鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
大下秀幸(山口県)
20181210184026-a96c3bc7574f9e21e3e74c7d35264e67f609d6b5.jpg ブルーリボン賞受賞記念テールマークが掲出されたオロテ35 4001。
'18.12.9 山口線 津和野
20181210184118-feb1150693551fd5fdfd7a55fe39264e6d43f66f.jpg スハテ35 4001にもブルーリボン受賞記念のマークが掲げられた。
'18.12.9 山口線 津和野
 12月9日に運転されたSL〈やまぐち〉号は、35系客車の両展望車に鉄道友の会ブルーリボン賞受賞を記念したマークが掲出された。また、牽引機のD51 200には、〈やまぐち〉号オリジナルヘッドマークの片隅に受賞記念マークが入った特別仕様のものが用意された。運行に際しては、始発駅の新山口駅で受賞記念式典が開かれたほか、乗客には記念のグッズが配布された。

【遠軽町】雨宮21号 雪中運行

増井 諭(神奈川県)
20181210183408-0037cda684a871e2af966b72bb032f4858e1ae61.jpg 雪原を翔る雨宮21号。
'18.12.8 遠軽町丸瀬布 森林公園いこいの森
20181210183519-859055d6d94185b768d5ade4c42297811068dde7.jpg ライトアップされた森に浮かび上がった雨宮21号。
'18.12.8 遠軽町丸瀬布 森林公園いこいの森
 北海道紋別郡遠軽町に位置する丸瀬布森林公園いこいの森において、春から秋にかけて運行されている雨宮21号の雪中特別運行が12月8・9日に実施された。これは、雨宮21号が今年で傘寿を迎えることを記念したもので、実に6年ぶりの雪中運行となり、道内外から多くの来園者が訪れて、大いに賑わっていた。
赤樫翔太(大阪府)
20181210182517-f3fcbf3fd082976b26e8f4921f00f4c54b93794f.jpg 門デフ仕様のC11 190に〈さくら〉のヘッドマークと日章旗が掲出された。
'18.12.8 大井川鐵道 大井川本線 新金谷車両区
20181210182630-b9a47617fb0719503e6285b7e368fa992660f880.jpg 〈さくら〉のマークは平面タイプと九州仕様のお椀形タイプとが掲出された(写真は九州仕様のお椀形)。
'18.12.8 大井川鐵道 大井川本線 千頭
 大井川鐵道では、平成31年3月までの限定で運転しているC11 190門デフ仕様機牽引による撮影ツアー列車の運転を12月8日に行った。 列車は新金谷~千頭間を一往復し、復路では通常の営業運転では希少となった、千頭にて転車台による転換を行わずに蒸機のバック運転での牽引となった。撮影会では、千頭駅構内ではC11 190単機、新金谷駅構内では客車3輌を連結した状態で実施され、いずれも日章旗および〈さくら〉のヘッドマーク取り付け・取り外しが行われ、区名札には熊本機関区を示す〔熊〕が差されていた。
鶴井雅人(大阪府)
20181210182043-4053e02f226ed6db08e276182d59f753fa40be2c.jpg 一晩で銀世界になった西会津を行く快速〈DLクリスマストレイン〉。
'18.12.9 磐越西線 徳沢―上野尻
20181210182130-381f7d409ff0fe84cb22e7dd0351d6a841f932e8.jpg 運転に際しては特製ヘッドマークが用意された。
'18.12.9 磐越西線 笈川―堂島
 12月8・9日、長岡車両センター所属のDE10 1700と新津運輸区所属の12系〈ばんえつ物語〉用客車を使用した臨時列車、快速〈DLクリスマストレイン〉が新津~会津若松間で各日1往復した。例年、C57 180牽引で〈クリスマストレイン〉が運転されているが、今年はC57の不調のためDE10の牽引となり、運転に際しては特製ヘッドマークが掲出された。
藤原匡秀(東京都)
20181207222701-37fab006c7e28697e3a2ca6bc9400116405431a5.jpg また1本、485系が廃車のため送り込まれて行く。
'18.12.6 武蔵野線 吉川 P:小林瞭仁
20181207222757-879939a7e47d960b173b57a4fadf37fb97d747c7.jpg 長年留置されていたため、錆や汚れが目立つ。
'18.12.6 武蔵野線 南流山 P:前田明彦
20181207222538-40bc727237fb77c0bd4dc58dbe401f9edf001e64.jpg 青森~郡山間の道中、吹上駅で特急列車を待避する485系3000番代。
'18.12.6 高崎線 吹上 P:藤原匡秀
 JR東日本では、盛岡車両センター所属で同センター青森派出所に留置されていた485系3000番代6輌を、12月5日から6日にかけて青森~東能代~秋田~酒田~新津~宮内~高崎~大宮~田端(操)~馬橋~南流山~大宮(操)~郡山間の経路で、郡山総合車両センターまで配給輸送を行った。廃車のためと思われる。牽引機は、全区間を秋田車両センター所属のEF81 136が担当した。
 今回輸送された編成は、A1編成4輌と増結用2輌(新青森方からクロハ481-3016+モハ485-3031+モハ484-3031+モハ485-3049+モハ484-3049+クハ481-3006)で、今年10月8~9日の4輌(モハ485・484-3062・3047)と、10月31日~11月1日の6輌(A5編成4輌+増結用モハ485・484-3081)に次いで、3度目の配給輸送となる。なお、A1編成は、青森~函館間の特急〈白鳥〉の最終運行日となった2016年3月21日に運用された編成であり、今回の配給輸送で同編成全車が廃車となる模様である。
レイル・マガジン

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.