鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
宇田 映(愛媛県)
20171020162550-28a83edfe7aad90fd3f91a38b69aa48fa8d21017.jpg
ヘッドマーク側を先頭にして3075レを牽引するEF65 2095。
'17.10.17 予讃線 観音寺―豊浜
 JR貨物30周年記念ヘッドマークを掲出している新鶴見機関区のEF65 2095が、10月15日の75レで四国入りした。また、17日の3075レではヘッドマーク側を先頭にして伊予三島に向かった。
 なお、四国へはこの翌日に国鉄色のEF65 2139が、更に1日あけて同じくヘッドマークを掲出したEF65 2063が入った。
樋上航一(福岡県)
20171020161321-5da1862ea98c14d4064ec3d5941485d9300a2d7d.jpg
1152レ次位で無動力回送されるDE10 1748。
'17.10.18 鹿児島本線 吉塚
 10月18日、1152レの次位無動力でDE10 1748(門司機関区所属)が同機関区へ回送された。
 なお、前日には1151レの次位無動力でDE10 1202(同機関区所属)が大牟田へと回送された。門司機関区DE10の中で唯一の国鉄色稼働機であるDE10 1202は、前回の全般検査から7年以上が経過している。一日でも長い活躍を願いたい。
大谷真弘(静岡県)
20171019110936-69bdd1cc3c30b8678d43ada0285321a46c4841ae.jpg ヘッドマーク付きも見納めとなるか、30号機の代走。
'17.10.17 東海道本線 菊川―掛川
 10月17日、所定では新鶴見機関区EF65形の運用である新鶴見信号場~西浜松間の3071レ(上りは3070レ)において、ダイヤ改正後初めてとみられる代走が実施された。代走したのは吹田機関区所属のEF66 30で、間もなく見納めとなるであろう「第24回 JR貨物フェスティバル 広島車両所公開」のヘッドマークが掲出されていた。
野村祐介(東京都)
20171018192041-d400b8e014bf9ebdb71a22c11f6d60aa016c7b71.jpg DD501+キハ205+DD506の3重連で倉敷貨物ターミナル駅構内を2往復した。
'17.10.15 水島臨海鉄道 倉敷貨物ターミナル
20171018192112-97b2dc6f476bb7839a28d027fd4ba1133899ef5d.jpg 普段は平日朝夕に活躍する同車、今日はイベントの晴れ舞台に!
'17.10.15 水島臨海鉄道 水島本線 球場前―倉敷市
 10月15日、水島臨海鉄道で「鉄道の日記念イベント」が開催された。主な内容は、かつてJR東日本久留里線で活躍していたキハ30・37・38形の「国鉄色」「水島色」両色の本線走行や、倉敷貨物ターミナル駅でのキハ205体験乗車やグッズ販売などであった。
 開催当日はあいにくの雨模様であったが、特にキハ205は機関車を前後に連結した3重連という、イベントならではの珍しい組み合わせとなり、多くのファンから注目を集めた。
池田智哉(兵庫県)
20171018190736-2ea0bf1ae577c271bbe34a357f2ff412d76d4a27.jpg 曇天のなか、城崎温泉へと向かう。
'17.10.18 山陰本線 江原
 10月18日から翌19日にかけて、第4回目となる〈ぐるっと北近畿号〉の運転が行われた。今回は、1日目の行程が福知山~八鹿~城崎温泉間、そして城崎温泉~豊岡間(回送)、また2日目は豊岡~城崎温泉間(回送)、城崎温泉~(京都丹後鉄道宮豊線経由)~天橋立間、天橋立~丹後由良~天橋立間(回送)、そして天橋立~(京都丹後鉄道宮福線経由)~福知山間であった。編成は前回同様、キハ40 2008(天空の城竹田城跡RPラッピング車)+MF201+KTR707("黒松")で運転された。
 次回予定されているのは、11月8日運転の第5回目の〈ぐるっと北近畿号〉である。その詳細については株式会社日本旅行のウェブサイトにて発表されている。なお、本来であれば第4回目となるはずであった9月施行予定の〈ぐるっと北近畿号〉は、運転取りやめとなった。
レイル・マガジン

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.