鉄道ホビダス

2018年3月アーカイブ

C55 57

20180329120539-ecc5d7ae4b2e0515d9ebde0de3ad2ea95a443e28.jpg

1937年川崎車両兵庫工場製。広島局管内で使用された後、1940年より大分機関区に転属、日豊本線中心に使用され、1955年ごろ切取除煙板に換装。1960年に若松区に転属、筑豊本線で活躍した。1971年3月に全検を受けており、若松区のC55全廃後も吉松区に転属して生き延び、吉都線、肥薩線、日豊本線で活躍。1974年4月に鹿児島区の配置となり、1975年3月24日、C57 175と重連で西鹿児島〜宮崎間のさよなら列車を牽引した。 1972.8.2 日豊本線 宮崎−南宮崎 P:山下修司

クモヤ90022

20180328122729-fc9190ab67ad58fc942c7f3ee1329b1bbaf4fa7c.jpg

'11969年モハ72091を種車に、郡山工場で改装しクモヤ90022となる。写真の頃は大船電車区にあって入換、入出場、区、工場の試運転列車のけん引車などに使われました。後、国府津電車区に移り同じ様に使われ1987年除籍されました。 '79.5.26 大船工場 P:高澤一昭

キハ28 2002

20180327110552-21dc15b7ad1954b8ae5bd752e90b5c488f2797b6.jpg

1961年にキハ28 2として広島に配置、以後転属を繰り返し1972年に四国入り。高松在籍時に冷改され2002に改番し、ほどなく徳島に転属、急行阿波やよしの川などに使用されたが、JR化して高知に転属後は普通列車で余生を送り、2008年3月のダイヤ改正で運用を外れて廃車。車歴は47年弱で国鉄型としては比較的長寿だった。写真はすでに廃車前提で多度津駅留置線の西端に留置されている同車。撮影日の2日後に正式に除籍された。 '08.3.29 多度津 P:中村和幸

EF58 6

20180326145255-328645db5438e6b791e0039ef61facec19ed9429.jpg

1948年1月東芝府中工場製。新製配置は東京機関区。以後、東海道・高崎・上越線を中心に使用される。1956年12月、新車体に交換。1965年9月下関機関区に転属、広島運転所、下関運転所と移動、1979年9月、広島運転所で廃車となった。 「あかつき3号」  '75.2.1 山陽本線 岡山 P:山下修司

C55 52

20180323120503-542b3eb5424e66f60e5cc6abb4313f80d652fa55.jpg

1937年3月汽車製造大阪工場製。小郡区、糸崎区を経て1939年大分区に転属、ロングランのためD51 12の8-20テンダーと振り替えられている。小倉工場で切り取りデフに換装。C57の進出で大分区から宮崎区に転属。1968年若松区に移動し、1972年3月、検査期限の残っていた僚機57号機とともに吉松区に転属、最終配置は鹿児島区で1975年2月廃車。吉松町鉄道公園に静態保存されている。 1972 日豊本線 宮崎−南宮崎 P:山下修司

C59 162

20180322123800-297608cf97293e2b0de871d5e6883d0cd3954de6.jpg

糸崎機関区に残ったC59最後の3輌のうちの1輌。1946年7月、日立製作所笠戸工場製。新製配置は下関機関区。1964年8月、糸崎機関区に転属、呉線を中心に使用された。キャブ側面の窓が増設されている。写真は上り「安芸」を牽引、EF58に引き継いで帰区したところ。1970年11月廃車。  '70.9.20 糸崎機関区 P:山下修司

キハ58 301

20180320131816-006e449905e12f6bc7fe108709d48d6f7b5f6fb5.jpg

1963年富士重工製で高松に新製配置。主に急行として活躍した。JR化後は徳島→松山に移動。1次車の平窓でありながら、スカートを装着したのが特徴だった。2008年3月改正で運用から外れ、そのまま廃車された。 '08.2.23 予讃線 高松−香西 P:中村和幸

クモハユ74003

20180316114621-80e1f45e2faa18934c66340acc6931dd3d3020de.jpg

1969年房総線用として、モハ72159に運転台、郵便室設置し千鉄配置。1979年大船電車区に移り横須賀線(旧東海道貨物線)の線路見習に使用、開通後は大船工場の入換を担い1981年廃車。 '80.2.6 大船工場 P:高澤一昭

189系〈彩野〉

20180315162752-db94701d523be1bce3b721f5256829807d4c9ee3.jpg

2006年3月改正で新宿−東武日光・鬼怒川温泉直通運転用の東武スペーシアや489系改造車とともに用意された車輌で、489系と異なりトレインマーク表示機が残されているのが特徴。ただし、489系検査時でも代走はスペーシアが原則。同車の代走使用はまれで、むしろ団体や臨時列車に使われる方が多かった。OM201編成を名乗ったが、2011年6月に253系1000番代に置き換えられて廃車された。 '10.1.10 新宿 P:中村和幸

昨年のサーバーの移転以来、このブログの不具合が続いておりましたが、本日よりアップロード可能となりました。長らくご迷惑をお掛けいたしました。
20180314115139-eba72ce89a4441857fb70025d052eeb7e860cc5d.jpg

1936年川崎車両製造ですが1938年にメーターゲージに改造されて華北交通に渡り終戦で中国国鉄に接収された後、1956年頃ベトナムに譲渡された元C12 119の現在の姿です。ベトナム国鉄131-428としての現役を引退後ベトナム南部の避暑地ダラットの山岳鉄道で観光用に使用され、現在は駅構内に静態保存されています。動輪タイヤが分厚くゲージ改造の様子がよくわかります。安全弁と発電機の位置がオリジナルから逆転されています。前照灯が大陸式の側面ナンバー表示型になってるのとカウキャッチャーが異国に渡った流転の人生を漂わせています。 '18.2.4 ベトナム ダラット駅構内 P:飯田 勝

モハ113-1262・モハ112-1262

20180314114954-631cd326ac1ce00473eb21b6335a5b6840ac7f30.jpg

1977年東急車輛製造。幕張電車区配置。千鉄管内を走り、のち横須賀総武快速線で活躍、217系化で千鉄管内運用に戻りました。 '79.11.7 大船工場 P:高澤一昭

D51 214

20180314114402-d5976d26ef82f585e6f8f97d0f13148d3192b2ad.jpg

1938(昭和13)年に鷹取工場で製造され、米原区に配属。1944(昭和19)年に新津区を経て広島区に転属。1948(昭和23)年、正明市区(後の長門区)に転属し、山陰線の無煙化まで活躍した。1975(昭和50)年に廃車。 '74.9 山陰本線 浜田 P:清原正明

レイル・マガジン

2018年3月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.