鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
廣島一貴(東京都)
20181015170119-345f3be989f0f982d9c08f6b25c8b7a30fd07e2b.jpg 車輌撮影会では、209系のほかにE231系・E233系2000番代も展示された。
'18.10.13 松戸車両センター
20181015165740-24ff94dda48d6de8de54724e72975665e7b1f63c.jpg 時間帯によってはヘッドマークが外された状態でも展示された。
'18.10.13 松戸車両センター
 10月13日、常磐緩行線で最後まで残っていた209系1000番代マト82編成の「ありがとう209系1000番台でいく常磐線各駅停車の旅」と題したツアー列車が松戸~取手間で1往復運転された。ツアー参加者には記念弁当、定規、クリアファイル、キーホールダーなどのグッズが配布された。また、運転終了後には、松戸車両センターでツアー参加者を対象に車輌撮影会も実施された。
 今回の運転をもって、209系1000番代は常磐緩行線からは完全に撤退することとなる。
笠原総人(神奈川県)
20181015165344-30d24c154d1ada275657da10adf43007338fa252.jpg 青15号を使用した機関車が大集合。
'18.10.13 高崎線 高崎(駅南電留線)
 10月13日、高崎駅南電留線とその周辺にて「高崎鉄道ふれあいデー」が開催された。第1会場の車両展示会場では、高崎車両センター高崎支所所属のEF64 1001・EF64 1053・EF65 501・D51 498、田端運転所所属のEF65 1102、吹田機関区所属のEF66 27が展示され、そのうちD51 498を除き、すべての電気機関車が往年のブルートレインのヘッドマークを掲げて展示された。
近藤規夫(東京都)
20181015164650-eb898946496deeb7a732039e9d06fb5800ef4fe0.jpg ラストランは「臨時 EXTRA」表示であった(写真は送り込み回送)。
'18.10.13 小田急電鉄 小田原線 南新宿―参宮橋
 10月13日、小田急電鉄の特急ロマンスカー・7000形"LSE"のラストランとなる団体臨時列車が「特急ロマンスカー・LSE(7000形)さよならツアー」として新宿~小田原~秦野間(途中下車不可)で運行された。行程途中の小田原駅では、入換線を利用した上下線間の移動体験が行われた。
 小田急7000形は1980年にデビューし、翌年にはブルーリボン賞を受賞するなど輝かしい功績をもつが、デビューから38年が経過し、後継の70000形"GSE"が登場したこともあって、今年7月10日で定期運転を終了。以降、引退を記念した臨時特急や団体臨時列車が計6列車運行された。
 今後、10月20・21日に海老名車両基地で行われる「ファミリー鉄道展 2018」で展示される予定である。なお、同形式は、海老名電車基地周辺に設立される予定のロマンスカーミュージアムへ収容されることとなっている。

【JR西】DE15 2525 廃車回送

大石直輝(兵庫県)
20181015163811-b9170788bf4b92ecf2c18d11e30d1c93d02194e4.jpeg 豊岡からの最後の出発。
'18.10.15 山陰本線 豊岡
 10月15日、福知山電車区豊岡支社所属のDE15 2525(単線用ラッセル車)が配置先の豊岡から山陰本線を経由し、後藤総合車両所へと廃車回送された。同機は1980年11月に福知山に新製配置。その後、1980年11月22日に豊岡に配置されて、約38年間、北近畿の冬季除雪を担ってきた。
 なお、今年3月21日には同支所所属であったDE15 1507が廃車回送されており、今回をもって豊岡支所からはラッセル車が消滅する格好となる。当日は、最後の力走を一目見ようと沿線にはたくさんのファンが集まり、出発の際には出発式も行われた。これから先の冬季体制はキヤ143が担っていくものと思われる。
見学 智(大阪府)
20181015162308-5d2361abeb1bb9c2ddd22fd22a75821ff37ff41d.jpg 紀州路をゆく〈サロンカー紀南〉。
'18.10.13 紀勢本線 紀三井寺―黒江 P:高橋賢士
20181015162432-899748f55c1ed851391525e94df5f3df326e5833.jpg ゆっくりと古座川橋梁を渡る〈サロンカー紀南〉。
'18.10.14 紀勢本線 紀伊田原―古座 P:見学 智
 10月13日から14日にかけて、紀勢本線和歌山~新宮間(13日の往路、串本~新宮間は回送)で"サロンカーなにわ"を使用した団体臨時列車〈サロンカー紀南〉が運転された。これは、「サロンカー「なにわ」で行く!『紀伊半島途中下車の旅と本州最南端への旅』」として運転されたもので、往路13日の客扱いは串本までであった。復路14日は、紀伊勝浦駅や串本駅などでの長時間停車があり、また、駅外でも沿線地元の方による歓迎イベントや物産展、特産品の販売などの催事が行われた。
レイル・マガジン

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.