鉄道ホビダス

JR東日本 クハ481-1504

20180828131201-f17cf7664ad77bd646d38df62448f8cd34757df5.jpg

耐寒耐雪型電車特急車輌として1974年4月札幌運転区に新製配備される。1年間青森運転所に貸し出しの後、1975年3月より札幌〜旭川の特急「いしかり」で運用される。4灯式前照灯、外ばめ式尾灯などが特徴である。冬季の故障が多発したため781系にその任を譲り1980年6月青森運転所に転属した。1986年10月上沼垂運転区に転属、1988年10月にはグレードアップ改造を受け「T5」9輌編成として大阪〜新潟の「雷鳥」ロングラン運用などで活躍した。2001年3月の「雷鳥」「北越」運転区間分離により波動輸送用「T19」モノクラス6輌編成になった。2002年12月、勝田車両センターに転属し「K60編成」1号車となった。2003年12月には通称「白イルカ」色に塗装変更された。しかしE657系投入により余剰となっていた当時のE653系に波動輸送運用を譲り2013年1月廃車となった。 '10.1.1 常磐線 勝田 P:楢井勝行

レイル・マガジン

2018年8月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.