鉄道ホビダス

JR東日本 E351系

20180731120218-33ea596173a20cf62f55af889443e3daf64bda8e.jpg

E351系は「スーパーあずさ号」で活躍した特急車輌、1993年12月23日に営業運転を開始した。JR東日本で初の振り子式を採用し、中央本線の特急列車のスピードアップに貢献した。1996年までに8輌の基本編成と4輌の付属編成がそれぞれ5本導入され、「スーパーあずさ」及び一部の「中央ライナー」に使用された他、一時期は東海道線の「おはようライナー新宿」及び「ホームライナー小田原」にも使用されていた。2017年12月に後継のE353系が導入されたことにより置き換えが始まり、2018年3月17日のダイヤ改正で定期運用から離脱、4月7日に松本〜新宿間で運転された団体列車「ありがとうE351系」を最後に全車引退した。 '17.12.23 篠ノ井線 松本 P:福田智志

レイル・マガジン

2018年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.