鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース

【JR貨】DF200-106 甲種輸送

大谷真弘(静岡県)
20190219211847-3c0cf146c16fd9fab0570bebeb6499165e1ca8a8.jpg 甲種輸送されるDF200-106が東海道本線を下る。
'19.2.18 東海道本線 掛川―菊川
 五稜郭機関区配置のDF200-106が、2月15日に出発し22日到着の予定で、五稜郭から兵庫(川崎重工業兵庫工場)まで甲種輸送されている。同機は今後、愛知機関区への転属に向けた改造工事が行われるものと思われる。
 牽引機は、五稜郭から青森信号場までが五稜郭機関区所属のEH800-901、青森(信)から新鶴見信号場までが仙台総合鉄道部のEH500-7、新鶴見(信)から先の東海道本線区間は吹田機関区所属のEF210-158が充当されている。
福田智志(埼玉県)
20190219211436-b334dcf9e0ee1206ba06e59ee5e736468cd8e0a1.jpg 復路は国府津始発で運転、373系が久しぶりに国府津駅に入線した。
'19.2.16 御殿場線 国府津
 2月16日、さわやかウォーキングの開催に伴い、373系F8編成を使用した臨時列車〈さわやかウォーキング号〉が運転された。往路は静岡~下曽我間、復路は国府津~静岡間で運転され、国府津駅に373系が入線することは久しぶりのできごととなった。なお、前面には〈さわやかウォーキング号〉専用の幕を掲出して運転された。
吉田克也(神奈川県)
20190219205632-4ab0f602e752dcfcc740e1f905a76f8432a12863.jpg 京成電鉄3042編成が輸送された。
'19.2.17 東海道本線 掛川―菊川 P:大谷真弘
20190219210100-fbf96dd001c2413611e6e9369ea57bb8d0f3ce69.jpg 3000形最後の甲種輸送列車が終着の逗子を目指す。
'19.2.18 高島貨物線 東高島―桜木町 P:吉田克也
 2003年(製造は2002年)より16年間という長きにわたり投入されてきた京成電鉄3000形が、今回搬入された3042編成をもって増備完了となり、合計326輌の陣容となる模様だ。
 記念すべき最終落成車となった同編成は、2月17日に日本車輌製造豊川製作所を出場し、豊川~西浜松間でDE10 1557が、西浜松~横浜羽沢間でEF65 2075が、そして横浜羽沢~新鶴見(信)~逗子間でDE10 1662がそれぞれ牽引し、翌18日に逗子に到着した。
松田信彦(大阪府)
20190219205024-ad38e0d73cf4650cb162d7cf1ff0109c4756c1c1.jpg 金光駅を出発する117系T2編成。
'19.2.17 山陽本線 金光
 2月17日、大阪~金光間にて団体臨時列車(通称「金光臨」)が運転された。使用車輌は、吹田総合車両所京都支所所属の117系T2編成(8輌編成)であった。
廣村典彦(兵庫県)
20190218183430-5e7115e69c14d5324e0b099beda6c5e5c0674f2d.jpg 5000系では5014号に取り付け。
'19.2.17 山陽電気鉄道 本線 飾磨―妻鹿
20190218183521-21aaa0419315852fbed880ebe00a2a63a432f041.jpg 3000系では3018号編成に取り付け。3000系にヘッドマークが付くのは珍しい。
'19.2.17 山陽電気鉄道 本線 東二見
 山陽電気鉄道では、2月15日より3000系と5000系の一部に「日本酒のふるさと播磨」のヘッドマークを掲出している。該当車は5000系5014号編成と3000系3018号編成。デザインは2種類あり、山陽姫路側が文字のみ、西代側が文字とイラストとなっている。
 ちなみに、播磨とは兵庫県南西部を指し、最高級の酒米「山田錦」誕生の地で、麹を使った酒造りとしては日本最古といわれる、酒造りが盛んな地域である。
レイル・マガジン

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.