鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
藤原匡秀(東京都)
20190717132537-75b8e274e2c43802b132bcd4435701cb128e3848.jpg 前日の運転後、EF81 133に牽引されて返却回送される旧型客車3両。
'19.7.16 東北本線 大宮

20190717132656-b365106208a6491633d440ade8aa3f77eecd4575.jpg
尾久~高崎間はEF65 501が牽引。尾久車両センターの発着線で出発待ちの旧客。

'19.7.16 尾久車両センター(東北本線 尾久にて)

 2019(令和元)年7月15日に運転された〈磐越西線開通120周年号〉で使用された高崎車両センター高崎支所所属の旧型客車3両(オハニ36 11+オハ47 2246+スハフ42 2234)の返却回送が、7月16日に郡山~黒磯~宇都宮~大宮~尾久~大宮~熊谷~高崎の経路で運転された。牽引機は、郡山~尾久間は田端運転所所属のEF81 133が、尾久~高崎間は高崎支所所属のEF65 501がそれぞれ全区間担当した。

山﨑遥大(愛媛県)
20190716162348-724b1056152cb9de677bfcd9796208e2db49489e.jpg 宇和島到着後給油を行1083D。
'19.7.14 予讃線 宇和島

20190716162517-e1491ddd39346f876a65adbc1174d86679fd115e.jpg
カラフルな5両編成で松山平野を快走。

'19.7.15 予讃線 向井原ー伊予市

 7月14日発の1083Dが何らかの理由で運用変更が行われ、松山運転所所属2156+2426号の2両で運転された。2426号が2両運用に入るのは昨年3月松山へ転属してきて以来初となった。また、その影響で15日の1054Dは松山運転所所属 2426+2156+2115+2204+2152の5両で運転された。2426号が1054D 先頭車に充当されることは大変珍しく貴重なシーンが見られた。

大谷真弘(静岡県)
20190715212656-f28fd8c28638f71536563f30695c3d70d7a4a23d.jpg チキ5500形3輌に50Kg50mレール×28本を輸送。
'19.7.15 東海道本線 掛川―菊川

 7月15日、約2ヶ月ぶり(前回、5月6日)に愛知機関区所属DE10 1727牽引でレール輸送列車が運転された。編成はチキ5500-13、14、15の3輌で、50Kg50mレール×28本を積載し静岡貨物まで輸送した。前日の7月14日に北九州貨物ターミナル発8090レでレール専用チキ24輌で出発し、途中の西浜松で解放された後、身軽になった3輌が9870レとして静岡貨物まで運転されたものである。

宮島昌之(石川県)
20190715191833-0f484e42a1a5880610c791b0d502294a66565e47.jpg 「サマーキャンペーン」PRヘッドマークを掲出したモハ8903+モハ8913。
'19.7.15 北陸鉄道浅野川線 三ツ屋

20190715191939-05ebf6da19df743ffa8a3d658b0fb9adca93fec6.jpg
北陸鉄道では定番とも言える大きめのヘッドマーク。

'19.7.15 北陸鉄道浅野川線 三ツ屋

 北陸鉄道グループでは、夏休み期間を中心に実施される「サマーキャンペーン2019」をPRするため、オリジナルヘッドマークを製作。浅野川線では、7月13日頃よりモハ8903+モハ8913の編成に掲出している。
 同線では、ここ最近までヘッドマーク取付けステーの大きさに合わせた小ぶりなヘッドマークの掲出が続いていたことから、今回の様な定番とも言える大きめのヘッドマークが掲出されるのは久しぶりであった。

 「サマーキャンペーン2019」では、小学生限定で7月13日~9月1日の期間中に専用パンフレットにある"Oneコインチケット"を利用することで、鉄道線や一般路線バスに1乗車100円で利用可能。
 また、7月28日には石川線で臨時列車「妖怪電車2019」の運転や鶴来駅前で「北陸鉄道バスふれあい体験」と「鶴来の夏祭り」が予定されているほか、8月10日には石川線鶴来駅構内にて「石川線電車運転体験教室」が催される予定である。

厚海 陽(福島県)
20190715185716-52f4b9826b6e17bd0f8220e7a2715fd9296a575a.jpg "デーテン"と旧客が磐越西線を行く。
'19.7.15 磐越西線 川桁ー関都

 磐越西線開通120周年をを記念して、7月15日に〈磐越西線開通120周年号〉が運転された。編成は高崎車両センター所属のオハニ36 11+オハ47 2246+スハフ42 2234。郡山車両センター所属のDE10 1180が牽引した。記念ヘッドマークも掲出され、車内では乗客にサボや駅弁などの配布もあった。
 あいにくの空模様であったが、沿線には多くの鉄道ファンが駆けつけていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.