鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
松田信介(大阪府)
20180720204810-a108756755372143d142656bce5be5104ab49660.jpg
特製HMを掲出して運転された〈橋本駅開業120周年記念号・紀勢本線電化40周年記念号〉。
'18.7.20 和歌山線 打田―紀伊長田
 7月20日、旅行商品「『サロンカーなにわ』で行く『橋本駅開業120周年記念号・紀勢本線電化40周年記念号の旅』」が催行され、網干総合車両所宮原支所所属の"サロンカーなにわ"5輌編成を使用した団体臨時列車が和歌山~橋本~和歌山~新宮間で運転された。
 牽引は同所所属のDD51 1183であった。7月21日には復路白浜~和歌山間での運転が予定されている。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20180720205342-c62ee62637554308aaff7e75f81a15cf2fcc8e20.jpg
復路はジェームスが先頭に立ち、新金谷へ向かう。
'18.7.19 大井川鐵道大井川本線 川根温泉笹間渡―抜里
 7月19日、大井川鐵道大井川本線新金谷~千頭間において、"きかんしゃトーマス"・"きかんしゃジェームス"のプレス団体臨時列車が7003~7004レで運転された。
 往路(千頭行)はトーマスが前位、ジェームスが次位についた重連運転で、復路(新金谷行)は前位がジェームス、次位がトーマスとなった。 客車はオレンジ色客車×7輌が使用された。
佐藤 峻(神奈川県)
20180720210839-a81444f7bc2ad75b0d7053186e5dafe049f4edd4.jpeg
再び新7000系の増備が始まった。
'18.7.17 中央本線 豊田―八王子
 7月17日から19日にかけて、総合車両製作所で新製された東急多摩川線・池上線用の新7000系が逗子~新鶴見~八王子~長津田の経路で甲種輸送された。
 今回輸送されたのは7110F・7112F・7114Fの3輌編成×3本で、新鶴見まではDE10 1749〔新〕、新鶴見~八王子間はEF65 2117〔新〕がそれぞれ牽引した。7月17日に八王子まで回送された後、八王子~長津田間は編成を6輌と3輌に分割され、18日に6輌(7112F・7114F)、19日に3輌(7110F)と2回に分けて長津田へ輸送された。その際の牽引機はいずれもDE10 1749〔新〕であった。
中村直樹(埼玉県)
20180720213024-3967c1d41fffeaf4351f46f6c06c06c376d51b21.jpg
特製の編成札を付けた営業運転最終日のハエ83編成。
'18.7.15 川越線 的場―西川越
 川越車両センター所属の八高・川越線用205系3000番代のうち最後まで残ったハエ83編成は、7月14日夕方から最終運用となった15日夜まで、川越方と八王子方でデザインの異なる「ご乗車ありがとうございました ラストラン」と記された特製の編成札を先頭車に取り付けて運用された。
 16日以降は所属区内に留まっていたが、19日にモハ205-3003のパンタグラフが撤去されたことから、これで八高線・川越線用205系3000番代は5編成すべてが定期運用を離脱したものと思われる。
 なお、7月16日からは209系3500番代のハエ53編成が定期運用を開始している。

【JR貨】EF65 2101塗色変更

霜田博行(東京都)
20180719194419-daa669088cf3cf0b5abcae4554e201ab703c13f6.jpg
常磐線の有名撮影地を行く。
'18.7.16 常磐線 松戸―金町
 JR貨物・新鶴見機関区所属のEF65 2101が全般検査を終え、国鉄特急色となって大宮車両所から出場した。今回も国鉄特急色となったが、プレートの部分が従来の青色から国鉄特急色本来のものに変わったのが大きな特徴である。運行は7月13日のA60運用(新鶴見発倉賀野行3091列車)から開始された。
レイル・マガジン

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.