鉄道ホビダス

2018年12月26日アーカイブ

20181226170731-29710b6c948e97f886e06d63a0487acb60fdefda.jpg

485系1000番代を大幅リニューアル改造した485系3000番代、青森車両センターには1996年3月から配置され最盛期には48輌の陣容となり基本6連/増結時8連にて「はくつる」、2002年12月東北新幹線八戸延伸時からは「白鳥」「つがる」で活躍した。2006年3月、4両が新潟車両センターに転属した。2010年12月東北新幹線新青森延伸時に余剰車が発生、14輌が廃車、MM'ユニット2輌が盛岡車両センターに転属し「ジパング」に改造された。残る28輌が北海道新幹線開業まで、基本6連/増結時8連で「白鳥」、4連で「つがる」で最後の活躍をした。2016年3月26日の北海道新幹線開業により運用を失い盛岡車両センター青森派出所の保留車となった。2016年12月6日に6輌が廃車、その後も22輌が車籍を有するが2018年10月9日にMM'ユニット4両が郡山総合車両センターに配給輸送された。 '08.2.11 函館本線 函館 P:楢井勝行

【お知らせ】2005年7月27日より13年半の長きにわたりお楽しみいただいた「消えた車輌写真館」ですが、担当者の定年退職により、本日をもって終了いたします。みなさまありがとうございました。

レイル・マガジン

2018年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.