鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
吉田克也(神奈川県)
20190118210304-e3a1afdea4e715b70c7c086743840624d29faea1.jpg 普段は走らない新川崎界隈のビル群をバックに走る"伊豆クレイル"。
'19.1.17 東海道貨物線 新鶴見信号場―鶴見 P:吉田克也
20190118210327-10afcfa14732ad60d3bb8fab23437766d277f7c4.jpg ピンクの車体を光らせ、東海道本線を試走する。
'19.1.17 東海道貨物線 川崎―横浜 P:浅川大樹
 1月17日、通常は土休日を中心に小田原~伊豆急下田間で運転される651系"IZU CRAILE(伊豆クレイル)"が国府津~小田原~新鶴見信号場~国府津間を走行した。設備確認のための試運転とみられる。とりわけ注目されたのは、普段は走行しない新鶴見信号場までの入線であった。また、往復ともに約30分ほど横浜駅に停車した模様で、将来的には横浜始発も視野に入れた乗務員の訓練も兼ねたものとも考えられる。
前田明彦(埼玉県)
20190118204919-3fb941a3b9f578852b2e51d4a6dd8332c64004d0.jpg 国鉄時代の客車急行を彷彿とさせる運転。
'19.1.16 八高線 群馬藤岡―丹荘
 1月16日、高崎車両センター高崎支所所属のDD51 842+12系客車5輌+DD51 895によるハンドル訓練運転が八高線高崎~小川町間にて一往復行われた。同様の訓練列車は、今月上旬にも実施されている。なお、今回使用された機関車はともにお召列車牽引に対応しており、細部に銀色の装飾が施されているという特徴がある。

【JR貨】EF210-313 四国に入線

宇田 映(愛媛県)
20190118204206-b73e960fcb15d55a193b3193d3d18c3bbadd8404.jpg 新製配置直後、早速四国に入線したEF210-313。
'19.1.15 予讃線 伊予三島
 1月11日に川崎重工業兵庫工場を出場し、吹田機関区に新製配置されたばかりのEF210-313だが、1月13日の77レで早速四国に入線し、美しい姿で四国内を駆け巡った。ちなみに四国には、先に出場した312号機もすでに数回入線している。
 なお、313号機は、同工場における機関車製造において5,000輌目の車輌である。
松田信介(大阪府)
20190118202740-0c37f40c585601e053bcb472f710bc9ef8f1eacd.jpg 金色のHMを掲出して運転された臨時列車。
'19.1.12 養老鉄道 美濃津屋―駒野
 養老鉄道では1月12日、伊勢神宮の初詣客向けに団体臨時列車の運転を行った。大垣(8:09発)~桑名(9:21着)、桑名(17:45発)~大垣(19:05着)の行程であった。また、桑名から先は、近畿日本鉄道にて臨時列車が、往路が桑名(9:38発)~伊勢市(11:18着)、復路が宇治山田(15:38発)~桑名(17:25着)のダイヤで運転された。
 今後、1月20・27日にも同様の運転が予定されている。
近藤規夫(東京都)
20190118202220-ad319cc51a18b0141a01ae9288b5f207ea295b6a.jpg いつもと違う編成札で運行された。
'19.1.14 八高線 北八王子―八王子
 1月11日頃より、川越車両センター所属209系3000番代ハエ63編成の運転室内の編成札が「ご乗車ありがとうございます」の文言と、イラスト(編成前後で異なる)が記されたものに交換されている。これまで、ハエ62編成などでは同様の措置ののち、運用を離脱していることから、編成札に運用離脱を窺わせる記載はないものの、同編成も近日中に運用を離脱することが考えられる。
 なお、同編成が運用から離脱すると、209系3000番代は残すところハエ64編成のみとなる。
レイル・マガジン

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.