鉄道ホビダス

モノレールの最近の記事

湘南モノレール 500形 

20160816141635-8a9245a73cc64d317d0d80a78d270b3cdfc86d25.jpg

湘南モノレール500形は1988年に初代車輌300系を置き換えるために導入された。湘南モノレール初の冷房車として登場し、3輌編成6本が 導入された。長らく主力車輌として活躍をしてきたが、5000系の導入に伴い順次廃車が進み、最後まで残った551編成が6月26日のラストラン イベントで引退し、全車引退した。なお埼玉新都市交通1000系も同じ日に全車引退している。  '16.6.26 富士見町−湘南町屋 P:福田智志

20151116123959-20688d776bdfaf046ec52b030449c6ca85390598.jpg

1966年5月2日跨座式モノレールとして、大船ードリームランド間(5.2km)を2編成で開業した。しかし、車輌重量が重く、走行ケタにヒビ割れが発生したため、1967年9月24日、営業休止となり2009年9月18日廃線となった。写真は開業翌日の下り列車。 '66.5.3 ドリーム交通 大船ー小雀(信) P:髙澤一昭

19668.28.JPG

「姫路市営モノレール」は1966年に姫路市郊外の手柄山で開催された姫路大博覧に合わせ開業、姫路駅から手柄山までの1.6㎞を結んだ。途中に大将軍駅がある。博覧会終了後は営業が振るわず、わずか8年後の1974年に休止となってしまった(正式廃止は1979年)。博覧会期間中は3輌編成で運行されたが、その後は2輌編成が基本。写真は両運転台の201を挟んで片運転台の102、101をつなげた3輌編成の姿。  '66.8.28 P:柿浦和敏

kie_101110_ueno.jpg
正式名は東京都交通局上野懸垂線の初代の車輌で、現在の車輌は4代目になる。 '62.4.7 上野動物園 P:長谷川興政

Inuyama19633.jpg
2008年12月27日の営業を最後に廃止となってしまったが、日本初の跨座敷モノレールであった日立製アルヴェーグ式の車輌である。1962年3月の登場でアルミ合金車体・非ボギーの2軸車・3輌ユニット等2年後に登場した東京モノレールの100形との共通点も多いが、こちらの前頭部は非貫通タイプでデザインは強烈な印象である。先頭車RMR100形、中間車RMR200形の3輌編成が2本製造され最後まで非冷房であった。101(先頭車)、201(中間車)がモンキーパーク動物園駅に保存、102(先頭車)が日立製作所笠戸事業所に保存、103(先頭車)がスパリゾート湯の華アイランドで展望台として使用中である。 '63.3 名古屋鉄道 犬山 P:長谷川武利

レイル・マガジン

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.