なわれている東京総合車両センターの一般公開「夏休みフェア」が、今年も8月27日(土)に開催された。
 今回、会場内北側の車輌展示コーナーに展示されたのは、東側からE217系、クモヤ143、209系"MUE-Train"、E233系、EF510-513、185系湘南色であった。また、会場内西側の試乗会コーナーでは、豊田車両センターの115系3輌が使用されていた。
 このほかにも、各種体験コーナー、鉄道グッズ・飲食物販売、車体吊上げ実演など、多彩なイベントが行なわれていた。

有木裕一(千葉県)
2011_08_25_ariki_yuichi001.jpg 着々と増備が進む。
'11.8.25 横須賀線 北鎌倉 P:有木裕一

2011_08_25_hagiwara_ryo002.jpg
2編成分のグリーン車が新津へ。

'11.8.25 武蔵野貨物線 新鶴見信号場 P:萩原 涼
 8月25日、E233系3000番代のグリーン車4輌(サロE232-3005+サロE233-3005+サロE232-3006+サロE233-3006)が、逗子―新津間で甲種輸送された。
 牽引機は、発送場所の神武寺から新鶴見(信)までがDE10 1594、新鶴見(信)から高崎操までがEF64 1026だった。
 今回輸送された車輌は、新津車両製作所にて製造されている車輌と組成されて、後日配給輸送されるものと思われる。

森 康平(東京都)
2011_07_23_mori_kohei002.jpg 次々と導入されるE233系2000番代。
'11.7.23 武蔵野貨物線 新鶴見信号場―梶ヶ谷貨物ターミナル

2011_07_24_mori_kohei001.jpg
翌24日は常磐快速線・常磐緩行線内で試運転。写真は快速線を行くマト15編成。

'11.7.24 常磐線 馬橋
 新造の常磐緩行線用E233系2000番代東マト15編成が東急車輛を出場し、7月23日に配属回送を兼ねて試運転を行ない、松戸車両センターへと入区した。

佐久間悠太(東京都)
2011_07_23_sakuma_yuta001.jpg
前面LEDの行先表示は「臨時」であった。
'11.7.23 中央本線 立川
 富士急ハイランドで開催される野外コンサート「サウンドコニファー229」にあわせ、7月23日、中央線から富士急行線に直通する臨時列車・快速〈サウンドコニファー号〉が立川―河口湖間で1往復運転された。使用された車輌は豊田車両センター所属のE233系青668編成だった。
渡辺健太郎(神奈川県)
2011_07_16_watanabe_kentaro001.jpg
東海道本線を走行するのも公式試運転ならでは。
'11.7.16 東海道本線 横浜―川崎
 常磐緩行線用のE233系2000番代(マト14編成)が東急車輛を出場し、7月16日に逗子から松戸まで所属区回送を兼ねての公式試運転が行なわれた。
北村拓也(神奈川県)
2011_07_14_kitamura_takuya001.jpg 北鎌倉駅を通過する。
'11.7.14 横須賀線 北鎌倉 P:北村拓也

2011_07_14_mori_kohei002.jpg
新鶴見信号場から高崎操車場まではEF64 1017が牽引。

'11.7.14 東海道貨物線 新鶴見(信) P:森 康平
 7月14日から15日にかけてE233系3000番代のグリーン車4輌が東急車輛を出場し、逗子から新津へと甲種輸送された。
 なお、車番はサロE232-3003、サロE233-3003、サロE232-3004、サロE233-3004となっており、所属表記は「東チタ」だったことから田町車両センター配置となる見込み。
 また逗子→新鶴見(信)の牽引は、新鶴見機関区のDE10 1664が担当した。

玉木裕一(埼玉県)
2011_07_09_tamaki_yuichi002.jpg 13編成目の東急車輛出場となる。
'11.7.9 武蔵野線 新秋津
 7月9日、東急車輛を落成した松戸車両センター所属のE233系第13編成が出場し、試運転を兼ねて逗子→松戸間で回送された。
西川英希(埼玉県)
2011_06_21_nishikawa_hideki001.jpg
EF64 1030に牽引され京葉車両センターへと向かう。
'11.6.21 武蔵野線 東浦和
 新津車両製作所で製造されたE233系5000番代10輌(ケヨ554+F54の分割編成)が、6月21日(火)に新津車両製作所から京葉車両センターへ配給輸送された。牽引は長岡車両センターのEF64 1030が担当した。
上村清大(東京都)
2011_05_10_kamimura_kiyohiro001.jpg
雨にも負けず...。高崎線を南下。
'11.5.10 高崎線 上尾
 5月10日(火)に新津車両製作所から京葉車両センターに向けて配給輸送が実施された。当日は、EF81 140〔長岡〕が、E233系5000番代10輌(ケヨF53+553の分割編成)を輸送・牽引した。
塩冶拓巳(東京都)
2011_04_11_shioji_takumi001.jpg 暗い中、高崎線を行く。
'11.4.11 高崎線 上尾
 4月11日(月)、新津車両製作所にて落成したE233系5000番代(千ケヨY517編成/10輌貫通)の配給輸送が新津→新習志野間で行なわれた。牽引機は、長岡車両センター所属のEF64 1030であった。
塩冶拓巳(東京都)
2011_03_29_kamimura_kiyohiro003.jpg 春間近の高崎線を、EF81 140牽引の「新津配給」が足早に上る。
'11.3.29 高崎線 行田 P:上村清大

2011_03_29_shioji_takumi001.jpg
今回もEF81が牽引した。

'11.3.29 高崎線 宮原 P:塩冶拓巳
 3月29日、新津車両製作所にて落成したE233系5000番代(千ケヨY516編成/10輌貫通)の配給輸送が新津→新習志野で行なわれた。牽引は長岡車両センター所属のEF81 140であった。

船山太一(神奈川県)
2011_03_10_shioji_takumi001.jpg 白銀の世界を進む。
'11.3.10 上越線 浦佐―五日町 P:塩冶拓巳

2011_03_10_funayama_taichi001.jpg
宮原のカーブを行く。

'11.3.10 高崎線 宮原 P:船山太一
 3月10日、新津車両製作所にて落成したE233系5000番代(千ケヨY515編成/10輌貫通)の配給輸送が新津→新習志野で行なわれました。今回の牽引はEF81 134だった。

塩冶拓巳(東京都)
2011_03_06_shioji_takumi001.jpg 貨物線を行く寝台特急〈あけぼの〉。
'11.3.6 東北貨物線 大宮―赤羽 P:塩冶拓巳

2011_03_06_shioji_takumi002.jpg
〈カシオペア〉も迂回。

'11.3.6 東北貨物線 大宮―赤羽 P:塩冶拓巳

2011_03_06_kuramitsu_atsushi001.jpg
浦和駅工事に伴い〈カシオペア〉〈北斗星〉号が貨物線に。

'11.3.6 東北貨物線 大宮―赤羽 P:蔵光 淳

2011_03_06_yahada_ryuma001.jpg
「京浜東北線」表示で走る。

'11.3.6 京浜東北線 さいたま新都心 P:矢羽田竜麻
 3月6日(日)、東北本線浦和駅の高架化大規模工事に伴い、浦和駅を通る一部列車に運休、迂回などの措置がとられた。
 そのうち東北、高崎方面からの寝台特急や特急列車、普通列車は初電から16時頃まで大宮―川口間で貨物線へと迂回し、京浜東北線は初電から午前10時頃まで北浦和―南浦和間が運休となり、代行バス輸送が行われた。武蔵野線からの直通列車〈むさしの号〉〈しむうさ号〉は運休となった。

塩冶拓巳(東京都)
2011_03_04_shioji_takumi001.jpg 快速線にて試運転を行う。
'11.3.4 常磐線 松戸
 3月4日(金)、昨日東急車輌を出場したE233系2000番代(マト11編成)が、営業運転に先立って試運転を行った。区間は松戸―我孫子―松戸(2往復)―北千住―我孫子―松戸であった。
塩冶拓巳(東京都)
2011_03_03_sakuma_yuta001.jpg できたての新型車輌が試運転中!
'11.3.3 武蔵野線 西国分寺 P:佐久間悠太

2011_03_03_shioji_takumi001.jpg
着々と増える。

'11.3.3 武蔵野線 東川口 P:塩冶拓巳
 3月3日(木)、松戸車両センター所属と思われるE233系2000番代第11編成が東急車輛を出場し、逗子―横浜―新鶴見(新)―府中本町―南流山―取手―松戸間で公式試運転を行った。

塩冶拓巳(東京都)
2011_02_24_ono_atsushi001.jpg 今回の牽引はEF64 1032。
'11.2.24 上越線 群馬総社―新前橋 P:大野敦史

2011_02_24_shioji_takumi001.jpg
E233系5000番代も増えつつある。

'11.2.24 高崎線 宮原 P:塩冶拓巳
 2月24日、新津車両製作所で新製された京葉線用E233系5000番代が、京葉車両センターへと配給輸送された。牽引は長岡車両センターのEF64 1032であった。
 なお、今回新製のE233系5000番代は10輌貫通編成のY514編成だった。

上村清大(東京都)
2011_02_08_kamimura_kiyohiro001.jpg 久し振りにEF81 134が新津配給に起用された。
'11.2.8 高崎線 行田
 2月8日に新津から新習志野に向けて、新津車両製作所で落成したE233系5000番代(分割編成)が配給輸送された。牽引機はEF81 134。
濱田昂之(東京都)
2011_02_07_otake_syo001.jpg 回送で成田線(我孫子口)を行くE233系2000番代。普段は見られない光景ということで、貴重なシーンとなった。
'11.2.7 成田線 木下―小林 P:大竹 翔

2011_02_07_hamada_takayuki001.jpg
午後の"モノサク"を行く。

'11.2.7 総武本線 物井―佐倉 P:濱田昂之
 2月7日、松戸車両センター所属のE233系2000番代第9編成が、総武本線・成田線で試運転を行なった。
 行路は松戸→我孫子→成田→千葉→酒々井→千葉→成田→我孫子→松戸で、千葉→酒々井と千葉→成田のみ試運転、その他は回送であった。

佐久間悠太(東京都)
2011_01_27_sakuma_yuta001.jpg
西国分寺を「回送」表示で駆け抜ける!!
'11.1.27 中央本線 西国分寺
 1月27日(木)、豊田車両センター所属のE233系トタH58編成が豊田から東京総合車両センターまで回送され、入場した。

濱田昂之(東京都)
2011_01_18_hamada_takayuki001.jpg
東急製の先輩(E217系Y6編成)を抜く。
'11.1.18 東海道本線 横浜―川崎
 1月18日(火)、松戸車両センター所属となるE233系2000番代第9編成が東急車輛を出場し、逗子~横浜~新鶴見(新)~府中本町~南流山~取手~松戸間で公式試運転を行った。

濱田昂之(東京都)
2011_01_12_hamada_takayuki001.jpg
疎開車輌と新車が大宮操で顔合わせ。
'11.1.12 東北貨物線 大宮操(東北本線 さいたま新都心)
 1月12日、京葉車両センター所属の205系Y8編成のうち4輌が、高崎総合訓練センター(桐生)へ疎開するため、EF64 1031〔長岡〕の牽引で配給輸送された。行程は新習志野→大宮操→小山、翌日に小山→桐生)。
 一方、同日には新津車両製作所で落成したE233系513編成の配給輸送(新津→大宮操→新習志野)もあり、こちらはEF64 1032〔長岡〕が牽引している。

矢羽田竜麻(埼玉県)
2010_12_14_yahada_ryuma001.jpg
徐々に数を増やすE233系2000番代。
'10.12.14 武蔵野線 東川口
 12月14日(火)、E233系2000番代(マト6編成)が東急車輛を出場し、試運転を行った。運転経路は、逗子→横浜→鶴見→(武蔵野線経由)→南流山→取手→松戸であった。

玉木裕一(埼玉県)
2010_12_14_tamaki_yuichi001.jpg
今回は、初の分割編成の配給輸送となった。
'10.12.14 上越線 井野 P:玉木裕一

2010_12_14_kamimura_kiyohiro001.jpg
ケヨE233系「新津配給」が初冬の高崎線を北上!!

'10.12.14 高崎線 上尾 P:上村清大
 12月14日(火)、新津車両製作所で製造されたE233系5000番代分割編成(4輌+6輌)の配給輸送が新津→武蔵野線経由→新習志野で行われた。牽引機はEF64 1031号機であった。

酒井健一郎(東京都)
2010_11_20_sakai_kenichiro001.jpg
記念列車の復路。運転室には花束が見える。
'10.11.20 中央本線 西国分寺―国立

2010_11_21_sakai_kenichiro001.jpg
T5、T29編成の2本にヘッドマークは取り付けられ、定期運用に充当されている。

'10.11.21 中央本線 立川―日野
 11月20日(日)、中央本線西国分寺―立川間の高架化完成を記念した記念列車が立川~東京間で運転された。立川駅では出発式も挙行され、栄誉ある記念列車には高架化完成を記念したヘッドマーク付きのT5編成が充当された。なお、この特製マークはT29編成にも取り付けられ、沿線に高架化完成をアピールしている。

田中 友(東京都)
2010_11_06_tanaka_yu001.jpg
工事時間帯に見られた、上り線を使った国分寺―西国分寺間の折返し運転。
'10.11.6 中央本線 国分寺 P:田中 友

2010_11_06_watanuki_katsuya001.jpg
上り線の線路を使用して運転された西国分寺行き。

'10.11.6 中央本線 西国分寺 P:綿貫勝也
 中央本線西国分寺―立川間の上り線の高架化による線路切替工事が11月6日(土)の夜から実施され、翌7日早朝にかけて同線列車の一部運休・運転区間の変更などの大規模な運転変更や、バス代行輸送が行われた。
 これにより、1999年から始まった三鷹―立川間の高架化工事が完成に至った。

濱田昂之(東京都)
2010_10_16_hamada_takayuki001.jpg 快晴のなか開催!
'10.10.16 川越車両センター P:濱田昂之

2010_10_16_tamaki_yuichi002.jpg
記念ヘッドマークも展示された。

'10.10.16 川越車両センター P:玉木裕一
 10月16日(土)、毎年恒例の「川越車両センターまつり」が川越車両センターで開催された。今年の展示車輌は、同車両センター所属の205系、209系3000番代、209系"MUE-Train"、クモヤ143-11の他に、小山車両センターのE231系U63編成、豊田車両センターのE233系青668編成、勝田車両センターの485系K60編成、東京臨海高速鉄道70-000系1編成が展示された。

増永祐一(神奈川県)
2010_10_09_tanaka_yu001.jpg 京葉線の通勤型全5形式の揃い踏み。
'10.10.9 京葉車両センター P:田中 友

2010_10_09_honda_hayato001.jpg
京葉線で活躍する車両が顔を揃えた。

'10.10.9 京葉車両センター P:本多駿斗

2010_10_09_tamaki_yuichi003.jpg
EF81 81も展示され、前面には〈ゆうづる〉 、反対側には〈北斗星〉のヘッドマークが掲出されていた。

'10.10.9 京葉車両センター P:玉木裕一

2010_10_09_fukuda_satoshi002.jpg
〈はくつる〉のHMを掲げたEF65 1118。

'10.10.9 京葉車両センター P:福田智志

2010_10_09_masunaga_yuichi003.jpg
EF65 1118には〈あけぼの〉のヘッドマーク。反対側は〈はくつる〉。

'10.10.9 京葉車両センター P:増永祐一

2010_10_09_yamahuji_go.jpg
湘南色のマリ117編成とスカ色のマリ236編成が〈白い砂〉のヘッドサインを掲出。

'10.10.9 京葉車両センター P:山藤 剛

2010_10_09_masunaga_yuichi005.jpg
検修庫に展示されたE259系。左は休憩車輌の113系マリ236編成。

'10.10.9 京葉車両センター P:増永祐一
 10月9日(土)、京葉線の全線開業20周年謝恩企画として「京葉車両センターフェア」が開催された。
 電留線の海浜幕張駅寄りに車輌撮影コーナーが設けられ、現在京葉線の一般列車に充当されているE233系5000番代(ケヨ501編成)・209系500番代(ケヨ34編成)・205系(ケヨ10編成)・201系(ケヨ54編成)・E331系の5形式全てが揃って展示され、しかもE233系の脇には田端運転所のEF81 81とEF65 1118が直列に配置され、両機にはブルートレインのヘッドマークが掲出されるという、粋な演出が図られた。
 両機のほかには〈快速 白い砂〉のヘッドマークを掲出した幕張車両センターの113系マリ236・マリ117編成、鎌倉車両センターのE259系Ne017編成もゲストとして登場、前者は来場者の休憩用車輌として開放され、後者は検修庫にて親子連れを対象とした「こども制服撮影会」が開催された。
 このほかヘッドマークの展示、E233系の運転台公開、205系の車輌洗浄線通過体験、鉄道模型展示、軽飲食物・鉄道グッズ販売など、様々なイベントが行われ、あいにくの雨のなか大盛況を収めた。
 京葉線の一般車輌はE233系への置換えが進んでいるが、そのような中で在籍車輌を一度に撮影出来たのは、たいへん貴重な機会であった。

半田創一郎(東京都)
2010_09_22_handa_soichiro002.jpg 今回はEF81 134が牽引。
'10.9.22 高崎線 宮原 P:半田創一郎

2010_09_22_matsuura_toshihiro002.jpg
夕日を浴びて新習志野を目指す。

'10.9.22 武蔵野線 船橋法典―西船橋 P:松浦俊宏
 9月22日(水)、E233系5000番代ケヨ510編成の配給輸送が新津~新習志野間で実施された。牽引機はEF81 134であった。

上村清大(東京都)
2010_08_31_kamimura_kiyohiro001.jpg 酷暑の中、一路目的地を目指す。
'10.8.31 高崎線 北上尾
 8月31日(火)、新津―新習志野(京葉車両センター)間においてE233系5000番代ケヨ509編成の配給輸送が実施された。編成は以下の通りであった。
 配9772レ:EF64 1030+E233系5000番代x10輌(ケヨ509編成)。
砂金大雅(埼玉県)
2010_08_31_sunagane_daiga001.jpg 厳しい残暑の中、東海道本線内を走行する。
'10.8.31 東海道本線 戸塚―横浜 P:砂金大雅

2010_08_31_someya_tomoyuki001.jpg
常磐緩行線用のE233系も3本目が登場した。なお、神武寺―逗子間の回送はDE10 1669が牽引、逗子からは試運転を兼ねて自力回送された。

'10.8.31 常磐線 柏―南柏 P:染谷智之
 8月31日(火)、E233系2000番代(マト3編成)が東急車輛を出場し、試運転を行った。運転経路は、逗子→横浜→鶴見→(武蔵野線経由)→南流山→取手→松戸であった。

矢羽田竜麻(埼玉県)
2010_08_17_yahada_ryuma001.jpg 新潟からの長旅もあと少し...。
'10.8.17 武蔵野線 東川口
 8月17日(火)、京葉線用の新型車輌E233系5000番代ケヨ508編成が新津から京葉車両センターまで配給輸送された。今回の牽引機には長岡車両センターのEF64 1030号機が充当された。
石川義貴(東京都)
2010_08_05_kikuchi_ryo003.jpg 横須賀線内を常磐緩行線の車輌が走行した。
'10.8.5 横須賀線 北鎌倉―大船 P:菊池 遼

2010_08_05_ishikawa_yoshitaka001.jpg
炎天下の中、所属先へと向かう。

'10.8.5 武蔵野線 東川口 P:石川義貴
 8月5日(木)、東急車輛で製造されたE233系2000番代(マト2編成)が東急車輛を出場し試運転を行った。経路は、逗子→鶴見→(武蔵野線経由)→南流山→取手→松戸で運転された。

海老江和賜(千葉県)
2010_07_10_ebie_kazushi001.jpgこれでヘッドマーク付き編成は4編成目となる。
'10.7.10 京葉線 舞浜
 JR東日本千葉支社では、京葉線全線開業20周年を迎えたことを記念して205系×1本(ケヨ6編成)、209系500番代×2本(ケヨ31・33編成)にそれぞれヘッドマークを掲出しているが、7月9日より新たにE233系5000番代のケヨ501編成にもヘッドマークを掲出している。
海老江和賜(千葉県)
2010_07_09_handa_soichiro001.jpgEF81牽引ではるばる新潟から千葉へ。
'10.7.9 武蔵野線 船橋法典 P:半田創一郎
 7月9日、京葉線用の新型車輌E233系5000番代ケヨ507編成が新津から京葉車両センターまで配給輸送された。今回の牽引機は長岡車両センターのEF81 140号機が充当された。
菊池 遼(神奈川県)
2010_07_07_kikuchi_ryo001.jpg旅客線を行くE233系3000番代E51編成5連。
'10.7.7 東海道本線 辻堂―藤沢
 7月7日、国府津車両センター所属のE233系3000番代E51編成5連が、東京総合車両センターに入場した。
 国府津車両センターから東京総合車両センターへの入出場列車は通常は貨物線を走行するが、今回は貨物線リフレッシュ工事に伴ない旅客線を走行した。
海老江和賜(千葉県)
2010_07_01_fukuda_satoshi002.jpg新習志野駅では出発式が行なわれた。
'10.7.1 京葉線 新習志野 P:福田智志

2010_07_01_tamaki_yuichi001.jpg臨時の9527Yで新習志野から蘇我へ。

'10.7.1 京葉線 蘇我 P:玉木裕一

2010_07_01_ebie_kazushi001.jpg記念すべきE233系初運用はトップナンバーのケヨ501編成が充当された。折り返し蘇我から9526Yで新習志野へ。新習志野からは所定の1626Yとして東京へ。

'10.7.1 京葉線 新習志野 P:海老江和賜
 7月1日より、京葉線に導入されたE233系5000番代が運用を開始した。
 E233系5000番代の初列車は、新習志野→蘇我間で運転された臨時列車(9527Y)で、これは定期27運用(普段は京葉車両センター出区後東京行となる)に、新習志野→蘇我→新習志野間を付け足したかたちでの運転となった。また、新習志野発車の際に記念セレモニーが催されている。
 なお、同日に営業運転を開始したのはケヨ501編成のみならず、夕方に京葉車両センターを出区する運用の一部にもE233系5000番代が充当されたのが確認できた。

海老江和賜(千葉県)
2010_06_05_ebie_kazushi001.jpgケヨ502編成の初の試運転は「京葉線全線開業20周年」記念シール付きであった。
'10.6.5 京葉線 南船橋
 6月5日、京葉車両センターE233系5000番代ケヨ502編成が新習志野―東京間で試運転を行なった。同編成が京葉線を自走するのは初のことと思われる。
 また、蘇我方先頭車輌前面の運転士側には、「京葉線全線開業20周年」スッテカーが掲げられていた。
中田聖河(埼玉県)
2010_05_25_nakata_seiga001.jpg昼間の高崎線を珍編成が上る。
'10.5.25 高崎線 北上尾―上尾
 5月25日、京葉車両センター所属となるE233系5000番代ケヨ505編成の配給輸送が新津→新習志野で実施された。今回の牽引機はEF81 140だった。
佐藤章大(千葉県)
2010_04_21_sato_akio001.jpg内房線に初入線したE233系5000番代。
'10.4.21 内房線 浜野―八幡宿
 主に京葉線・外房線で試運転を行なってきたE233系5000番代が、4月21日に内房線上総湊まで初入線して訓練及び性能試験を行なった。
 当日は新習志野―上総湊―千葉―姉ヶ崎―千葉―君津―新習志野の行程で運転され、同時に千葉駅にも初入線した。
川本幹彦(群馬県)
2010_04_07_matsushima_daiki001.jpg上越国境を行くケヨ503編成の配給輸送列車。
'10.4.7 上越線 湯檜曽―水上 P:松嶋大暉

2010_04_07_kawamoto_mikihiko001.jpgEF64 1032牽引で、高崎線を上る。

'10.4.7 高崎線 高崎―倉賀野 P:川本幹彦
 新津車両製作所で完成したE233系5000番代ケヨ503編成が、4月7日に新津―新習志野間で長岡車両センターEF64 1032の牽引により配給輸送された。

長谷川拓也(神奈川県)
2010_04_01_hasegawa_takuya001.jpg永田付近で急制動試験。
'10.4.1 外房線 永田 P:長谷川拓也

2010_04_01_kikuchi_ryo001.jpg 

'10.4.1 京葉線 新習志野 P:菊池 遼
 京葉車両センターE233系5000番代ケヨ501編成の試運転が、3月26日と同行程で4月1日にも行なわれた。

田中 敦(千葉県)
2010_03_26_tanaka_atsushi001.jpg外房線を走るE233系5000番代ケヨ501編成。
'10.3.26 外房線 大網 P:田中 敦

2010_03_26_okazaki_katsutoshi001.jpg新習志野駅3番線に入るE233系5000番代。

'10.3.26 京葉線 新習志野 P:岡崎克俊
 3月26日 京葉線に投入されたE233系5000番代ケヨ501編成が、新習志野→上総一ノ宮→誉田→上総一ノ宮→誉田→太東→新習志野の行程で試運転を実施した。

玉木裕一(埼玉県)
2010_03_24_kobayashi_yoshiaki001.jpgE233系5000番代2回目の配給輸送。
'10.3.24 信越本線 見附―押切 P:小林良彰

2010_03_24_tamaki_yuichi001.jpg雨の中を走るE233系5000番代の配給列車。

'10.3.24 武蔵野線 東浦和 P:玉木裕一
 3月24日に、新津車両製作所で落成したE233系5000番代ケヨ502編成の配給輸送が実施された。今回の牽引機はEF64 1032であった。

佐藤良音(埼玉県)
長岡パーイチに牽引されて新習志野を目指す!!
'10.3.10 上越線 敷島―渋川 P:岡田雄太郎

2010_03_10_sato_yoshio001.jpg赤い機関車と赤い電車とのコラボレーション。

'10.3.10 高崎線 桶川―北上尾 P:佐藤良音

2010_03_10_tamaki_yuichi001.jpg新たに京葉線へ導入されるE233系。

'10.3.10 武蔵野線 東浦和 P:玉木裕一
 新津車両製作所で落成した京葉線用のE233系5000番代(ケヨ501編成)の配給輸送が、3月10日に新津―新習志野間で行なわれた。今回が初めての京葉線用E233系5000番代の輸送で、今後も増備が予定されている。なお、牽引機は長岡車両センター所属のEF81 134が担当した。

長谷川拓也(神奈川県)
2010_02_19_hasegawa_takuya001.jpg足慣らしに貨物線を2往復。
'10.2.19 東海道貨物線 平塚―相模貨物
 2月18日に東急車輛製造を出場、国府津車両センターまで回送された東海道本線用のE233系3000番代E02+E52編成が、19日に東海道貨物線国府津―新鶴見間にて2往復試運転を実施した。
露木 豪(神奈川県)
2010_02_18_tsuyuki_gou001.jpg雪の中出発を待つ。
'10.2.18 京浜急行電鉄逗子線 神武寺 P:露木 豪

2010_02_18_okazaki_katsutoshi003.jpg東海道旅客線を下るE233系E02+E52編成。出場試運転は逗子→横浜→国府津の行程。

'10.2.18 東海道本線 茅ヶ崎―平塚 P:岡崎克俊
 2月18日に東海道本線用のE233系3000番代E02+E52編成が東急車輛製造を出場、逗子から国府津車両センターまで回送を兼ねて試運転を行なった。

渡辺哲平(東京都)
2010_01_28_watanabe_teppei001.jpg209系と入れ替わりで上京する。
'10.1.28 高崎線 北上尾―桶川 P:渡辺哲平

2010_01_28_kurokochi_yuki002.jpg 

'10.1.28 東北貨物線 赤羽―田端操 P:黒河内裕貴
 1月28日、E233系1000番代のウラ183編成が新津―東大宮操で配給輸送された。この配給をもって浦和電車区へのE233系1000番代投入が完了した。

清水智文(東京都)
2010_01_20_shimizu_tomofumi001.jpg今回もEF81が充当された。
'10.1.20 高崎線 岡部―深谷

2010_01_20_shimizu_tomofumi002.jpg首都圏をぐるっと回り東大宮操へと向かう。

'10.1.20 東北本線 大宮
 1月14日に新津から東大宮操へと配給輸送予定だった京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ182編成だが、大雪の影響により配給輸送が延期になり、1月20日に新津から東大宮操へと配給輸送された。
 通常のところ長岡車両センターのEF64 1000番代(双頭連結器装備機)が充当されるが、今回は同センターのEF81 141が充当された。

田中光太郎(東京都)
2009_12_10_tanaka_kotaro001.jpg 西日をかすかに帯びて、高崎線を南下するEF81 134。
'09.12.10 高崎線 行田―吹上
 本来JR東日本長岡車両センターのEF64 1000番代(双頭連結器装備機)が担当している京浜東北・根岸線用E233系1000番代の配給輸送だが、12月10日のウラ179編成輸送時には異例のEF81での牽引となった。これは209系等の配給輸送にEF64 1000番代(双頭連結器装備機)が使われ、輌数が足りなくなるための措置と思われ、今後の動向には目が離せない。
田中 友(東京都)
2009_12_09_tanaka_yuu001.jpg 祝賀ヘッドマークを掲げ上下線とも切換えが終わった高架線を行くE233系。
'09.12.9 中央本線 東小金井
 中央快速線を中心に運転されている豊田車両センター所属のE233系T23編成に「中央線連続立体交差 祝 三鷹―国分寺間高架化 2009.12.6」と記されたヘッドマークが取り付けられた。中央線では現在、T11編成・T39編成(開業120周年)とあわせてヘッドマーク付きのE233系が3本運転されている。
小澤友志(埼玉県)
2009_11_12_ozawa_tomoyuki001.jpg EF64 1031の牽引で任地へ赴くウラ175編成。
'09.11.12 高崎線 熊谷―行田
 新津車両製作所製E233系の配給輸送が11月12日に実施された。今回輸送されたのは京浜東北・根岸線向けの1000番代車で、ウラ175編成となるものだ。牽引はEF64 1031が担当した。
 京浜東北・根岸線の209系置き換えもいよいよ終盤に差し掛かってきている。
加藤貴大(神奈川県)
2009_11_07_tanaka_yuu002.jpg 今年も201系が工事日の運用に就き、緩行線を行く姿にファンの人気が集中した。
'09.11.7 中央本線 水道橋―御茶ノ水 P:田中 友

2009_11_07_kamiyoshi_takashi001.jpg
昼間の各停運用に就く201系トタH4編成。

'09.11.7 中央本線 国分寺 P:神吉貴史

2009_11_07_sakai_kenichiro001.jpg
日中に各駅停車表示を見ることができるのもこれが最後か? 

'09.11.7 中央本線 御茶ノ水―水道橋 P:酒井健一郎

2009_11_07_kato_takahiro001.jpg
各駅停車でもモーターを響かせる。

'09.11.7 中央本線 西国分寺 P:加藤貴大

2009_11_07_sakai_kenichiro004.jpg
通常と異なり三鷹駅3番線が東京方面行きに使用された。

'09.11.7 中央本線 三鷹 P:酒井健一郎

2009_11_07_tanaka_yuu001.jpg
9000番代の運用番号で緩行線を行き交うE233系。

'09.11.7 中央本線 御茶ノ水―水道橋 P:田中 友

2009_11_07_sakai_kenichiro003.jpg
日中では珍しい、トタE233系の各駅停車。

'09.11.7 中央本線 御茶ノ水―水道橋 P:酒井健一郎

2009_11_07_kato_takahiro003.jpg
黄色が映える各駅停車のLED。

'09.11.7 中央本線 四ツ谷 P:加藤貴大

2009_11_07_sakai_kenichiro002jpg.jpg
総武緩行線も9000番代の列車番号表示にて運転された。

'09.11.7 中央本線 御茶ノ水―水道橋 P:酒井健一郎

2009_11_07_kato_takahiro002.jpg
9000番台の運番で走るE231系。

'09.11.7 中央本線 四ツ谷 P:加藤貴大
 11月6日夜~11月8日朝まで、新宿駅跨線橋架替工事が行なわれた。特に11月7日は始発から終電まで終日湘南新宿ラインや埼京線、中央線の運用変更が生じた。
 このうち中央本線では、快速電車は終日運休となり(特急は中野発着で運転)、緩行線経由で各駅停車での運転となった。また快速線だけでなく緩行線運用も大幅に変更されたため、運行番号は9000番代となっていた。
 中央快速線では201系が最後の昼間の各駅停車運用になるかもしれないということで、多くのレイル・ファンが駆けつけていた。

清水智文(東京都)
2009_10_23_shimizu_tomohumi003.jpg 出場したばかりのEF64 1031に牽引されて東大宮(操)へと向かう。
'09.10.23 常磐線 北千住

2009_10_23_shimizu_tomohumi004.jpg
大宮にて一旦休憩…。

'09.10.23 東北本線 大宮
 10月23日(金)、新津車両製作所にて落成した京浜東北線用のE233系1000番代ウラ174編成が、新津から東大宮(操)へと配給輸送された。牽引は長岡運転所のEF64 1031が担当した。
 なお、EF64 1031は、秋田総合車両センター出場後の初の運用となった。

清水智文(東京都)
2009_10_20_shimizu_tomofumi002.jpg 川崎重工製のE233系1000番代が浦和電車区へと向かう。
'09.10.20 東北貨物線 与野―浦和
 10月14~16日に兵庫から東大宮操まで甲種輸送された京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ177編成が、10月20日に東大宮操から東北貨物線・山手貨物線経由で浦和電車区(南浦和)まで試運転を兼ねて回送された。
野田倫弘(兵庫県)
2009_10_14_noda_norihiro001.jpg  
'09.10.14 東海道本線 神戸―元町
 川崎重工で製造されたE233系1000番代(ウラ177編成)が10月14日発で甲種輸送された。兵庫から吹田(信)までの牽引機はDD51 750であった。
小澤友志(埼玉県)
2009_10_11_ozawa_tomoyuki001.jpg ラッピングを施して運用されたウラ108編成。
'09.10.11 京浜東北線 南浦和

2009_10_11_ozawa_tomoyuki002.jpg
戸袋部分にラッピングが施された。

'09.10.11 京浜東北線 南浦和
 京浜東北・根岸線のE233系1000番代車にラッピング車が登場し、10月4日より同31日までの予定で運行されている。
 今回抜擢されたのはウラ108編成。側面戸袋部のみにラッピングを施したもので、山手線などのラッピング車と比べると幾分おとなしい印象であるが、京浜東北・根岸線にあっては目を引く存在となっている。
 PR内容は、首都圏の8都県市による容器包装削減とマイボトルの利用推進を訴えるもので、同期間に中央・総武緩行線でも同様のラッピングが実施されている。

井上遼一(大阪府)
2009_09_29_inoue_ryoichi001.jpg 東海道本線を行く、京浜東北・根岸線用E233系1000番代甲種輸送列車。
'09.9.29 東海道本線 向日町
 9月28日~9月30日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北線・根岸線用のE233系1000番代ウラ176編成の甲種輸送が行なわれている。
 兵庫―吹田(信)間はDD51 1188号機が牽引し、吹田(信)からEF200-4号機が牽引している。
後藤篤史(千葉県)
2009_09_09_fujiwara_naoya001.jpg 「千代田線 直通」と表示し、朝ラッシュ時間帯を走るE233系2000番代マト1編成。。
'09.9.9 常磐線 南柏―北小金 P:藤原直也
 

2009_09_09_goto_atsushi001.jpg
デビューのヘッドマークが掲げられたE233系2000番代。初日の運用を終えて入庫。

'09.9.9 常磐線 松戸―松戸車両センター P:後藤篤史
 常磐緩行線に投入されたE233系2000番代が、9月9日(水)より営業運転を開始した。前面に「E233系デビュー」のヘッドマークを掲げ、01K運用(401K~)に充当された。

清水智文(東京都)
2009_09_03_shimizu_tomofumi001.jpg E233系1000番代の配給輸送も見納めが近い? 
'09.9.3 高崎線 上尾―宮原
 新津車両製作所にて落成した京浜東北線用のE233系1000番代ウラ167編成が、9月3日に新津から東大宮操まで配給輸送された。今回の牽引は長岡車両センター所属のEF64 1030が担当した。
早川信久(静岡県)
2009_08_27_hayakawa_nobuhisa001.jpg 貨物色のEF65PF機に牽かれ、首都圏へ輸送されるE233系新造車。
'09.8.27 東海道本線 新蒲原―富士川
 8月25~27日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ172編成が甲種輸送された。牽引機は新鶴見機関区のEF65 1138号機が担当した。
横山 颯(東京都)
2009_08_20_yagi_muneyuki001.jpg また一本E233系1000番代が増えてゆく。
'09.8.20 上越線 東光寺―帯織 P:八木宗幸

2009_08_20_yokoyama_hayate001.jpg
万緑に囲まれ大カーブを行く。

'09.8.20 上越線 岩原スキー場前―越後中里 P:横山 颯
 8月20日、新津車両製作所にて落成したE233系1000番代ウラ164編成が、東大宮操までの全区間を長岡車両センター所属のEF64 1031号機牽引により配給輸送された。

宮崎 龍(東京都)
2009_08_11_miyazaki_ryu001.jpg 開業120周年を記念してキャンペーンロゴのヘッドマークを取付け。
'09.8.11 中央本線 中野 P:宮崎 龍

2009_08_12_nagasawa_yuki001.jpg
もう1本はT39編成に取付け。快速で東京へ向かう。

'09.8.12 中央本線 阿佐ケ谷 P:長澤優貴
 8月11日(火)より豊田車両センター所属のE233系T11編成に、中央線開業120周年(新宿―八王子)を記念したヘッドマークが掲出されている。ヘッドマークは12月25日まで掲出予定。

早川信久(静岡県)
2009_08_06_hayakawa_nobuhisa001.jpg また新たに新車のE233系が首都圏へ輸送される。
'09.8.6 東海道本線 興津―由比 P:早川信久

2009_08_06_tsuyuki_go001.jpg
東海道路をはるばる東へ。

'09.8.6 東海道貨物線 相模貨物―茅ヶ崎 P:露木 豪

2009_08_06_shimizu_tomohumi001.jpg
今月もまた1編成、E233系1000番代が投入された。新鶴見(信)からはEF65 1068が牽引を担当。

'09.8.6 武蔵野線 北朝霞―西浦和 P:清水智文
 8月4~6日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ169編成が甲種輸送された。牽引機は吹田(信)―新鶴見(信)まで吹田機関区のEF200-2号機が担当した。

田中 友(東京都)
2009_08_01_tanaka_yuu001.jpg 今年はT20編成が担当。右は河口湖行を切り離し、大月から戻ってきた定期列車。
'09.8.1 中央本線 高尾
 8月1日、「さがみ湖湖上祭花火大会」開催による見物客輸送のための臨時列車が高尾―相模湖間を中心に運転された。車輌は昨年同様E233系10輌編成を使用、上下合わせて10本の臨時列車うち、一部は豊田―相模湖間・高尾―四方津間での運転となっている。
清水智文(東京都)
2009_07_30_shimizu_tomofumi001.jpg 真夏の上越線を走り抜ける。
'09.7.30 上越線 上牧―後閑
 新津車両製作所にて落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ163編成が、7月30日に長岡車両センターのEF64 1031牽引により新津―東大宮(操)間で配給輸送された。
早川信久(静岡県)
2009_07_15_hayakawa_nobuhisa001.jpg 良い天気の中、新車は首都圏に向けて輸送される。
'09.7.16 東海道本線 清水―興津
 7月14~16日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ165編成が甲種輸送された。牽引機は吹田(信)―新鶴見(信)まで吹田機関区のEF66 126号機が担当した。
平田隼也(埼玉県)
2009_07_10_kiyomiya_mihiro001.jpg 新津からまた1本、新車が輸送される。
'09.7.10 高崎線 岡部―深谷 P:清宮実寛

2009_07_10_handa_soichiro001.jpg
お立ち台を颯爽と通過。

'09.7.10 高崎線 宮原―大宮 P:半田創一郎

2009_07_10_shimizu_tomofumi003.jpg
新津配給に久しぶりにEF64 1030が充当された。

'09.7.10 東北貨物線 赤羽―田端(操) P:清水智文

2009_07_10_hirata_junya001.jpg
武蔵野線の田園風景を行く。

'09.7.10 武蔵野線 東川口―東浦和 P:平田隼也
 新津車両製作所にて製造された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ160編成が、7月10日に新津から東大宮(操)へ配給輸送された。牽引は長岡車両センターのEF64 1030が担当した。

清水智文(東京都)
2009_07_07_shimizu_tomofumi002.jpg 試運転で浦和電車区へ向かうE233系1000番代のウラ162編成。
'09.7.7 東北本線 土呂

2009_07_07_shimizu_tomofumi003.jpg
EF64 1030に牽引され長野へと向かうウラ34編成。

'09.7.7 東北貨物線 大宮(操)―与野
 川崎重工で落成し、兵庫から東大宮(操)へ甲種輸送された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ162編成は、7月7日に試運転で東大宮(操)から東北貨物線~山手貨物線経由で浦和電車区に入区した。
 一方、東大宮(操)に疎開留置されていた浦和電車区所属の209系ウラ34編成は、同日に東大宮(操)から長野総合車両センターへと配給輸送された。

早川信久(静岡県)
2009_07_03_hayakawa_nobuhisa001.jpg EF200の試作機に牽かれ、首都圏へ輸送される新車。
'09.7.3 東海道本線 新蒲原―富士川 P:早川信久

2009_07_02_inoue_ryoichi001.jpg
向日町駅を通過するE233系10輌の甲種輸送列車。なお兵庫―吹田間はDD51 837が牽引。

'09.7.2 東海道本線 向日町 P:井上遼一
 7月1~3日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ162編成が甲種輸送された。牽引機は、吹田(信)―新鶴見(信)までがEF200の試作機、吹田機関区のEF200-901号機が担当した。

早川信久(静岡県)
2009_06_24_hayakawa_nobuhisa001.jpg 生憎の雨模様の天気の中、輸送される新車。
'09.6.24 東海道本線 興津―由比 P:早川信久

2009_06_24_shimizu_tomofumi001.jpg
悪天候の中、一旦新鶴見へと向かう。

'09.6.24 東海道本線(貨物線) 大船 P:清水智文

2009_06_24_shimizu_tomofumi002.jpg
新鶴見(信)から東大宮(操)へは新鶴見機関区のEF65 1138が牽引。

'09.6.24 武蔵野線 西浦和 P:清水智文
 6月22~24日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ161編成が甲種輸送された。牽引機は吹田(信)―新鶴見(信)まで吹田機関区のEF66 10号機が担当した。

清水智文(東京都)
2009_06_22_shimizu_tomofumi003.jpg ゆっくりと浦和へ入線するウラ156編成。
'09.6.22 京浜東北線 浦和
 6月19日に浦和電車区へ入区した京浜東北線用のE233系1000番台ウラ156編成だが、6月22日には京浜東北線内で試運転を行なった。
清水智文(東京都)
2009_06_19_shimizu_tomofumi002.jpg 東十条付近を通過するウラ156編成。
'09.6.19 東北本線(貨物線) 赤羽―田端(操)

2009_06_19_shimizu_tomofumi003.jpg
大崎から田町までは山手線を走行。

'09.6.19 山手線 田町
 6月18日に新津から東大宮(操)へと配給輸送された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ156編成は、翌6月19日に東大宮(操)→東京総合車両センター→南浦和の経路で試運転を行ない、浦和電車区へと入区した。

清水智文(東京都)
2009_06_18_shimizu_tomofumi003.jpg 湯檜曽のループ線を行くEF64 1030+ウラ156編成。
'09.6.18 上越線 土合―湯檜曽

2009_06_18_shimizu_tomofumi004.jpg
数分後、ループ線を降りてきた。

'09.6.18 上越線 湯檜曽

2009_06_18_shimizu_tomofumi005.jpg
水上停車後、首都圏へと向かうEF64 1030+ウラ156編成。

'09.6.18 上越線 水上―上牧
 新津車両製作所にて製造された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ156編成が、6月18日に新津から東大宮(操)へ配給輸送された。牽引は長岡車両センターのEF64 1031が担当した。

清水智文(東京都)
2009_06_16_shimizu_tomofumi001.jpg 東北本線を走行するE233系1000番代。
'09.6.16 東北本線 古河
 東急車輌製造にて落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代が6月16日に出場し、逗子―大船―新鶴見―大宮―宇都宮―大宮―東大宮(操)に行程で出場試運転を行なった。
清水智文(東京都)
2009_06_05_shimizu_tomofumi001.jpg 一旦、東京総合車両センターへ向かうウラ155編成。
'09.6.5 東北本線(貨物線) 赤羽
 6月4日に新津から東大宮(操)へと配給輸送された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ155編成だが、翌6月5日に東大宮(操)→東京総合車両センター→南浦和の経路で試運転を行ない、浦和電車区へと入区した。
藤間 翼(神奈川県)
2009_06_04_toma_tsubasa001.jpg 夕刻の武蔵野線を行く。
'09.6.4 武蔵野線 三郷 P:藤間 翼

2009_06_04_shimizu_tomofumi003.jpg
東大宮(操)まであともう少し。

'09.6.4 武蔵野線 南浦和 P:清水智文
 6月4日、E233系1000番代ウラ155編成の配給輸送が新津―東大宮(操)間で施行された。同日には川崎重工からのE233系1000番代の甲種輸送列車も到着したため、一気に2本増加したことになる。

早川信久(静岡県)
2009_06_04_hayakawa_nobuhisa001.jpg 海沿いの道を首都圏へ向け輸送される新車。
'09.6.4 東海道本線 興津―由比 P:早川信久

2009_06_04_shimizu_tomofumi001.jpg
新鶴見からはEF65 1092が担当。

'09.6.4 武蔵野線 西浦和―与野 P:清水智文
 6月2~4日にかけて、川崎重工で落成した京浜東北・根岸線用のE233系1000番代ウラ158編成が甲種輸送された。牽引機は吹田(信)―新鶴見(信)まで吹田機関区のEF66 29号機が担当した。

清水智文(東京都)
2009_05_22_shimizu_tomofumi003.jpg 試運転で、一旦東京総合車両センターへ向かうウラ152編成。
'09.5.22 東北本線(貨物線) 赤羽―田端操
 5月21日に新津から東大宮(操)へと配給輸送された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ152編成だが、翌5月22日に東大宮(操)→東京総合車両センター→南浦和の経路で試運転を行ない、浦和電車区へと入区した。
清水智文(東京都)
2009_05_21_shimizu_tomofumi001.jpg どんどん投入されていくE233系1000番代。
'09.5.21 高崎線 宮原―大宮

2009_05_21_shimizu_tomofumi002.jpg
東北貨物線を走行するEF64 1031+E233系1000番代。

'09.5.21 東北本線(貨物線) 浦和―赤羽

2009_05_21_shimizu_tomofumi003.jpg
常磐線から武蔵野線へと入線して行く。

'09.5.21 常磐線 馬橋

2009_05_21_shimizu_tomofumi004.jpg
日が暮れて、東大宮(操)へと入線して行く。

'09.5.21 東北本線 土呂
 5月21日、新津車両製作所で製造された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ152編成の配給輸送が新津―東大宮(操)間で行なわれた。牽引は長岡車両センターのEF64 1031が担当した。

清水智文(東京都)
2009_05_20_shimizu_tomofumi001.jpg 快速線で試運転を行なうマト1編成。
'09.5.20 常磐線 新松戸
 5月19日に東急車輛を出場し松戸車両センターへ入区した常磐緩行線用E233系マト1編成だが、翌20日に公式試運転を行なった。
 運転区間は松戸→我孫子→松戸→我孫子→北千住→我孫子(以上快速線)、我孫子→取手→松戸(緩行線)だった。
岩片浩一(千葉県)
2009_05_19_iwakata_koichi001.jpg 試運転で快速線を走行する常磐緩行線用E233系。
'09.5.19 常磐線 取手―天王台 P:岩片浩一

2009_05_19_yamada_yuya001.jpg
予定より遅れて登場した常磐緩行線用E233系。

'09.5.19 京浜急行電鉄逗子線 神武寺 P:山田裕也

2009_05_19_shimizu_tomofumi001.jpg
前面に特色のある常磐緩行線用E233系。

'09.5.19 武蔵野線 府中本町 P:清水智文
 5月19日、東急車輌製造で落成した常磐緩行線用E233系の第1編成が出場し、逗子―新鶴見信号場―(武蔵野線経由)―取手―松戸の経路で試運転を行なった。
 同車は現在松戸車両センターに配置されている203系および207系900番代の老朽取替え用として製造されたもので、計180輌(10輌編成×18本)の増備が予定されている。
 また、既存の209系1000番代と同様に幕板部分の帯が省略されたスタイルとなっており、列番表示器は非常用前面貫通口部分に設置されている。

清水智文(東京都)
2009_05_19_shimizu_tomofumi002.jpg 山手貨物線を走るE233系1000番代。
'09.5.19 東北本線(貨物線) 赤羽―田端操
●E233系1000番代
 5月14~15日にかけて兵庫から東大宮(操)に甲種輸送された京浜東北線用のE233系1000番代ウラ157編成が、5月19日に試運転を兼ねて東大宮(操)→東京総合車両センター→南浦和の経路で浦和電車区へと入区した。


2009_05_19_shimizu_tomofumi005.jpg
東大宮(操)へ向かうウラ45編成。

'09.5.19 東北本線(貨物線) 赤羽―浦和(西川口)

2009_05_19_shimizu_tomofumi006.jpg
最近、毎週のように209系が長野へ配給される。

'09.5.19 中央本線 高尾
●209系
 浦和電車区所属の209系ウラ45編成が、5月19日に南浦和から東大宮(操)へ疎開回送されるとともに、東大宮(操)に疎開留置されていた浦和電車区所属の209系ウラ43編成が、同日に東大宮(操)から長野総合車両センターへと配給輸送されました。配給輸送の牽引は長岡車両センターのEF64 1030が担当した。

清水智文(東京都)
2009_05_07_shimizu_tomofumi001.jpg 雨の中、東大宮(操)へ向かうEF64 1030+E233系ウラ151編成。
'09.5.7 東北本線 赤羽―浦和
 5月7日に新津から東大宮(操)に向けて、E233系1000番代ウラ151編成が配給輸送された。
杉田 仁(兵庫県)
2009_04_22_ikemoto_kazuki.jpg 見慣れぬ列車が走っていく。
'09.4.22 東海道本線 神戸―元町 P:池本和樹

2009_04_22_sugita_hitoshi.jpg
機関車とも色がそろい、綺麗な10連となった。

'09.4.22 東海道本線 桂川 P:杉田 仁
 2009年4月21日および22日にかけて、川崎重工業兵庫工場でJR東日本向けE233系1000番代が落成し、甲種鉄道輸送が行われた。神戸貨物ターミナルまでは10連を2分割して2日間で5輌づつの輸送とし、神戸貨物ターミナルで10連に組成を行った。22日は兵庫~神戸(タ)~吹田(信)はDD51 833号機〔吹〕が、吹田(信)からはEF66 129号機〔吹〕が充当された。

小池裕太(山梨県)
2009_04_16_koike_yuta001.jpg 晴天の上越線を上る。
'09.4.16 上越線 津久田─敷島
 4月16日、新津車両製作所から東大宮操まで京浜東北線用E233系1000番代ウラ150編成が配給輸送された。牽引機は長岡車両センターのEF64 1030号機だった。
 当日は小野上工臨・沼田工臨などもあり、これらと併せて撮影しようと多くのファンが上越線沿線に集まった。
鮫島京介(埼玉県)
2009_04_09_samejima_kyosuke001.jpg 東北本線大宮以北を走行するE233系1000番代。試運転ならではの光景。
'09.4.9 東北本線 蓮田―東大宮
 川崎重工より甲種輸送されたE233系1000番代ウラ153編成(TcE233-1053以下10連)が9日に東北本線内で試運転を行なった。試運転は大宮―宇都宮間を1往復するものだった。
宮沢雄輝(大阪府)
2009_04_08_miyazawa_yuki001.JPG  
'09.4.8 東海道貨物線 大船―戸塚
 4月6日から4月8日にかけて、川崎重工業より落成したE233系1000番代ウラ153編成10輌が甲種輸送された。
 4月6日に5輌(甲49)が兵庫→神戸貨物ターミナルへ輸送され、翌日7日に残りの5輌(甲50)が兵庫→神戸貨物ターミナルへ輸送され、甲49と併結のうえ東大宮操へ10輌で輸送された。
 牽引は、吹田(信)までが吹田機関区所属のDD51 837、吹田(信)→新鶴見(信)は新鶴見機関区所属のEF210-150、新鶴見(信)→東大宮操は新鶴見機関区所属のEF65 1092がそれぞれ牽引した。 、
渡辺哲平(東京都)
2009_04_08_watanabe_teppei001.jpg 中野駅7番線へ進入する。
'09.4.8 中央本線 中野
 検査のため東京総合車両センターに入場していた豊田車両センター所属のE233系T13編成が検査を終え、4月8日に所属区へと回送された。
中田聖河(埼玉県)
2009_04_03_nakata_seiga001.jpg 昼下がりの高崎線を上る。
'09.4.3 高崎線 北上尾―上尾
 4月3日に、京浜東北線E233系の配給輸送列車が新津―東大宮操間で運転された。当初は前の週に運転される予定であったが、同スジにて115系の尾久への回送があったために変更となっていた。
 牽引機は3月31日に秋田総合車両センターから出場したばかりのEF64 1030だった。
渡辺哲平(東京都)
2009_04_02_watanabe_teppei001.jpg 回送で通過する。
'09.4.2 中央本線 阿佐ケ谷
 4月2日、豊田車両センターのE233系T13編成が検査のため東京総合車両センターに入場した。
露木 豪(神奈川県)
2009_04_02_tsuyuki_go001.jpg ヘッドマークを付け、快晴の下を走行する。
'09.4.2 東海道本線 大船―藤沢
 E233系3000番代E01編成とE51編成が、今年7月1日に東海道本線全線開通120周年することを記念したヘッドマークの掲出を開始した。但し、E01編成とE51編成の連結面には掲出されていない。
渡辺哲平(東京都)
2009_03_30_watanabe_teppei004.jpg 高架線へと進入する。
'09.3.30 中央本線 高円寺

2009_03_30_watanabe_teppei005.jpg
豊田に到着。

'09.3.30 中央本線 豊田
 3月30日、豊田車両センター所属のE233系T12編成が東京総合車両センターでの検査を終え、所属区へと回送された。

渡辺哲平(東京都)
2009_03_27_watanabe_teppei002.jpg 都心を駆け抜けるE233系1000番代。
'09.3.27 山手貨物線 恵比寿
 3月26日に東急車輛を出場したE233系ウラ149編成が、翌27日に東大宮―新宿―品川―南浦和間で試運転を兼ねて、所属区所の浦和電車区へと輸送された。
片山元輝(神奈川県)
2009_03_19_katayama_motoki001.jpg やってきたのは10輌ではなく6輌のE233系。
'09.3.19 武蔵野線 西浦和 P:片山元輝

2009_03_19_handa_soichiro001.jpg
日常的な雰囲気の中、非日常的な光景の出現。

'09.3.19 高崎線 吹上―行田 P:半田創一郎

2009_03_19_koike_yuta001.jpg
普段見られない6輌で配給輸送されるE233系。

'09.3.19 上越線 湯檜曽─水上 P:小池裕太

 3月19日に、新津車両製作所から豊田車両センターに向けて、青梅・五日市線用のE233系青661編成がEF64 1031の牽引で配給輸送された。
 同編成は、2月27日に東京総合車両センターから新津へと配給輸送されたクハE232-519を連結した計6輌編成であった。

田中 友(東京都)
2009_03_07_tanaka_yuu001.jpg 〈おくたま・あきがわ号〉運行開始以来の新宿行は見納めに。
'09.3.7 五日市線 秋川

2009_03_14_tanaka_yuu001.jpg
東京行第一号、初日の〈ホリデー快速おくたま・あきがわ2号〉。

'09.3.14 中央本線 御茶ノ水
 3月14日のダイヤ改正で〈ホリデー快速おくたま号・あきがわ号〉のうち、上りの着駅が新宿から東京に変更、運転区間が延伸された。同列車の運用は新宿到着後に武蔵小金井入庫(新宿―武蔵小金井間回送・後に客扱い)が長らく定番となっていたが、改正後は東京到着後も直ちに入庫には向わず、高尾(特快)・河口湖(特快)・立川(快速)に折り返す運用になっている。

酒井健一郎(東京都)
2009_02_27_sakai_kenichiro001.jpg クハ1輌のみが新津へ。
'09.2.27 山手貨物線 大崎―恵比寿

2009_02_27_sakai_kenichiro002.jpg
後部標識灯を照らして去ってゆく。

'09.2.27 山手貨物線 大崎―恵比寿
 青梅線内にて事故にあい東京車両センターへ収容されていた青661編成のうち、クハE232-517が、2月27日にEF64-1031に牽引されて新津へ配給輸送された。この後、新津車両製作所へと搬入され、何かしらの形で同編成が復旧されるものと思われる。

田中 友(東京都)
2009_01_04_tanaka_yu001.jpg 切替1週間前、下り線(仮線)を行く201系。鉄骨が建ち並ぶ独特の光景。
'09.1.4 中央本線 国立―立川

2009_01_10_tanaka_yu001.jpg
区間運休時間帯のE233系快速国分寺行。201系は2本とも国分寺以東の運用に就いた。

'09.1.10 中央本線 新宿

2009_01_12_tanaka_yu001.jpg
切替後、新しい下り線をE233系が行く。隣の切断された線路が旧下り線(仮線)。

'09.1.12 中央本線 西国分寺―国立
 1月11日、JR中央本線連続立体交差事業に伴ない、国立駅付近の下り線が高架上に切り替えられた。
 線路の切替作業は10日の21:35頃から西国分寺―立川間を区間運休(国分寺―西国分寺間については単線折返しによる運転)のうえ実施され、11日の6:30過ぎにE233系で試運転を行ない、予定どおり新高架線の使用を開始した。

山田祐也(神奈川県)
2008_12_04_yamada_yuya001.jpg 毎回恒例の朝の神武寺留置。
'08.12.4 京浜急行電鉄逗子線 神武寺
 2008年12月4日木曜日に、京浜東北・根岸線に使用されるE233系1000番代のウラ141編成が東急車輌を出場した。  東急車輌から京浜東北・根岸線用E233系1000番代が新製で出場は、先週11月27日のウラ140編成以来で、かなりのハイペースで製造されている模様。
田中 友(東京都)
2008_11_15_tanaka_yuu001.jpg 中央線は終日各停のみを運転。中央東線の特急も中野発着に。
'08.11.15 中央本線 中野 P:田中 友

2008_11_15_tanaka_yuu002.jpg
2本だけ残った中央線の201系も昼間の各停運用に就き、ファンを喜ばせた。トタH7編成は67T運用に。

'08.11.15 中央本線 荻窪―西荻窪 P:田中 友

2008_11_15_sakai_kenichiro001.jpg
緩行線に進入する69T運用のトタH4編成。

'08.11.15 中央本線 御茶ノ水―水道橋 P:酒井健一郎

2008_11_15_sakai_kenichiro002.jpg
緩行線にて209系500番代とすれ違うE233系トタT31編成の各駅停車東京行き。

'08.11.15 中央本線 水道橋―御茶ノ水 P:酒井健一郎

2008_11_15_sakai_kenichiro003.jpg
色づく木々を背に緩行線から快速線へ歩みを進めるE233系。

'08.11.15 中央本線 水道橋―御茶ノ水 P:酒井健一郎
 11月15日、国道20号線の新宿こ線橋架替工事に伴なう線路切替のため、新宿駅を発着するJR線の大幅な運転変更が実施された。
 同工事は平成12年4月に着工し、平成21年末まで計8回の線路切替を行なう予定になっており、今回はその7回目にあたる。
 運転変更も過去の工事の際と同様、中央快速線・湘南新宿ライン・埼京線等の区間運休が中心となり、今回は14日終電後から16日初電前までの丸一日以上を費やして実施されている。

渡邉 裕(埼玉県)
2008_11_11_watanabe_hiroshi.jpg 普段とは違うホームに。
'08.11.11 東北本線 大宮 P:渡邉 裕

2008_11_11_shibata_togo4.jpg
新宿駅1番線ホームを発車するウラ137編成。

'08.11.11 山手貨物線 新宿 P:柴田東吾
 11月11日(火)、E233系1000番代のウラ137編成が東急車輌を出場し、夕刻大宮駅に到着した。

田中 友(東京都)
2008_09_13_tanaka_yu001.jpg
運転台前を中心に造花等により装飾を施したE233系。
'08.9.13 青梅線 宮ノ平
 9月13日に中央線内と青梅間を往復する団体臨時列車〈旅のプレゼント号〉が運転された。豊田車両センターの所属車両を使用し、八王子―中野(復路は三鷹)―立川―青梅の経路を担当したE233系には装飾が車内から施され、甲府―青梅間を立川経由で往復した115系には編成両端で図柄が異なるヘッドマークが取り付けられた。この列車はJR東日本に関連のある団体が使用したもので、10月にも同名の列車が東海道線等で運転される予定となっている。

大平直人(神奈川県)
2008_06_12_oohira_naoto.jpg
牽引機はEF64 1030が担当した。
'08.6.12 武蔵野線 吉川
 6月12日(木)、新津車両製作所にて新製された京浜東北線用E233系ウラ118編成が、上越・高崎・東北・常磐・武蔵野線経由で東大宮操車場まで配給輸送された。

長田悠樹(神奈川県)
2008_05_24_nagata_yuuki.jpg
DE10 1099〔宇〕と連結するE233系1000番代。
'08.5.24 東北本線 大宮

2008_05_24_nagata_yuuki2.jpg
入れ換え中のE233系1000番代。

'08.5.24 東北本線 大宮
「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2008」の試乗会に使用されたE233系1000番代が、使用後に入れ換えのためDE10 1099に牽引された。配給・甲種輸送以外でE233系1000番代がディーゼル機関車と連結するのは初めてと思われる。

栗原広夢(東京都)
e233_670.jpg 全編成が出揃った。
'08.3.27 中央本線 日野―豊田
去る3月27日(木)、東急車輛よりE233系青670編成が落成し、試運転を兼ねて所属先である豊田車両センターへ回送された。2006年9月のH43編成出場から約1年半、中央・青梅線向けE233系の増備は完了した。

今井 亮介(東京都)
08_03_13_imai_ryosuke.JPG
短距離運用で足慣らし。
'08.3.13 東海道本線 川崎―横浜(東神奈川駅)
3月13日、東海道線726M~743M(所定E231系コツ車10連)にE233系コツE01編成が充当され、国府津~東京間の1往復で営業を行なった。今回、初の10連営業となったほか、下り営業列車への充当も初である。

・関連記事
【JR東】E233系3000番代営業運転開始

外川 拓(神奈川県)
233togawa.JPG公式試運転へ。
'08.3.11 横須賀線 逗子―鎌倉
3月11日、京浜東北線用E233系ウラ111編成が東急車輛にて落成、出場した。出場経路は逗子~品川~大宮〜宇都宮〜大宮〜東大宮操で、後日各種試運転を経た後、営業入りすると思われる。

長谷川拓也(神奈川県)
08_03_10_hasegawatakuya2.jpg改正に先立ち営業開始。
'08.3.10 東海道本線 平塚


08_03_10_hasegawatakuya.jpg車内ドア上はLCDではなく2段LEDでした。

'08.3.10 東海道本線 平塚

08_03_10_hasegawa_takuya3.jpg「普通」表示は緑色。
'08.3.10 東海道本線 平塚

3月10日、国府津電車区所属のE233系3000番代(E01+E51)が営業運転を開始した。配置当初は来る3月15日より運行開始の予定だったが、車輌不足により前倒しされたようだ。営業初日は1766M~回3961Mで入庫と足慣らし程度の運用だった。今後の活躍が期待される。('08.3.11 13:40画像追加)

堀 辰人(東京都)
08_03_03_horitatuto.jpg春はまだ遠い上越国境を超える。
'08.3.3 上越線 土樽
3月3日、新津車両製作所で製造された中央線向けE233系の配給輸送が行なわれた。今回輸送されたのは豊田電車区のT42編成で、新津車両製作所製造分は終了したことになる。今後は京浜東北線向けのE233系1000番代の製造が本格化するものと思われる。

レイル・マガジン

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.